歯列矯正で鼻に変化はある?顔つきにどのような影響があるのか歯科医が解説します

【監修:青山健一】

歯列矯正で鼻に変化はある?顔つきにどのような影響があるのか歯科医が解説します

「出っ歯を矯正すると顔も変わる」といわれていますが、なぜ変わるのでしょうか。
近年、歯並びを矯正するだけでなく、横顔を美しくしたいと美容目的で歯科医院を受診される方が最近増えています。
鼻を高くしたいという美容目的なら骨格の問題であり、外科手術が一般的です。美容整形ではなく歯列矯正だけで鼻は変わるのでしょうか。

また、矯正治療をすると鼻だけでなく顔立ちにどのような影響が出るのか気になりますね。
本記事では矯正治療による変化や変化を感じやすい症例、そして矯正後の顔つきに関わる影響や見た目以外の影響などをご紹介します。

矯正治療で鼻に変化はある?

矯正治療で鼻に変化はある?

矯正治療で鼻が高くなったという声を聞きますが、実は矯正をして顎骨が正しい位置に移動しおさまりがよくなったからです。
顎の出っ張りがなくなり、鼻が顎より前に出るようになったために鼻が高くなったように見えます。
ここでは鼻に変化がある理由と歯並びの改善、顔周りがどのように改善されるのかを解説します。

鼻が高くなったと感じる理由

鼻が高くなったと感じる理由

鼻が高くなったと感じるのは、歯列矯正をして歯並びと顎の骨が正しい位置に移動したためです。
治療の結果として唇から顎にかけて突き出した部分が引っ込み、口元の飛び出した印象がなくなり鼻が高くなったように感じるのです。
ここでは、歯列矯正をして顔立ちにどのような変化が起こるのかをご紹介します。

歯並びの改善

歯列矯正のいちばんの目的は歯並びを改善することです。
出っ歯や下顎前突は上下の顎の骨のバランスがよくなるように歯並びを改善し、噛み合わせがよくなります。
上顎と下顎のアンバランスで笑顔にコンプレックスを抱く方も少なくありません。そこで、患者様の笑顔の悩みを解決するのが歯列矯正なのです。

顔周りの変化

顔周りの変化

いちばんの変化はフェイスラインがシャープになることです。歯列矯正で噛み合わせがよくなり顔の筋肉の歪みが改善され、顎のこわばりがなくなります。
歯並びが整ったことで口元の筋肉のこわばりがなくなり、フェイスラインの筋肉のはりが減ったのです。
出っ歯が気になって歯列矯正に興味があるなら、ネットで無料相談の予約ができます。

無料矯正相談Web予約はこちら

顔つきに変化を感じやすい症例

顔つきに変化を感じやすい症例

顔つきが目に見えて変わる症例は、どのような症例なのでしょうか。変化が現れやすいのは「出っ歯」です。
ここでは、上顎と下顎の出っ張りを直すと顔立ちにどのような変化が起こるか解説します。

上顎前突

上顎や上の前歯が前に出ている状態が上顎前突で、出っ歯ともいわれます。顎の骨が出ているケースと前の歯が出ているケースがあり、どちらも上顎前突です。
上顎前突を歯列矯正して変化があらわれるのは横顔で、Eラインの内側に唇がおさまるようになり横顔がすっきりとします。また、口の開閉がスムーズになることも特徴です。

下顎前突

上顎前突と違い、下顎が上顎に比べて大きすぎるのが下顎前突です。下顎前突は顔貌上のコンプレックスが出やすく、治療も困難です。
大人になってからは矯正治療で治す場合もありますが、下顎が出すぎている場合は外科手術で矯正します。
この症例は幼少期のうちに治療するのが望ましく、どちらの場合も長期間の治療と観察が必要です。

顔つきに関わる影響

顔つきに関わる影響

ここからはさらに具体的な、顔つきに関わる影響について解説します。
歯列矯正をすると歯並びが美しくなるだけでなく、前に突き出ていた上の前歯と上唇も矯正後には上の前歯が後ろに下がり、上唇も引っ込み理想的なフェイスラインに近づきます。
矯正をして顔つきにはどのような変化が起こるのでしょうか。

Eラインが変わる

横顔の美しさを図る指標としてEラインがあります。Eラインはエステティックライン(Estetic Line)の略称で顔を横から見て、鼻先と顎の最も突き出た部分であるオトガイ線を結んだ線です。
Eラインより唇が内側にあるのが理想で、出っ歯の人は前に出て顎がしゃくれている人は口先が内側にひっこんでいます。

口ボゴの改善

口ボゴは口元がモコッともたついている状態で、全体的に突出感があります。口ボゴは歯並びだけでなく骨格的な問題が要因です。
口ゴボの人は理想的なEラインからズレている場合が多いです。

顎の骨が出ているような重度のものは骨を削るといった外科手術も併用しなくてはいけません。軽度から中度の口ゴボでしたら歯列矯正だけで治療が可能です。
出っ歯や口ボゴでお悩みの方は、無料相談の予約ができます。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯列矯正の種類

歯列矯正の種類

歯科矯正にはどのような種類があるのでしょうか。代表的な矯正方法は次の3種類になります。どの治療法も治療を始める前に医師の問診と検査を終えてから矯正開始です。
装置を作る前の診察で見つかった虫歯や歯周病などは、治療を終えてから次の工程に進みます。

インビザラインは治療前に明確な治療計画を行い、患者様と仕上がりのイメージを共有できます。
患者様にも満足していただける仕上がりを実現するには、インビザラインでの矯正がおすすめです。

しかし、患者様の症例によってはインビザラインでの矯正ができかねる場合もあるため、その場合は医師の判断に従ってください。

インビザライン矯正

インビザライン矯正とは、透明なプラスチック製マウスピースを使い歯列矯正をします。
従来のワイヤーが矯正につきものの歯が動く痛みが少なく、何よりも金属が目立たず矯正をしていることが周りからわかりにくいことがメリットです。

取り外して食事や歯みがきが可能で、虫歯のリスクがワイヤー矯正に比べてすくないことが特徴です。
しかし、装着時間が短いと思うように歯がうごかず矯正が長引きます。思うような仕上がりにならないこともあるため、必ず指定された装着時間を守りましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケット矯正ともよばれており、歯の表側にワイヤーを着けて歯並びを矯正することです。
装置を着けているときに歯を動かす痛みが伴い、ワイヤーが目立つというデメリットもあります。

最近ではインビザラインに押され気味ですがワイヤー矯正でしか対応できない症例もあり、インビザラインと併用で矯正治療をする場合もあります。
ワイヤーが目立たないように金具の部分が透明になっていたり、歯と同じような白色のブラケットも登場して以前のワイヤー矯正より装置が目立たなくなりました。

裏側矯正

裏側矯正は歯の裏側(舌側)にワイヤーの矯正装置をつけて歯列矯正をする方法です。裏側に装置を装着するため、わかりにくく表側の歯にダメージが少ないというメリットがあります。
表側を矯正するよりも高い技術が必要で、費用も割高です。上下の歯を両方とも裏側矯正にするのではなく、上の歯よりは目立ちにくい下の歯を表側矯正にする方法もあります。

歯列矯正で変化するのは見た目だけではない

歯列矯正で変化するのは見た目だけではない

歯列矯正で歯並びだけでなく顔立ちも変わります。しかし、変わるのは見た目だけではありません。見た目だけではなく患者様の健康状態も整います。
具体的な効果として噛み合わせがよくなったために顎関節の歪みがなくなり、全身のバランスがよくなって肩こりや腰痛などの痛みを改善する効果です。
歯並びや顔立ちではない、目に見えない効果を詳しくご紹介します。

よく噛めるようになる

出っ歯を矯正して前歯を後ろに下げるため、下がった前歯で噛むことができるようになります。
そして、噛み合わせがよくなったことで食べ物をよく噛めるようになり胃の調子がよくなります。
今まで胃がもたれることが多かった患者様が歯科矯正をしたら、食事を楽しめるようになったと喜んでいました。

健康状態がよくなる

噛み合わせがよくなることにより顎関節や首などの緊張がゆるみ、主な症状としては頭痛や肩こり、腰痛や膝の痛みなどの痛みが改善します。
噛み合わせが悪いと首や顎関節が緊張しすぎでこわばって頭を支えきれなくなり、頭を支えようとして他の箇所が支えようと動いて過度に緊張し、体のバランスが悪くなります。

顎関節と首の緊張がなくなることで他の箇所にかかっていた負担もなくなり、健康状態がよくなるのです。

歯列矯正で悩みがある場合は歯科医に相談しよう

歯列矯正で悩みがある場合は歯科医に相談しよう

「出っ歯が気になる…」「笑ったときに歯茎が見えるのが嫌」など歯並びのお悩みは歯科医師にご相談ください。治療をするかしないかは相談の後でも決められます。
敷居が高いと思われていた矯正歯科ですが、美容目的で歯列矯正を受けようと来院される患者様が増加中です。

患者様の負担が少なくてすむ抜歯をしない矯正やEラインを意識した治療計画、体調改善を優先した治療計画の相談も承ります。
Eラインなどの審美的な面に考慮した矯正治療が得意な歯科医院もあるため、歯科医院のホームページを検索して調べてみるのもよいですね。

まとめ

まとめ

歯列矯正をしてEラインが美しくなると今まで出っ張っていた顎や唇が本来の位置に下がり、鼻が高くなったように見え顔立ちも変わります。
特に美意識の高い方はEラインを気にしている方が多いです。出っ歯とガミースマイルは顎の骨の上下のバランスの悪さが原因になります。

顎の骨も顔立ちはもちろん、全身の健康には大事な要素です。顔立ちがよくなるだけでなく健康にもなれるため、矯正をして損はありません。
もしも美容目的の歯列矯正に興味がおありなら、ぜひ歯科医院にご相談ください。審美的なご相談にも矯正治療の経験豊富な医師がお応えします。
美と健康を手に入れるなら歯列矯正をご検討ください。患者様の笑顔のためにお手伝いをします。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ