歯並びを整える矯正を専門医が解説|矯正の種類や費用も詳しくご紹介

【監修:青山健一】

歯並びを整える矯正を専門医が解説|矯正の種類や費用も詳しくご紹介

口元が人の印象を左右することも多く、それを分かっているからこそコンプレックスに感じる方もいるでしょう。
もし歯並びを整えたいとお考えであれば、専門医による矯正治療がおすすめです。
しかし、大人になっても矯正治療ができるのか、矯正治療の種類や費用はどうなっているのかなど気になる方は多いのではないでしょうか。

今回は歯並びを整える矯正について、タイミングやメリット・デメリットだけでなく費用面に至るまで詳しく解説します。

歯科矯正とは

歯科矯正とは

歯科矯正は歯並びを整える代用的な治療法で、矯正器具を用いて歯を動かしていきます。
「歯並びが悪い」という言葉はよく使われますが、歯並びの悪さにも様々な種類があります。
叢生(凸凹の歯並び)や出っ歯、受け口は、悪い歯並びの例としてよく見聞きするでしょう。
歯並びが良くない場合、見た目への影響だけでなく、口腔内のバランスや噛み合わせの問題が潜んでいる可能性があります。

将来的に顎関節症を引き起こしたり、虫歯や歯周病のリスクを高めることも少なくありません。
歯列矯正は、歯並びを整えるとともに、このような将来起こり得るリスクを軽減させる役割を担っているのです。

歯科矯正を始めるタイミング

歯並びを整える矯正

「歯並びが気になる」「矯正に興味がある」と思っても、歯科矯正は子どもがやるものと諦めてしまう方もいらっしゃいます。
確かに、矯正を始めるタイミングとして永久歯が生えそろった頃がベストといわれることが多いです。

大人の場合は子どもよりも永久歯がしっかりと根付き、顎の骨も成長しているため、このようにいわれます。
しかし、歯科矯正に年齢制限はなく、大人だから矯正できない訳ではありません。
歯並びや噛み合わせの状態を確認しながら、専門の医師がしっかりと判断したうえで治療を行います。

大人が歯科矯正を始めるタイミングは、矯正したいと思ったときや、スケジュール的に可能なときがベストです。
大人になってからの方が、予算や期間に応じて自分で選択できるというメリットもあるでしょう。
歯科矯正に興味がある方は、大人だからと諦めずにまずは専門医に相談してください

歯科矯正のメリット

歯科矯正で歯並びを治療すると、様々なメリットを期待することができます。
ここでは、歯科矯正のメリットを2つの視点から解説します。

虫歯・歯周病予防

虫歯・歯周病予防

歯科矯正によって、将来の虫歯や歯周病の予防ができるというメリットがあります。
ガチャガチャの歯や八重歯など、歯並びが悪いと歯磨きが行き届かないことも少なくありません。
噛み合わせが悪く口が開いている状態は口腔内が乾燥してしまいますし、歯と歯の間に食べ物が挟まったままになるということもあるでしょう。

歯並びが悪いとデンタルケアが十分に行えず、虫歯や歯周病のリスクを高めます。
しかし、歯列矯正によって歯の重なりが解消されれば、これまで磨きにくかった部分のケアが簡単になります。

コンプレックス解消

コンプレックス解消

コンプレックス解消も、歯科矯正のメリットの1つです。
歯並びが悪いと、見た目の印象にも影響があります。特に前歯は人から見られやすい部分ですので、コンプレックスを抱く方は多いです。

そのため、歯並びを気にして人と話すのが苦手になったり、人前で笑うときに口元を隠したりする方もいらっしゃいます。
歯科矯正でコンプレックスを解消できれば、自信を持つことができるのではないでしょうか。

歯科矯正のデメリット

歯科矯正にはメリットがある一方で、デメリットについても知っておくことをおすすめします。
デメリットを理解せずに治療をしていくと、後悔やトラブルのもとになることも少なくありません。
歯科矯正のデメリットを2つのポイントから解説します。

治療中の見た目

治療中の見た目

歯科矯正のデメリットとしてあげられるのは、治療中の見た目です。
矯正治療には装置を装着する必要があるため、治療方法によっては目立ってしまいます。
特に、ブラケットを歯に装着してワイヤーを通す治療は、矯正治療中であることが分かりやすいです。

治療中の見た目を気にされる患者様には、目立ちにくいブラケットや白色のワイヤーという選択肢もあります。
その場合は追加料金がかかることがあるので、何に重点を置くかで検討することをおすすめします。

痛みや違和感

矯正治療中は痛みや違和感が生じる可能性があるのもデメリットです。
持続的に一方的に力を加えるので、痛みを感じることがあります。
痛みの感じ方や程度には個人差があるので、全ての患者様に痛みが生じる訳ではなく違和感程度の方もいます。

しっかりと根づいている奥歯を動かす方が痛みを感じやすいので、部分矯正よりも全体矯正の方が痛みが出やすいでしょう。
また、本来歯についていないブラケットやマウスピースといったものを装着しているという違和感を感じる方は多いです。

痛みや違和感には個人差がありますので、あまりに酷い場合は我慢せずに医師に相談しましょう

歯科矯正にかかる費用や治療期間は

歯科矯正にかかる費用や治療期間は

歯科矯正を検討するのであれば、費用や治療期間を事前に把握しておくことをおすすめします。
患者様の歯並びの状態によって費用や治療期間が異なりますが、目安として知っておくと安心です。

費用の相場

歯科矯正の費用の相場は、全体矯正か部分矯正かによって異なります。
全体矯正の場合、矯正のし易さ(歯の動かし易さ)によって費用が変わり、易しい症例でも100万円以上が目安です。

また、矯正が難しい症例では150万円以上かかる場合があり、難易度によって大きく変わることを押さえておいてください。
部分矯正の場合、安くて15万円程度で治療できる矯正歯科もあります。
費用の目安としては20万円~30万円台ですが、使う矯正器具によって費用が変わることも少なくありません。

また「上下の歯」「上下のうち片方の歯」など、治療範囲によっても費用が異なるため注意してください。
あくまでも相場であり、部分矯正でも60万円以上かかる場合があります。

治療期間

全体矯正の治療期間の目安は1~4年程度です。多くの症例で3年以内に治療が完了しますが、難しい症例の場合4年かかることもあります。
一方、部分矯正の治療期間は数か月~1年が目安です。前歯だけなど、部分的な矯正なので全体矯正よりも早く治療が完了するのがポイントです。

歯科矯正費用の支払い方法

歯科矯正費用の支払い方法

先ほど歯科矯正の費用の相場をご紹介しましたが、決して安い金額ではありません。
100万円を超えるような全体矯正では、支払い方法に迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、歯科矯正の費用の支払い方法について解説していきます。

一括払い

一括払いの中にも、現金払い・銀行振り込み・クレジットカード払いなどの種類があります。
ただし、歯科矯正の費用は高額ですので、現金一括払いができない矯正歯科もあるでしょう。
銀行振り込みやクレジットカードによる一括払いなど、治療を受ける矯正歯科の案内に従ってください。

分割払い(クレジット)

クレジットカードによる支払いの場合、一括ではなく分割払いという選択もできます。
金利はクレジットカード会社によって異なるので、患者様自身で確認しなければなりません。
また、矯正歯科によって扱っているクレジットカードの種類が異なりますので、まずは確認しておきましょう。

医療ローン

医療ローン

医療ローンとは、高額な医療費の支払いに対してお金を借りることができるシステムです。
メディカルローンやデンタルローンと呼ばれることもあります。
まずは信販会社による審査が必要で、お金を借りることになるため金利もかかります。

ローンというと身構えてしまうかもしれませんが、クレジットカードの金利より安いのがメリットです。
矯正治療が高額になる場合でも、分割にすれば無理のない範囲で月々の返済ができます。

歯科矯正の種類

歯科矯正にはいくつかの種類があり、患者様の希望や歯の状態によって治療を決めていきます。
どのような矯正治療があるのか、代表的な種類を4つご紹介します。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯にブラケットという装置をつけ、そこにワイヤーを通すという方法です。
最初はワイヤーの力を弱くし、歯の動きを確認しながら強くしていきます。
3~4週間ごとに通院してワイヤーを調整するパターンが多いです。

ワイヤー矯正で歯列を整えたら、後戻りを防ぐために保定装置を使います。
持続的に力を加えるのをやめると、歯が元の位置に戻ろうとするからです。
キレイに整列させた歯並びを維持するためにも、マウスピースを装着して保定します。

インビザライン矯正

インビザライン矯正

インビザライン矯正は、ワイヤーとは異なりはじめからマウスピースのみで行う矯正治療です。
マウスピースを装着することで少しずつ歯を動かしていくのですが、それには頻回な調整が必要です。
そのため、インビザライン矯正では1~2周間ごとに通院してマウスピースを調整します。

だいたい2週間くらいでマウスピースを交換することが多く、衛生的に安心と考える患者様もいらっしゃいます。
日中も装着する必要がありますが、ワイヤーよりも目立ちにくいのがメリットです。

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を装着する方法を裏側矯正といい、先程ご紹介したワイヤー矯正で行います。
裏側矯正では歯の裏側にブラケットを装着しワイヤーを通すため、矯正器具が目立ちにくいのがメリットです。

しかし、舌側に矯正装置があるため違和感があるのがデメリットです。また、歯磨きなどのケアは表側よりも手間に感じる可能性があります。

部分矯正

口腔内の歯を全体的に矯正する全体矯正に対し、気になるところだけを矯正する部分矯正という方法があります。
部分矯正はここまでご紹介してきたワイヤー矯正やインビザライン矯正を部分的に行うものです。
裏側矯正も適応になる場合がありますので、検討しているという方は医師に相談しましょう。

部分矯正のメリットは、全体矯正よりも安く早く治療できることです。
特に前歯の歯並びを気にされる患者様に需要が高まっています。

まとめ

まとめ

今回は、歯並びを整えるための歯科矯正についてご紹介しました。
歯並びが悪いと見た目だけでなく、様々な影響を及ぼすリスクがあります。
歯科矯正で歯並びを整えることができれば、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

治療中の見た目や痛み・違和感といったデメリットはあるものの、コンプレックスを解消できるというメリットは大きいのではないでしょうか。

歯科矯正を始めるタイミングは、患者様自身が「矯正したい」「今より良くしたい」と思ったときです。
矯正治療にはいくつかの種類があり、それによって治療費が異なるため、まずは専門の医師に相談してみましょう。

-矯正全般, 部分矯正
-, , , , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ