location: ホーム経営理念仕事について>仕事の意味と価値

仕事の意味と価値

当クリニックにはスタッフが40名近くいますが、スタッフをまとめていく時に意識している点が「利他の気持ちをもって仕事をしていく」ことです。

人間は無意識に生きていけば、自分勝手な言動をしていく生き物だと思っています。
1人の人間が「自分ぐらい……」という気持ちで自分勝手な言動をしていっても、40名近い人数が蓄積していけば大きな問題になってきます。

仕事は相手が関わりますし、お金も発生します。
お金を支払っているお客様は、その代償として治療やサービスなどいろんなものを期待します。
お客様の期待に応えていくためには、自分の事よりも相手のことを考えて向き合わなければなりません。

人間の本能は、出来れば楽をしたいし、世の中で自分が一番大切です。
仕事でお客様にご満足いただくためには、楽はできませんし、自分よりもお客様を優先した言動をしなければなりません。

それは人間の本能に逆らった行為になります。
だから仕事はしんどいものです。しんどいからこそお客様から喜ばれればしんどさがやりがいに変わり、快感になってくるのかもしれません。

好きなことを仕事にしたいという考え方と、好きなことは趣味にとどめたいという考え方があります。
趣味は自己満足ですが、仕事は他者満足です。

好きなことを仕事にするのか、本気で向き合っているうちにその仕事が好きなっていくのかと聞かれると、私は後者の人の方が多いのではないかと思います。
どんなことでも本気で向き合えばやりがいを感じてきます。

成功したプロ野球選手の多くが、「仕事を楽しいと思ったことがない」と言われます。
突き詰めていけばどんなものにも壁が発生します。
趣味レベルの壁は楽しめますが、仕事の壁は本気で悩みます。

趣味は自己満足なので誰にも責められませんが、仕事ではお客様の期待値を越えなければ満足してもらえないですし、お叱りをいただくことにもなりかねません。
それは大きなプレッシャーではありますが、他者満足を求めるからこそ人として成長できるのだと思います。

私自身、学生時代はいい加減な人間でしたが、仕事を通じて、患者様のお叱りを通じて成長させていただいたと思っています。
仕事が人を成長させるのは、お客様と向き合う覚悟を決めるからではないかと思います。
覚悟を決めれば責任感や使命感が養われます。

「良薬口に苦し」「耳の痛いことを言ってくれる人を大切にしろ」と言われますが、「感謝する気持ち」「他者を思いやる気持ち」などは、覚悟を決めて厳しい仕事と向き合うことでしか身につかないのではないかと思います。

「人生で大切なことはすべて○×から学んだ」という本がよく出ていますが、生きていくうえで大切なことが仕事の中にはすべて組み込まれているように感じます。

「仕事と思うな、人生と思え!!」といつも朝礼で言っていますが、これは社員に言っているようで自分自身に言っているような気がします。