location: ホーム部分矯正>部分矯正の否定意見について

部分矯正の否定意見について

当クリニックは非抜歯矯正、部分矯正の普及に特化していて、多くの患者様に喜ばれています。

その一方、部分矯正の普及を快く思っていない一部の同業者からは、決して良く思われていないところがあります。
私自身、患者様からの評価が高ければ、一部の同業者からの反発はある程度仕方がないことと受け止めてきました。

私自身、出る杭にならないで、目立たないように静かに仕事していこうかなと考えたことも、ありますが、それでは世の中は何も変わってきません。

今、歯科界は大きな変革期を迎えています。

歯科医院を開業すれば誰でもうまくいった時代から、世の中で必要とされる歯科医院だけが生き残れる淘汰の時代になってきました。
どの世界でも、淘汰される側からすれば、改革する人間は邪魔な存在になってしまいます。当クリニックの存在は、非抜歯矯正部分矯正に否定的な一部の歯科医院にとっては目の上のたんこぶ的な、めざわりな存在だと思います。

しかし、大義はどちらにあるのか、どちらの考え方が患者様のためになるのかを考えた時に、非抜歯矯正部分矯正の普及の方に明らかな大義はあります

部分矯正は、全体矯正に比べればまだまだマイナーな治療方法です。
私自身、日々多くの患者様から喜ばれ、部分矯正の普及に全力を傾けることに生きがいを感じています。

都会になるほど歯科医院の過当競争傾向は強く、毎日多くの医院が倒産せざる負えない業種になってきています。
とりわけ、インプラント治療と矯正治療の淘汰は激しく、患者様からも厳しい目で審査される時代になってきました。

「近いから通う」という選択基準から、「信用できるから通う」という患者様から選ばれる時代になってきました。
インターネットの時代において、お客様や社会を欺いて、企業だけがいい思いをしていくということは不可能な時代に突入してきました。

少人数の会社の場合や家族だけで運営している場合なら、嘘で固めたやり方で利益を出していくことが可能なのかもしれませんが、多くの社員を雇い、多くのお客様と対応して、社員やお客様をだまし続けることは不可能な事であって、そもそもそんな会社では良識ある社員はついてこないでしょう。

当クリニックの一番の自慢は、社員が生き生きと働いてくれていることです。

それもこれも、患者様から喜ばれ「ありがとう」と感謝してもらえるから生き生きと働けるのだと信じています。
「企業は人なり」と言われますが、トップがいい加減で、倫理観に欠けた生き方をしていれば、社員もいい加減な集まりになってきます。

トップがお客様をだますようなやり方の仕事をしていれば、社員もそういうことが平気な人間で構成されてしまいます。
そんな組織が、栄え続けることは不可能です。
当クリニックは、徹頭徹尾、正直に、お天道様に対して恥ずかしくない生き方をしていきたい人間の集合体です。

インターネットには、多くの社会貢献する作用もありますが、匿名なために、妬み恨み辛みやっかみなど、人間の汚い部分を反映する副作用もあります。
インターネットによる利点の恩恵を受けるのか、副作用的な間違った情報を受け入れてしまうのかは、受け手の感性しだいになってきます。

青山個人としては出る杭にならないで静かに生きていきたい気持ちもありますが、歯科界の悪しき流れを変えていくためには、誰かが嫌な役目をしていかなければ何年たっても何も変わっていかないと思います。

仕事の目的には、生活をしていくためのものと、社会の役に立つためのものがあります。
私自身、生活のために仕事をしているという意識はほとんどありません。
私にとって、仕事とは社会の為に行うもの、世の中をよりよくしていくために少しでも社会の役に立ちたいと考えています。

私の好きな言葉の一つに「使命感」があります。

私自身、歯科医師として経営者として多くの使命を持っていると思っています。
歯科医師として患者様、社会の役に立つことは当たり前ですが、経営者として社員を立派な人間に教育していくことも大きな使命だと考えています。

社員が人間として社会人として立派な人間になれば、その家族にもいい影響が波及し、その子供たちが日本を背負うような人間になってくれる可能性もあると思っています。
人間には、1人1人が使命を持って生きていると思っています。
当クリニックで働く社員が、世のため人のために、そして日本のために貢献した生き方をしていけるよう歯科治療を通じて成長できる場でありたいと考えています。

☆日本一「患者様の声」が多い歯科医院を目指しています

当クリニックは、日本一「患者様の声」が多い歯科医院を目指しています。
「もう沢山患者様の声はあるから、これ以上は患者様の声を載せる必要はないんじゃない?!」という意見をいただくことがあります。

しかし、私の中では、当クリニックで行っている「部分矯正法」がいい治療法であることを証明できるのは、歯医者ではなく治療を受けられた患者様だと信じているので、患者様の喜ばれている声を1人でも多くお聞きいただくことで、部分矯正に対しての疑問や不安を少しでも軽減できればと信じてこれからも「患者様の声」を増やしていこうと思っています。

部分矯正にも全体矯正にも、いい点があれば悪い点があります。

どちらが優れているかということよりも、どちらの治療方法がその患者様にとってはよりメリットが多いかということを客観的に知らせてあげる事が大切なのではないでしょうか?

歯科医師は職人的な考え方の人が多いので、「自分以外は皆間違い。自分こそNO1」という人が多いです。
今の時代、そんなことを押し付けてくる医院の治療は避けた方がいいでしょう。
歯科医師はスーパーマンでもなければ、カリスマDRである必要もありません。

自分が提供できる治療法のメリットとデメリットをお話し、それを受け入れて下さる患者様にベストの治療を行っていけばいいだけなのです。
「何が何でも自分の治療を受けさせよう」と自分の考え方や治療方法を押し付けようとするような医院で治療される患者様は、どんな治療をしても決して満足することはないと思います。