歯列矯正が必要なレベルを歯科医が解説|期待できる効果や歯列矯正の種類もご紹介します

【監修:青山健一】

歯列矯正が必要なレベルを歯科医が解説|期待できる効果や歯列矯正の種類もご紹介します

歯並びを整えることは、見た目のコンプレックスや身体の不調が改善されるなどメリットも多いです。
しかし、実際に矯正をするとなると費用がかかるもの。だからこそ、歯並びは気になるけど、高額な金額を払ってまで歯列矯正が必要なのか悩む人もいます。

今回の記事は、歯列矯正が必要なケースについてのお話です。矯正を受けるメリットや治療の種類についても併せてまとめています。
歯列矯正をするべきかを決めかねている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

歯列矯正が必要か迷う方へ

歯列矯正が必要か迷う方へ

歯列矯正をしようかと悩んでいる人は、何かしら歯に悩みを持っているものです。
歯列矯正は保険適用外の治療のため、費用も安価ではありません。また、一口に歯列矯正といっても、器具の種類や治療方法がいくつかあります。

費用は、どの方法で矯正治療をするかでも変わりますが、患者さんによって適応できる治療方法が違うものです。
だからこそ、歯列矯正をするか迷ってしまう人が多くいます。矯正治療はメリットも多いですが注意点もあるため、それも迷う理由です。

歯列矯正が推奨されるレベルかは歯科医の判断になります。少しでも歯の状態が気になる場合は、矯正歯科の無料相談に行ってみて下さい。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯列矯正が必要なレベルとは?

歯列矯正が必要なレベルとは?

歯列矯正の判断は歯科医の仕事になります。そうはいっても実際に矯正歯科を訪れるためには、矯正が必要かを自分で判断する材料が欲しいものです。
歯列矯正が推奨されるケースを紹介しますので、矯正歯科に行く目安にして下さい。

虫歯や歯周病に侵されやすい

歯並びが悪いと、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。とくに歯が重なって生えているような状態だと、重なった部分は汚れが溜まりやすいです。
それなのに、重なった歯の間は歯磨きをしてもブラシが届きにくいため、しっかり汚れを落とすことができません。

歯磨きがやりにくいと、そこは食べかすがのこり歯垢や歯石が溜まってしまいます。歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因です。
また、歯が重なっているところが虫歯になってしまうと、痛みが出るまで気が付かない可能性もあります。
歯ブラシが届かない部分がある場合は、矯正で歯列を整えてもらうことで口腔内のトラブルも少なくなるのです。

咀嚼に影響している

咀嚼に影響している

歯並びが悪いと、噛み合わせにも問題が出てきます。噛み合わせが悪いと食べ物を、うまく咀嚼することができません。
しっかり噛まずに、食べ物を大きいまま飲み込むことを続けていると、胃腸に負担がかかり消化不良を引き起こすことがあります。

また、噛み合わせが悪いと顎の関節にも負担がかかってしまうため、顎の骨や筋肉のバランスが悪くなってしまうのです。
顎に負担がかかると、顎に痛みが出てしまうこともありますし、顎の筋肉が発達しすぎてエラ張りの原因にもなります。

なんとなく食べ物が咀嚼しにくいと感じた場合は、歯科医で噛み合わせのチェックをしてもらって下さい。
そのうえで矯正するべきか判断してもらうようにしましょう。

肩こりや頭痛

歯並びや噛み合わせの問題は、口腔内だけの問題ではありません。噛み合わせが悪く顎のバランスが崩れると、周囲の筋肉や骨にも影響を及ぼします。
顎の歪みは身体全体の歪みに繋がり、肩こり・頭痛・腰痛を誘発するようになってくるのです。
歯並びや噛み合わせが原因で、身体に不調が出てしまっている場合は、早めに対処をするようにして下さい。

コンプレックスがある

歯並びがコンプレックスとなり、人前で笑うこともできず人と話すことを避けてしまう人もいるのです。
コンプレックスがあると気持ちも落ち込んでしまいます。コンプレックスが歯並びからくるものであれば、矯正で改善できる可能性が高いです。

歯列矯正で期待される効果

歯列矯正で期待される効果

歯列矯正にはさまざまなメリットがありますが、どんな効果が期待できるのかも気になる人も多くいます。
歯列矯正で期待できる効果を紹介していきましょう。

歯並びの改善

歯並びの改善

歯列矯正の1番の目的は、歯並びの改善です。歯並びの改善ができれば顔の印象が変わってくる可能性があります。
スマイルラインやEラインは、歯並びを整えることで理想の形に近づけることが可能です。見た目の改善に繋がることで、自信を持てるようになります。

歯列がキレイに並んでいれば、歯磨きもしっかりできるようになるため、虫歯や歯周病の予防にもなるのです。
また、歯並びが悪いと発音にも影響がありますが、矯正をすることでしっかり発音ができるようになります。

噛み合わせの改善

歯列矯正によって改善されるのは見た目だけではありません。歯列矯正をすることで歯並びと同時に、噛み合わせの改善にもつながります。
噛み合わせの改善で胃腸への負担が減り、顎の関節への負担も軽くなるのです。顎に負担がかからなくなれば、顎関節症の予防にもなります。
矯正で顎のバランスが改善されて、身体の歪みが改善されれば、肩こりや頭痛の軽減も可能です。

悪い習慣を治す

悪い習慣を治す

歯列矯正をすることで、歯に大きな負担になる歯ぎしりを治せる場合があります。歯ぎしりの原因はストレス・飲酒・喫煙です。
また噛み合わせが原因になっているケースがあり、噛み合わせが悪くいと歯が強く接触してしまいます。そのせいで歯ぎしりになってしまうのです。
噛み合わせが原因の歯ぎしりであれば、歯列矯正で改善される可能性があります。

子どものうちに歯列矯正を始めるメリット

子どものうちに歯列矯正を始めるメリット

歯列矯正は大人でもできますが、子どものころから早期に矯正を始めることで、メリットが多く生まれます。
子どもの場合は、顎の発達も成長段階です。顎の発達をコントロールした治療は、子どもだからこそ効果が高くなります。

歯並びを整えるためには、歯を並べられるスペースが必要です。顎の成長を正しくコントロールすることで、永久歯がキレイに並ぶスペースが確保できます。
歯列矯正では歯を並べるスペースを作るための抜歯も、顎の成長が正しければ必要なくなる可能性が高いです。

また、骨も柔らかく歯も動きやすいため治療も進めやすくなります。また、永久歯になったときに、歯列矯正の期間が短くなる可能性も高いです。
歯並びに悪い癖も、小さいころから意識して治していくことで、歯並びを維持することもできます。
子どもの歯並びが気になる親御さんは、早めに歯列矯正を検討するようにしましょう。

歯列矯正の種類

歯列矯正の種類

一口に歯列矯正といっても使う器具や種類があります。矯正治療は大きく分けて2つ、全体矯正と部分矯正があります。
治療の内容もそうですが、部分矯正と全体矯正は費用や治療にかかる期間が変わるのです。
全体矯正と部分矯正、それぞれの特徴を紹介していきましょう。

全体矯正

全体矯正では、歯全体を動かして歯列を整える治療になります。前歯から奥歯まで動かすため、歯列の乱れが大きい場合でも治療が可能です。
奥歯をさらに奥に動かすなど多彩な動かし方ができるため、様々な症例に対応できるのも全体矯正の特徴になります。

全体矯正では、希望に近い形で歯列を整えることができます。また、歯全体を整えるため、噛み合わせの改善も可能です。
顎のバランスの改善も可能なため、顎関節症の治療にもつながります。全体矯正の治療期間は2年前後、治療費は70~100万円と少し高額です。

部分矯正

歯全体の矯正をする全体矯正と比べて、部分矯正は歯単体や前歯だけなど一部の歯のみの矯正になります。費用も治療期間も全体矯正より少ないです。
入学式や結婚式などのイベントがあるときなどに向けて、見える部分だけの歯並びを整えたいなど、審美的な面の改善が目的になります。

矯正する範囲が少なく、治療中の違和感が少ないのは部分矯正のメリットです。費用は矯正する歯の数次第ですが、15~50万円になります。
期間は半年から1年と短いです。費用面や期間の短さから手が出しやすい矯正方法といえます。

部分矯正の注意点

部分矯正の注意点

全体矯正に比べて、費用面や治療期間からも手を出しやすい部分矯正。女性でも希望する人が多いです。
しかし、すべての人が部分矯正でよいわけではありません。患者さんの歯列の状態によっては全体矯正でなくては、矯正が難しいことがあります。
部分矯正の注意点についてお話していきます。

気になる歯のみ治療する

部分矯正はとくに気になる部分の歯並びのみを治療するものです。歯の凸凹が大きくなく、軽度の症例の人向けになります。
基本的には見た目を改善するための矯正方法だと思って下さい。歯を大きく動かすことはできないため、歯を並べるために抜歯ではなく歯を削ります。

患者さんの歯並びの状態によっては、出っ歯になる場合や食べ物が噛みにくくなることもあるのです。
患者さんが部分矯正で大丈夫なのかは、歯科医に正しく判断をしてもらう必要があります。

噛み合わせの改善は期待できない

部分矯正は費用や治療期間がかからないぶん、手軽に感じます。しかし、部分矯正では見た目は改善できても、噛み合わせの改善は期待できません。
治療をするときは、噛み合わせがよくなるように進めますが、一部のみになります。一部のみよくなっても、他の部分の噛み合わせはそのままです。

むしろ、一部のみ噛み合わせを整えたことで、他の部分の噛み合わせがずれることもあります。

歯列矯正が必要なレベルか悩んだら

歯列矯正が必要なレベルか悩んだら

自分の歯並びが、矯正が必要なレベルなのか悩んでいる人は、歯科医で判断をしてもらうのが1番確実です。
相談のみであれば無料で受けてくれる矯正歯科が多くあります。歯並びが気になる人は矯正専門の歯科医で、相談だけでも受けてみるとよいです。

そのうえで、納得のできる方法で歯並びの改善をしていきましょう。
まずはお気軽に、無料相談をご検討ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

歯列矯正が必要か悩んでいる人は、少なからず歯並びに気になる部分があるものです。歯並びは見た目だけではなく、全身の健康にも影響があります。
特に、歯同士が重なっていて歯磨きがやりにくい場合や、食べ物をうまく噛めないなどの場合は、矯正での改善が望ましいです。

見た目だけであれば、部分矯正で手軽に治療することもできます。ただ、患者さんによっては全体矯正のほうがよい場合があります。
歯列矯正は歯科医の正確な判断が重要です。矯正専門の歯科医がいる実績のある歯科医で、相談するようにしましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ