セラミック矯正の費用と特徴を医師が解説|セラミック矯正に適している人の特徴も紹介します

【監修:青山健一】

セラミック矯正の費用と特徴を医師が解説|セラミック矯正に適している人の特徴も紹介します

歯科矯正の選択肢の1つとして、セラミック矯正という治療方法があります。
セラミック矯正は、「矯正」という名がつくもののワイヤーで歯を動かす矯正治療とは異なることをご存知でしょうか。

また、患者様1人1人に合った治療が必要であり、セラミック矯正を検討するのであれば特徴や注意点を知っておくことをおすすめします。
今回は、セラミック矯正について特徴だけでなく治療に適している人や注意点に至るまで詳しく解説します。

セラミック矯正の概要

セラミック矯正は矯正治療であるとともに、審美治療としても知られる方法です。
最初に、セラミック矯正とはどのような矯正治療なのか、その概要を解説します。

セラミックの被せ物を使う

セラミックの被せ物を使う

セラミック矯正とは、自分自身の歯を土台としてセラミックの被せ物を使う歯科治療です。
そもそもセラミックは非金属製の素材ですが、被せ物の種類によって特徴が異なります。
代表的なセラミッククラウンの種類はこちらです。

  • オールセラミック:セラミック素材のみ
  • ハイブリッドセラミック:セラミックと歯科用プラスチックを混合
  • メタルボンド:被せ物の外側はセラミックだが内側は金属素材
  • ジルコニアセラミック:ジルコニアを素材としている

オールセラミッククラウンは、100%セラミック素材ですので審美性に優れているのが特徴です。

見た目のみでなく機能面も考える

歯科治療で用いる被せ物には、セラミック以外にもいくつかの種類があります。
中でも、セラミックは審美性に優れているのが特徴です。
しかし、一言でセラミック素材といっても先ほどご紹介したようにいくつかの種類があります。

メタルボンドは内側に金属があるので、金属アレルギーの患者様にはおすすめできません。
セラミック素材が多い程高額になってしまいますが、審美性・耐久性・費用などあらゆる条件から最適なものを選択しましょう。
見た目だけでなく、機能面を考えて種類を選ぶことが大切です。

セラミック矯正の費用

セラミック矯正の費用

セラミック矯正の費用は、被せ物の種類によって異なります。それぞれ1本あたりの費用の目安はこちらです。

  • オールセラミック:8~15万円
  • ハイブリッドセラミック:4~12万円
  • メタルボンド:8~15万円
  • ジルコニアセラミック:8~10万円

同じ種類のものでも、歯科医院によって差があるのが特徴です。
また、検査や歯を削る処置、仮歯などは別料金になるため注意してください。
セラミック矯正は自由診療なので、いくつかのクリニックで見積もりをとり、何にどれくらい費用がかかるのか比較することをおすすめします。

セラミック矯正の治療の流れ

セラミック矯正の概要や費用が分かったところで、次に治療の流れを解説していきます。
どのような流れで治療が進められるか知っておくことで、安心して治療を受けることができるでしょう。

初診・カウンセリング

初診・カウンセリング

セラミック矯正を希望される場合、まずはセラミック矯正を扱う歯科医院を受診しましょう。
初診のときにセラミック矯正についての説明を受け、どのような歯並びにしたいのか、費用はどれくらいかかるのかといったカウンセリングを行います。

検査

治療方針をたてるためには情報が必要ですので、口腔写真・レントゲン写真・歯型などの検査を行います。
治療前の歯並びや虫歯・歯周病の有無などを確認することが重要です。
もし虫歯や歯周病などのトラブルがある場合、治療してからセラミック矯正に進むケースもあります。

また、セラミックの被せ物をするとキレイな白い歯になるため、周りの歯との違いが目立つことも少なくありません。
そのため、クリニックによってはホワイトニングを勧められることがあるでしょう。

土台作りとセット

土台作りとセット

必要な検査を行ったら、セラミッククラウンを被せるための土台作りをします。
もともとあった歯を削り、必要に応じて神経を抜かなければなりません。
土台ができたら、仮歯をつけて数日間過ごします。仮歯の装着具合や違和感などを確認し、問題がなければセラミッククラウンを作成します。

セラミッククラウンの作成には1~2週間程かかることが多いです。
セラミッククラウンが完成したら、土台にセットして矯正治療が完了します。

定期検診

セラミック矯正は被せ物をつけたら矯正完了ですが、その後も定期的に受診することをおすすめします。
見た目は自然の歯のようですが、被せ物をしている状態です。

そのため、土台となっている歯と被せ物の間に汚れが溜まったり、それを放っておくことで虫歯のリスクが生じたりするからです。
定期的にメンテナンスをして、できるだけ長く良い状態を保つようにしてください。

セラミック矯正の特徴

セラミック矯正には、他の歯科矯正にはない様々な特徴があります。
歯科矯正をするうえで、その特徴を知っておくことは重要です。
ここではセラミック矯正の特徴を3つのポイントからご紹介します。

矯正中の見た目を気にしなくていい

矯正中の見た目を気にしなくていい

セラミック矯正は、矯正中の見た目を気にしなくていいという特徴があります。
代表的な歯科矯正にワイヤー矯正がありますが、これは歯にブラケットという装置をつけ、そこにワイヤーを通す方法です。

つまり、歯についている矯正装置が目立ち、それ自体を苦痛に感じる方もいらっしゃいます。
一方、セラミック矯正は歯を削り被せ物をするという方法なので、矯正装置を装着する必要がありません。
そのため、矯正中の見た目を気にしなくて済むのです。

矯正中の痛みがほぼない

矯正中の痛みがほぼない

矯正中の痛みがほぼないことも、セラミック矯正の特徴の1つです。
ワイヤーを使った矯正治療の場合、力を加えて歯を動かすため痛みを感じる患者様も少なくありません。
痛みの程度には個人差がありますが、痛み止めを飲む方もいます。

しかし、セラミック矯正は歯を動かすことはないため、そういった痛みの心配をしなくてもいいのです。
土台作りのときに歯を削りますが、麻酔をするため痛みはほとんど感じないでしょう。

色や形も同時に整えられる

セラミック矯正では、色や形も同時に整えることができます。
矯正が困難だと思われていた出っ歯でも、セラミック矯正で整えたというケースがあります。
ワイヤー矯正の場合、歯並びを整えることはできますが歯の色を変えることはできません。

しかし、セラミック矯正は被せ物をするので短期間で色も形も整えることができるのです。
ただし、色を整えることができるのは被せ物をした歯のみです。
周りの歯の色との違和感がないように、場合によってはホワイトニングなどの対応をする必要があります。

セラミック矯正に適している人

セラミック矯正に適している人

セラミック矯正には様々な特徴があり、それらはメリットともいえることです。
ここでは、セラミック矯正に適している人の特徴をご紹介します。

  • 短期間で矯正したい
  • キレイな白い歯にしたい
  • ワイヤー矯正は抵抗がある
  • 頻回に通院できない
  • 費用を抑えたい

ワイヤーによる矯正治療は、部分矯正で数か月~1年程度、全体矯正で1~4年程度です。
セラミック矯正を行う場合は部分矯正との比較になりますが、カウンセリングや検査も含めて数か月以内に矯正が完了するケースが多いです。

また、矯正治療をしていることを周囲に知られず、短期間で歯科矯正ができます。
期間が短い分、通院回数も少なく済みますし費用も抑えることができるのが特徴です。
そのため上記のような希望を持っている方は、セラミック矯正も選択肢の1つとしておすすめします。

セラミック矯正の注意点

セラミック矯正の注意点

セラミック矯正の特徴を見ていくと、メリットがたくさんあることがお分かりいただけるのではないでしょうか。
しかし、どのような治療にも注意点というものが存在します。
ここでは、セラミック矯正の注意点を解説していきます。

自分の歯は犠牲になる

セラミック矯正は他の矯正治療よりも短期間で治療が完了しますが、自分の歯は犠牲になるということを知っておかなければなりません。
自分の歯を大きく削り、それを土台として被せ物をつけるからです。

また、歯を削るだけでなく神経を抜く場合もあります。
審美性に優れたセラミック矯正は、このように自分の歯の犠牲のうえに成り立っているのです。

ケアをしっかり行う必要がある

ケアをしっかり行う必要がある

先ほど治療の流れのところでご紹介したように、土台の歯と被せ物の間の汚れに注意しなければなりません。
被せ物の表面から虫歯に気づきにくいからこそ、日々のケアをしっかり行う必要があります。
定期的にメンテナンスに通い、医師からケア方法を確認しておくといいでしょう。

セラミック矯正で悩んだら

短期間で歯並びを良くしキレイな白い歯を手に入れることができますが、自分の歯を削ることから不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
「セラミック矯正を受けたいけれど不安がある」という方に、悩みを解消する方法をご紹介します。

リスクまで説明してくれる歯科医を選ぶ

リスクまで説明してくれる歯科医を選ぶ

セラミック矯正は、メリットばかりではなくリスクもあることを知っておかなければなりません。
しかし、メリットばかりをアピールして、リスクを詳しく説明しない歯医者も残念ながら存在します。
特に歯や歯並びは人によって状態が異なりますので、患者様1人1人に合った説明が必要です。

リスクについて説明したうえで納得して治療を受けることこそ、患者様に寄り添っているといえます。
そのため、セラミック治療を検討するのであれば、リスクまで説明してくれる歯科医を選びましょう。

気になることは事前に相談する

セラミック矯正で悩んだら、気になることを事前に相談するようにしてください。
不安や悩みを抱えたまま治療を進めて行くと、「こんなはずではなかった」と後悔することがあります。
セラミック矯正ではご自身の歯を削ることになりますが、削った歯を元に戻すことはできません。

気になることや不安があれば、医師に相談に相談することをおすすめします。
相談したときに真摯に対応してくれる医師なら、安心できるのではないでしょうか。

まとめ

まとめ

今回はセラミック矯正の特徴や治療の流れについて解説しました。
セラミックという素材でできた被せ物をすることで、短期間で歯並びを良くするのがセラミック矯正です。
土台となる歯を削ることや、場合によっては神経を抜くこともありますが短期間で色や形を整えることができます。

しかし、メリットだけでなく注意点もありますので、検討する際は医師に相談しリスクを理解しておくことが重要です。
気になることを相談でき、安心して治療を受けられる歯科医を見つけてください。

-矯正全般
-, ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ