矯正したいけど親に言えない方へ|中高生が矯正するメリットや親に伝えるポイントを歯科医が解説

【監修:青山健一】

矯正したいけど親に言えない方へ|中高生が矯正するメリットや親に伝えるポイントを歯科医が解説

「歯並びが気になって矯正治療をしたいけど、親になかなか言えない」と悩んでいませんか。自分の歯並びが気になり、きれいな歯並びになりたいと考えている中高生は多いはずです。
しかし、矯正治療のお金を支払ってくれるのは親なため、「矯正治療を行いたい」と言える子どもは少ないと思います。

そこで今回は、矯正治療を行いたいけどなかなか親に言えない中高生に向けて中高生が矯正するメリットや矯正したいと親に伝えるときのポイントなどについて紹介します。
親に矯正治療をしたいと言えない子どもにとって重要な内容ばかりなため、ぜひ最後まで読んでみてください。

矯正したいけど親に言えない中学生・高校生は多い?

矯正したいけど親に言えない中学生・高校生は多い?

矯正したいけど親に言えない中学生や高校生は少なからずいます。
矯正治療にはかなりの金額と期間がかかるため、親を心配してなかなか「矯正治療をしたい」と言えません。
しかし、自分の歯並びに自信がないと学校生活が辛いと感じてしまう場合もあります。

中学校や高校での学校生活では集団で生活するため周りの目が気になり、笑ったときやご飯を食べるときなど歯が見えてしまう行為をなるべくしたくないと感じている人も存在します。
そのため、矯正治療をしたいけどなかなか親に言えないと悩んでいる中高生は多いはずです。

矯正治療について誰にも相談できずに1人で悩んでいる人もたくさんいると思います。そんな方は、歯科医に相談をしてみましょう。
無料で矯正治療のスペシャリストの歯科医に相談できます。ぜひ、活用してみてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

中高生が矯正したいと思う理由

中高生が矯正したいと思う理由

中高生が矯正をしたいと思う理由は、さまざまあります。
さまざまある矯正したい理由の中でも、代表的な3つについて紹介します。矯正治療をしたい理由がどのようなものがあるか理解しましょう。

歯並びが気になる

歯並びが気になる

中高生が矯正治療をしたい1つ目の理由は、歯並びが気になるからです。
歯並びに自信がないと、周りにどのように見られているか気になると思います。気にしすぎてしまうと、学校生活が辛くなってしまうはずです。
そのため、歯並びを良くするために矯正治療を行いたいと考えています。

周囲の人が矯正している

中高生が矯正治療をしたい2つ目の理由は、周囲の人が矯正しているからです。
中高生になってくると、周りの友達が少しずつ矯正治療を行い始めます。
歯並びがあまり良くないと思っている周囲の人たちがどんどん矯正治療を始め歯並びが良くなると、自分も矯正治療を行いたいと思ってしまいます。

口元のコンプレックス

口元のコンプレックス

中高生が矯正治療をしたい3つ目の理由は、口元のコンプレックスです。
口元にコンプレックスを感じていると周りが何も気にしていなくても、口元を見られていると勝手に感じてしまいます。
それが過度なストレスに感じてしまう方も多いです。そのため、矯正治療を行いたいと思う中高生が多くいます。

矯正したいけど親に言えない理由は?

矯正したいけど親に言えない理由は?

矯正治療を行いたいと思っても中高生が親に言えない理由があります。この理由は人によって異なってくるはずです。
多くの人に当てはまる2つの理由を紹介します。

費用がかかるから

費用がかかるから

矯正治療を行いたいけど中高生が親に言えない1つ目の理由は、費用がかかるからです。
矯正治療は歯並びの状況によって大きく変わるため料金もかなりの差がありますが、多額の費用が必要です。具体的には、30万円?100万円程度の費用がかかります。
費用は自分で負担するのではなく、親が負担することがほとんどです。

数千円程度で治療できる場合は簡単に親に伝えられますが、矯正治療はかなりの費用がかかるためなかなか伝えられません。
しかし、歯並びを改善するためには矯正治療の費用を負担してもらうしかないため、たくさんの中高生が親に伝えるのを躊躇してしまいます。

治療や痛みが不安だから

治療や痛みが不安だから

矯正治療を行いたいけど中高生が親に言えない2つ目の理由は、治療や痛みが不安だからです。
矯正治療についてインターネットで調べてみると、「痛みが強くて眠れない」や「矯正器具が目立って嫌だ」というマイナス面を多くみつけてしまいます。

例えば、痛みです。確かに個人差がありますが、痛みを感じる人は多くいます。
しかし、痛みは時間が経つにつれ弱まったり痛みを減らす対処法があったりするため、そこまで不安を感じる必要はありません。

また、矯正器具も歯の裏側につける方法や透明なマウスピースを使用して行うマウスピース矯正などもあるため、矯正器具が目立ちにくい矯正治療も行えます。
そのため、治療や痛みについて不安でもそこまで心配しないでください。

中高生が矯正するメリット

中高生が矯正するメリット

中高生が矯正するメリットは大きく分けて3つあります。メリットをそれぞれ紹介します。
ぜひ、矯正治療を行うときの参考にしてください。

歯が動きやすい

中高生が矯正治療を行うメリットの1つ目は、歯が動きやすいです。矯正治療は歯を移動させることで、正しい歯並びにします。
歯が動きやすい時期に矯正治療を行うことで、効果が出やすいです。そのため、歯が動きやすい中高生のうちに矯正治療を行いましょう。

非抜歯で治療できる可能性

中高生が矯正治療を行うメリットの2つ目は、非抜歯で治療ができる可能性があるからです。
矯正治療は場合によって、抜歯をして歯を動かすスペースを確保します。しかし、抜歯は絶対にしたくない人も多いはずです。
中高生から矯正治療を始めることで、非抜歯で矯正治療を行える可能性が高いです。

将来のリスクを軽減

中高生が矯正治療を行うメリットの3つ目は、将来のリスクの軽減です。
歯並びが悪い状態でいると、歯磨きがしづらくなります。そのため、歯に汚れが残りやすく虫歯や歯周病になりやすいです。

虫歯や歯周病は、そこまで怖くないと思う人もいるかもしれません。しかし、虫歯や歯周病が進行すると歯を失うリスクが高くなります。
将来歯を失わないためにも中高生のうちに矯正治療を行いましょう。

中高生が矯正するときのデメリット

中高生が矯正するときのデメリット

中高生のうちに矯正治療をするときのデメリットはさまざまあります。さまざまあるデメリットの中でも代表的な3つを紹介します。
デメリットを知らずに矯正治療を開始してしまうと、後悔してしまうかもしれません。そのため、中高生のうちに矯正治療を行うデメリットを理解しておきましょう。

装置が目立つ

中高生のうちに矯正治療をするデメリットの1つ目は、装置が目立つことです。
矯正治療は、矯正器具を使用して行います。そのため、矯正治療中は矯正器具を装着しないといけません。
矯正器具がどうしても目立ってしまうため、気になる方も多いです。

しかし、最近は歯の裏側に矯正器具をつけたり透明なマウスピースを着用したりする方法もあるため、目立たない矯正治療の方法もあります。
矯正装置の見た目が気になる方は、目立ちづらい矯正治療を行いましょう。

痛みや違和感

中高生のうちに矯正治療をするデメリットの2つ目は、痛み違和感です。矯正治療は歯にストレスを与えて、歯を移動させます。
そのため、どうしても歯に違和感や痛みを感じやすいです。しかし、ずっと痛みや違和感を感じるわけではなく、時間の経過と共に減っていく場合があります。

また、痛みや違和感を減らすための対処法もあるため、歯科医に相談しましょう。痛みや違和感を最小限に抑えて矯正治療ができるはずです。

日常生活への影響

中高生のうちに矯正治療をするデメリットの3つ目は、日常生活への影響です。
矯正器具を装着し始めたときは、硬いものを噛むと痛みが出る場合があります。そのため、小さく柔らかいものを食べるようにしないといけません。
マウスピース矯正は、食事中に外さないといけません。その作業を面倒だと感じる人も多いはずです。

また、マウスピース矯正は1日の中で20時間以上つけないといけないため、外した後につけ忘れないようにしてください。
矯正治療は日常生活にこのような影響があるため、デメリットだと感じる人が多いです。

矯正したいと親に伝えるときのポイント

矯正したいと親に伝えるときのポイント

矯正治療をしたいと親に伝えるときは、軽く伝えるのではなく丁寧に伝えましょう。なぜ矯正治療をしたいのかやどんなことに悩んでいるのかなどを親に伝えてください。
お金の面では、就職後に一定のお金を払い続け必ず返すと伝えると親が納得する可能性が高いです。
本気で矯正治療をしたい思いを伝えるようにしましょう。

中高生の矯正治療は信頼できる歯科医に相談しよう

中高生の矯正治療は信頼できる歯科医に相談しよう

中高生が矯正治療をしたいと思ったら、信頼できる歯科医に相談するようにしましょう。
歯科医は矯正治療のスペシャリストです。中高生ならではの不安にも丁寧に対応してくれます。
今はインターネットでさまざまな内容を調べられる時代ですが、誰が書いた情報か分からない場合が多いです。
歯科医に直接相談すると、間違いない情報を手に入れられます。

もちろん、相談をした後に矯正治療をしないという選択も可能です。そのため、矯正治療に対して不安があるなら、まず信頼できる歯科医に相談をしましょう。
どの歯科医に相談すればよいか分からない人は、矯正治療相談ができる歯科医院に行きましょう。無料で相談できるため、安心してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回は、矯正治療をしたいけどなかなか親に伝えられない中高生に向けて中高生のうちから矯正治療をするメリットや親に伝える際のポイントなどについて紹介しました。
歯並びを良くするためには、矯正治療をしないといけません。しかし、中高生はお金の面や痛みや違和感の不安が多く、なかなか親に伝えられません。

そのような不安は、信頼できる歯科医に相談してみてください。歯科医は今まで矯正治療を行ってきた知識や経験をもとにアドバイスをしてくれます。
そして、矯正治療をしたいと決意を決めたら親に伝えましょう。伝えるときのポイントは、なぜ矯正治療をしたいのかや何に悩んでいるのかを話してください。

そして、本気で矯正治療をしたいという熱意を伝えるようにしましょう。この記事で紹介した内容を参考に、親と矯正治療について話してみてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ