矯正中に正中がずれる原因を歯科医が解説|正中がずれるリスクやずれてきたときの対応もご紹介します

【監修:青山健一】

矯正中に正中がずれる原因を歯科医が解説|正中がずれるリスクやずれてきたときの対応もご紹介します

歯並びを整えるために歯列矯正を始める人は多いです。歯並びが改善されることは、見た目だけではなく、身体全体の健康にも繋がります。
しかし、すべての矯正治療が順調にいくわけではありません。ときにはトラブルが起こる可能性もあります。

矯正中に起こるトラブルの1つが、前歯の真ん中(正中)が中心からずれてしまう症状です。歯並びは整ったけど、正中がずれたという例は少なくありません。
今回は、矯正中に起こる正中のずれについてお話していきます。矯正中の正中のずれに悩んでいる人は、ぜひ参考にして下さい。

矯正中に正中がずれてくることがある?

矯正中に正中がずれてくることがある?

歯列矯正をする前や始めてすぐのときは問題なかったけど、矯正を進めていく過程で正中がずれてきてしまうことがあります。
正中のずれは、矯正で起こりうるトラブルの1つです。実際に、歯並びは整ってきているのに、正中がずれてしまったという例を見かけることがあります。

矯正中の正中のずれは、身体に不調が出る可能性もあるため、放っておくことはおすすめできません。早めに歯科医に相談をして指示を仰ぎましょう。
通院中の歯科医での説明が足りないなど、不安要素が残る場合は、セカンドオピオンとして別の歯科医に相談をしてみるという方法もあります。

歯列矯正に関する不安は、事前に歯科医に相談することをおすすめします。こちらのリンクから無料の矯正相談の予約ができますので、ぜひご活用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯並びと正中の関係性

歯並びと正中の関係性

歯並びがキレイに整っていても、正中がずれてくるリスクはあります。歯並びと正中の関係性と特徴をみていきましょう。

正中の特徴

正中というのは、上下の前歯の中心線のことをいいます。通常であれば、正中は鼻の下の人中の下の部分と、上下の前歯の中心が一直線です。
前歯の歯並びは、左右対称になっている状態が理想になります。

正中がずれるとは?

正中がずれるとは?

通常噛み合わせたときに、前歯の線が真っすぐです。しかし、正中がずれると前歯の線が一直線ではなくなっています。
正中がずれた状態だと、前歯の左右が対称に見えません。生まれつき顎の位置がずれていて、正中が合っていない人もいます。
矯正で歯列を整える過程で、正中がずれてしまうことは珍しい症例ではありません

矯正中に正中がずれてくる原因

矯正中に正中がずれてくる原因

矯正中に正中がずれてくる原因を紹介していきます。

抜歯の問題

歯列矯正を行う際に、必要に応じて抜歯の処置をすることがあります。これは、歯を正しい位置に並べるためのスペースを作るための処置です。
抜歯をするかどうか、どの歯を抜くかは歯科医の正しい判断が必要です。必要な抜歯をしない場合に、正中が合わなくなってしまうことがあります。

歯並びだけを整えようと、無理に矯正をすることで正中のずれが起こるケースもあるのです。
抜歯をしたときでも、抜歯をする箇所に問題がある場合にも正中のずれが起こる可能性があります。

治療の過程で起こる正中のずれ

矯正治療は、歯並びに加えて噛み合わせも整えるために歯を動かします。歯を動かしていく過程で、歯と歯が当たってしまうのです。
歯が当たることで下顎の位置がかわります。多くの場合は想定内の歯の動きで、最終的に正中が合うように調整するため、心配はいりません。
この場合は、歯科医から説明があるはずです。

正中がずれるとどうなる?

正中がずれるとどうなる?

正中がずれていると、顎や身体に不調が出るなどのリスクがあります。正中のずれで起こるリスクには、どんなものがあるでしょうか。
正中のずれで起こるリスクについて、お話してきます。

噛み合わせが悪くなる

正中のずれることで、まず考えられるリスクは歯の噛み合わせのずれです。前歯の中心がずれていると、左右のバランスも崩れている状態になります。
前歯の真ん中が左右にずれているということは、上下の歯がうまく噛み合っていない可能性が高いです。

噛み合わせが悪いと、食べ物をうまく噛み砕くことができません。丸のみに近い状態で食べ物を飲み込むと、胃腸に負担がかかり消化不良や下痢の原因になります。
噛み合わせが悪いと、顎にも負担がかかるのです。顎への負担は身体全体の不調に繋がる場合があります。

顔が歪んで見える

前歯の中心は、鼻の下の人中と一直線になっている状態が理想です。正中がずれると、歯の中心がずれているため、顔が歪んで見えてしまいます。
顎も左右にずれてしまうこともあり、顔の左右が非対称になってしまうのです。正中の大きなずれは、顔自体の歪みに関係してくるようになります。

頭痛肩こりが起こる

頭痛肩こりが起こる

噛み合わせや顎のバランスのずれが起こることは、身体の骨のバランスも崩れることになるのです。
首の骨や背骨のバランスが崩れ、姿勢も悪くなります。血流も悪くなるため、肩こりや頭痛が慢性化してしまう可能性があるのです。
歯に関係する異常や顎のバランスの崩れは、身体全体の不調に繋がる可能性があります。

顎関節症のリスクが高まる

口を開けるとき顎の関節に痛みが出ることや、口が開かなくなるなどの症状があるのが顎関節症です。
正中がずれていて、噛み合わせに問題が起こっているということは食べ物を噛むときに、顎の関節に大きな負担がかかります。
正中がずれていると、結果として顎に負担がかかることがあるため、顎関節症のリスクも高くなるのです。

矯正中に正中がずれてきたら

矯正中に正中がずれてきたら

矯正中に正中のずれに気が付いたら、自己判断はよくありません。ずれが大きい場合や、どんどんずれていく場合はとくに注意が必要です。
矯正中に正中がずれたときの対処法についてお話していきます。

気になるときは早めに歯科医に伝える

矯正中の正中のずれは、歯並びを整えていく過程でも起こりますが、それが想定の範囲内なのかは専門医でなければ判断ができません
正中がずれていることが問題のない範囲なのか、対応が必要なのか歯科医で判断をしてもらう必要があります。

「ずれてきたかもしれない」と気になるときは、できるだけ早めに担当の歯科医に伝えるようにして下さい。
正中がずれている原因によっては、早めの対処が必要になるからです。自己判断で放っておくことがないようにしましょう。

治療方針が変更になることも

矯正中の過程で起こる正中のずれは、矯正で治ることが多いです。最終的に正中の位置も調整されるため、そのまま治療を続けることになります。
しかし、ずれが大きい場合やずれが広がっていく場合は、治療方針の変更を検討される可能性もあるのです。

正中のずれが広がっていくときは、まれですが下顎の変形が起こっている場合があります。
この場合は、専門の病院での精密検査が必要になります。矯正治療は進行している間は、中断しなければいけません。
症状が落ち着いてから、矯正治療を再検討することになります。

矯正中の気になるトラブル

矯正中の気になるトラブル

歯列矯正は健康保険が適応されないため、高額な費用がかかる治療です。だからこそ、トラブルは避けたいものです。
しかし、「矯正でのトラブルはゼロです」というわけにはいきません。正中のずれ以外にも、起こり得るトラブルはいくつかあるのです。
歯列矯正でよく起こるトラブルを紹介していきます。

治療がなかなか終わらない

歯列強瀬にかかる期間は、治療の方法や患者さんの歯並びの状態で前後しますが、2年~3年が目安です。
しかし、すべての治療が予定通りに進むとは限りません。理由はさまざまですが、当初の計画よりも、大幅に終了の時期がずれることもあります。
インビザラインのような患者さん自身で取り外しが可能な装置を使用する場合は、患者さんが使用方法を守ることが大切です。

装着時間や使用方法が守られていないことで、治療期間が長引くことがあります。また、治療方法が、患者さんの症状に適していない場合も同様です。
ときには改善されないまま、治療の終わりを告げられてしまうケースもあり、問題になってしまうことがあります。

虫歯になった

ワイヤー矯正など、自分で取り外しができないタイプの装置をつかう治療の場合は、口の中の清潔を保つのが難しいです。
装置に食べ物が挟まってしまうこともありますし、装置が邪魔で歯が磨きにくくなります。歯磨きがしっかりできないと、虫歯になるリスクが高まります。

矯正専門の歯科医では虫歯の治療を行っていないところも多いです。矯正中に虫歯になってしまうと、別の歯科医に通わなければいけない場合があります。
矯正中は、普段以上に口の中の清潔に注意して、虫歯にならないようにすることが大切です。

不要な抜歯をした

歯列矯正での抜歯に関するトラブルは、意外と多くあります。抜歯は歯を並べるためのスペースを作るための処置です。もちろん、抜歯をしなくてもよい人もいます。
抜歯を避けたい人は多いです。抜歯をすると痛みが出ることがありますし、精神的にもダメージが大きいと感じる人はいます。

抜歯をするかしないかの判断は、歯列矯正において重要です。精密検査を行ったうえで、抜歯の有無を歯科医が判断します。
抜歯をしなくても矯正ができる状態なのに、抜歯をされてしまうケースがあるのです。また、抜く歯の選定を間違えてしまうケースもあります。

歯列矯正のトラブルが不安なら信頼できる歯科医に相談しよう

歯列矯正のトラブルが不安なら信頼できる歯科医に相談しよう

歯列矯正は長期にわたって行う治療です。歯科医とのコミュニケーションは、矯正をスムーズに進めるために重要なポイントになります。
また、矯正治療は歯科医の正確な判断が必要な治療です。歯列矯正をする際は、矯正専門の歯科医が常駐するクリニックを選ぶようにしましょう。

実績が多く、経験が多い歯科医なら多くの症例を見ているため、トラブルが起こったときにも安心です。
治療を進めるにあたって、治療の内容やメリットだけではなく、デメリットや起こりやすいトラブルについてもしっかり説明してくれる歯科医をおすすめします。
カウンセリングのみなら無料のところも多いため、矯正専門のクリニックを何件か回って、1番よい歯科医を選ぶようにしましょう。

下記リンクから、無料相談の予約を受け付けております。インターネットから予約できますので、気軽にお申込みください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

矯正中のトラブルとして、正中のずれは起こり得るケースの1つです。多くは、矯正をしていく過程で起こります
しかし、問題がない範囲なのかは自分で判断はできません。まずは、担当の歯科医に正中にずれがあることを伝えて下さい。

対処が必要か、歯科医で判断してもらいましょう。歯科医に相談をしても納得がいかない・不安が残る場合は、セカンドオピニオンを検討してもよいです。
トラブルが起こったときのためにも、矯正は信頼できる歯科医で治療をするようにして下さい。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ