マウスピースは顔も矯正?|マウスピース矯正で起こる顔の変化とその原因を紹介します

【監修:青山健一】

マウスピースは顔も矯正?|マウスピース矯正で起こる顔の変化とその原因を紹介します

インビザラインなどのマウスピースを使った矯正は、器具が目立たず痛みも少ないなどメリットの多い治療方法です。
また、人によってはマウスピース矯正で顔の歪みが改善される効果があるとされています。さらに美顔や小顔の効果も望めるようです。

確かに、マウスピースで歯列が整うことで顔の印象が変わることはあります。ただ、すべての人に効果があるわけではありません。
今回の記事は、マウスピース矯正で顔に起こる変化・理由についての解説をしていきます。マウスピース矯正を検討している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

マウスピース矯正が顔に与える影響

マウスピース矯正が顔に与える影響

マウスピース矯正をすることで、顔の印象が変わる可能性はあります。実際にはどんな影響があるのでしょうか。
まずは、マウスピース矯正が顔に与える影響について、お話していきます。

顔の歪みを改善

歯並びが悪いと噛み合わせにも影響がでるため、顎の骨やバランスにも影響を及ぼし、顔の左右のバランスも悪くなり、顔が歪んでしまうことがあります。
マウスピースによって歯並びが改善されることで、崩れていた顎のバランスも改善されます。顔全体の歪みが改善されると、顔の印象も変わるはずです。

ほうれい線の改善

ほうれい線の改善

笑顔には表情筋を鍛える力があるのです。歯並びが乱れていると笑顔に自信が持てず、笑うことが少なくなる人がいます。
表情筋が鍛えられるとシワが伸びる可能性があります。笑顔になる機会が減ると、表情筋の筋肉が落ち、ほうれい線が目立つようになってしまうのです。

マウスピース矯正で笑顔に自信が持てるようになれば、表情筋も鍛えられ、ほうれい線が目立ちにくくなる可能性があるということです。

また、出っ歯など上顎が突き出すような歯並びの症状がある場合も、ほうれい線が目立つ原因になります。
ほうれい線が歯並びの乱れが原因で目立っている人の場合は、マウスピース矯正で改善されやすいです。ほうれい線が目立たなくなると、顔の印象が若くなります。

顔が変わったと感じる原因

顔が変わったと感じる原因

マウスピース矯正で小顔効果や美顔の効果が望めるというのは、マウスピースそのものというよりも、矯正治療による影響が大きいです。
矯正することによって顔が変わったといわれる理由について解説していきます。

体重の減少

噛み合わせに問題があると、食事の際にうまく咀嚼できません。咀嚼ができなくて、食べ物を噛み砕かずに飲み込むことになります。
よく噛まないと満腹中枢が刺激されにくく、満足するまで時間がかかってしまうのです。そうなるとつい食べ過ぎてしまうことも少なくありません。

噛み合わせが改善されて、しっかり噛めるようになると満腹中枢にしっかり刺激がいくようになり、少量の食事でも満足できるようになります。

また、マウスピースは食事の際には外して食事が終わったら、歯磨きをしてから取り付ける必要があります。
そのため、自然と食事が規則的になり間食も減るようになります。その結果としてあるのが、体重の減少です。
体重が減少すれば顔に付いていた脂肪も落ちて、顔の印象も変わります。

歯並びの改善

マウスピース矯正に限らず、矯正治療によって歯並びが整うことで顔の印象が変わることがあるのです。
まずは、スマイルライン。スマイルラインは笑ったときの前歯を結んだラインのことで、これが下唇に添う形で整っているとキレイにみえます。

もう1つはEライン。顔を横からみたときの鼻先と顎の突き出ている部分を結んだラインです。
人差し指を鼻と顎に当てたときに口先が触れるか触れないかが理想のEラインとされています。
歯並びを整えることでスマイルラインが整い、口元がEラインの内側におさまるようになるのです。
マウスピース矯正に美顔効果があるとされる理由は、歯並びの改善による理想のスマイルライン・Eラインが整うからといえます。

歯ぎしりの減少

寝ている間など、無意識の歯ぎしりは、歯や顎にかなりの圧力がかかっているのです。歯ぎしりをすることで顎の筋肉が発達しすぎてしまいます。
顎の筋肉が発達しすぎると、エラが張ってしまうのです。マウスピース矯正には、歯ぎしりによる顎への負担を軽減する効果があります。

顎への負担が減少することでエラの張りが軽減され、顔がすっきりする可能性があるのです。

無料矯正相談Web予約はこちら

マウスピース矯正に美顔効果を期待するのは要注意

マウスピース矯正に美顔効果を期待するのは要注意

マウスピース矯正で小顔・美顔効果が望める可能性は確かにありますが、すべての人に効果が出るものではありません
人によっては効果が出ないこともありますし、逆にデメリットになってしまうこともあります。

効果が出ない場合

インビザラインなどのマウスピースを使った矯正治療は、すべての症例に対応できるものではありません
顎のずれや歯の凸凹が大きい場合は、マウスピース矯正だけでの改善は難しいことがあります。

また、マウスピース矯正は自分で装置が取り外せるため、装着時間を患者さん自身で管理する必要があるのです。
だからこそ、しっかり管理をしないと矯正による効果が望めない場合があります。

頬がこけてやつれて見える

マウスピース矯正をしたことで、エラの張りがなくなると、それまでの顔に慣れている人には頬がやつれたようにみえてしまいます。
また、矯正をする際に場合によっては抜歯をすることがあり、抜歯する前に突き出ていた部分が引っ込むことで頬がやつれたと感じるようです。

ほうれい線が目立ち老け顔になる

出っ歯のひとは上唇の皮膚が伸びてしまっています。抜歯矯正で出っ歯と口元が改善されて突き出た部分がなくなると伸びていた皮膚に余裕ができるのです。
その余裕ができた部分の皮膚がたるんでしまうことで、ほうれい線が濃くなったように感じる場合があります。

マウスピース矯正で美顔効果がでやすい人は

マウスピース矯正で美顔効果がでやすい人は

マウスピース矯正の効果は、すべての人にあるわけではありません。でも、人によっては美顔効果がでやすいこともあるのです。
マウスピース矯正による美顔効果がでやすい人を紹介します。

骨格以外の理由でエラが張っている人

マウスピース矯正で整えるできるのは、歯列と噛み合わせです。骨格そのものをマウスピースで整えることはできません。
エラが張っている原因が、歯並びや噛み合わせが悪くて顎の筋肉が発達しすぎてしまっている人は、矯正をすることで小顔効果がでやすくなります。

エラ張りの原因が筋肉ではなく、骨格そのもので改善を望む場合は、歯科ではなく美容整形の分野になってしまいます。

出っ歯の人

マウスピースを使った矯正は出っ歯の改善に向いているといわれています。重度の症状はマウスピース矯正には難しいですが軽~中度なら治療可能です。
出っ歯で上唇が突き出ている場合は、マウスピース矯正をすることで口元が引っ込み、理想のEラインを実現できる可能性があります。

出っ歯の状態が重度ですと、マウスピースだけでは改善は望めません。この場合は別の矯正治療か、マウスピースとの併用で治療をする場合があります。

矯正で食生活が変わった人

矯正で食生活が変わった人

マウスピース矯正をすることで、やせて小顔になったといわれることもありますが、矯正にダイエット効果があるわけではありません
マウスピースを外して食事をして、その後歯磨きをしてから再度装着します。そのため、自然に間食の回数が減って、摂取カロリーが減って体重が落ちるようです。

また、矯正中は歯の動きが気になるため、ゆっくり食べるようになったという人もいます。ゆっくり食べれば満腹感も得やすいです。
少量でも満足できれば食べる量も減るため、自然に食生活が変わっていく人がいます。矯正中に食生活が変わることで、結果としてダイエットに繋がるのです。
食生活の改善でダイエットになれば、顔の脂肪も落ちるため顔が小さくなるということです。

マウスピース矯正で確実に期待できる効果

マウスピース矯正で確実に期待できる効果

マウスピース矯正で確実に期待できるのは、軽~中度の歯並びの改善と噛み合わせの改善といえます。
歯並びが改善されることのメリットは、顎のバランスが整うことで身体全体のバランス改善になることです。よく噛めれば胃腸への負担も減少します。
マウスピース矯正は、健康に繋がる治療です。歯並びが整えば、笑顔にも自信が持てるようになるため、気持ちも明るくなります。

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正で、きちんとした効果を望むのであれば歯科医から指示されたことを守ることが大切です。
1日の装着時間は20時間以上が目安で、基本的に飲食時と歯磨きのとき以外は装着したままになります。

マウスピース交換までの期間も歯科医で指示されるはずです。それもしっかり守るようにして下さい。
特に1日の装着時間を守らないと、治療が予定通りに進まずに治療期間が長くなってしまいますし、マウスピースの作り直しが必要になる場合もあります。

マウスピース矯正に悩んだら歯科医に相談

マウスピース矯正に悩んだら歯科医に相談

マウスピース矯正には適応する人と、適応しない人がいます。マウスピース矯正で歯並びの改善が可能かは、最終的には歯科医の判断です。
精密検査をしっかりして見極めることが大切なため、経験豊富な歯科医で治療を受けるようにして下さい。

矯正専門の資格を持った歯科医が常駐しているところなら安心です。矯正歯科の資格があるかは歯科医のHPに、歯科医のプロフィールが書かれていることがあります。
マウスピース矯正に悩んだら、まずは信頼のできる歯科医で相談をするとよいです。疑問や不安はその都度解決していくようにしましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回の記事ではマウスピース矯正で起こる可能性がある顔の変化について、理由とともに解説してきました。
マウスピース自体に顔を変える力があるわけではありませんが、マウスピースで歯並びを改善することによって、顔の印象が変わることはあります。

もちろん、すべての人に効果があるわけではないため、美顔効果を期待しすぎることはおすすめできません。しかし、歯並びの改善はメリットが多いです。
マウスピース矯正を検討する人は、一度矯正専門の歯科医で相談をしてみて、納得のいく治療をするようにして下さい。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-インビザライン
-, ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ