50代でも歯列矯正はできる?50代の歯列矯正のメリットや注意点を歯科医が解説

【監修:青山健一】

50代でも歯列矯正はできる?50代の歯列矯正のメリットや注意点を歯科医が解説

歯並びや噛み合わせが悪いことをわかっていても、仕事や育児で時間に追われたため、なかなか歯医者に行くことができなかったということがあるかもしれません。
落ち着いた頃には、もう50代になっており「歯列矯正はもういいや」とあきらめていませんか?年齢も50代だからといって、歯列矯正をあきらめる必要はないのです。
50代での歯列矯正について説明していきます。矯正するかどうか迷っている場合には参考にしてください。

50代で歯列矯正を検討している人は増えている?

50代で歯列矯正を検討している人は増えている?

 

歯列矯正は、子供のうちに行うべきという考え方が主流でしたが、現代では、医療技術の向上により、口の中の状態に問題がなければ年齢関係なく治療を受けることが可能となりました。
平均寿命・健康寿命も伸びているため、50代から矯正を始める方も珍しくありません。成人矯正を行う患者のうち、約1割が50代以上とされているのです。
下記から歯列矯正の相談ができます。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯列矯正は50代でもできるのか

歯列矯正は50代でもできるのか

歯列矯正は、50代でも行うことができます。しかし、あご骨や歯茎など口の中に問題がないことが前提となります。
虫歯や歯周病がある場合は、それを放置したまま矯正治療を行うことができないため、虫歯などの治療が最優先です。

年齢制限はない

歯列矯正に年齢制限はありません。50代に限らず、60代・70代でも矯正治療を受けることが可能です。
平均寿命が80歳を超えているため、あなたの年齢が50代の場合でも、まだ30年以上将来が残されています。
余計なストレスを感じることなく、将来を過ごしていくために歯列矯正の相談だけでも1度行ってみましょう。

年齢による注意点はある

50代の場合、今は歯周病ではなくても一歩手前というケースがとても多く、すぐには歯列矯正を始められない可能性があります。
また、加齢の影響による歯茎の下がりやすさも注意する点となります。矯正することで歯茎に負担がかかり、歯茎が下がりやすくなってしまうのです。
歯茎が下がると、歯周病が悪化して歯が抜けるというリスクが大きくなるという注意点もあります。

50代で歯並びを治す理由

50代で歯並びを治す理由

歯列矯正は、10代・20代のうちに行うという意識が高い時期がありました。しかし、年代が上がってくると健康意識も上がり、40代・50代でも歯列矯正をするケースが多くなっています。
なぜ、50代で歯並びを治すケースが増えてきたのかを紐解いていきます。

将来の健康のため

並びが悪いと、噛み合わせが悪くなり、そのまま放置しておくと頭痛や肩こりを引き起こすこととなります。
矯正治療によって噛み合わせ改善することで、食べ物を正しく噛み切ることにより胃腸など内臓の負担を減らす効果や肩こりや頭痛などの緩和、虫歯や歯周病にかかるリスクの低減、発音の改善など将来的に多くのメリットを得ることができます。

いつまでも自分の歯で

いつまでも自分の歯で

噛み合わせや歯並びが乱れるとブラッシングがしづらくなり、菌が増殖することにより、虫歯や歯周病のリスクが高まります。虫歯や歯周病を放置すると、歯を失うことにもなりかねません。

上下の歯でしっかり噛むことで、脳の活性化にもつながるのですが、歯を失い噛めなくなると、脳への刺激が不十分になり老化にもつながりやすくなります。
歯並びの乱れは放置せず、すぐに治療することで自分の歯を守ることができますし、老化を少しでも遅らせることが可能です。

コンプレックスを解消したい

歯並びが悪いと人前で笑うことが苦手に感じるケースが多いのですが、これは、口にコンプレックスを感じることが原因となります。
歯並びをキレイにすることで、口元のラインや横顔もすっきりとみえますので、若返った印象を相手に与えることができるのです。
歯並びを治すことによりコンプレックスの解消につながります。

50代の歯列矯正のメリット

50代の歯列矯正のメリット

50代での歯列矯正は、デメリットよりメリットの方が多いのです。特に50代のうちに矯正治療を受けると、これから迎える老後に向けて大きなメリットがあります。
ここで、どのようなメリットがあるかみていきます。

時間に余裕がある

矯正中は、歯磨き1つでも相当な時間を要してしまいます。手鏡などで常に口の中を自己確認していますから、小さいトラブルでもすぐ対応することができるのです。
子供より少し時間に余裕がありますから、歯磨きも一生懸命取り組む結果、歯列矯正がスムーズに進みます。

痛みが出ても対応しやすい

矯正治療中は、子供より大人の方が強い痛みが出てきます。
食事中に痛みが強く噛めない状態であれば、うどんやお粥など歯に余計な刺激を与えないようにメニューを変えるなど柔軟に対応できるのです。

虫歯・歯周病リスクの軽減

歯列矯正によって歯並びがきれいになると、歯磨きがしやすくなり、磨き残しが少なくなります。
歯並びが悪いと、歯と歯の隙間にブラシが届きにくく、食べ物がはさまるなどの問題が生じます。
ケアを念入りに行った場合でも、歯並びがきれいな人と比較すると、歯が磨ききれず虫歯や歯周病のリスクが高くなるのです。

見た目・発音が良くなる

見た目・発音が良くなる

大人になって歯列矯正を始める多くの方が、見た目のコンプレックスを解消したいという理由によるものです。
歯列矯正によって、歯並びのコンプレックスが解消されると、自分の笑顔に自信がもてるようになり、さまざまな事に自信を持って取り組むことができるようになります。

仕事や私生活でも周りからの印象がさらによくなるのです。また、歯並びが悪いため発音がうまくできない事があります。
会話をしていても相手が聞き取れないことがあるのですが、歯列矯正により歯並びがきれいになると、発音がよくなり会話を心の底から楽しむことができます。

頭痛や肩・首凝りから解放される

噛み合わせが悪いと、あごのバランスが乱れ、平等に力がかからず体に歪みが発生し姿勢の悪さにつながります。
姿勢が悪いと血流が悪くなり、肩や首凝りにつながり、頭痛などの症状を引き起こす可能性があります。
矯正をすることにより頭痛や首凝り・肩こりから解放されるのです。

噛み合わせが良くなり消化が良くなる

噛み合わせが悪いと、食べ物を噛み切れずに飲み込んでしまうため、胃腸に負担をかけてしまいますが、歯列矯正により噛み合わせが改善されると、胃腸に負担がかからず、消化不良による体調不良はなくなります。

老後へのメリット

歯列矯正をすると、噛み合わせが良い状態で食べ物を噛むことができるため、脳が活性化され認知症の予防となります。
その他、老後に要介護認定を受けてしまう確率が大幅に下がります。

50代で歯列矯正をするデメリット

50代で歯列矯正をするデメリット

加齢による歯茎の免疫力低下が顕著となってくるため、歯茎が下がりやすくなっています。
歯列矯正の治療の際、歯を動かすことにより歯茎が下がる速度がさらに早くなる可能性がありますから、これが1番のデメリットといえるかもしれません。

50代の歯列矯正で気をつけること

50代の歯列矯正で気をつけること

50代で歯列矯正を受ける場合、若年齢層と比べると歯周病などが進行しているケースが多く、スムーズに治療に入ることができない可能性があります。
歯列矯正を受ける際に、あらかじめ気をつけておきたいことをみていきます。

歯や歯茎の状態

歯列矯正に年齢制限はありませんが、年齢を重ねていくと歯茎が弱っているケースや歯が抜けているケースが増えてくるのです。
その場合、歯列矯正の前に歯周病などの治療が優先されるため、日ごろから歯や歯茎の状態を気にしておきましょう。

健康状態

健康状態

歯の健康状態が良好であれば、歯列矯正にスムーズに入ることができます。
歯の土台を支える顎の骨の状態がしっかりしていることが基本となりますが、あごの骨が少ない場合の治療方法も確立されているため、治療を受けることは可能です。

治療期間が長期間に及ぶことになるため、体に何らかの疾患がある場合、歯列矯正中に悪化すると治療を中断することにもなります。
歯の健康だけではなく体全体の健康状態に気を配る必要があります。

痛みが出る可能性

歯列矯正には痛みを伴うことがあります。これはワイヤーでの矯正やマウスピース矯正であっても同じですが、マウスピース矯正の方が、ワイヤーを使った矯正より感じる痛みは少ないです。
また、矯正によって歯が動く痛みや矯正器具が歯に当たることによって伴う痛みもあります。歯列矯正のための抜歯を行うことになると、抜歯後にも痛みが出る可能性があります。

その場合は、ワックスという保護材で痛み軽減の対策はできますが、少し我慢を強いられるかもしれません。

50代からの歯列矯正で悩んだら

50代からの歯列矯正で悩んだら

20代・30代は仕事や育児などで時間が過ぎていき、歯列矯正をやりたくてもできなかったケースがあります。現在、歯列矯正の治療を考える方々の全体の2割が50代です。
口の中の健康状態により、治療が長引くということがありますし、「50代だから歯列矯正どうしよう」と悩むかもしれませんが、まだ30年、40年人生が残っています。

そのまま悩み続けるのではなく、1度歯科医へ相談することをおすすめします。あなたが不安に感じる点など悩みを解消した上で、矯正治療を受けるかどうかを考えてみてください。
下記から歯列矯正の無料相談ができます。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

50代の歯列矯正について説明してきました。
年齢に関係なく治療を受けることは可能ですが、虫歯・歯周病などが見つかった場合は、矯正治療が後回しとなります。

病院の探し方の1つとしては、総合的に治療できる病院を探すことをおすすめします。具体的にいうと、1つの病院で一般歯科と矯正歯科の両方の治療ができることが好ましいです。
理由は、矯正治療と虫歯や歯周病などの治療を同時進行で進められることで、歯周病にも万全な状態で受けることができるという理由があげられます。

50代で歯列矯正を受けることに不安を感じたとき、いくつかの病院をまわりカウンセリングを受けて、あなたが納得できるまで説明してくれた病院を選ぶことも探し方の1つです。
50代は、まだ人生の後半に入ったばかりで、先はまだ長いのです。後半の人生を健康的に楽しく過ごすための参考にしてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ