location: ホームクリニック紹介マスコミ取材>HERS 2016年6月号

HERS 2016年6月号

HERS 2016年6月号表紙写真
HERS 2016年6月号内容写真1
HERS 2016年6月号内容写真2
画像の文章が読みづらい場合は下記をお読み下さい。 (原文通り)

目立たない、痛くない、短期間・・・

50歳からの歯列矯正最新事情

Question 01 50歳から矯正をするメリットはありますか?

Answer

見た目が格段にキレイになり、今後増える虫歯や歯周病の予防に

第一に、今まで気になっていた見た目のコンプレックスが解消され、今後20年以上、キレイな歯並びで過ごすことができます。手を口に当てずに思いっきり笑えるようになった、という方も多くいます。第二に、ブラッシングが容易になるので、虫歯や歯周病予防に繋がります。40代後半からなりやすくなる歯周病のためにも、50歳で矯正をしてキレイにしておくことは有効です。

Question 02 今更目立つ矯正はなるべくしたくありません。 目立たない矯正はありますか?

Answer

マウスピース矯正と舌側矯正が目立ちません。

歯の裏側につける舌側矯正は目立ちませんが、話す時に大変で違和感が大きいです。マウスピース矯正は、薄いプラスチックでできていて透明なので目立ちにくいうえ、話す時の違和感は舌側矯正よりも少なく快適です。

Question 03 痛い思いももうしたくありません。実際に矯正中の山田恵津子さん、マウスピースの使用実感はいかがですか?

Answer

多少の締め付け感はありますが、すぐに慣れもっとキツくしたいほど(笑)

歯茎が痩せて出歯と重なりが目立つように・・・

年齢を重ねほほが落ちて、もともと少し出ていた前突が目立ち、下歯の重なった影が濃くなってきたのが気になっていました。矯正は目立つ、痛い・・・というイメージで躊躇していましたが、目立ちにくい、“マウスピース矯正”を知り、これならと決心。

違和感もほとんど感じず痛くありません!

食事をする時以外は寝る時もつけます。2週間ごとに新しく変えますが、つけてすぐは締め付け感があるものの、一晩経つと慣れて快適です。今まで通り歯磨きができるので、虫歯にもなっていません。友人から気づかれないほど目立たないのは嬉しいですね。

半年で効果を実感。自然に痩せて一石二鳥

約10カ月間の矯正期間中、半年を過ぎましたが、少しずつ上下の歯並びが整い始め、歯を見せて大きく笑えるようになりました!また、外す手間を考えると間食がなくなり、-3㎏という嬉しい相乗効果も♪あと半年、さらに変化が楽しみです。

Question 04 つける期間はどれくらい?できなくなることって?

Answer

抜歯矯正は2~3年、部分矯正は約半年。

種類によっては、しゃべいりにくくなることも

全体的な抜歯矯正で2~3年、部分矯正なら6カ月前後で終了する場合が多いです。ワイヤー矯正は硬いものが食べにくかったり、歯磨きしにくいこともあります。特に舌側矯正はしゃべりにくくなりますが、つけているうちに慣れてくる方がほとんどです。それ以外は特にできなくなることはありません。

Question 05 歯周病があると言われています。矯正できますか?_

Answer

可能ですが戻りやすいのであまりオススメしません

歯周病の方でも矯正治療は可能です。しかし歯周病があると、土台がぐらついている状態に家を建てるのと同様で、せっかくキレイに治っても、いい状態を長くキープできません。後戻りしやすくなるので、基本的に歯周病の程度が重度な方には矯正治療はオススメしません。

Question 06 肩こりや頭痛がひどいのは噛み合わせのせいかもと言われました。そんなことあり得ますか?

Answer

肩こり、偏頭痛、腰痛など体の不調は噛みあわせの悪さによる場合も

噛み合わせが悪いと背骨が曲がったり、噛む時に筋肉に負担がかかりすぎ、肩こり、偏頭痛、耳鳴り、浅い眠り、生理痛、腰痛などさまざまな体の弊害が現れやすくなります。また、口を開けにくくなったり、顎がずれて顎関節症も起こしやすくなります。歯並びが悪いことは見た目だけでなく、体全体の健康にも大きく影響します。

Question 07 矯正が終わったら、どんないいことがあるのでしょうか?

Answer

気になっていたコンプレックスが解消され口元が上品で若々しく

1本八重歯があり、噛み合わせも悪く、疲れると顎が疲れる感じがあり肩こりもひどかったので、約2年半上下のワイヤー矯正をしました。最初は締め付けられる違和感がありましたが、すぐに慣れて口内炎も虫歯もできませんでした。どんどん変わる噛み合わせと歯並びに感動。歯を大切にする気持ちが高まり、若々しく見えるように。

Question 08 家で特別なケアは必要ですか?

Answer

ブラッシングの時間は長めに専用の洗浄剤で洗うことが必要な場合も

矯正前と大きな違いはありませんが、ワイヤー矯正の場合、食べ物がワイヤーに挟まりやすくなるので、ブラッシングにかける時間は今までより長くなるでしょう。マウスピース矯正の場合、匂いが気になることがあるので、洗浄剤を使って洗うのがオススメです。