理想のEラインは歯科矯正で改善できる?抜歯の必要可否も専門医が紹介

【監修:青山健一】

理想のEラインは歯科矯正で改善できる?抜歯の必要可否も専門医が紹介

横顔に自信が持てないと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
理想のEラインであることは、美しい横顔の条件ともいえます。
しかし、歯並びや上下の顎の状態によってEラインに影響を及ぼすことも少なくありません。

横顔美人は歯科矯正で改善することができるのでしょうか。今回は、理想のEラインは歯科矯正で改善できるか解説していきます。
また、歯科矯正に伴う抜歯の必要可否についてもみていきましょう。

理想のEラインの条件

理想のEラインの条件

Eラインは正式名称で「エステティックライン」といい、横顔の美しさの基準として提唱されたものです。
具体的には、鼻先と下顎の先端を一直線に結んだラインのことをEラインと呼びます。
そして、横顔が美しいとされるのはEラインよりも少し内側に唇がある状態です。

一方で、Eラインから唇がはみ出している状態は、理想的なEラインとはいえません。
美しい横顔を手に入れたいと思ったとき、美容整形を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、美容整形ではなく歯科矯正で理想的なEラインを手に入れることができる可能性があります。

そのためには、そもそもどのような歯並びがEラインに影響しているのか、そしてどういった治療方法があるのかを押さえておきましょう。

Eラインに影響する悪い歯並びの種類

Eラインに影響する悪い歯並びの種類

悪い歯並びは、理想的なEラインに影響を及ぼす可能性があります。
Eラインよりも唇が出ている状態というのは、歯並びとの関連が高いからです。
ここでは、Eラインに影響する悪い歯並びについて3種類ご紹介します。

出っ歯

Eラインに影響する悪い歯並びには、上の前歯が突出している出っ歯があります。
前歯が突出しているため、上唇が突き出しやすく、Eラインからはみ出してしまうのです。
また、重度の出っ歯の場合は唇を閉じることができず、常に口が開いた状態になりかねません。

そうなると、理想的な横顔から遠ざかるうえに、正面からの見た目も悪くなってしまうでしょう。
しかし、出っ歯がEラインに影響している場合、歯並びを良くすることで改善できる可能性があります。

下顎が引っ込みすぎている

下顎が引っ込みすぎている

下顎が引っ込みすぎていることも、Eラインに影響を及ぼすことがあります。
歯並びに関係しているのは歯だけではありません。
歯の受け皿である上下の顎の大きさやバランスも、歯並びに大きく関係しているのです。
顎がもともと小さい場合や、成長過程で小さいままになってしまったという場合があります。

そして、上下の顎のバランスが悪く下顎が引っ込んでいるケースなど、様々な原因が考えられるのです。
下顎が引っ込みすぎている場合、相対的に前歯が出ているように見えることもあります。
理想的なEラインでなくなるだけでなく、噛み合わせにも注意しなければなりません。

受け口

Eラインに影響する歯並びには、受け口(下顎前突)もあげられます。
「しゃくれ」とも呼ばれる受け口は、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。
通常、前歯は下よりも上の方が前に出ています。
それが反対になっているのが受け口で、口元が盛り上がって見えるのです。

そのため、受け口の方の唇はEラインからはみ出し理想的な横顔とはいえない状態になってしまいます。
また、受け口の場合は上下の顎のバランスが取れていないことも多く、噛み合わせや発音への影響にも注意が必要です。

理想のEラインは歯科矯正で改善できるのか

理想のEラインは歯科矯正で改善できるのか

理想のEラインからかけ離れることで、横顔にコンプレックスを抱く方は少なくありません。
もし歯並びが影響しているのであれば、それは歯科矯正で改善できる可能性があります。
しかし、顎の大きさや上下の顎のバランスのような骨格に問題がある場合は、歯科矯正だけで改善できるとは限りません。

場合によっては外科的治療が必要になるケースもあるのです。
外科的治療というと不安に思う方も多く、歯科矯正で改善できるのであれば歯科矯正が良いという方もいらっしゃるでしょう。
歯科矯正で改善可能なのか、外科的治療が必要なのかは専門医の判断になります。
ご自身のEラインが歯科矯正で改善できるのか気になる方は、まず専門医に相談してみましょう。

抜歯が必要な歯科矯正

抜歯が必要な歯科矯正

Eラインは歯科矯正で改善できる可能性があり、検討される方も多いのではないでしょうか。
しかし、歯科矯正には抜歯が必要なケースもあるため、抜歯に不安を抱く方も少なくありません。
ここでは抜歯が必要な歯科矯正について2つのケースをご紹介します。

顎が小さく歯が収まりきらない

顎が小さく歯が収まりきらないケースでは、歯科矯正で抜歯が必要になることがあります。
先ほどお伝えしたように、上下の顎は歯の受け皿のような存在です。
もし顎が小さいと、すべての歯をキレイに並べるためのスペースを確保することができません。

そのため、顎が小さいと歯並びが悪くなるリスクが高くなってしまうのです。
もともと小さい顎の場合は、歯科矯正で歯列を整えようとしてもキレイに並べることができません。
このようなケースでは、抜歯をして並べる歯を顎の大きさに合わせる必要があります。
抜歯によって歯をキレイに並べるためのスペースを確保し、歯並びを改善するのです。

歯列の乱れが重度

歯列の乱れが重度の場合も、歯科矯正において抜歯が必要になることがあります。
Eラインに影響を及ぼす歯並びとして、出っ歯や受け口をご紹介しました。
それだけでなく、ガタガタ歯並び(叢生)の場合もEラインへの影響を否定できません。
出っ歯や叢生のケースでは、歯と歯が重なっている部分が多く歯列の乱れが重度というケースもあります。
その場合、矯正器具だけで歯を動かすことが難しく、抜歯を選択することがあるのです。

抜歯が不要な歯科矯正

抜歯が不要な歯科矯正

歯列矯正には抜歯が必要と思っている方も多くいらっしゃいます。
しかし、必ずしも抜歯をする訳ではなく、抜歯が不要な歯科矯正も少なくありません。
ここでは抜歯が不要な歯科矯正について2つのケースをご紹介します。

歯列の乱れが軽度

歯列の乱れが軽度の場合は、抜歯をせずに歯科矯正ができる可能性があります。
ワイヤーやマウスピースのような矯正器具のみで、歯を動かすことができるというケースです。
先ほどお伝えしたように、歯並びの悪さが重度の場合は歯を動かすためのスペースの確保が困難になります。
しかし、歯列の乱れが軽度であれば、少し動かすだけで歯をキレイに整列させられる可能性があるのです。

歯が移動するスペースがある

歯科矯正で抜歯が不要なケースとして、歯が移動するスペースがあることがあげられます。
ここまでお伝えしてきたように、歯科矯正において歯が移動するためのスペースは必要不可欠です。
スペースがなければ歯列を整えることが難しくなってしまいます。

反対に、少しずつ歯を動かすことでスペースを確保できるようであれば、抜歯は必要ありません。
また、すきっ歯のように歯と歯の間に隙間がある場合も、もともとのスペースを活用できるため抜歯が不要なことが多いです。

歯列矯正と組み合わせて行われる治療

歯列矯正と組み合わせて行われる治療

歯科矯正として多く行われる治療に、ワイヤー矯正やマウスピース矯正があります。
それらに加えて、歯科矯正を組み合わせて行われる治療があることをご存じでしょうか。
ここでは歯科矯正と組み合わせて行われる治療を3つご紹介します。

アンカースクリュー

アンカースクリューは、上顎にネジを埋め込み前歯を後ろに引っ張るという治療方法です。
上顎に埋め込む医療用のネジのことを、アンカースクリューといいます。
出っ歯の場合に適応する治療方法で、ネジを支えにするため歯の移動の可能性を広げることができるのです。
歯の移動には時間を要しますが、アンカースクリューと組み合わせることで治療期間の短縮が期待されます。

床矯正

床矯正

入れ歯のような装置を装着し、顎を広げる治療方法を床矯正といいます。
この装置にはネジがついていて、ネジを少しずつ回すことで上顎を広げていくのです。
顎を拡大させることで、歯が並ぶスペースを確保することができます。
床矯正は前歯の永久歯が生えそろってから行う必要があるため、適切なタイミングを見計らうことが大切です。

オーバーレイバイトランプ

オーバーレイバイトランプは、マウスピース矯正と組み合わせる治療方法です。
マウスピースの裏面に装置をつけることで、前歯の凹凸を改善します。
このオーバーレイバイトランプが適応されることが多いのは、噛み合わせが深い過蓋咬合の症例です。

噛み合わせが深いということは顎の歪みを引き起こすリスクがあり、機能的にも見た目にも支障が出てしまうでしょう。
歯科矯正のみでは対応できないケースや、組み合わせによってより効果が期待されるケースではオーバーレイバイトランプを勧められることがあります。

理想のEラインを手に入れるなら歯科医に相談

理想のEラインを手に入れるなら歯科医に相談

理想のEラインを手に入れたいと思ったら、まずはご自身の歯並びにも目を向けてみてください。
Eラインに影響を与えるような要因が、歯並びに隠されていることも少なくありません。
「歯並びが悪いかもしれない」「前からずっとコンプレックスだった」という場合、歯科矯正によってEラインの改善につながる可能性があります。

もしEラインや歯並びで気になることがあれば、まずは歯科医に相談するようにしましょう。
歯科矯正には抜歯が必要なケースと不必要なケースがあります。
抜歯の必要性については患者様の歯並びや顎の大きさによって異なるため、歯科医の診断が必要不可欠です。

また、できるだけ抜歯をしない方針をとっている歯科医もいることを押さえておきましょう。
治療方法についても様々な選択肢がありますので、不安や心配事は歯科医に相談して解消することをおすすめします。

まとめ

まとめ

今回は、理想的なEラインを歯科矯正で手に入れる方法についてご紹介しました。
鼻先と下顎を一直線につないだEラインは、横顔の美しさを証明する指標となります。
しかし、歯並びが悪いとEラインに影響を及ぼすことも少なくありません。

歯科矯正によって理想的なEラインを手に入れたいという方は、ご自身の歯並びの状態を知るためにも歯科医に相談することをおすすめすます。
歯並びを治すための歯科治療には様々な種類があるため、治療を受けるべきか、どの治療方法がいいか迷うこともあるでしょう。

しっかりとした説明をしてくれ、相談しやすい歯科医のもとで理想のEラインを手に入れてください。

-矯正全般
-, , , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ