非抜歯矯正はゴリラ顔になるのか歯科医が解説|抜歯の目的や非抜歯矯正の基準もご紹介します

【監修:青山健一】

非抜歯矯正はゴリラ顔になるのか歯科医が解説|抜歯の目的や非抜歯矯正の基準もご紹介します

歯並びを治したいけど歯を抜きたくないと思われている方は多いのではないでしょうか。そうお考えなら、あなたに最適な抜歯しない方法で治療できる病院を探しましょう。
歯科矯正には抜歯が必要な治療と抜歯を避けて代わりの方法で治療できる場合があり、他の方法で歯を動かすスペースを確保できれば、抜歯しなくても治療を継続できます。
今回は、非抜歯矯正とは何か、その目的や治療事例について詳しく説明していきます。

非抜歯矯正でゴリラ顔になるのは本当なのか?

非抜歯矯正でゴリラ顔になるのは本当なのか?

非抜歯矯正というのは歯を抜かない矯正治療のことで、ゴリラ顔というのは歯科矯正治療をした後に口元が出てゴリラのような顔になることです。
矯正歯科の専門知識と十分な技術を持った歯科医院の治療であれば、非抜歯矯正治療でゴリラ顔になることはありません。

矯正歯科の治療では患者様の負担や歯の状況の検査結果をもとに治療後の患者様の楽しい生活に結び付く治療を選択しますから、安心して歯科医院を訪れてください。

非抜歯矯正でよくある不安

非抜歯矯正でよくある不安

矯正治療は、乱れた歯並びを正しい歯並びに戻すために、デコボコになった歯を動かすスペースを作って空いたスペースに歯を動かし歯の並びを整える治療です。
矯正歯科は治療前に必ず検査を実施し、そこから得た口腔内の歯のデータや歯型から分かる歯の状態を分析して結果を想定した治療計画を立てます。

歯を動かすことで感じる痛みや違和感、口元が盛り上がりゴリラ顔にならないかという不安は歯科医師と一緒に解決していきます。
矯正歯科医は豊富な経験から患者様に安心していただける最適な治療方法を提案しますので、専門の歯科医院にご相談ください。

ゴリラのような口元になる?

非抜歯治療は矯正治療の中で多く使われる方法ですが、非抜歯治療を前提にせずに、口腔内の状況から抜歯か非抜歯かを選択することが大切です。
矯正治療は歯を動かす治療ですからスペースは必要です。しかし、抜歯せずに全体の歯を削ったりすることで抜歯の代わりのスペースを確保する方法もあります。

ですから、非抜歯矯正でも歯並びを無理なく整えることができ、前歯の歯並びもきれに見えるようにできます。そのためにも、治療経験の豊富な専門の矯正治療医院を選んで受診してください。

後戻りのリスクが高い?

歯並びに必要な十分なスペースがないまま矯正治療を続けると、せっかくきれいに見えても隣り合った歯がぶつかったり元に戻ろうとしたりすることがあります。
矯正治療では非抜歯矯正でも、側方や後方に動かすことで十分なスペースを確保して、術後に後戻りが出ないように考えながら治療を進めます。痛みや不快感を感じた場合は歯科医師に相談しましょう。

マウスピース矯正の場合はマウスピースを1日のうち22時間以上歯に被せているため、歯の後戻りや痛みが少なく安心して治療を続けることができます。

不安なことがありましたら、下記のページから無料の矯正相談を予約してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

非抜歯矯正がゴリラ顔になるといわれる理由

非抜歯矯正がゴリラ顔になるといわれる理由

矯正治療は不揃いの歯を正しい位置に戻すことで歯のデコボコを改善する治療で、歯を動かすためのスペースが必要です。
非抜歯矯正で抜歯せずにできた不十分なスペースに歯を並べてしまうと、歯が行き場をなくして口元で盛り上がるためゴリラ顔になります。

非抜歯矯正でも歯のスペースを確保できる技術が普及してからこのような事例は少なくなっていますが、心配な方は治療技術と経験が豊富な専門の矯正歯科を受診すると安心です。

歯列矯正で抜歯する目的

歯列矯正で抜歯する目的

矯正治療に必要なスペースは歯の状態によって異なりますから、かなり広いスペースが必要な場合は抜歯でスペースを確保することもありますが、Eラインの改善が目的でなければ基本的には歯を抜かないで矯正できます。
一生に一度しか出てこない自分の歯を大切にしたいという患者様も歯科医師もおり、できるだけ抜歯を避ける治療も増えています。治療方針を決めるときに歯科医と相談してください。

歯を動かすスぺースが必要

矯正治療の内容によって歯を動かすスペースの広さは変わるため、抜歯やその他のスペースを確保する方法を検討します。
ワイヤー矯正装置やマウスピース矯正装置を使って歯を動かすスペースを作りながら歯も少しずつ時間をかけて動かすことが可能です。狭いスペースであれば抜歯はせずに済みます。

奥歯が倒れている場合は奥歯を起こすことで移動のスペースを確保することが可能です。歯科医師は治療前検査で口腔内の状況を把握し、患者様に最適な治療方法を考え提案します。

噛み合わせの改善

噛み合わせの改善

噛み合わせの不具合は歯並びによっておこる場合があり、矯正治療により噛み合わせの悪い部位を特定しその歯を正しい位置に動かすことで改善することが可能です。
奥歯の歯の位置や傾きが原因の場合は、アンカースクリューを固定源に使って奥歯の位置を動かしたり倒れている歯を起こしたりすることでできたスペースに歯を動かすことで改善します。

前歯の突出を改善

前歯の突出を改善

歯並びが悪く歯の間隔が狭い場合は前歯が前に出てしまうことがありますが、矯正治療で歯を動かすことで改善します。
奥歯が倒れこんでいる場合は矯正治療で奥歯を起こすことで隙間ができるため、本来の位置に歯が動くことで前歯も元に戻るスペースを確保でき前歯の突出が改善します。

その他にも何らかの原因で前歯が突出している場合は、口腔内の検査を通して原因を確認して治療方法を決めることが大切です。

抜歯しない矯正の基準は?

抜歯しない矯正の基準は?

歯科医院で抜歯をすることがありますが、理由や目的があって抜歯しますから、抜歯以外に治療できる方法があれば抜歯しなくて済みます。

歯茎が飛び出す原因は以下のとおりです。

  • 矯正治療の歯を動かすスペースの確保
  • 噛み合わせを調整するために歯を動かすスペースの確保
  • 歯の傾きや場所を変えるためのスペースの確保
  • 出っ歯などの口元の状態の改善

このような事例に対して抜歯以外の治療方法を説明していきましょう。

デコボコの程度

デコボコの程度

矯正治療で歯並びを改善するためには、その状態に合わせた移動のスペースが必要です。その方法を詳しく説明していきます。

1つ目は、歯列を横に広げて歯と歯の間のすき間を広げる方法です。デコボコの量が大きい場合はこの方法だけではスペースは足りません。

2つ目は、奥歯を後ろに動かして隙間を作る方法です。顎間ゴムを使用したりして奥歯を後ろに引っ張ります。

3つ目は、前歯を前方に移動させる方法です。この方法は前歯が内側に倒れている場合にのみ使えます。

4つ目は、歯を削る:ストリッピングという方法です。1本ずつの歯を最大0.25㎜エナメル質だけ削ることでスペースを確保します。エナメル質だけを削るため痛みがありません。

このようにいくつかの方法がありますから、患者様の状態に合わせて歯科医師が治療方法を選択します。

上下の歯列のずれの程度

上下の歯の噛み合わせのずれがある場合は、奥歯を後ろに移動して隙間を作ることで空いた隙間に前歯を動かしてずれを改善することができます。
奥歯を後ろに移動する場合の奥歯の移動できる幅が5㎜程度ですから、歯の移動の幅が少ない反対咬合の場合に治療可能な方法です。

矯正治療では治療前に取る歯型や口腔内写真を使って奥歯の移動幅や噛み合わせ幅など綿密な検討を行ったうえで最適な治療方法を決めることが可能です。

前歯の傾きや突出

上下の前歯や上の前歯だけ突出している事例がありますが、この場合も突出している歯の角度や位置をしっかり検査測定して治療方法を考えます
前歯の突出では歯の並びも噛み合わせも悪くないことが多く、歯をどのくらい傾けてどのくらい動かすかを計算し必要なスペースを算出することも可能です。

歯列の横への拡大・奥歯の後方移動・ストリッピングなどを組み合わせて移動に必要なスペースを確保しますが、必要なスペースを確保できない場合は抜歯を選択することもあります。

非抜歯矯正でゴリラ顔にならないために

非抜歯矯正でゴリラ顔にならないために

矯正治療では専門的な知識と豊富な治療経験のある歯科医師と最適な治療器具が用意されていることが安全で安心な治療のために必要です。
非抜歯矯正治療では、治療前検査を通して患者様の状態に合わせた治療計画を立てます。不具合が出た場合もすぐに修正でき、想定していた結果に近づけることが可能です。

矯正歯科治療は綿密な治療計画と時間をかけた矯正治療を併用することで、患者様の負担を軽減するとともに治療後の笑顔溢れる楽しい生活になることを目的とした治療です。

経験と実績のある歯科医を選ぶ

信頼できる矯正歯科医院を選ぶために、お知り合いの方やインターネットからの情報を集めて調べたり問い合わせることから始めましょう。
ホームページなどでは治療実績や歯科医の紹介や患者様からの評価もありますから、治療や病院の様子などを調べることができ安心につながります。

施術数や扱っている矯正治療の事例数なども信頼感や安心感につながる情報ですし、身近な方で矯正歯科治療を受診したことがある方がおられましたら、様子を尋ねてみましょう。

納得したうえで治療を受ける

矯正歯科は治療によって治療期間も長く治療費も決して安くありません。また、追加の治療費がかかる場合もあるため、治療前の歯科医師との面談で詳しい話を聞きましょう。
治療期間の変更ができるかも仕事をお持ちの方にとっては大切なことですから、分からないことや不安なことは遠慮しないでお尋ねください。

患者様と歯科医師で治療方法や治療器具の選択などの話し合いをした上で作られた治療計画が、患者様にとって負担が少なく無理のない治療につながります。

不安なことがありましたら、下記のページから無料の矯正相談を予約してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

非抜歯矯正を検討するなら信頼できる歯科医に相談しよう

非抜歯矯正を検討するなら信頼できる歯科医に相談しよう

非抜歯矯正治療は抜歯しない分さまざまな治療方法を併用する治療ですから、治療経験が豊富で実績のある矯正歯科医師を選ぶことが安心につながります。
インターネットのホームページからの情報から複数の医院を決めて電話やメールでの問い合わせてみることで、病院の雰囲気や職員の感じもわかります。

矯正治療は数年にわたる治療であり長くお付き合いするわけですから、病院が自分に合っているかも大切な基準です。慎重に調べて納得できる歯科医院を決めましょう。

まとめ

まとめ

今回は、「非抜歯矯正はゴリラ顔になるのか」という質問から、抜歯しない場合の矯正治療について説明してきました。
患者様の歯の不調を改善する方法はたくさんあります。歯の不調については気軽に歯科医院に行き、歯の悩みを相談してください。

矯正歯科は専門的な知識と経験をもつ医師が、患者様の歯の健康と治療後も笑顔のために最適な治療方法を提案いたします。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-抜かない矯正
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ