歯列矯正で老けて見えるポイントを解説|歯列矯正で老け顔にならないための注意点もご紹介します!

【監修:青山健一】

歯列矯正で老けて見えるポイントを解説|歯列矯正で老け顔にならないための注意点もご紹介します!

周りの人が歯列矯正を受けてほうれい線が目立ち始めたなどの話を耳にし、歯列矯正に疑問を持っている人はいませんか?
悪い噂を聞くと、不安になって歯列矯正を受けるかためらってしまいますよね。老け顔になった原因は、矯正する過程で何らかの問題が起きた可能性があります。

しかし歯並びの状態や治療を受けた年齢など人それぞれのため、矯正後の変化が多少はあるかもしれません。
そこで今回は歯列矯正で老けて見られるポイントや注意点を中心に詳しくお伝えしていきます。

歯列矯正で老け顔になる?

歯列矯正で老け顔になる?

専門的な医師に適切な治療を受ければ、老け顔になることはないため安心してください。しかし歯列矯正は大がかりで長期的な時間が必要な治療です。
場合によっては奥歯を抜歯してスペースを作り、歯に埋まっている骨を動かして矯正装置をつけます。

途中で矯正歯科医院を変えてしまい治療方針が変わったなど、患者様によってはトラブルが起こる可能性もあるかもしれません。
例えば、矯正は前歯が突出した状態だったのが正しい位置に戻るため、鼻の下の皮膚が余りたるんで見えてしまうこともあります。

たるみは老け顔に見える原因の1つですが、他にもほうれい線ができたなど老けて見えるポイントを説明していきます。

歯列矯正で老けて見えるポイント

インターネットの情報などで「歯列矯正をして老けた」などの情報を目にして不安になることもあるかもしれません。
せっかく大金を使って長い間通院するなら、患者様の理想の口元になりたいですよね。下記では、歯列矯正が老けて見えるポイントとなぜそう見えるのかをまとめました。

ほうれい線が濃くなった

ほうれい線が濃くなった

歯科矯正でほうれい線が濃くなることはほとんどありません。なぜなら歯科治療は口の中だけに重点をおくため、顔そのものに変化が現れるものではないのです。
しかしほうれい線が濃くなったという症例は次のような場合があります。矯正治療で出っ歯の治療は、皮膚を押し上げていた前歯を引っ込ませることが可能です。

この余った皮膚がたるんだ状態になり濃く見えやすくなることがあるため、よく相談して治療を進めていってください。

鼻の下が伸びた

抜歯矯正をした後にEラインが改善して口元が大きく内側に入ったことが原因で、鼻の下が伸びたように見えることがあります。
抜歯矯正によって口元の骨格が内側に入ると、全体的に口元が引っ込むことが原因で鼻の下が伸びたように感じてしまうことがあります。

頬がこけた

頬がこけた

出っ歯が原因で抜歯を行う歯科矯正を行なった場合、突き出ていた前歯が後ろに下がることにより、頬がこけた状態に見えることがあります。
また、1週間ほど矯正器具が締め付けられたように感じ、強い痛みをともなうため食事が思うようにとれなかったり会話するのも苦痛だったりします。

その理由として、表情を動かす筋肉である表情筋を動かす機会が減ることも原因の1つです。そして矯正が終わった後も安心してはいけません。
歯列矯正で噛み合わせが良くなると、今まで出ていたエラ張りが改善され頬こけの原因になるのです。

顔の印象が変わった

顔の印象が変わった

歯列矯正を行うとフェイスラインがスッキリし、顔の印象が変化します。これは抜歯した奥歯がなくなり、エラ張りやほうれい線がなくなるからです。
さらに歯の位置を整えたため、笑顔のときにキレイな歯並びが見えます。口元の印象が変化することにより顔全体の印象も変わるのです。

また、口を閉じているときも前に突き出た口元が後ろに下がり、キレイなEラインになります。Eラインとは鼻先と顎の先を結んだラインのことです。
歯列矯正をして「老けた」といわれる一方で、「口元がキレイになった」と嬉しい言葉をかけられることもあるかもしれません。

自信を持って日々の生活を楽しみましょう。矯正でお悩みの際は下記のリンクで無料相談ができます。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯列矯正で老け顔になる原因

歯列矯正で老け顔になる原因

歯列矯正をすることにより、老け顔になったという噂を耳にした人はいらっしゃいますか。口元がキレイになればほうれい線もなくなり若返ることが多いです。
しかし、少数ながら老け顔に見えると感じる人もいます。では実際どのような顔の変化が起きるか、その原因をお話していきます。

頬の筋肉の衰え

矯正装置の装着し始めは、抜歯や装置の痛みと違和感を感じて表情を作るのが難しいことがあります。
しかし、よく噛めない装置を着けたままでいたり違和感をそのままにしたりしておくと、表情を作る筋肉が衰えてしまい危険です。

この衰えがほうれい線、しわやたるみなどの老け顔の原因に繋がります。なぜなら 顔の筋肉の70%が口のまわりに集中しているからです。
笑顔が作れないのはつらいことですが、痛みが和らいできてからでも意識して表情筋を動かしましょう。

出っ歯の治療

出っ歯の治療

もともと前歯が出ていたところが矯正により引っ込むため口元の筋肉が緩み、ほうれい線が濃く見え、老けた印象を持たれることも多いです。
さらに出っ歯で歯が強く押し出された状態ほど、強くたるむ可能性もあります。矯正後にどれくらい皮膚が余るか、あらかじめ歯科医と相談しておきましょう。

抜歯

矯正には抜歯を必要とした治療をすることがあります。抜歯がなぜ老け顔に見えるかは、高齢の人が入れ歯を外した姿を想像してもらうとわかりやすいです。
頬がこけて見えるうえ、口元が前に出た状態になってしまうため抜歯は老け顔になる原因といえます。

歯列矯正で ほうれい線が目立たなくなることも

歯列矯正前の患者様は、歯並びが気になって笑顔になることが少ない傾向が高いです。表情が乏しいと顔の筋肉が衰えて、ほうれい線が濃くなります。
一方、矯正治療を受けて歯並びに自信を持つことで表情筋が鍛えられた結果、ほうれい線が目立たなくなることもあるためご安心ください。

老け顔の改善 のためにできること

歯列矯正でほうれい線が濃くなるなどの老け顔の原因やポイントをお話してきました。あくまで可能性の話であるため過剰に心配する必要はありません。
ただ、この老け顔は日頃のお手入れやトレーニングで改善できます。この改善方法を知って、より安心した歯列矯正を受けてください。

スキンケア

スキンケア

老け顔にならないために特に重要なのが 肌の保湿です。洗顔後にちゃんとスキンケアをせず、お肌をおろそかにしてはいませんか?
この乾燥は老け顔のポイントの1つであるほうれい線を目立たせます。すぐに保湿しないと、水分が少なくなり乾燥し肌の表面にしわができるからです。

また、スキンケア商品の選び方も注目してほしいポイントの1つです。 成分にセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンが入った商品を選ぶようにしてください。
これらの美容成分は食事から全て吸収するのは難しいため、お肌の外側から取り入れていきましょう。

お手入れのコツは手のひらでぎゅっと顔を押さえるように化粧水をつけることです。土台をしっかりさせ、セラミドなどの成分の蒸発を抑えられます。

表情筋のトレーニング

ほうれい線やたるみを薄くするのに効果的なのが表情筋のトレーニングです。今から1回3分でできる表情筋エクササイズをお教えします。
表情筋全体を鍛えるのにとても効果的です。「あ・い・う・え・お」の発音に合わせて顔全体を大きく動かしましょう。1音10秒ずつ発音しましょう。

この動きを1日3セットするのが目安です。このトレーニングはたるみやほうれい線にアプローチするため、毎日続けることが大切です。
特にお風呂上がりのお肌が柔らかくなっている状態だとさらに効果的です。まずは1音3秒ずつでもお試しください。

歯列矯正で老け顔にならないための注意点

歯列矯正は口の中の治療に重点を置くため、老け顔になることはほぼありません。しかし、患者様と歯科医師との間の思い違いで治療が進むことは要注意です。
下記のことに注意すれば、矯正でほうれい線が濃くなったり思っていた治療と違ったりすることを避けられます。

治療後のイメージを正確に伝える

治療後のイメージを正確に伝える

歯列矯正を受ける前に、カウンセリングや検査データをもとに治療計画をたてていきます。少しでも気になることがあれば、担当の医師に相談してください。
「今までの矯正症例の写真を見せてほしい」「ほうれい線が濃くなると聞いたが実際どうなのか」などどんな些細なことでも問題ありません。

特にマウスピースとワイヤーを着けるブラケット矯正は治療の仕方が全く違います。患者様自身に合う方法を選び、後悔なく治療を進めていきましょう。

信頼できる歯科医を選ぶ

矯正治療が終わればもう通院なしでいいというわけではありません。矯正装置が外れた後は「リテーナー」という保定装置を着けます。
リテーナーの種類にもよりますが、取り外しができないタイプは汚れが隙間にたまり、虫歯になる可能性があるため定期的にクリーニングが必要です。

また、矯正後の歯は不安定な状態なため、歯の位置が元に戻るという後戻りが起きる可能性があります。トラブルに対処するのには、信頼できる歯科医を頼ることが必要です。
まずは矯正の無料相談を受けたいという方は下記のボタンからお願いします。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯列矯正で老け顔になるのが心配なら歯科医に相談

歯列矯正で老け顔になるのが心配なら歯科医に相談

ネット上で歯列矯正は「抜歯したら老け顔になる」「ほうれい線が目立つ」などさまざまな情報であふれています。
確かにそうなる人もいらっしゃいますが、殆どの方にとっては、心配いらない情報になります。

口コミなどで歯列矯正を受けるのに不安な人は、信頼できる歯科医を探して一度相談してみてはいかがでしょうか。
患者様の中には「質問しすぎて迷惑じゃないか」「忙しいのに時間を取らせるのは悪いかも」と謙虚に考えている人もいるかもしれません。

ただ質問せず、後まわしにしながら矯正治療を進めていってはどんどん不安が増すばかりで、満足いく治療が受けられない可能性があります。
歯列矯正でほうれい線やたるみになるかもと、見た目を気にする人は多いです。少しでも疑問を感じたらすぐに信頼できる歯科医に相談してください。

まとめ

まとめ

歯列矯正後にほうれい線が目立ったり、鼻の下が伸びたり見た目が老けてしまうとお悩みの人は治療をためらうかもしれません。
歯科医は患者様の悩みを徹底的にサポートしながら治療を決めていきます。だからこそ信頼できる歯科医を探し、自分に合った治療方法を見つけていきましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ