インビザラインを22時間装着するのは無理?22時間装着する理由や無理なときの対処法を歯科医が解説

【監修:青山健一】

インビザラインを22時間装着するのは無理?22時間装着する理由や無理なときの対処法を歯科医が解説

インビザラインは見た目が気にならず、自分で取り外しができます。取り外しができるため食事制限もなく歯磨きもしやすいことがメリットです。
しかし、インビザラインは自分で取り外せるからこそ1日の装着時間が短くならないように、自己管理をする必要があります。

インビザラインの1日の装着時間は、22時間以上です。長時間の装着は大変ですが、治療をスムーズに進めるためにも、できるだけ守るようにしましょう。
今回は、インビザラインの装着時間が長い理由と、どうしても22時間以上装着することが無理なときの対処法についてお話していきます。

インビザラインを22時間装着するのが無理という人は多い?

インビザラインを22時間装着するのが無理という人は多い?

インビザラインで使用するアライナーは、基本的に歯磨きのとき以外は、装着し続けなければいけません。
1日トータルで22時間以上の装着が望ましいとされています。22時間というとかなりの長時間のため、慣れないうちは装着し続けるのは大変です。

22時間以上のアライナー装着が、無理だという人も多くいます。
インビザラインで治療をしたいけど、22時間以上の装着が難しいという人は、カウンセリング時に歯科医に相談をするようにしましょう。
下記のリンクから無料の矯正相談をご予約いただけます。矯正相談を活用して、インビザラインの不安を解消してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

インビザラインの概要

インビザラインの概要

インビザラインは、アライナーという透明なマウスピースを歯に被せて矯正します。このアライナーを22時間以上装着することが重要なポイントです。
インビザラインで歯を動かす仕組みについて、解説していきます。

インビザラインの仕組み

歯列矯正は、矯正用の装置で力を加えることで、歯を動かして歯並びを整えます。インビザラインで使用するのが、アライナーという装置です。
アライナーは、歯並びを少しずつ理想の形に動かすために、1~2週間ごとに取り替えます。1枚ずつ理想の形に近づいていくようになっているのです。

アライナーは1枚で0.25mm~0.35mmずつ動かします。少しずつ動かすため、矯正時の違和感や痛みも少ないです。
インビザラインの矯正効果を高めるために、アタッチメントという樹脂製の小さな突起物を歯に取り付けることがあります。

外すタイミング

外すタイミング

インビザラインは、アライナーを22時間以上装着することが重要です。アライナーは寝るときもつけたままになります。
アライナーを外すのは、糖分のある物を飲食する時と歯磨きのときだけです。装着したままでジュースなどは飲まないようにしましょう。

インビザラインを22時間装着する理由

インビザラインを22時間装着する理由

インビザラインは、アライナーの装着時間を守ることが大事です。インビザラインの装着が22時間以上とされているのには、理由があります。
インビザラインを22時間以上装着する理由についてお話していきましょう。

装着時に力が加わるから

歯列矯正は、装置を使って歯に力を加えて動かします。ワイヤー矯正などの取り外しができないタイプの装置は、24時間ずっと力がかかっているのです。
インビザラインはアライナーで歯に力を加えます。装着をしていないと、歯に力を加えることができません

矯正装置は、長時間力を加えることで効果が望める治療です。インビザラインも同じで、できるだけ長く装着することで、効果的に歯に力がかかります。

持続的な力が必要だから

装置で動かした歯は、放っておくと元の位置に戻ろうと後戻りをするのです。ワイヤー矯正の場合は、取り外せません。継続して歯に力を加えることが可能です。
インビザラインは、自分で取り外せる装置で矯正治療を進めます。アライナーの装着をしていないと、歯の後戻りが起こる可能性があるのです。

それを防ぐために、長時間歯に力を加え続ける必要があります。治療を計画通りに進めるためにはアライナーの装着時間は長いほうがよいのです。

インビザラインの装着時間を守らないとどうなる?

インビザラインの装着時間を守らないとどうなる?

インビザラインは、自分で取り外しができるため、自己管理が重要になります。特に、アライナーの装着時間は、守ってほしいです。
装着時間が短くなることで起こる問題について、解説していきます。

治療が進まない

インビザラインの治療計画は、アライナーの装着時間が守られていることが前提の計画です。だからこそ、しっかり守る必要があります。
アライナーの装着時間が短い日が続いてしまうと、歯を予定通りに動かせません。それどころか、後戻りの可能性もあります。

せっかく歯並びを整えるために、動かした歯が後戻りしてしまったら治療が長引いてしまいます。
矯正治療をスムーズに進めるためにも、インビザラインはアライナーの装着時間を守るようにしましょう。

アライナーが合わなくなる

インビザラインは、1~2週間ごとにアライナーを取り替えます。アライナーは使う順番が決まっていて、動かす計画に合った形になっているのです。
アライナーの装着時間が短いと、予定通りに歯が動きません。予定通りに歯が動いていないと、アライナーが合わなくなっていきます。

少しくらいのずれなら問題がない場合が多いです。しかし、大きくずれてしまうとリカバリーが効かなくなり、アライナーが合わなくなります。
合わないアライナーを装着しても、しっかりはめ込めません。無理にはめ込むと痛みが出ることもあります。

アライナーが合わなくなると、すべて作り直さなければなりません。作り直すと、出来上がるまでに時間がかかるのです。
そのぶん、治療期間も長引きますし、費用も余分にかかってしまいます。

22時間装着が無理なときの対処法

22時間装着が無理なときの対処法

インビザラインは22時間の装着が望ましいです。しかし、実際に22時間装着し続けることが無理だという人は少なくありません。
もともと食事に時間がかかる人や調理関係の職業の人、外食が多い人もそうです。どうしても、22時間装着が難しいときの対処法を紹介します。

20時間以上装着する

インビザラインを22時間装着するのが難しい人は、20時間だけ頑張ってみてください。食事から歯磨きまで1時間かかっても、20時間なら少し余裕があります。
できるだけ、20時間以下にはならないようにだけ気をつけましょう。1日くらいであれば、20時間を下回っても大きな問題になることは少ないです。

週に何回も20時間を下回る日がある場合は、歯の動きに影響を与える可能性があります。この場合はアライナーの交換のタイミングを1日延ばすとよいです。
その際は、早めに担当の歯科医に、連絡をしておくようにしましょう。

無理な理由を歯科医に伝える

アライナーの装着時間が20時間を下回る日が多くなってしまうと、歯を計画通りに動かせません
そのまま治療を続けると、計画と違った歯並びになってしまいます。アライナーの装着時間が守れない場合は、早めに歯科医に伝えるようにしてください。

20時間の装着ができない場合は、治療計画の立て直しや、アライナーの作り直しをすることもあります。別の矯正方法を検討するのもよいです。
ご自身に合った治療を考えるようにしましょう。

正しく装着するためのポイント

正しく装着するためのポイント

インビザラインでの矯正治療を、順調に進めるためには装着時間をしっかり守る必要があります。加えて、アライナーを正しく装着をすることも重要です。
インビザラインの装着時間管理する方法と、正しい装着方法を紹介します。

アラームで管理する

インビザラインのアライナーを外すのは、食事と歯磨きのときだけです。食事の時間をある程度決めておくと、管理がしやすくなります。
アライナーの装着が習慣化するまでは、着け忘れを防止するために、スマホのリマインダー機能を利用するとよいです。

食事後や就寝前などにタイマーを設定して、アラームが鳴るようにしてみてください。インビザラインの装着時間の管理をする専用のアプリもあります。
矯正治療を順調に進めるために、便利な機能を活用しましょう。

チューイーを使う

チューイーを使う

インビザラインは、アライナーを正しく装着することも大切です。アライナーがしっかりはまらず、浮いたままでは効果が望めません。
アライナーはしっかり奥まではめましょう。そのために使うのが、チューイーというロール状の器具です。

最初は指でアライナーをはめ、その後チューイーを噛みます。前歯から奥歯にかけて、まんべんなくチューイーを噛んで、アライナーをはめ込んでください。
歯で噛んではめ込もうとすると、アライナーが変形することがあるため、必ずチューイーを使うようにしましょう。

インビザラインの悩みは信頼できる歯科医に相談

インビザラインの悩みは信頼できる歯科医に相談

インビザラインは、メリットも多いですが患者さん自身が、装着時間などの管理をしなければいけません。
歯科医からの指示をよく聞いて、しっかり守ることがインビザライン矯正を成功させるポイントです。
しかし、装着時間を守ることが難しい人もいます。治療中にもトラブルや悩みが出る可能性がないともいえません。

そんなときにも、きちんと対応してくれるような歯科医で、矯正治療をするようにしましょう。
下記のリンクでは、無料相談の予約をWEBで受け付けています。インビザラインへの不安や疑問がある方は、一度相談をしてみてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回は、インビザラインのアライナー装着時間について、解説してきました。歯列矯正は、歯に力を加えながら少しずつ歯を動かして歯並びを整えます。
ワイヤー矯正などと違って、自分で取り外せることがインビザラインのメリットです。しかし、歯にかける力は持続力が必要になります。

なるべく長時間のアライナー装着を目指しましょう。できたら22時間の装着をおすすめしますが、どうしても難しいときは20時間以上の装着を心がけてください。
装着時間が守れないと、治療が予定通りに進みません。アライナーの作り直しが必要になると、時間も費用もかかります。

インビザラインに慣れないうちは、長時間のアライナー装着は大変です。スマホのアプリなどを上手に活用して、患者さん自身で管理をするようにましょう。
インビザラインの疑問や、治療中に困ったことがあったら早めに歯科医に相談をしてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-インビザライン
-

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ