30代の矯正治療は遅いのか歯科医が解説|大人が歯並びを良くするメリットや矯正のタイミングもご紹介

【監修:青山健一】

30代の矯正治療は遅いのか歯科医が解説|大人が歯並びを良くするメリットや矯正のタイミングもご紹介

人の第一印象を決める要素の1つとして歯並びが挙げられます。乱れた歯並びを整えるだけでも顔の印象は大きく変わります。
しかし、大人になってから矯正治療を行うのは治療中の見た目などが気になりためらってしまう方が少なくありません。

今回は30代で矯正治療を始めるのは遅いのかということについて詳しく解説していきます。
大人が歯並びを良くするメリットや矯正のタイミングなどについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

30代で矯正するのは遅いのか悩む方へ

30代で矯正するのは遅いのか悩む方へ

歯列矯正は子供のうちに行うイメージが強く、30代など大人になってから治療を行うのは躊躇してしまう方が少なくありません。
子供のうちであれば顎の骨や歯などが成長過程であるため比較的治療がしやすいです。しかし、大人になってしまい成長した骨を治療するには時間がかかるケースも多く治療の難易度は子供の時よりも高くなります。

また、歯列矯正の治療時につける器具が目立つため人目が気になるということも治療を敬遠する理由の1つです。
そうしたさまざまな理由により30代で矯正するのは遅いと考える方も多いのですが、歯列矯正はいつからでも始めることができます。

大人になり骨格が成長した状態でも治療する方法は数多くあり手遅れということはありません。30代の方は社会人になり立ての20代よりも時間や経済的にも余裕が出ることも多いため治療がしやすいという側面もあります。
生活環境が落ち着いた中で自己投資として歯列矯正で歯並びを整えることは、その後の生活にも大きくメリットがあることです。

大人の歯列矯正は自分への投資の1つ

大人の歯列矯正は自分への投資の1つ

30代からの歯列矯正は自分への投資の1つとして治療を始める方も多くいます。
歯列矯正は基本的に医療保険が使えず全額自己負担となるため高額になりやすいです。費用は症例によって異なりますが簡単な部分矯正で約10万円~、全顎治療となると100万円を超えることも珍しくありません。

この高額な費用を捻出するのが難しいため、歯並びが気になっていても治療を行わない方は少なくありません。
30代になり経済的に安定し自己投資に対する金銭的余裕が出たことで治療を始めるという方も増えているのです。
歯列矯正は見た目の改善を重視して、大人になってから外見を良くすることにメリットを感じないため治療を敬遠する方もいます。

しかし、歯並びを整えることは見た目が良くなるだけでなく噛み合わせなども改善でき口内の健康を保つことにもつながるのです。
長期的スパンで考えると歯列矯正はさまざまなメリットがある効果的な自己投資の1つだといえます。

無料矯正相談Web予約はこちら

子供のうちに歯列矯正をするメリット

子供のうちに歯列矯正をするメリット

歯列矯正を行うタイミングを考える上で、子供のうちに治療を始めるメリットについて解説していきます。

歯を動かしやすい

子供のうちに治療を始めるのは歯を動かしやすいというメリットがあります。
子供は顎の骨など体全体が成長過程にあるため新陳代謝が活発です。そのため、歯の移動を行うにも大人に比べてスムーズにできます。

特に乳歯から永久歯に生え変わる時期である6歳から10歳にかけてスタートするのが適切なタイミングです。
完全に歯が生え変わり永久歯になってしまうと歯を動かすスペースを作るのに抜歯が必要となってしまう場合もあります。

歯並びを整えるためには歯を動かすスペースを確保することが必須の条件です。大人に比べて比較的歯を動かしやすい子供のうちであれば治療の幅が広がります。

顎の成長をコントロールできる

子供のうちであれば顎の成長をコントロールすることも可能です。
歯を支えている顎の骨は成長とともに大きくなっていきます。成長段階であれば上顎と下顎のバランスが崩れていても、骨の成長をコントロールすることによって矯正を行うことも可能です。

これが大人になってしまうと、骨の大きさが変わることはないため外科的手術などが必要となるケースが多くなります。
早い段階であれば矯正器具を使って顎の成長を補正することが可能であり、大掛かりな処置を避けられる場合もあるのです。

将来の虫歯のリスクを減らす

将来の虫歯のリスクを減らす

子供のうちに歯列矯正を行うと将来の虫歯のリスクを減らすことにもつながります。歯列矯正は見た目だけを意識しがちですが、口内の健康を保つことにも大きな影響があるのです。
不揃いな歯並びで歯の重なりなどがあると、日々のブラッシングで磨き残しが生じてしまい虫歯の原因にもなってしまいます。

子供のうちに矯正治療を行い整えておけば、将来的に理想的な歯並びを形成することが可能です。歯並びが整っていれば毎日の歯磨きもしやすくなり虫歯のリスクを減らせます。
また、虫歯の原因は日々のブラッシングの質だけが原因ではありません。

歯並びが乱れていることが原因で自然と口が開いてしまう場合があります。口が開いている時間が長いと口内が乾燥し細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
口を閉じていれば唾液の分泌が促され菌を洗い流すことができます。しかし、歯並びの影響で口が閉じづらくなると口内が乾燥し虫歯のリスクが高まります。

子供のうちに歯並びを整えておけば、その後の虫歯の原因となる要素を減らせるため口の中を健康に保つことができるのです。

30代で矯正するのは遅いのか?

虫歯がある場合は矯正治療ができるのか

子供のうちに矯正を行うとさまざまなメリットがあります。では、大人になってから矯正を行った場合は効果が低くなってしまうのでしょうか。
30代で矯正を始めるのは遅いのか、ということについて解説していきます。

歯列矯正に年齢制限はない

歯列矯正に年齢制限はなく、どの年代であっても治療を行うのが遅すぎるということはありません。大人になってから歯列矯正をする方も多く、中には80代で治療を行う方もいます。
矯正治療を行うのは子供のイメージが強く、大人になってからでは矯正器具をつけて生活することに抵抗があり治療を敬遠する方も少なくありません。

しかし、不揃いな歯並びを放置してしまうことも見た目のコンプレックスを解消できないというデメリットがあります。
また、歯並びが整えば日々のブラッシングがしやすくなり虫歯や歯周病などのリスクを減らすこともできるのです。

歯列矯正を行うことは多くのメリットがあるため、年齢を気にすることなくいつでも治療を始める価値があります。

治療期間が長くなる可能性

歯列矯正を行うのに年齢制限はありませんが、大人になってからの治療は子供に比べて治療期間が長くなる可能性があります。
歯並びを整えるためには歯を動かす必要がありますが、大人になると骨が硬くなっているため歯を動かすのに大きな力が必要になるのです。

そのため、治療中に痛みが伴うこともあり子供の治療に比べて治療が難しくなり期間も長くなるケースがあることも事実です。
しかし、最近では治療技術が発達しており比較的痛みを抑えられるマウスピース型の装置を使った治療方法も行われています。

30代での矯正治療は治療期間が長くなる場合もありますが、治療方法によっては目立たず周囲の目が気にならない状態で治療することも可能です。

忙しいと通院が困難

忙しいと通院が困難

30代で仕事をしながら矯正治療を行うことを考えた場合、忙しいと通院が困難になる可能性があります。
平日の日中は仕事をしている方がほとんどであり、職場が遠い場合などでは仕事が終わってから通院するのは時間的に難しいこともあるのです。

最近ではそうした忙しい社会人の方向けに土日でも診察を行う歯科医院が増えています。
症例によって治療にかかる期間は大きく異なりますが、大人の治療は子供に比べて比較的短い傾向があります。
子供の場合治療中にも骨が成長するため、その都度状態に合わせてアプローチする必要があるため治療期間が長くなりやすいです。

一方、大人の場合成長は止まっており歯の移動のみを考慮すればよいため子供よりも短期間で治療することも可能になります。
矯正期間中の1~2ヶ月に1回程度が一般的であるため、仕事をしていても大きな負担をかけることなく治療することもできるのです。

大人が歯並びを改善するメリット

大人が歯並びを改善するメリット

大人が歯並びを改善するメリットについて解説していきます。

コンプレックスの解消

不揃いな歯並びを整えることはコンプレックスの解消に大いに役立ちます。
笑った時にガタガタの歯並びが人に見えてしまうことを恐れて、笑顔が引きつってしまうという方も少なくありません。
歯並びを治し見た目が改善されることは歯列矯正の最大のメリットともいえます。

また、歯並びが原因で滑舌が悪くなってしまう場合もあるのです。歯の隙間から息が漏れたり舌をうまく動かせなかったりすると発音が不明瞭になります。
舌足らずなしゃべり方や滑舌が悪いと印象を悪くする可能性があり、特に営業職などで人と会話をする機会が多いと仕事の成果にも直結します。

歯並びを整えると歯の隙間が埋められるだけでなく舌を正しく使うことにもつながり、滑舌を良くする効果が期待できるのです。
歯列矯正で歯並びを整えることは、そういったコンプレックスを解消しさまざまなプラス要素をもたらします。

虫歯や歯周病のリスクを抑える

歯列矯正は見た目の改善だけでなく虫歯や歯周病のリスクを抑えることにもつながります。
不揃いな歯並びであると、歯の重なりなどで磨き残しが生まれやすくなり虫歯や歯周病の原因となる場合があるのです。

歯列矯正を行いきれいな歯並びになると毎日のブラッシングもしやすくなり口の中を清潔に保つことができます。
また、見た目がきれいになるとその状態を維持しようとする意識も高まります。その結果、食べかすや汚れが口の中に溜まりづらくなり虫歯や歯周病のリスクを低減できるのです。

大人が矯正治療を始めるタイミング

大人が矯正治療を始めるタイミング

大人が矯正治療を始めるタイミングについて解説していきます。

スケジュールが合う

歯列矯正を行うことでスケジュールを合わせることは重要な要素の1つです。
矯正治療にはほとんどのケースで長い期間が必要になります。比較的短期間で治療が完了する部分矯正でも半年ほど必要です。

多くのケースで長い治療期間をかけなければならないため、仕事のスケジュールと照らし合わせながら考えることが重要になります。
歯列矯正で重要になるのは矯正器具を日常生活でもしっかりと使用することです。

営業職などで人と接する機会が多い場合で、仕事中に矯正器具を付けられない時間が長いと治療がうまく進みません。
治療を問題なく進められるようにしっかりと計画を立てた上で治療に臨むことが重要です。

悩みを解消したい

矯正を始めるタイミングとして悩みを解消したいという思いをきっかけに治療を始める方も多いです。
歯並びが乱れていると口を開けた際にガタガタの歯を見られるのを恐れて自然と口元を隠してしまう場合があります。

口元にコンプレックスを抱えていると、人前で笑顔を見せることや話すことでさえも抵抗を感じる方もいるのです。
こうした悩みを解消して人前で気兼ねなく笑ったり会話をしたりするためにも歯列矯正は効果的な治療法だといえます。

歯並びを整えてコンプレックスを解消することができればコミュニケーションスキルの向上も期待できるのです。
清潔感ある歯並びになることで自分に自信を持つことにもつながり、その後の人生を豊かにすることにも役立ちます。

30代の歯列矯正で悩んだら信頼できる歯科医に相談

30代の歯列矯正で悩んだら信頼できる歯科医に相談

歯列矯正は子供のうちに行うイメージが強く、大人になってからでは治療中の見た目が気になり治療を敬遠する方も少なくありません。
また、治療期間も長期に渡るケースも多いためスケジュールを組むのが難しいと思われる方もいます。
30代の歯列矯正で悩んだら信頼できる歯科医に相談することがおすすめです。

最近では治療方法が発達しており、透明のマウスピースを使い周囲の目を気にすることなく治療する方法もあります。
症例に合わせた治療プランを歯科医と相談して決めれば、30代からでも問題なく矯正治療を行うことが可能です。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

不揃いな歯並びにコンプレックスを持つ方は多く、歯並びが気になり人前で笑顔になることや話すことをためらってしまうケースもあります。
歯列矯正の治療を行うのは子供のイメージが強いですが、治療を始めるのに年齢制限はありません。

大人になると骨が硬くなり歯を動かすのに相応の力が必要になりますが、治療ができないわけではなくどの年代からでも始められます。
30代からの歯列矯正を行うことに悩みがあれば、信頼できる歯科医に相談してみることがおすすめです。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ