矯正相談で聞くべきことを歯科医が解説|伝えるべきことや矯正相談の流れもご紹介します

【監修:青山健一】

矯正相談で聞くべきことを歯科医が解説|伝えるべきことや矯正相談の流れもご紹介します

矯正治療を受ける前には「矯正相談」というものを受けることになります。
何の準備もなしで矯正相談を受けると聞きたいことがわからなかったり、後から聞きたいことがでてきたりと後悔をすることになってしまいます。
今回紹介する「矯正相談で聞くべきポイント」を理解して後悔のない矯正治療を進めていきましょう。

矯正で後悔しないために大切な「矯正相談」とは

矯正で後悔しないために大切な「矯正相談」とは

「矯正相談」とは初診相談とも呼ばれており、矯正治療を受ける前に初診で歯科医にする相談のことをいいます。矯正治療を何回も受ける人はそこまで多くないため、不安を感じる人も多いようです。
そのため、「自分の歯並びは治せるのか?」、「どんな治療をするのか?」など悩んでしまい治療を受けることをためらってしまいます。

矯正相談はそんな人たちに向けて治療前にそういった疑問を相談することで治療を受けやすくすることが目的です。
さらに昨今では矯正治療を行う歯科医院も多くなり、セカンドオピニオンとして別の歯科医院の矯正相談を利用する人も増えてきています。

また相談だけなら無料で行ってもらえる歯科医院も増えていますが検査も同時で行うと費用が発生してしまうため注意が必要です。

矯正相談で聞くべきこと

矯正相談で聞くべきこと

矯正相談では患者が不安に思っていることは自由に聞いて頂いて問題ありません。矯正相談は患者が安心して治療を受けるために行うことのため、聞きたいことは我慢せずに聞きましょう。
しかし、何から聞いていいかわからないという人もいると思います。ここでは矯正相談で聞いておいたほうがよいポイントを5つ紹介していきます。
是非参考にして矯正治療を受ける前に不安を解消して治療を進めていきましょう。

治療方法について

矯正治療は歯を動かして治療を進めていきますが使用する矯正装置によって治療法が変わります。
そのため、矯正を始める前にどういった治療法がよいか、取り扱っている矯正装置の種類などについて確認が必要です。

矯正装置についてこだわりがある場合はここでその旨を伝えて治療が可能か確認をしましょう。
また、セカンドオピニオンとして相談をしている場合は勧められている矯正装置や装置の説明を話して第三者的に問題がないかを確認しましょう。
矯正治療において治療方法は気になるポイントのため、あらかじめネットなどで調べてから相談をしましょう。

治療にかかる期間の目安

治療にかかる期間の目安

矯正治療は長期間にわたる治療です。そのため、治療期間の目安はあらかじめ聞いておく必要があります。
歯並びを整えて臨みたいイベントがある場合はしっかりと日付を伝えてそれまでに治療が可能か確認をして不可能な場合は延期をするか、取り外しが可能なマウスピース矯正を選択するなどする必要があります。

また、矯正方法ごとに治療期間が異なる場合があるためそれぞれの治療法についてどれくらいの差があるかも確認をしておきましょう。

矯正方法ごとの費用

矯正治療は使用する装置によって費用は大きく変わってきます。特に矯正治療は保険適用外になる場合が多く治療を検討するうえで費用は重要な要素の1つです。
歯科医が進めてくる矯正方法の費用を提示されたら別の矯正方法で行った場合の費用も提示してもらいましょう。
1種類の方法では比べることができないため、高いか安いかわからない場合があります。さらに急いで決める必要がない場合は、ほかの歯科医院からも費用を聞いてみるもの有効です。

抜歯の必要性

特に大人の矯正治療の場合、抜歯をしなくてはならないことがあります。しかし、できることなら抜歯をしたくない人のほうが多いと思います。
矯正治療をしていくうえで歯を動かしていくスペースの確保が重要です。そのスペースを確保していく目的で抜歯をする場合がほとんどですが実際にどういった理由かを確認しておきましょう。

ほかにも理由があったり抜歯をしなくても治療ができる可能性もあるため、抜歯の必要性について確認をして納得して治療を進めていきましょう。

矯正治療のリスク

矯正治療は主に機能的な部分と審美的な部分を改善を目的として行う場合がほとんどです。そのため、矯正治療を行った際のメリットばかり見てリスクを把握していない場合があります。
矯正治療に限らず医療行為には何らかのリスクを負うことは一般的です。それらを理解せずに治療を行ってしまうと後々トラブルの元になってしまいます。

矯正治療にもいくつかのデメリットは存在しますし矯正相談の際にはある程度、デメリットを理解して歯科医から説明を聞くことをおすすめします。
さらに、矯正装置によってもリスクは変わってくる場合があるため治療を決める前にリスクに対して歯科医から説明を受けてから検討をしていきましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

矯正相談で伝えるべきこと

矯正相談で伝えるべきこと

矯正治療は歯並びを整えることが目的ですがこだわるポイントは人によって様々です。
「歯並びにとことんこだわりたい」や「リーズナブルな費用で治療を受けたい」、「イベントまでに歯並びを整えたい」など自分の希望を伝えることも重要です。

なぜなら歯科医は患者の希望をしっかりと理解して患者にあった治療方針を立てなければいけません
矯正相談では歯科医に相談する前に自分で決めつけないで自分の歯列矯正に対する希望や要望を伝えていきましょう。

現在抱えている悩み

現在抱えている悩み

矯正治療を受ける前に自身が現在抱えている悩みを正確に伝えましょう。患者がどういった部分に悩みを抱えて矯正治療を考えているか理解することで治療法も変わる可能性があるからです。
また、気になる症状をどう伝えたらよいかわからないという人も珍しくありません。そんなときは専門的な表現にこだわる必要は全くなく、自分の言葉で伝えて問題ありません。
悩みを歯科医と共有することで自分の理想とする歯並びになるために必要なことをアドバイスしてもらえます。

矯正で叶えたい希望

矯正治療を通じて自分がどうなりたいかを伝えることはとても重要です。
自分がなぜ矯正治療を受けるのか、矯正治療を受けることでどうなりたいのかを歯科医に伝えることで矯正治療のゴールを設定することができます。

矯正治療は医療行為のため、必ずしも希望通りにならないことはありますがなるべく患者の希望に沿った治療プランや希望に近いプランを提示してもらいましょう。
最終的な決定は患者自身が行うため、提示されたプランや費用に納得ができれば治療を進める手続きをしていきます。

治療を開始したい時期

子供の矯正治療は成長に合わせてスケジュールを決めていきますが大人の矯正治療の場合はある程度自由に決められます
そのため、治療を終えたい時期や治療を始めたい時期に合わせて治療を開始することが可能です。部分矯正であれば3~12か月、全顎矯正であれば1~3年といわれています。
治療を完成した時期もしくは始めたい時期を伝えてそこに向けて歯科医と準備を進めていくことが重要です。

矯正相談の流れ

矯正相談の流れ

矯正相談はまず、患者自身が歯科医院に予約を取るところか始まります。
歯科医院に来院して問診表に記入していきます。その際に自身の矯正治療に対する希望や要望を素直に記載していきましょう。

その後、担当歯科医と面談が始まります。歯科医から質問されながら現在抱えている悩みを伝えていきましょう。
その際に、検査を受けると詳しいところまで確認ができますが歯科医院によっては有料となるため無料で相談をしたいと考えている場合はあらかじめ確認を取る必要があります。

ある程度、診察を終えると治療方針や費用を聞くことができます。矯正装置にはそれぞれ特徴があるため、自分の要望に沿った治療法か確認をしましょう。
そこで治療を進める意思があれば後日、精密検査を受けて矯正治療を進めていきます。

矯正相談をしたら必ず治療することになる?

矯正相談をしたら必ず治療することになる?

矯正相談をすると必ず治療しなければならないと不安に感じる人も少なくありません。しかし、矯正相談は治療をするための相談のため納得ができなければ治療を進める必要はありません
矯正相談はあくまでも治療を検討している人が矯正治療の詳しい内容を歯科医に相談するだけの場のため、安心して相談をしましょう。

しかし、検査の内容によっては費用が発生する場合もあるため心配な人は予約をする前に確認の上、診察の予約をしましょう。

治療を強制されることはない

矯正相談は基本的に歯列矯正を受けるか決めかねている人に向けて疑問や悩みを解決するために行っている場合がほとんどです。
そのため、矯正相談をしたからといって治療を強制されるようなことはありません。

どこの歯科医院でも最終的に決めるのは患者自身のため、相談して思っていたものと違うと感じたらはっきりと治療をしない旨を伝えましょう。
どうしても不安な場合は診察の予約をする前に決めかねていることを伝えておけば問題ありません。

不安なまま治療を開始しない

矯正治療は人生で何回も受ける治療ではありません。そのため、治療に対して理解や知識がない人がほとんどだと思います。
治療に対して疑問や不安な部分がある場合は歯科医に相談をしてそれでも解消されないようであれば治療は延期しましょう。

矯正治療は患者自身が真面目に治療に取り組まなければ成功しません。治療に対して不安や疑問がある場合は無理に開始せずに治療を延期することも重要です。

後悔しないためにセカンドオピニオンという方法も

後悔しないためにセカンドオピニオンという方法も

矯正相談を受けた歯科医の言っていることが本当に正しいかどうかわからないということは珍しくありません。専門的な話のため、理解が出来ずに治療を開始できない人もいるかもしれません。
そんなときは別の歯科医院に矯正相談を受けてみましょう。矯正治療は長期の治療になるため、歯科医と気が合わないと続けていくことが難しいこともあります。

セカンドオピニオンでほかの歯科医院で話を聞くことによって選択肢も生まれるため、納得して治療を進めることにつながります。

矯正相談で聞くべきことを押さえて不安を解消しよう

矯正相談で聞くべきことを押さえて不安を解消しよう

矯正相談は矯正治療に対して不安を解消するために行われています。そのため、相談をする前には自分の悩みや希望など聞きたいことをまとめておくことが重要です。
聞くべきことをあらかじめリストアップすることで治療を進める前に不安が減り納得して治療を進めることができます。
矯正相談で聞くべきことをしっかりと確認をして矯正治療を進めていきましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回「矯正相談」について紹介してきましたが矯正治療は人生で何回も行う治療ではないため、分からないことが多くて躊躇してしまうと思います。
そういった患者が少しでも気軽に受けられるように歯科医院も無料で「矯正相談」を行っているところが増えている状況です。

少しでも歯並びについて専門家の意見を聞きたいと思ったら「矯正相談」を利用してください。また、現在治療している場合でも歯科医に少しでも不安を感じたらセカンドオピニオンとして活用することも有効です。
このように利用できるものは上手く利用して矯正治療を円滑に進めていきましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ