高校生からの矯正は遅い?高校生から矯正するメリット・デメリットを歯科医が解説

【監修:青山健一】

高校生からの矯正は遅い?高校生から矯正するメリット・デメリットを歯科医が解説

歯並びが悪いと歯を出して笑うのに抵抗があったり、虫歯や歯周病になりやすかったりするため、矯正を希望する人が多いです。

しかし成長期が終わりかけの高校生になってから矯正治療をするのが遅いと考える人もいます。
今回は高校生から始める矯正について、メリットとデメリットも詳しく解説します。

高校生からの矯正は遅いのか?

高校生からの矯正は遅いのか?

矯正をする人は中学生から矯正する人が多いため、高校生からの矯正では遅いと感じる人もいますね。
しかし、高校生からの矯正治療は全く遅くありません。
むしろ高校生くらいの年齢は顎の骨が成人と比べて柔らかく、矯正の効果もでやすいです。

高校生の歯は永久歯でありながら、骨の柔らかさを保持している時期のため、大人の矯正よりも良い条件で矯正を始められるといえます。

高校生は歯列矯正適齢期

高校生は歯列矯正適齢期

上記でも述べたように、高校生の矯正治療するのは適齢期といえます。
場合によっては中学生よりも高校生での矯正治療の方が適している場合もあるのです。下記項目では、高校生の歯列矯正がおすすめな理由を紹介します。

永久歯による歯列完成時期

高校生は永久歯が完全に生え変わり、歯並びが完成し始める時期です。
永久歯が生え変わってすぐに歯列矯正をすると、歯根が完成する前に矯正することになります。その結果、歯根が曲がった状態で歯列が完成するリスクがあるのです。

乳歯は12歳で生え変わるといわれていますが、歯根が完成するのには更に2年かかるといわれています。
高校生から矯正治療を始めると、歯根が曲がる危険性を考えなくてよいためおすすめです。

大人より歯が動きやすい

大人より歯が動きやすい

高校生顎の骨の代謝が活発であるため、大人と比べて歯が動きやすいメリットもあります。
また、歯が動きやすく矯正治療の効果がでるのが早いため、大人の矯正より治療期間が短くなることも多いです。
矯正治療は保険適用外のため、社会人になって稼いでから始める人もいますが、歯の動きのことを考えますと早めの治療をおすすめします。

高校生の歯列矯正のメリット

高校生の歯列矯正のメリット

高校生の歯列矯正のメリットは大きく分けて3つあります。下記項目で、高校生の歯列矯正のメリットを詳しく確認しましょう。

大人より費用負担・期間が少ない

高校生が歯列矯正をする場合、大人より費用負担と治療期間が少なくなります。
期間が短くなるのは上記でも説明した通り、大人より歯が動きやすく矯正しやすいからです。
そして矯正の効果がでやすいことで通院回数も少なくすむため、費用負担も大人より少なくできます。

社会人になると忙しくなり通院回数が確保できない人もいるため、時間に余裕のある高校生のうちに矯正を始めることは大きなメリットです。

歯並びの改善により好印象を与える

歯並びの改善により好印象を与える

矯正で歯並びを改善することで、まわりの人に好印象を与えられるメリットがあります。
高校生という多感な時期は他人へ与える印象に敏感になる時期です。
そんな時期に歯並びを気にしてうまく笑えなかったりすると、自分自身の気持ちが沈んでしまったり、表情を抑える癖がついてしまったりします。

歯列矯正をすることで歯並びが改善されればコンプレックスから開放され、明るい笑顔でまわりの人に好印象を与えられます。
また、歯並びが改善されるとフェイスラインや口元も整うため、美顔効果につながるのです。

高校生で歯並びを改善することで、将来のパートナー探しや就職面接でも、歯並びを気にせず美しい姿をアピールできるメリットもあります。
まわりの人に好印象を与えたい人は、早めに矯正治療をしましょう。

抜歯せずに治療できる可能性が高い

抜歯せずに治療できる可能性が高い

高校生の矯正治療は抜歯しないで治療できる可能性が高いです。
大人が矯正治療をする場合、顎骨の成長が終了しているために抜歯を余儀なくされる人もいます。

しかし高校生からの矯正治療は、顎骨が成長過程で歯が動きやすいため、抜歯をしなくても治療ができる人がほとんどです。
抜歯をしない矯正治療を希望する人は、骨が柔らかいうちに矯正治療するようにしましょう。

高校生の歯列矯正のデメリット

高校生の歯列矯正のデメリット

上記では高校生の歯列矯正のメリットを紹介してきましたが、そうなるとデメリットも気になりますね。次は高校生の歯列矯正のデメリットについて紹介します。

高校生は多感な時期のため、受験勉強や人間関係から思春期のストレスを抱えやすい時期でもあります。
下記項目を参考に、高校生が歯列矯正に感じるデメリットを確認しておきましょう。

矯正装置装着中の見た目

矯正装置装着中の見た目

歯列矯正の治療法によっては、矯正装置装着中の見た目が気になるというデメリットがあります。
とくにワイヤーを歯の表面に装着するブラケット法による治療は、矯正装置が目立つため、装着後の見た目を気にする人も多いです。

また、矯正装置が原因で滑舌が悪くなる人もいます。
見た目が気になる人には、ホワイトワイヤーを使用した目立たないブラケット矯正装置やマウスピース矯正がおすすめです。

痛みを伴うストレスによる学業への影響

痛みを伴うストレスによる学業への影響もデメリットの1つです。
矯正治療中は常に歯に負担がかかるため、知覚過敏になる人も多く、痛みによるストレスを抱える人も少なくありません。

授業中などの集中しなければいけない場面でも痛みが伴うため、学業へ影響がでる人もいます。特に矯正治療開始時は、痛みを感じやすいため注意が必要です。
大事な試験や受験を控えている人は、矯正治療のタイミングを十分に歯科医と相談することをおすすめします。

日常生活に与える影響

日常生活に与える影響

矯正治療中の痛みは、学業だけではなく日常生活にも支障がでる可能性があります。
矯正治療を始めると痛みが原因で睡眠不足になったり、集中力が欠如したりする人もいるのが特徴です。
中には歯の痛みや矯正装置の違和感から、食事がスムーズにできない人もいます。

矯正の種類にもよりますが、矯正治療中は虫歯にもなりやすいため、歯にはさまりやすいものは食べられないというデメリットもあります。
矯正治療を始める前は日常生活にどんな影響があるのか、しっかり確認するようにしてください。

自分に合った矯正治療について確認するには、無料相談を受けるのもおすすめです。

無料矯正相談Web予約はこちら

代表的な歯列矯正の種類

代表的な歯列矯正の種類

代表的な歯列矯正として『ワイヤー矯正』・『裏側矯正』・『マウスピース矯正』の3つがあります。
下記の項目を参考に、それぞれの矯正治療の特徴を把握し、自分にあった矯正方法を検討してみましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は矯正治療の中で一番オーソドックスな矯正方法です。
歯の表にワイヤーを装着し矯正します。この治療法はさまざまな歯並びに対応できるのがメリットです。

また、取り外しが不要なため付け忘れや食事のたびに外す必要がありません。しかし矯正装置が歯の表面にあり目立つため、見た目を気にするリスクがあります。
矯正開始直後は強い痛みを感じたり、 口の中に違和感を感じやすかったりするのも特徴です。
矯正初期は口の中の金属が原因で、口内炎などを発症する場合もあるため注意しましょう。

裏側矯正

裏側矯正はワイヤー矯正とほぼ同じ治療法ですが、歯の裏面に矯正装置を装着する治療法です。
ワイヤー矯正同様取り外しが不要なため、付け忘れや食事時に取り外す手間が必要ありません。

また矯正装置が歯の裏側にあるため、まわりからは矯正していることが分かりづらいというメリットがあります。
しかし、この治療法は通常のワイヤー矯正より手間がかかるため、費用が高いのが特徴です。また、ワイヤー矯正よりも強制力が弱いため、効果がでにくい人もいます。

裏側矯正は食べ物が詰まりやすく、虫歯になりやすいリスクもあるため、口腔内の手入れはしっかりすることが大切です。
多少費用が高くても、目立たない矯正を希望する人にはおすすめの治療法といえます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は他の2つの治療方法とは異なりワイヤーではなく、マウスピースを使用する治療法です。
マウスピースをステージごとによって交換することで、少しづつ歯並びを整えていきます。

マウスピース矯正は透明のマウスピースを装着するため、見た目への影響がほとんどない治療法です。
また、ワイヤー矯正に比べ口内炎や痛みを発症するリスクがほとんどありません。裏側矯正よりも費用が安いのもメリットです。

ただ、マウスピース矯正は食べ物によってはマウスピースの取り外しをしないといけないため、少し手間がかかるデメリットがあります。
また適切な装着時間を守らないと、矯正の効果がでにくいため注意が必要です。自己管理がしっかりできる人には向いている治療法といえます。

多感な高校生にはマウスピース矯正がおすすめ

多感な高校生にはマウスピース矯正がおすすめ

多感な高校生にはマウスピース矯正がおすすめです。痛みや見た目を気にする悩みも、マウスピース矯正なら解消できます。
また、マウスピース矯正はときと場合によって自由に取り外しができるのもメリットです。

しかし、長期間装着を怠ると効果がでにくくなったりマウスピースが合わなくなったりするため、十分に注意しましょう。
マウスピース矯正は費用も比較的安くできる特徴もあるため、是非検討してみてください。

元の歯の状況によっては、マウスピース矯正ができない場合もあるため、事前に歯科医のカウンセリングを受けることが大切です。

思春期の矯正治療は歯科医へ相談しよう

思春期の矯正治療は歯科医へ相談しよう

矯正を考えている人は、自分にあった矯正方法を探るためにも、歯科医に相談することをおすすめします。
特に思春期は多感な時期でもあるため、矯正期間や通院頻度、そしてホームケアの必要性なども十分に確認することが大切です。

虫歯などがあるとすぐに矯正治療ができない場合もあるため、まずは無料カウンセリングで歯の状態を相談してみましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回は高校生からの矯正について、メリットやデメリットに触れながら紹介しました。高校生という時期は、矯正を始めるのにおすすめな時期です。

矯正治療はいつからでもできる治療ですが、20歳以降は歳を重ねるごとに骨が固くなるため、治療費用も期間もかかる可能性があります。
高校生からの矯正を検討している人は、後回しにせず早めに治療を検討してみましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ