市販のマウスピースで矯正できる?|市販のマウスピース矯正のリスクや歯科医による矯正治療のメリットも解説します

【監修:青山健一】

市販のマウスピースで矯正できる?|市販のマウスピース矯正のリスクや歯科医による矯正治療のメリットも解説します

歯並びにコンプレックスがあり、マウスピース矯正で歯並びを綺麗にしようか悩んでいる人は沢山います。
マウスピース矯正の大きなメリットは歯並びを綺麗に整えられることですが、費用が高くなかなか治療に踏み切れない人も多くいるのです。

そんな費用を抑えて矯正したい人が手を出しやすいのが、市販のマウスピースです。
ここでは市販のマウスピースで矯正ができるのか、また歯科医による矯正治療のメリットも紹介していきます。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

市販のマウスピースで矯正できる?

市販のマウスピースで矯正できる?

ドラックストアやネットで簡単にマウスピースを手に入れられるようになりました。市販のマウスピースで矯正ができるのか気になる人もいると思います。
マウスピース矯正を考えている人にとって、大きな懸念点となっているのが矯正歯科への通院が必要なことや費用です。

市販のマウスピースであれば矯正歯科に通院することなく費用も大きく抑えられるため、ネットなどで購入している人も少なくないのです。
簡単に手に入りマウスピースの使用をすぐ開始できますが、市販のマウスピース矯正はあまりおすすめができません。

マウスピース矯正は、マウスピースを歯に装着して歯を動かしていく矯正方法です。もし歯に合っていないマウスピースを装着したままにすると痛みを伴うリスクがあります。
また余計に歯に隙間が出来てしまったり、本来の歯の位置からずれてしまったりと歯並びが悪くなってしまう可能性があるのです。

マウスピース矯正を考えている方は、矯正歯科に行き歯科医の診断のもとでマウスピース矯正を始めることがおすすめです。
まずは、歯科医による無料相談をご検討ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

市販のマウスピース矯正のメリット

市販のマウスピース矯正のメリット

市販のマウスピース矯正にはどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

手軽に手に入る

市販のマウスピースの大きなメリットともいえるのが、ドラックストアやインターネット通販で手軽に手に入ることです。
マウスピース矯正を矯正歯科を通して行う場合、歯科医に診察してもらい自身に合ったマウスピースを製作してもらいます。

マウスピースの製作には時間がかかるため、初診とマウスピースの受け渡しで最低2回の通院が必要になるのが一般的です。
学業や仕事で忙しくなかなか矯正歯科に行く時間を作れないという人も多くいます。
そのような人にとって市販のマウスピースは手軽に手に入るため大きなメリットになっているのです。

費用が安価

2つ目のメリットは費用が安価なことです。矯正歯科でのマウスピース矯正は高額な費用がかかるため諦めたという人も少なくありません。
矯正歯科でマウスピース矯正を行う場合、費用の相場は10~100万円ほどです。矯正方法にも部分矯正と全体矯正の2つがあり費用がそれぞれ変わってきます。

部分矯正は、部分的に矯正するという方法で費用が10~60万円ほどです。全体矯正の場合、全体的に矯正する方法のため部分矯正よりも高く70~100万円ほどになります。
市販のマウスピースの場合、安い物だと1,000円ほどで購入できる場合もあり手に入れやすいのです。
マウスピース矯正の費用が高く悩んでいる人にとって、市販のマウスピースは安価で手に入りメリットとなっています。

市販のマウスピース矯正のリスク

市販のマウスピース矯正のリスク

手軽に購入でき安価で手に入る市販のマウスピースですが、矯正歯科で受けるマウスピース矯正と比べるとリスクがあります。
どのようなリスクがあるのかみていきましょう。マウスピース矯正を検討している人は確認しておいてください。

異常に気づきにくい

1つ目のリスクが異常に気づきにくいことです。市販のマウスピースを購入した場合、マウスピースの装着時間やお手入れなど自身で管理していくことになります。
装着時間やお手入れ方法が誤っていた場合、口の中に異常が起きてしまうかもしれないのです。

定期的に自身で歯に異常がないか確認していても、プロではないため小さな異常を発見することは難しいです。
異常に気づかないまま市販のマウスピースを装着し続けてしまうと痛みが出てきたり、歯並びが悪くなってしまう原因になったりしてしまいます。

トラブル時の対応が困難

2つ目のリスクが、トラブル時の対応が困難なことです。マウスピースを装着していて、痛みが出てくるケースもあります。
そのようなトラブルがあった際に矯正歯科でマウスピース矯正を行っていた場合、早めにトラブルに対処してもらえるのです。

矯正歯科に通っていない場合トラブルの対応が遅れてしまい、症状が悪化してしまうかもしれません。
ネットにも沢山の情報がありますが、調べた情報が必ずしもトラブルを解決できる方法かは分からないのです。
そのためネットの情報だけを頼りにしてしまうと、他のトラブルを引き起こしてしまう原因にもなるかもしれないためプロに診てもらうことが1番です。

歯並びが悪くなることも

3つ目のリスクが歯並びが悪くなる可能性もあることです。市販のマウスピースは、形を調整できるタイプと形を調整できないタイプが販売されています。
たとえ形を調整できるタイプを購入しても、矯正歯科で製作するマウスピースとはフィット感が変わってくるのです。

市販のマウスピースは多くの人に対応できるように緩めに設計されています。歯に上手く装着できるかもしれませんが、矯正力は衰えてしまいます。
また歯に合っていなかった場合、歯並びが悪くなってしまう原因になるかもしれません。
自身の歯に合っていないマウスピースを装着し続けることで、本来あるべき歯の位置からずれてしまうかもしれないのです。

そもそも市販のマウスピース矯正に効果はない?

そもそも市販のマウスピース矯正に効果はない?

気軽に始められる市販のマウスピースでの矯正ですが、そもそも効果は矯正歯科の矯正と比べるとあまりありません
矯正効果がない原因の1つが、個々の歯に合っていないマウスピースだからです。市販のマウスピースだと歯とマウスピースの間に隙間がある可能性があります。

隙間があると歯を正しい位置に矯正することが難しいのです。
矯正歯科では個々の歯型を取り、オーダーメイドでマウスピースを製作します。歯型を取ったマウスピースは、隙間なく装着できるのです。
1つ1つの歯に合ったマウスピースを装着することで、歯を少しずつ正しい位置へと矯正していきます。

また製作するマウスピースも1つだけではありません。しっかりと治療計画を立て段階ごとに装着するマウスピースを変えていきます。
矯正する内容によっても変わりますが、10~50個ほどのマウスピースを製作するのです。
多いと感じる人もいるかと思いますが、それぞれの治療の段階でマウスピースが変わることでトラブルなく正しく歯を矯正できるのです。

歯科医によるマウスピース矯正の特徴

歯科医によるマウスピース矯正の特徴

歯科医によるマウスピース矯正にはどのような特徴があるのかご紹介していきます。

綿密な治療計画

綿密な治療計画

矯正歯科でマウスピース矯正を行う場合には、綿密な治療計画を立てます。しっかりとした治療計画があることで、トラブルなく歯並びを綺麗にできるのです。
矯正歯科で矯正を行う場合、まずどのような悩みがあるのかや希望をお伺いしてカウンセリングを行っていきます。

カウンセリング後、精密検査を行い矯正できる準備を整えていきます。精密検査で虫歯や歯周病が見つかった場合は先に治療する可能性もあるかもしれません。
精密検査後は歯型を取り、矯正のシュミレーションを行います。どのような工程を経て理想の歯並びにするか確認できるのです。

どのくらいの治療期間が必要か、どのくらいマウスピースを装着する必要があるのか歯科医に確認し正しく治療していくことが理想の歯並びを手に入れるためにも必要です。

オーダーメイド型のマウスピース

歯並びは1人1人変わってきます。1つのマウスピースの形が全ての人に適応するわけではありません。
マウスピース矯正を行う場合、自身に合ったマウスピースを装着することが重要です。
矯正歯科でマウスピース矯正を行う場合は、歯型を取りオーダーメイドでマウスピースを製作します。自身に合ったマウスピースを装着することで正しく治療ができるのです。

歯に合っていないマウスピースを装着することでトラブルへと繋がるかもしれません。歯が正しい位置に矯正できなかったり痛みが発生したりすることがあります。
そのようなトラブルが起きないようにするためにも、矯正歯科でマウスピース矯正を行うことをおすすめします。

矯正歯科で治療するメリット

矯正歯科で治療するメリット

矯正歯科で治療するメリットについてご紹介していきます。

綺麗な歯並びを手に入れる

綺麗な歯並びを手に入れる

矯正歯科で治療することで、綺麗な歯並びを手に入れられることが大きなメリットです。
綺麗な歯並びを手にいれることは、マウスピース矯正を考えている人の大きな目的でもあります。
自身の理想の歯並びを手に入れるために歯科医のもとで治療することが重要です。

マウスピース矯正を行うにあたり、綿密な治療計画を立てることになります。なかには計画通りにいかず歯の移動に時間がかかる場合もあります。
また正しい位置に歯を移動するために抜歯を行わなくてはいけないケースもあるのです。正しい順序でトラブルなく矯正するためにも矯正歯科で治療するようにしましょう。

虫歯・歯周病の早期発見

2つ目のメリットは、虫歯や歯周病の早期発見ができることです。
虫歯や歯周病の症状の度合いにもよりますが、先に治療してからマウスピース矯正を行うケースもあります。
放置したままマウスピース矯正すると、虫歯や歯周病の症状が悪化してしまうかもしれません。また矯正中に痛みが出てきてしまう場合もあります。
矯正歯科に通院していると虫歯や歯周病を早期発見でき、早めに対処してもらえるのです。

トラブル時の対応

3つ目のメリットはトラブル時に適切に対応できることです。矯正中に痛みが発生したり、歯周病になってしまったりするトラブルが起こる可能性もあります。
矯正歯科で治療していると歯科医に現状のトラブルを相談でき対応してもらえるのです。
また定期的に通院することになるため、トラブルが発生する根源を歯科医が見つけられる可能性もあり未然にトラブルを防げます。

歯並びのお悩みは信頼できる歯科医に頼ろう

歯並びのお悩みは信頼できる歯科医に頼ろう

歯並びの悩みで矯正を考えている人は多くいます。マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比べて矯正中も目立ちにくく最近注目されている矯正方法です。
市販のマウスピースも販売されていますが、歯ぎしり用として販売されているものが多く矯正効果はあまりありません。

また市販のマウスピースが自身の歯に合っていなかった場合、思わぬトラブルが発生する場合もあります。
綺麗な歯並びを目指していても、逆に歯並びを悪くさせてしまう可能性もあるのです。

理想の歯並びを手に入れるためにも、信頼できる歯科医のもとで適切な治療を受けることが大切です。
歯並びで悩みがある場合は、矯正歯科で歯科医に相談してみましょう。無料相談も受け付けているためぜひ活用してみてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

市販のマウスピースで矯正できるのかについて解説しました。市販のマウスピースは手軽に安価で手に入れられるためすぐ矯正を始められます。
しかし自身の判断で市販のマウスピースを装着し続けることで、痛みが出てきたり歯並びを悪くさせてしまったりするかもしれません。

トラブルを未然に防ぎ適切に矯正するためにも、矯正歯科で相談し歯科医に診てもらうようにしましょう。
歯並びでお悩みの場合は、ぜひこの機会に無料相談を受けてみることを検討してみてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-インビザライン
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ