マウスピース矯正のメリットを歯科医が解説|種類別費用と特徴も合わせてご紹介

【監修:青山健一】

マウスピース矯正のメリットを歯科医が解説|種類別費用と特徴も合わせてご紹介

歯列矯正は審美目的だけなく、歯周病などの病気から歯を守ることができます。
更に歯列矯正の中でも、見た目を気にしつつ手軽に矯正ができるのがマウスピース矯正です。
本格的に矯正に入る前に、まずはマウスピース矯正の基本的なことを知っておきましょう。

またマウスピース矯正にも種類があり、どれが自分に合うのか困っている人もいるのではないでしょうか。
今回はマウスピース矯正のメリット・デメリット、種類や費用・特徴について解説していきます。
自分の歯に合うマウスピース矯正を選ぶ際の参考にしてください。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

まず、マウスピース矯正のメリットから見ていきましょう。
他の矯正方法にはないメリットが多くあります。

矯正装置が目立たない

矯正装置が目立たないこと、これはマウスピース矯正の最大のメリットです。
マウスピース本体は薄い透明のプラスチックでできています。
サイズも形も自分の歯の形とピッタリなため、近くで見ても気付かれにくいです。
そのため誰にも気付かれることなく、矯正治療をすることができます。

ワイヤー矯正は矯正をしていることが一目ですぐわかってしまうものです。
マウスピース矯正ならぱっと見ただけでは矯正しているとはわかりません
こうした特徴から、結婚式や成人式などにも影響しないのも魅力です。
写真も何もない状態の口元で残るため、装着したままで写真を撮ることができます。

矯正装置を取り外すことができる

矯正装置を取り外すことができる

マウスピース矯正は、いつでも矯正装置を取り外すことが可能です。
食事をする時、歯を磨く時などでも気軽に取り外しできます。
ワイヤー矯正の場合は、食事から気を遣わなければなりません。

その点、マウスピース矯正なら気にすることなく好きなものを食べることができます。矯正中でも余計な気を遣うこともありません。
さらに短時間であれば、取り外したままでも大丈夫です。
矯正しているからと慌てて装着し直す必要もありません。

衛生面が優れている

簡単に取り外しできることから、口腔内を清潔に保つことができます。
清潔な状態であれば口腔トラブルも少ないです。
ワイヤー矯正は装置の間に挟まりやすいため、管理が非常に大変です。
取り切れなかったものは虫歯や口臭の原因にもなります。
その点、マウスピース矯正であれば心配はいりません。

口腔内の不快感が少ない

マウスピースは歯のみを覆うため、装着時に感じる不快感は少ないです。
さらに素材は薄くやわらかいため、口の中の粘膜を傷つけることもありません。
初めて装着した際、締め付けや窮屈さを多少感じるでしょうが、すぐ慣れる人が多いです。
装着することで一時的に発音しにくくなることもありますが、これも慣れることで解消することができます。

一方ワイヤー矯正はブラケットを使用するため、粘膜に当たり不快感を覚える人も少なくありません。
ブラケットによる口内炎もできやすいです。
さらには金属アレルギーを発症してしまうケースもあります。
プラスチック製のマウスピース矯正であれば、アレルギーの心配もありません。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正にもデメリットはあります。
デメリットも合わせて知ることで、自分にマウスピース矯正は合うのか確認できます。

装着時に飲食することができない

マウスピースは歯全体を覆っているため、そのままの状態では飲食できません
食べカスや糖分のある飲み物はマウスピースの隙間に入り込んでしまいます。
放置すると不衛生な状態となり虫歯や歯茎の炎症の原因にもなります。

そのため、なにかを食べるときは必ず外さなければなりません。
小腹が空いたときも外す必要があるため、簡単に食べることも難しいです。
面倒ではあるものの、飲食後は歯を磨くようにしましょう。

お茶やノンシュガーの飲み物であれば装着したまま飲んでも問題ありませんが、ステインの入った飲食物を飲むと装置が汚れます
汚れれば見た目も悪くなってしまうため、この場合も外す必要があります。
基本的にマウスピース装着中は飲食を控えるようにしましょう。

歯並びによって合う合わないがある

マウスピースはすべての歯に対応できるわけではありません
出っ歯や受け口・叢生などの矯正、かみ合わせの改善など幅広く対応するものの、できる範囲は限定されてしまいます。
顎の位置の修正などの外科処置が必要な歯並びや歯の移動距離が大きい歯並びは、ワイヤー矯正の方が向いています

最終的な目的は歯並びを綺麗にすることです。
まずは自分の歯の状態を見てもらい、歯科医とよく相談してください。
見た目を気にするあまり、マウスピース矯正にこだわる必要はありません。

マウスピース矯正の種類別費用

マウスピース矯正の種類別費用

一言でマウスピース矯正といっても、その種類は様々です。
マウスピース矯正は『全顎矯正』『部分矯正』に大きく分かれ、その中に複数種類の矯正方法が存在します。

また、これは全顎矯正・部分矯正どちらにもいえますが、ここで紹介する費用はカウンセリング~治療完了までの費用です。
その中にはマウスピース代も含まれています。
ただし、矯正費用外の治療費や矯正中の歯科治療費は含まれないため、場合によってはさらに費用がかかります。

全顎矯正

全顎矯正

全顎矯正は文字通り、ワイヤー矯正と同じように歯全体を矯正します。
状況によっては抜歯など治療をしながら、歯全体を大きく動かします。
マウスピース矯正にて、歯列矯正ができる歯並びの状態であれば矯正可能です。

全顎矯正の代表的な治療法といえば、インビザラインがあります。
完全オーダーメイドのマウスピースであるため、見た目を気にする人には人気がある矯正装置です。
大掛かりな矯正であるため費用は高く、100万円前後になります。
状態や歯科医院によって前後しますが、平均でこのくらいの値段がかかることは頭に入れておきましょう。

部分矯正

気になる部分のみを矯正する部分矯正もあります。
例えば外から見て一番目についてしまう前歯だけに焦点を当てた矯正も可能です。
全顎矯正のような大がかりな治療ではないため、ピンポイントで治療できてより気軽に矯正できます。

部分的に矯正するため、全顎矯正と比較すると安価です。
部分矯正の場合、マウスピース矯正費用は50万円前後になります。
こちらも状態や歯科医院によって前後しますが、全顎矯正の半額程度で矯正可能です。

マウスピース矯正に向いている人

マウスピース矯正に向いている人

どのような人がマウスピース矯正に向いているのでしょうか。
向いている人の特徴をまとめてみました。

見た目を気にする人

歯列矯正の最大の問題である見た目もマウスピース矯正ならある程度解決可能です。
歯列矯正はしたいものの、見た目を気にする人に向いています。

職業柄よく口元を見せる人
ワイヤー矯正の見た目が嫌な人
管楽器演奏者

上記で挙げた人はマウスピース矯正を選択することで、見た目の問題を解決しつつ矯正をすることができるのです。

ちなみにワイヤー矯正にも目立たない矯正方法があります。
中でも、歯の裏側からするリンガルという矯正方法は誰にも知られず治療することが可能です。
その一方で費用が高額な上に治療期間も長く、管理も非常に難しいのがデメリットになります。
このような点から、見た目を気にするならワイヤー矯正よりマウスピース矯正がおすすめです。

口腔内を衛生的に保ちたい人

取り外し自由のマウスピース矯正は、口腔内を衛生的に保つことができます。
そのため、現在進行形で虫歯治療をしている人や歯周病になりやすい人も向いている治療方法です。
それ以外の人でも綺麗な状態を保てることで、虫歯や口臭・歯周病といった口腔トラブルを防ぐことができます。

また、マウスピースが汚れたときもすぐ洗浄することができるのもメリットです。
常に清潔な状態を保つことができて矯正器具の臭いもある程度防げるため、清潔さを重視するならマウスピースが向いています。

矯正において抜歯をしたくない人

基本的に、マウスピース矯正は抜歯をする必要がない矯正治療です。
そのため、抜歯をせずに矯正をしたい人にも向いています。
抜歯をすることなく矯正ができる歯の状態であれば、マウスピースによる矯正は可能です。

逆に抜歯が必須の歯並びだとマウスピース矯正は向いていません
抜歯の必要性が曖昧な場合は、ある程度までマウスピース矯正で歯を移動させることになります。
その後はワイヤー矯正に切り替えることで、抜歯を防ぐことも可能です。

マウスピース矯正の効果

マウスピース矯正の効果

マウスピースを装着するだけで、果たして本当に歯並びが綺麗になるのか不安を覚える人もいるでしょう。
矯正方法の一つとして確立している通り、マウスピースだけでも矯正の効果は十分あります
歯の状態を診察し、歯にかかる力や角度などを計算することにより、装着するだけで歯が少しずつ動くようになっているのです。

また、歯並びが整ってくるたびにマウスピースも変えることになります。
最終的に自分が希望とした歯並びになるように治療を進めていきます。

マウスピース矯正の治療期間

マウスピース矯正の治療期間

マウスピース矯正の治療期間は5ヶ月~2年程度です。
ただし歯の状態や選択する矯正治療法によって異なるため、治療期間に幅が生じます。
ピンポイントで矯正を行う部分矯正は、比較的治療期間が短いです。短期集中で歯列矯正できるでしょう。

一方、ワイヤー矯正の治療期間は5年程度かかります。
歯を動かす『矯正期間』に、歯を固定する『保定期間』があり、矯正期間で3年程度、保定期間が2年程度必要です。
個人差によって治療期間は変わってきますが、ワイヤー矯正は治療が長期的です。
マウスピース矯正であれば、短期間で綺麗な歯並びを手に入れることができます。

マウスピース矯正を始める前に確認すべきこと

マウスピース矯正を始める前に確認すべきこと

実際にマウスピース矯正を始める前に確認すべきことがあります。
まず、歯の状態をしっかり見てもらいましょう
何よりもまず、マウスピース矯正で矯正できるのかを確認しなければ始めることはできません。
検診のときにかかりつけ医に相談してみるのも良いでしょう。

次に全顎矯正なのか、部分矯正なのかを決めます。これも決めなければ治療に進めません。
悩んでいるなら、無料カウンセリングのある歯科医院で相談するのも手です。
また、マウスピース矯正は長時間連続装着が必要です。20時間以上装着しなければ効果がありません。
忘れることなく装着し続けることができることが大前提となります。

まとめ

まとめ

マウスピース矯正について解説しました。
辛く大変という歯列矯正のイメージを覆したマウスピース矯正は、歯列矯正をより身近に感じさせる画期的な治療法です。
しかし、画期的であってもメリット・デメリットはあります。
よく理解したうえで、どのようにするのか歯科医を交え検討してみましょう。

-部分矯正, インビザライン
-, , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ