マウスピース矯正・インビザライン専門サイト 見えない矯正ドットコム

きれいな歯並びの人生と、
 そうでない歯並びの人生って
どれだけの違いがあるのだろう??
一度きりの人生なら・・・・・

無料相談を受けられた方には小冊子プレゼント中!!

当クリニックの安心内容

当クリニックでのインビザライン安さの秘密

インビザライン上下なのに・・・60万円~

1.部分矯正、非抜歯矯正の先駆者

アラインテクノロジー社

当クリニックは、部分矯正、非抜歯矯正の先駆者として、日本でトップレベルの症例数を誇り、(1ヶ月200人近い矯正相談、毎月、70人~100人の方が新たに矯正治療をスタートされています)、アラインテクノロジー社へのインビザラインの発注個数も日本トップクラスで、インビザラインの会社から「ダイヤモンドプロバイダー」に認定されました。(年間151症例~400症例のクリニック)

当クリニックからのインビザラインの発注個数が多いため、アラインテクノロジー社からの割引率が最大限利用できるため、上下のインビザラインにおいて、都内平均100万円の価格を60万円~提供できるようになりました。

2.治療費を安くしても患者様の満足度レベルを維持できるシステム

歯科医師が院長1人で運営しているクリニックでは、1日に院長の治療できる患者様の数は限界があるため、治療費を安くするのにも限界があり、「安かろう悪かろう」になってしまいます。
そのため、小さいクリニックでは治療費を安くしてまで患者様が増えることを歓迎しない傾向にあります。当クリニックでは、院長の技術をスタッフに徹底的に教育指導するシステムができているため、治療費を安くして患者数が増えても、患者様の満足度のレベルを維持できるシステムができています
40名近い社員数の大型クリニックだからこそ、この価格でも運営していけるのです。

3.大人数の患者様を受け入れることができる秘密

2.とも関連していますが、99%の歯科医院では、無駄な人件費を避けるためにぎりぎりの人数で経営しています。ぎりぎりの人数で経営しているために、スタッフが1人辞められるだけで日常の医院運営が回らなくなってしまいます。
そのため、スタッフに辞められたら困るから、厳しく教育、指導ができないという悪循環になってしまいます。多くの歯科医院でのスタッフレベルが低いのは、こういう悪循環にはまっていることが原因なのです。

一方、当クリニックでは、そういう悪循環を回避していくために、ゆとりを持った人員で、スタッフ教育には最大限のエネルギーを注いでいます。
はっきり言いまして、患者様のために、誠心誠意、頑張れない人は辞めていくシステムが出来上がっています。

当クリニックが、これだけ大人数の患者様を受け入れることができる秘密は、スタッフレベルの高さにあるのです。
患者様が増えてもクレームにつながらないシステムが構築されているからこそ、この価格で多くの患者様にご来院頂いても、きちんとした治療ができているのです。

4.歯科医院全体のレベルアップに貢献していきたい

当クリニックでは、スタッフが患者様のために全力を尽くし、患者様に喜んでもらうことでやりがいを感じ、その結果、患者様は右肩上がりで増えていき、クリニックの規模もどんどん大きくなってきて、そのスケールメリットを社員と患者様に還元していくという良循環が構築されている、日本でも数少ないお手本のような医院なのです。

今後とも、日本の歯科界をけん引して、歯科医院全体のレベルアップに貢献していきたいと思っています。

マウスピース矯正とは

マウスピース写真

歯列矯正治療と言えばワイヤーの針金をつけて歯を動かすのが一般的ですが、当クリニックにおいては、ワイヤーを使わないで、透明なマウスピースによる歯の移動により、歯列矯正治療を行うこともできます。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

☆メリット

マウスピース矯正のメリット写真
  • 透明で出立たない
  • 他人から気づかれない
  • しゃべりやすい

マウスピース矯正の比較

今現在、マウスピース矯正を大別すると2種類に分けられます。1つはインビザラインで、もう1つはクリアアライナーアソアライナー等です。

インビザラインシステムについて

インビザラインシステムについて写真

インビザライン® システムは、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。

治療の流れ

インビザライン流れ写真1

無料相談、精密検査、診断結果の説明、インビザラインの発注、インビザライン治療の開始、メンテナンス

マウスピース矯正Q&A

Q、マウスピースとワイヤーでの歯の動きは何か違いがあるのでしょうか?

Ans、

歯のねじれを取っていく時には、24時間装着しているワイヤーの方が動きが早いですが、歯を中に入れていったり、微妙な歯の動きをさせる場合にはマウスピースの方が優れています。

上顎装着例(正面)
下顎装着例(正面と上から)
当クリニックの7つの安心

矯正治療中の不安を取り除く為には......

矯正治療でよく聞く苦情は、矯正治療中に「先生がきちんと対応してくれない」と言う事があります。先生も時間的に余裕があればきちんと話を聞いてあげたくても、・・・

抜かない矯正ドットコム
マウスピース矯正