歯列矯正で人中の長さが変わるのか歯科医が解説|歯並びと人中の関係や変化しやすいケースもご紹介

【監修:青山健一】

歯列矯正で人中の長さが変わるのか歯科医が解説|歯並びと人中の関係や変化しやすいケースもご紹介

歯列矯正は基本的に歯並びをきれいに整えるものですが、歯並びだけでなく口周りの見た目の印象も変える場合があります。
今回は歯列矯正で人中の長さが変化するかということについて解説していきます。
歯並びと人中の関係や人中の長さが変化しやすいケースなどについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

歯列矯正で人中の長さが変わる?

歯列矯正で人中の長さが変わる?

歯列矯正は乱れた歯並びを整えるものであり、基本的に他の顔の部分に影響を与えることはありません。
しかし、歯並びを整えることで口周りの印象が変わり見た目が変化することは考えられます。その結果、人中の長さが変わったように感じるのです。

例えば出っ歯と呼ばれるような前顎突出の方の場合、前歯が飛び出ている影響で口が閉じづらくなっています。
そのため無理に口を閉じようとすると上唇が自然と引っ張られてしまい鼻の下部分が長く見えるのです。

歯列矯正を行い前歯が飛び出さない状態になると、無理なく口を閉じられるため上唇が引っ張られなくなり人中が短くなったようにも見えます。
歯列矯正で歯並びを整えることで直接的に影響を与えなくても、顔の印象を変えることができるのです。

顔の印象を変える人中の概要

顔の印象を変える人中の概要

人の顔の印象はそれぞれの顔のパーツのバランスによって見え方が大きく異なります。
顔の印象を変える要素の1つである人中の概要についてご紹介しましょう。

人中の位置

人中とは、鼻の下にある縦の溝の部分のことです。人によって長さや溝の深さが異なります。
人中は顔の中心に位置しているため、顔全体のバランスに大きく影響を与えます。
人の顔の形は骨格が影響し生まれつき決まっているものがほとんどですが、歯並びによって人中の位置は変化するように見える場合もあるのです。

上顎や下顎が極端に飛び出していると口を閉じづらくなり、その影響で鼻の下が伸びてしまう場合があり人中が長く見えます。

また、顎の骨格だけでなく舌の位置によっても人中の見え方が変わる場合もあるのです。
舌の位置は上の前歯の後ろに付いていることが理想とされていますが、下の前歯の後ろに付いていると鼻の下が伸びて見える原因になります。
歯並びによって口元の見た目は大きく変わり、人中の位置も変化したように見える場合があるのです。

理想的な人中

人中の長さは個人差があり長さや溝の深さは人によって違います。また、加齢により皮膚や表情筋が衰えることで年齢によっても変化するものです。
日本人の人中の長さは約1.5センチが平均で、人中の長さと下唇から顎までの長さの比率が1対2のバランスが理想的だといわれています。

人中は短いと実際の年齢よりも若く見える傾向があり、反対に長いと顔全体が間延びした印象を与え実年齢よりも老けて見えるのです。
そのため、若い女性を中心にメイクなどを使い人中がなるべく短く見える工夫をする方が多くなっています。

ただし、骨格などが原因で人中が長く見える場合はメイクで短く見せるには限界があるのです。
そうした場合には歯列矯正を行い根本的な原因を解決する必要があります。根本的な原因を解決する方法を知りたい方は、ぜひ無料相談を検討してみてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

人中の長さを左右する要因

人中の長さを左右する要因

人中の長さは生まれつきの顔の作りによって決まっている部分も大きいですが、歯並びなどが影響し見た目の長さが変わる場合があるのです。
人中の長さを左右する要因について解説していきます。

舌の位置

舌の位置

舌の位置によっても人中の見え方が変わる場合があります。
舌は通常上の前歯の後ろに付いていることが正しい位置です。これが下の前歯の後ろなどに付けて正しい位置以外の場所に置いてしまうと歯列を圧迫する可能性があります。

正しい位置に置かれていれば舌が歯に接することはありません。しかし、下の前歯の後ろに付けると歯と接触してしまうため無意識のうちに舌で歯列を押してしまいます。
舌で押していても力を入れて押していないので影響はないように思えます。それでも、継続して圧迫することで歯を動かし歯並びが乱れる原因になるのです。

歯並びが乱れることで口が閉じづらくなったり無理して口を閉じたりして、上唇が下に引っ張られ結果として人中が長く見える場合があります。

口呼吸

口呼吸の癖がついている場合も人中の長さに影響を及ぼす可能性があります。
口呼吸とは文字通り口で呼吸をすることであり、本来であれば鼻呼吸が望ましいです。鼻の粘膜や細かい毛を使って呼吸によって吸い込むウイルスや細菌を除去することができます。

しかし、口呼吸が癖づいていると無意識のうちに口を開いている時間が長くなるのです。
特に幼い頃に口呼吸の癖がついてしまうと、上顎の成長に影響を及ぼします。口を閉じていれば舌が上顎についている状態になり、舌の力によって上顎が少しずつ広がっていくのです。

口呼吸を行っていると上顎がうまく広げられなくなってしまうので、歯が生えてくるスペースを十分に確保できなくなってしまいます。
狭いスペースで無理やり歯が生えてくるので出っ歯など歯列が乱れやすくなるのです。
呼吸自体は顔の作りと直接影響はありませんが、口呼吸で歯並びが乱れやすくなることで人中が長く見えてしまう場合もあります。

歯並び

歯並びは人中と密接な関係があります。歯並びが乱れていると人中が長く見える場合があるのです。
きれいな歯並びであれば通常口は閉じられており、口周りに影響を与えることはありません。
しかし、歯並びが悪く上顎が飛び出していたり下顎が後退していたりすると人中が引き延ばされて見えてしまうことがあります。

歯列矯正を行って歯を正しい位置へ動かすことによって、引き伸ばされていた人中が元に戻り顔の印象を変える可能性があるのです。
歯並びを整えると噛み合わせが改善され歯の健康に役立つだけでなく、口元をきれいに見せる効果も期待できます。

歯並びと人中の関係性

歯並びと人中の関係性

人中の長さというのは基本的に変化することはないのですが、歯並びの影響で見え方が変化する場合があります。
歯並びと人中の関係性についてご紹介しましょう。

上の前歯が突出している

上の前歯が突出している

上の前歯が突出していると人中が長く見えるケースが多いです。
上の前歯が飛び出している、いわゆる出っ歯と呼ばれる歯並びでは飛び出した歯に引っ張られて上唇が引き延ばされます
その結果鼻の下が伸びているように見えてしまい、人中が長くなる傾向があるのです。

この歯並びを矯正すると前歯が正常な位置に戻り、口が自然に閉められるようになるので伸びていた鼻の下も元に戻ります。
このように前歯の歯並びによって人中の長さが伸びているように見えたり短くなったように感じたりするのです。

下顎が後退している

下顎が後退している場合も人中の見え方に関係する場合があります。下顎の後退は顎変形症の一種であり、下顎が通常よりも内側に引っ込んでしまっている状態です。
出っ歯や受け口のように外見に大きな特徴があるわけではなく認知度も低いですが、機能面に大きな影響を与える場合があります。

上下の噛み合わせが悪く前歯でものを噛み切れないことや、下顎が後方にあることで舌も後方に置かれてしまい気道を狭める要因にもなるのです。
下顎が後退していると口を閉じた時に人中が間延びして見えます。
歯列矯正を行うことで後退した下顎を正常な位置へ戻すと、口も自然に閉じやすくなり人中も圧縮されて短く見えるようになるのです。

ガミースマイル

ガミースマイルとは笑顔を作った時に歯茎が大きく見える状態を指します。歯茎が強調されてしまうため周囲の目が気になりコンプレックスにつながりやすいです。
これは骨格や歯並びが原因となっており、面長な顔で人中が長い場合もガミースマイルになりやすい傾向があります。

ガミースマイルの中には上唇の長さが極端に短く、口が自然と開いてしまい上の前歯が見えているようなタイプもあります。
この場合には人中の長さは短いのですが、口が開いているため口元の見映えはあまりよくありません。矯正治療によって治療を行う際は、上顎と共に下顎も調整します。

上顎だけを動かすとガミースマイルは改善できても、上唇が伸びてしまい顔全体が間延びした印象となる可能性があるのです。

下顎も一緒に調整し上顎と共に上方へ移動させることにより、ガミースマイルの治療と並行して人中の長さも短い状態を保つことができます。

人中の長さが変化しやすいケース

人中の長さが変化しやすいケース

歯列矯正を行うことによって人中の長さが変化したように見える場合があります。
矯正治療の中でも特に人中の長さが変化しやすいケースについて解説していきましょう。

出っ歯の矯正治療

一般的に出っ歯と呼ばれる上顎前突の治療を行うと人中の長さが変化したように感じやすいです。
出っ歯の状態では飛び出ている前歯によって口を自然と閉じることができません。無理に口を閉じようとすると上唇が引き延ばされ人中も長く見えます。

これを歯列矯正で前歯を適切な位置へと動かすことができると口を自然に閉じることが可能です。
その結果上唇が引き延ばされることがなくなるので人中が短くなったように見える場合があります。

歯列矯正では骨格や歯を動かすことはありますが、鼻の下の長さを直接変えたり上唇の長さを調節したりすることはありません。
しかし、顎の骨を調整し口元の印象が変わることで人中の長さが変化したように見えるのです。

非抜歯矯正

歯列矯正の矯正方法で人中が長くなったように見える場合もあります。
必ずしも長くなるとは限りませんが、少ないケースで非抜歯矯正を行った場合に人中が長くなったと感じるケースがあるようです。

歯列矯正では歯並びを整えるために歯を動かすのですが、その際に動かすスペースを確保するのに抜歯を行う場合があります。
しかし、健康な歯を抜いてしまうことに抵抗がある場合などでは非抜歯で治療を行うことも可能です。

非抜歯で歯を動かそうとすると少ないスペースに無理に歯を並べるということも少なくありません。
そのため、歯列が外に広がりやすくなり前歯が前方に突出するような出っ歯と呼ばれる状態を引き起こすことがあるのです。

前歯の突出に伴い口も閉じづらくなってしまうので、人中も引き延ばされるケースが考えられます。
抜歯をすることが歯列矯正において必ずしも正しい方法とはいえません。しかし、非抜歯の治療により人中が長くなるケースは実際に起こり得ることです。

人中はEラインにも影響を与える

人中はEラインにも影響を与える

人中はEラインにも影響を与える可能性があります。Eラインとは「エステティックライン」の略で鼻先と顎のもっとも突き出ている部分を結んだラインのことです。
顔を横から見た時にEラインの線上か、やや内側に口先があることが美しいとされています。

これが前顎突出や下顎が後退している状態だと口元がEラインの外側に出てしまったり大きく内側に入りこんだりしてしまうのです。
前顎突出や下顎の後退している状態では前述の通り人中が長くなる傾向があります。

そのため、これらの改善をして人中が短く見えるようになると結果的にEラインも整えられ美しい顔のラインになるのです。
人中が直接的にEラインに影響するわけではありませんが、歯列矯正と紐づいてそれぞれの見え方が変化する可能性があります。

歯列矯正と人中のお悩みは歯科医に相談

歯列矯正と人中のお悩みは歯科医に相談

人中の長さは顔の見た目の印象を決める重要な要素であり、短ければ若く見え長いと老けて見える印象を与えます。
この人中の見た目の長さは歯並びが関係している場合があるのです。前顎突出や下顎が後退していると口が閉じづらく無理に閉じると人中が長く見える場合があります。

こうした歯並びが影響した人中の見え方に悩みがあれば、信頼できる歯科医に相談することがおすすめです。
歯列矯正を行って歯を正しい場所へ動かすことにより、歯並びを改善させるだけでなく口元の印象を変えることもできます。

初診時に治療後のイメージを説明してもらえるので、自身の症例ではどの程度人中の見た目が変わるのかを事前に確認することも可能です。
歯列矯正をご検討でしたら、ぜひ無料相談をご活用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

人中の長さは人それぞれ違っていて生まれつきの骨格などが影響します。
人中の長さによって見た目の印象が大きく変わるので、若い女性を中心にメイクなどを使い短く見せる工夫をする方も多いです。

しかし、乱れた歯並びが原因で口を自然に閉じることが難しい方の場合はメイクなどで見た目を変えることは難しくなります。
歯並びが原因で人中の見え方に悩みがある場合は、歯科医に相談することがおすすめです。
歯列矯正を行うことで自身の症例ではどのくらい改善できるか確認した上で治療を検討してみましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ