差し歯がある人の矯正治療の流れを解説|差し歯と矯正の関係性や注意点もご紹介します

【監修:青山健一】

差し歯がある人の矯正治療の流れを解説|差し歯と矯正の関係性や注意点もご紹介します

歯医者に治療に通うようになった友達の様子から、自分の歯並びが気になり治療をしてみようかと考え始める人がいます。
以前に差し歯の治療をしたために矯正治療ができないと誤解したり、治療についてわからないことが多く不安に思われているようです。

今は、歯科の矯正技術や矯正器具も性能が向上し、差し歯があっても矯正治療ができるようになりました。
今回は、差し歯がある人の矯正治療について詳しく解説していきます。

差し歯と矯正の関係性

差し歯と矯正の関係性

「差し歯を以前に治療したことがあるけど、歯科矯正は可能でしょうか?」というお問い合わせをいただくことがあります。
多くの歯科医がする回答は「可能なケースが多いです。一度相談にいらしてみませんか」というお答えです。

差し歯があるために矯正治療ができないということはありません。治療を可能にする手立てを歯科医師は用意しています。
今回は、差し歯と矯正治療について詳しく解説していきます。

差し歯と矯正の両立

差し歯治療とは、対象の歯を削って残った歯根に人工歯を被せて歯並びを整えるという治療です。
矯正治療は、ブラケットやマウスピースなどの矯正装置を使って歯の位置を適正な位置に動かして歯並びを整える治療です。

基本的に、人工歯も天然歯も変わらず治療できます。それぞれの歯の状態に合わせて対応できる方法で差し歯と矯正治療との両立が可能です。
矯正治療に合わない差し歯は、一度外して治療し安定してから戻すなど、最適の治療方法を歯科医師が提案します。一度歯科医師と相談してみてください。

差し歯と矯正の選択

一般的に前歯の歯並びを治す場合の選択肢は2つになります。1つは差し歯で整える治療、もう1つは、矯正治療で歯の位置を調整する治療です。
差し歯で整える治療は保険適用で治療費も安く、治療期間も短いです。治療する部位が狭い場合に適しています。

矯正治療は、自由診療で治療費も高く治療期間も1~2年と長期にわたります。治療する部位が広い場合に適した方法です。
矯正治療は、矯正装具がブラケットやマウスピースなどがあり、特にマウスピース矯正は痛みがなく目立たないため多く選ばれる治療方法です。

治療前の歯科医師の診察により治療方法や矯正装具を選び、それによって治療期間や費用が決まります。

無料矯正相談Web予約はこちら

差し歯がある人の矯正治療の特徴

差し歯がある人の矯正治療の特徴

ここでは、既に差し歯がある人の矯正治療について説明します。
歯科医師は差し歯のあるなしにかかわらず、矯正治療を最優先で進めるためにさまざまな手順や方法の中から治療方法を考えます。

差し歯をしていても歯列矯正は可能

歯列矯正は、矯正装置を装着して歯の位置を動かす治療です。差し歯は削った歯根に人工歯を被せるため、その根ごと動かせる場合は矯正治療ができます。
差し歯の歯根に不安や不具合がある場合は、治療の前に差し歯を取り外したり取り替えたりすることで矯正治療が可能です。

差し歯にも装置をつけられる

差し歯に使われるのは人工歯ですが、天然歯と変わらずブラケット矯正装置・マウスピース矯正も可能です。
差し歯の表面に矯正装置を接着するブラケット矯正は、人工歯・セラミック歯でも接着できます。接着が外れた場合も付け直しができるので安心です。

差し歯を含む歯全体にマウスピースを被せるマウスピース矯正は、差し歯1本にかかる負担が小さいため多くの治療に使われます。
どちらの方法でも、差し歯の状態に合わせた事前処置により装置をつけることは可能です。

ブリッジと矯正治療の両立も可能

ブリッジと矯正治療の両立も可能

ブリッジとは、欠損した歯の両側の歯を支えに人工歯を取り付ける治療です。
矯正治療のときにブリッジに強い力がかかる場合は、ブリッジを一度外して治療に必要なスペースを確保する方法もあります。
治療前の歯科医師の診断をもとに全体矯正を優先的に進め、その後に新たな歯並びに合わせてブリッジを新しくすることも可能です。

治療前後に差し歯を入れ替える場合も

矯正治療は、乱れた歯並びを正しい位置に戻すため、歯の根を含む全体を移動させる治療です。その治療を優先に考えて治療を進めます。
歯科医師の治療前診断で差し歯が矯正治療に不都合な場合は、差し歯を外したり取り替えたりします。

矯正治療後に全体の歯並びが整うと差し歯の部分だけが不揃いになることがありますが、新しい歯並びに合わせて、新しい差し歯でよりよい歯並びをつくれます。
このように歯科医師は矯正治療が両立できるさまざまな手立てをご用意しています。

差し歯がある人の矯正治療の流れ

差し歯がある人の矯正治療の流れ

差し歯のある人の矯正治療で一般の人と違うのは、差し歯の状態を確認しながら慎重な準備・治療が必要だということです。
歯科医師の診察により、望ましい治療方法と矯正装置の選択をすることで治療期間や費用が明らかになります。

患者様は、ご自身のご希望を歯科医師と相談しながら、治療方法を決めていきます。この治療の流れを把握しておくことが大切です。
それでは、準備から治療後までの流れを順に説明していきます。

診察とカウンセリング

診察とカウンセリング

治療前に必ず行われることは、一般の人とほとんど変わりません。違いは、差し歯の状況についての診察が追加されることです。

  • 全体の歯並び、歯・口の状態の確認
  • 虫歯・歯周病などの治療

差し歯の事前診察で、ブラケット装置やマウスピース装置などに対応できるかどうかを調べます。

  • ブラケット装置が装着できない場合は、バンド(やワイヤーなど)を使用する
  • マウスピース装置に差し歯が対応できない場合は、差し歯を取り外す

歯科医師は症状に合わせて治療法を患者様と話し合い方針を決めていきます。治療を進めながら治療方針を相談し変更することが可能です。

治療方針と計画の策定

大切なことは、患者様のご希望です。どのよう歯並びを目指すのか、いつごろまでに終わりたいのかなどの希望を先にお聞きします。
矯正治療の装置についても医師からの提案を受け、患者様の納得いく装置を選べます。費用についても相談の中で確認することが大切です。

矯正治療は自由診療で、治療にかかる費用は高額です。デンタルローンや保険料控除など負担軽減の方法も歯科医師に相談できます。

治療開始

矯正装置をすぐに取り付けられる場合と差し歯の取り外しなどの前処置が必要な場合があります。ここでは医師の指示に従って進むことが大切です。
最初に矯正装置の扱い方などの注意事項をしっかりと確認します。この扱い方を間違えると治療期間が延びることもあるため必ず確認しましょう。

治療中は、困ったことの解決が治療を早めます。不安なことや痛みなどすぐに歯科医院に相談してください。

差し歯と矯正のアフターケア

差し歯と矯正のアフターケア

矯正治療後の通院によるチェックは必ず行いましょう。本人が気づかない歯の変化も、歯科医院で調べることで確認できます。
矯正治療の歯は、装置を外すことで歯にかかっていた力がなくなり元の位置に戻ることもあります。そのために定期的な通院チェックが大切です。

矯正治療で差し歯に不具合が生じた場合は、新しい差し歯にすることで改善することがあります。不具合を感じたら、すぐに歯科医院に連絡してください。
矯正歯科の治療後のチェックを怠ったために、新たな治療につながることもあります。治療した歯の状態を維持するために定期検診は欠かせません。

差し歯と矯正治療両立の注意点

差し歯と矯正治療両立の注意点

ここまで、差し歯をされている人でも矯正治療が可能であることを説明してきました。
全ての差し歯と矯正治療の両立が可能なわけではありません。治療の両立のためには、現在の状態を確かめることや医師の診察・指導が必要になります。
大切なのは、矯正歯科医院に行き不安なことを一つずつ解決することです。

必ず事前に相談を

差し歯の人も矯正治療ができます。その治療のために歯科医師が差し歯の状況を確認し、矯正装置との適合を判断する必要があります。
差し歯が矯正装置と適合する場合はそのまま治療に入りますが、不適合の場合は差し歯の取り換えや取り外しが必要です。

歯科医師は矯正治療が可能になる手立てを数多く提案できます。患者様は安心して相談してください。

装置が取れやすいことも多い

差し歯にブラケットなどを接着する場合うまく接着できない場合があります。再接着やバンドやワイヤーで装置を固定することも可能です。
マウスピースは歯全体に被せる矯正装置ですから接着は必要ありません。ブラケットが使えない場合は、マウスピース矯正装置を選択できます。

差し歯・ブリッジの撤去が必要な場合も

差し歯やブリッジで矯正装置が適していないことがあります。矯正治療は歯を動かす治療ですから、差し歯でも歯根がしっかりしていれば問題ありません。
差し歯が不適合の場合は一度取り外して矯正治療に取り掛かり、矯正治療後に新しい差し歯に取り替えます。

ブリッジが不適合の場合は連結部分を切断するか、人工歯に入れ替えてから矯正治療に取り掛かることが可能です。
ブリッジが大きい場合には、ブリッジを外し人工歯に入れ替えてから矯正治療を継続します。

無料矯正相談Web予約はこちら

差し歯と矯正治療のそれぞれの特徴

差し歯と矯正治療のそれぞれの特徴

差し歯は、整えたい歯を削り人工歯を被せて前歯の歯並びを整える一般的な治療です。保険適用で費用も安く短期間の治療できます。
矯正治療は乱れた歯並び全体を歯を動かすことで正しい位置に戻す治療です。自由診療で費用も高く治療期間も長いですが、歯並びを全体的に整えられます。

今は、一度差し歯にした人も矯正治療で全体の歯並びを整えることが可能になりました。なかなか一歩を踏み出せなかった人も、歯科医師に相談してみましょう。

差し歯と矯正治療の選択のコツ

差し歯と矯正治療の選択のコツ

差し歯は前歯の一部の歯並びを整える治療方法ですが、矯正治療は歯全体の歯並びを整えるために、歯を正しい位置に動かす治療方法です。
治療目的や治療部位が異なっている治療ですから、差し歯があっても矯正治療ができることは、知らない人も多くいます。

現在は、差し歯があっても矯正治療ができるようになりました。差し歯だけの治療で矯正治療を諦めていた人も全体の治療が可能です。
そのための治療方法や治療に使う矯正装置も多岐にわたり選べるようになりました。

差し歯をした後に全体の歯並びを整えたいと思ったら、矯正治療専門の歯科医師に相談してください。患者様の症状に合わせた手立てをご提案します。

差し歯と矯正のことで悩んだら

差し歯と矯正のことで悩んだら

ここまで、差し歯があっても矯正治療ができることを説明してきました。
矯正治療について患者様が不安に思われることは、痛み・治療日数・費用・日常生活への影響など多岐にわたります。

一番重要なことは、ゴールをどこに置くかを患者様が決めることです。そのためにも、専門の歯科医師のアドバイスが必要です。
患者様が「前歯の歯並びをよくしたい」と相談に行っても、歯科医師の診察によって治療内容を変えなければならないこともあります。

歯並び治療も、人前に出ることが多い人は差し歯治療を選ぶことが多いです。しかし、歯の寿命などから矯正治療の方が適していると歯科医師は判断する場合もあります。
治療のことで悩んだときには、専門の矯正歯科医師にご相談いただくことがよい選択です。電話で気軽に相談してみましょう。

まとめ

まとめ

差し歯は前歯の歯並びを整える治療です。差し歯がありながら矯正治療をして完治した事例が豊富にあります。最適の矯正装置も多くの中から選べます。
専門の矯正歯科医に相談してくだされば、最適な治療方針を提案し安心して治療に取り組める環境を用意することが可能です。
あなたの歯の健康を守るあなただけの歯科医を見つけてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ