location: ホームクリニック紹介マスコミ取材>「東京・横浜・川崎 五つ星★歯科医院 2012年度版」(芸文社)

「東京・横浜・川崎 五つ星★歯科医院 2012年度版」(芸文社)

「東京・横浜・川崎 五つ星★歯科医院 2012年度版」(芸文社)に取材連載

東京・横浜・川崎 五つ星★歯科医院 2012年度版表紙写真
東京・横浜・川崎 五つ星★歯科医院 2012年度版記事内容写真
画像の文章が読みづらい場合は下記をお読み下さい。(原文通り)

抜歯を伴うのが一般的な歯列矯正において、「抜かない矯正」を方針に打ち出し、脚光を浴びているのが「南青山デンタルクリニック」だ。その理念を青山健一院長はこう語る。

「歯並びを揃えるためとはいえ健康な歯を抜くことに抵抗がある方が多いですし、実際、抜歯で体調を崩したり、咬み合わせに問題が出るケースも。そのため私自身、抜歯に疑問を感じていました。そんな時出会ったのが(抜歯矯正では動かさない)奥歯を動かしてスペースを作り歯列を整える方法。以来、この道一筋に腕を磨いてきました。」

これまでに手がけた事例の件数は2000以上と、実績は十分だ。

「早い、安い、カンタン」部分矯正で前歯をきれいに

抜歯、非抜歯にはどちらにもメリット、デメリットがあるが、非抜歯の最大のメリットは、治療期間の短さ。通常2~3年かかる治療が約1年で修了と半分以下に短縮され、その分煩わしさや苦痛も大幅に軽減される。もっと手っとり早く、人目につく前歯だけをキレイにしたい人には、前歯4本(上下の場合は8本)を矯正する部分矯正という選択肢も。

さらに少ない負担で、歯並びの印象を大きく改善できるとあって好評だ。全体矯正、部分矯正ともに歯の状態や顎の大きさなどにより不可能な場合もあるが、「歯を抜きたくないから矯正をあきらめていた」「前歯のデコボコだけ何とかしたい」という人は、一度相談に訪れては。