マウスピース矯正の値段相場を歯科医が解説|治療法別の費用の変化まで紹介します

【監修:青山健一】

マウスピース矯正の値段相場を歯科医が解説|治療法別の費用の変化まで紹介します

歯並びが気になるから歯列矯正をしたいけれど、見た目・痛い・不自由などネガティブなイメージのほか、高額な費用が理由で敷居が高いと思っている方も多いはずです。
昨今では技術の進歩により、見た目が気にならない透明な医療用プラスチック製のマウスピースを装着することで矯正が可能になりました。本記事ではマウスピース矯正をご検討の方にマウスピース矯正の概要・価格の相場・治療法別の費用をご紹介します。

マウスピース矯正の歴史

マウスピース矯正の歴史

マウスピース矯正の歴史は古く、昔は技工士が手作業でマウスピースを作成していました。
治療ごとにマウスピースを作成しなければならない煩わしさを解消するために1997年にアメリカで開発されたのがインビザラインです。

全行程がデジタルで進行され、最初に治療計画を立てマウスピースを作成するという方法です。現在のマウスピース矯正はCAD/CAMを使用したものとそれ以外に分類されます。
インビザラインの開発により他のマウスピース矯正にもデジタルが導入され、画期的な進歩を遂げました。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

取り外しが簡単なマウスピースは日常生活の中で大変便利な矯正方法の1つと考えられています。具体的にマウスピースのメリットについて解説します。

矯正器具が目立たない

歯列矯正を敬遠する方のほとんどが、矯正器具が目立つことに抵抗感を持っています。
マウスピース矯正は先ほども述べたように透明で薄く目立たない医療用プラスチックを使用するため目立つことなく、ひと目見ただけでは矯正していることが分からないほどです。
ワイヤーが恥ずかしいという方や人前に出る仕事の方におすすめです。

痛みが比較的少ない

歯列矯正の痛みのほとんどは力が加わったことにより歯が動いて起こる炎症反応です。
この反応を利用して歯を動かすため多少の痛みは我慢しなければなりません。
しかし、マウスピース矯正の代表的な方法であるインビザラインは2週間で0.25mm歯をゆっくり動かして矯正するため痛みをほとんど感じないのが特徴です。
口内に装置が当たるなどの不快感も少なく、ワイヤーを調整する際の痛みもありません。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリット

次にマウスピース矯正のデメリットについて解説します。

装着時間の確保

マウスピース矯正は1日最低20時間の装着が必要です。
自分の意志で外せるため、さぼってしまい装着時間が短いと歯が思うように動かず効果が出るまでに時間がかかってしまいます。
食事や歯磨き時に取り外して食事を楽しんで虫歯のリスクを減らせるメリットもありますが、患者が装着時間を守るという強い意思を持つことが何よりも重要です。

歯科医師の腕によって結果に差ある

マウスピース矯正は歯科医師の経験と患者に最適な治療計画が重要です。
コンピューターを利用した治療計画のシミュレーションであるクリンチェックは経験の浅い医師でも可能なため、満足な結果が得られないというケースも見受けられます。
また、マウスピース矯正はすべての症例に有効ではないことからワイヤー矯正と併用になる場合もあります。
豊富な症例経験があり他の矯正方法にも対応できる技術を持つ矯正専門の歯科医師に相談してください。

マウスピース矯正の値段相場

マウスピース矯正の値段相場

マウスピース矯正の平均的相場は10万円~100万円と高額になります。
この金額には矯正装置の調整・矯正中のお口の中のメンテナンスなどの費用も入り、治療する部位・期間によっても価格は大きく変動からです。
それでは詳細をご紹介します。

部分矯正の場合

前歯中心など部分的な矯正の場合は10万円~70万円ほどです。全体的な矯正よりも半年から1年半の短期間ですむのも特徴です。
インビザラインには前歯が対象のインビザライン・iGOがありますから、扱っているか歯科医院に確認することをおすすめします。

全体矯正の場合

歯列全体を矯正する場合68万円~100万円ほどかかります。
治療期間は1年~3年ほどかかり長丁場になるため、支払い方法に関しても慎重に検討してください。
軽い症例でしたらマウスピース矯正だけでも十分効果がありますが、より確実な効果を得るため部分的にワイヤー矯正と併用になる場合もあります。

どちらも診断料・カウンセリング料は別です。
先天的な疾患や骨の移動をおこなう手術を必要とする場合以外の矯正は全額自費負担になります。

健康保険が適用されないため価格は歯科医院・クリニックにより違いがありカウンセリング・検査・治療の難易度・かかった期間によって金額も変わります。
ほとんどの歯科医院では事前に治療にかかる費用を計算してもらい、説明をよく聞いて納得した上で治療を始めてください。

マウスピース矯正の支払い方法は?

マウスピース矯正の支払い方法は?

気になるマウスピース矯正の支払い方法は歯科医院によって異なる場合があるため事前に確認してください。
ここでは一般的な支払方法を解説します。

総額制

総額制とは初回診察料をのぞいた費用を治療前に一括で払うことです。
トータルフィー制と呼ばれることもあります。
統一料金ではなくクリニックによって料金に差があるため事前に確認してください。

料金には調整のための処置料・保定の管理料・装置料も含まれ、治療の難易度によって治療費の概算をするため治療が延長することになっても事前に料金を支払っているため、追加費用の心配がないのがメリットです。

歯科医院によっては治療完了後のリテーナー(保定装置)が矯正費用に含まれることもあります。矯正治療中に発生した虫歯の治療代・治療が終了した後のメンテナンス代は含まれていませんからご注意ください。

処置別支払い制

処置別支払い制

処置別支払い制とは通院するごとにかかる装置代や保定にかかるお金を支払う従来どおりの方法です。
しかし、治療が長引くと通院ごとに処置料がかかってしまい総額がものすごく高くなってしまったという場合も少なくありません。

都度払いは治療が終了するまでの料金が総額制に比べ曖昧になりますが、歯科医院では治療にかかる詳細な金額・治療計画に関する説明をよく聞いて確認しておきましょう。
処置別支払い制でも支払い上限金額を設定している歯科もあるため、こちらも確認してください。

ローンやクレジットカードによる分割払い

矯正医療は高額な料金を支払うことが多いため、治療のための料金を一括払いすることが難しい場合は分割払いで払うことも可能です。
デンタルローンと呼ばれる信販会社が扱う歯科医療のためのローンもあり、金利が3.4%からとカードローンに比べると低く高額な料金を長期間支払うときに便利です。
さまざまなプランが用意されていますからスタッフに相談してください。

デンタルローンを扱っていない歯科医院では、自分でデンタルローンを利用することになります。
どちらにせよ契約する前にしっかり説明を聞いて契約内容を確認しましょう。
歯科医院の取り扱っているクレジット会社の分割払いを使用することもできますが、金利が10%からと高くなっています。

また、歯科医院の窓口で支払う金利手数料のない独自の分割払いのほか、銀行ローンを利用するなどの方法もあります。
このように分割払いでも複数の方法の中から自分に合った支払い方法を選ぶことが可能です。

マウスピース矯正以外の治療法の相場

マウスピース矯正以外の治療法の相場

ここではマウスピース矯正以外の治療代の相場について解説していきます。

金属ブラケット矯正

金属ブラケット矯正を利用した矯正方法は矯正する部位にもよりますが、60万円~100万円が相場となっています。歯列矯正の中で値段は手頃なほうです。
従来のイメージどおり金具が目立ちやすく痛みがあることがネックですが、丈夫で壊れにくく多くの症例に対応できます。

審美ブラケット矯正

審美ブラケット矯正

審美ブラケット矯正とは目立ちにくい白いワイヤーと透明なブラケットを使用したブラケットです。
相場は65万円~120万円と金属ブラケットより高額になりますが、目立ちにくくマウスピース矯正に比べて多くの症例に対応できるのが特徴になります。
マウスピース矯正ができない症例の方でも装置を目立たせず歯を矯正することが可能です。

裏側矯正

裏側矯正は一般的に表側矯正よりも値段が高めに設定されており、100万円~200万円となっています。
歯の裏側に矯正装置を付けるため、装置が目立ちにくいという利点があり目立つのが嫌だという方におすすめです。

しかし、矯正のスピードや歯並びを整えるという点では表側矯正のほうが優れています。
上の歯だけ裏側矯正で、下の歯をワイヤーやプラケットが目立たないものを使い舌に違和感のない表側矯正にするコンビネーションという方法もあり、こちらは85万円~150万円と上下の歯を裏側矯正にするよりは手頃な価格となっています。
マウスピース矯正以外の矯正方法のほうが比較的割高です。

自分にあったマウスピース矯正をするなら歯科医に相談

自分にあったマウスピース矯正をするなら歯科医に相談

マウスピース矯正は担当医師の経験と患者の意思が成功のカギです。
丁寧な説明・確かな経験・治療技術・正しい知識・スタッフの患者への気遣い、そして清潔で通いやすい雰囲気のあるクリニックがいい歯科医院の特徴です。
マウスピース矯正は痛みも少なく器具も目立たないことは魅力的ですが、万能ではありませんから自分の症例に合う矯正方法を提案してくれる歯科医師に相談することが重要になります。

マウスピース矯正は長ければ治療に2年以上もかかることがあり、大切な歯を預けることから信頼のおける歯科医師に相談してみてください。
料金も大切ですが歯科医師との相性は治療結果にも影響が出ることもあります。
安さを強調する派手な宣伝に惑わされず、口コミを参考にしてみたり自身でクリニックのホームページを調べたりするなど本当に自分に合った歯科医院を探すことが大切といえます。

まとめ

まとめ

マウスピース矯正の値段相場について解説しました。
歯列矯正に関して日本はまだ後進国ですが、最近は美意識の高い方・社会的なステイタスを求める方が口元の美しさを気にして歯列矯正をする人が増えています。
しかし、実際に歯列矯正を始めようとすると気になるのが高額な治療費用です。

支払い方法にも選択肢があり、ほとんどの歯科医院ではクレジットカードやデンタルローンなどを使った分割払いが用意されています。
一度に高額の現金を用意できなくても美しい歯並びを手に入れることはもう夢ではありません。
歯科医師やスタッフの説明をよく聞いて、自分に合った矯正方法や支払い方法を選びましょう。

-インビザライン
-, , , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ