矯正歯科で認定医を選ぶ理由を解説|専門医と指導医の違いは?矯正歯科の正しい選び方を紹介

【監修:青山健一】

矯正歯科で認定医を選ぶ理由を解説|専門医と指導医の違いは?矯正歯科の正しい選び方を紹介

歯並びが悪く矯正をしたいと思ったときに数多くある歯科医院の中から自分に合った矯正歯科を見つけるのは難しいことです。
矯正歯科には認定医という資格があり専門的な知識が豊富で所定の期間経験を積んだ人しか取得できないため、矯正歯科を選ぶ際の一つの指標になるため覚えておきましょう。

そのほか専門医と指導医の違いについて説明します。
最後に矯正歯科の正しい選び方を整理して説明するため、自分に合った矯正歯科を選んでください。

矯正歯科認定医とは?

矯正歯科認定医とは?

歯の矯正治療は数年以上の専門教育を受けて初めて行える高い水準が求められますが、中には一般歯科医師がわずかな研修を受けただけで矯正を行っている例もあります。
そのようなケースではトラブルを起こしやすいため、正しい治療を受けられるようにしたのが矯正歯科の認定医という資格です。
ここでは矯正歯科認定医について詳しく解説します。

日本矯正歯科学会が認定する資格

日本矯正歯科学会では、矯正治療に関して適切で十分な学識と経験を有する者を認定医として認定しています。
その目的は矯正歯科医療の水準を維持しながら向上を図ることで一般市民に適切な医療を提供することです。

歯科医療技術の進歩に伴って近年は一般の歯科医師が矯正治療を行うケースが増えており、専門的な知識や技術力のない医師による治療でトラブルが発生している現状があります。
歯科医療の中でも特殊な分野になる矯正治療には、専門的な知識と治療技術が必要であるため学会がレベルを認定して技術力を高める資格制度が必要となります。

矯正歯科での経験

矯正歯科認定医の資格を得るためには5年以上の日本矯正歯科学会の会員であることのほか、2年以上大学の矯正歯科で研修医をした後に学会指導医の下でさらに3年以上矯正歯科に専門的に従事することが必要です。

専門的な知識を習得するだけではなく、適切な環境で所定の期間矯正歯科の経験を積まなければ高いレベルの矯正歯科認定医としての水準に達しないとされるためです。

認定医になるには

矯正歯科認定医になるためには上記で説明した5年以上の日本矯正歯科学会の会員であること、②必要な矯正歯科での経験を積むこと、③学会誌にオリジナルの論文を発表すること、④学会が定める試験に合格すること、の4つが最低限必要です。
この4つの項目を満たすと学会認定医として認定医証が交付され、公式に矯正専門医としての活動を始めることができます。

矯正歯科で認定医を選ぶ理由

矯正歯科で認定医を選ぶ理由

歯の矯正を行う場合は、長期間にわたり治療を任せることができる高い技術力と矯正歯科医の人柄が重要です。
十分な矯正の経験を積んで知識も高いレベルに達している認定医を選べば、しっかりと信頼関係を築いて安心して矯正治療を任せられます。
矯正歯科を決めるときの目安として認定医がいる歯科医院かどうかで判断する主な理由は下記のとおりです。

専門医が在籍していることへの安心感

専門医が在籍していることへの安心感

矯正歯科を選ぶ際に認定医を選ぶ理由として、まずは専門医による高い技術力に裏付けられた治療が受けられるという安心感を得られる点があげられます。
専門医は日本矯正歯科学会などが認めた歯科医師であり、厳しい審査を受けて資格取得した専門医は約10万人いると言われる歯科医師の中で僅か480人ほどしかいません。

専門医の資格を持っている歯科医は一般の歯科医に比べて高い技術と知識を持っており、患者さんのさまざまな状況に応じて適切な矯正方法を提示できます。

高い技術と経験が期待できる

高い技術と経験が期待できる

矯正歯科を選ぶ際に認定医を選ぶ理由として、2番目は高い技術と経験が期待できる点があげられます。
一般の歯科治療と違う矯正治療では人それぞれの歯の状態に応じて適切な治療を提供する必要があるため、数多くの経験を積んで高い技術力を持った認定医に任せると安心して治療を行なえます。

困難な症例にも対応できる

矯正歯科を選ぶ際に認定医を選ぶ理由として、3番目は困難な症例にも対応できる点です。
歯の状態によっては特殊な事例や一般的ではない事例に対して適切な処置を求められるケースがあります。
例えば目立たない矯正とも言われる裏側矯正(または舌側矯正)などは歯科医の中でもとくに取り扱いが難しい事例です。

舌側矯正の治療を行っていない歯科医も多く存在するため、舌側矯正を考えている人は舌側矯正の認定医の資格を持った歯科医院を探さなければいけません。
このような症例に対応するには豊富な経験があり認定医が持っている確かな技術力が必要とされます。
矯正装置のトラブルに迅速に対応できるかどうかも経験と技術力がなければ難しいことです。

矯正歯科における専門医と指導医の違い

 

矯正歯科における専門医と指導医の違い

矯正歯科のホームページなどを見ていると「専門医」と「指導医」という言葉が出来てきますが、具体的にはこの二つの違いは何かを説明します。
歯科医師が臨床試験としてこれまでに治療してきた患者さんたちの症例を提示しなければ専門医になれず、治療経験が豊富で高い技術力を持った歯科医師でなければ専門医として合格することは難しい資格です。

一方の指導医は矯正医を教育するための資格は、歯科大学を卒業後に矯正の知識や技術を更に専門的に学ぼうとする歯科医師を指導するときに必要となる資格といえます。

矯正歯科認定医と専門医の関係

矯正歯科認定医と専門医の関係

矯正歯科認定医はこれまで説明したような条件をクリアすることで得られる資格ですが、専門医は認定医よりもさらに高レベルの知識や技術さらには多くの経験をもつ歯科医師に対して認定されるものです。
当然認定医よりもより厳しい資格審査をクリアして初めて専門医になることができます。
歯科医師は全体で約20,000人おり、その中で認定医は2,700人程度、専門医は300人程度と言われています。

矯正歯科の選び方

矯正歯科の選び方

矯正歯科を選ぶ際のポイントについて4項目に絞って詳しく解説します。
数ある矯正歯科の中から安心して任せられる歯科医院を選ぶのは簡単ではありませんが、一度通い始めたら長く付き合うことになるため下記の項目に注意しながら時間をかけて信頼できる矯正歯科を選びましょう。

経験や実績が豊富

経験や実績が豊富

歯の状態は千差万別で患者に応じて適切な提案と治療を行なうためには、それだけ多くの患者を治療した経験と実績を持った歯科医を選ぶことが安心して治療を任せられる近道です。
最新の撮影機械を取り扱えることや常に新しい情報を勉強しながら日々努力している歯科医なら、適切な診断と最適な治療方針を提示してくれるでしょう。

歯科医療の中でも特に技術力が求められる矯正歯科の分野においては、大学での教育だけでは対応が難しい内容です。
知識以上に経験が求められる分野のため、十分な経験と豊富な実績を持った矯正歯科を選ばなければトラブルの元になります。

扱う矯正器具の種類が多い

矯正器具にはさまざまなタイプがあるため、1種類ではなく複数の矯正装置を取り扱える歯科医を選ぶことが大切です。
歯並びやかみ合わせは人それぞれで矯正器具によっては向き不向きがあるため、患者の歯の状態に応じて最適な矯正器具を提案してくれる矯正歯科を選びましょう

患者の要望や矯正器具のメリット・デメリットをしっかりと聞いて患者に合った方法を提示してくれる歯科医院が優れた矯正歯科といえます。

しっかりとした説明がある

しっかりとした説明がある

矯正を始める前にカウンセリングを受けることになりますが、分かりやすい説明をしてくれる矯正歯科かどうかを十分確認しましょう
事前にホームページでチェックしたり、適切な検査を行って詳しく分かりやすい説明をしてくれるかどうかが重要です。

矯正治療は歯をミリ単位で動かすためさまざまな角度から写真を撮って治療計画を立てることが一般的です。
治療費を抑えるために十分な検査を行なわない矯正歯科もあるため、自分が納得できる検査や説明をしてくれる歯医者を選ぶことが大切になります。
具体的な矯正治療費用の内訳や治療期間を教えてくれる歯科医院を選びましょう。

矯正治療は装置の費用以外にも追加費用が発生しやすい治療のため、それらも含めて丁寧な説明をしてくれる歯科医院を選んで安心して治療をしてください。

通いやすい

矯正治療は長期間にわたることが多いため、自宅や仕事場に近い歯科医院を選ぶことが大切です。
矯正中は月に1回は通院しなければならず、矯正が終了するまでの平均期間である2~3年の期間通わなければなりません。

いくら評判がよい矯正歯科でも自宅から遠く毎月通うのが大変な場合は別の歯科医院を選ぶことをおすすめします。
通院が負担にならないように通いやすい場所にある歯科医院を選ぶことが重要です。

また平日だけでなく土日祝日の診療を行っているのか、夜は何時まで開いているのかも確認して自分の生活スタイルに合った矯正歯科医院を選びましょう。

認定医のいる矯正歯科の探し方

認定医のいる矯正歯科の探し方

認定医のいる矯正歯科を探す簡単な方法としては、日本矯正歯科学会のホームページを見ることです。
そこでは認定医や専門医が在籍する歯科医院を都道府県別に検索できるため、自分が住んでいる地域に認定医がいる歯科医院があるかどうかを確認することができます。

歯科医院の住所や連絡先も掲載されているため、事前に連絡して直接確認することも可能です。
治療期間が長く長期間の通院が必要となる矯正治療は、通院が苦にならない場所にある認定医が在籍する歯科医院を探すことをおすすめします。

矯正歯科選びで失敗しないために

矯正歯科選びで失敗しないために

数ある矯正歯科の中から間違いない歯科医院を選ぶためには、まずは矯正歯科学会の認定医がいる医院を選びましょう。
次に複数の矯正装置を取り扱っていることと各装置のメリット・デメリットを詳しく説明してくれることが重要です。

そのほか治療の具体的な費用や期間を提示してくれること、通いやすい立地条件であること、矯正中のトラブルに対応してくれることなども考慮して選びましょう。
これらは認定医がいれば概ねクリアできる条件ともいえるため、認定医がいる矯正歯科を探して話を聞きに行くことが失敗しないための最低条件といえます。

まとめ

まとめ

歯の矯正を受ける場合に選ぶ矯正歯科の条件として認定医がいる医院を選ぶことが重要な点です。
高い技術力と豊富な経験がある認定医がいれば、トラブルになる心配をかなり減らせます。

認定医のほかに専門医がいる歯科医院であればさらに高度な技術力を持った専門医から矯正治療を受けられます。

長期間に渡り高額な治療費を払って行う矯正治療のため、担当医と信頼関係を築いて安心して通える矯正歯科を選びましょう




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ