矮小歯の矯正治療を歯科医が解説|小さい歯を矯正で治すことのメリットをご紹介します

【監修:青山健一】

矮小歯の矯正治療を歯科医が解説|小さい歯を矯正で治すことのメリットをご紹介します

「普通よりも歯が小さいかもしれない」「歯が小さくて不安」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
ご自身で歯が小さいと気にされている場合、それは矮小歯の可能性があります。
矮小歯とはどのような歯なのか、どういったことが原因で矮小歯になるのかは、あまり知られていません。
しかし、矮小歯には問題点があるため、お悩みの方は矯正治療を検討しましょう。
今回は、矮小歯の矯正治療について詳しく解説していきます。

矮小歯はどんな歯か

矮小歯はどんな歯か

矮小歯(わいしょうし)は、通常よりも極端に小さい歯のことをいいます。
他の歯と比較して小さいため、乳歯に見えるかもしれませんが、生え変わった永久歯です。
矮小歯の好発部位は上の側切歯ですが、他の場所でも起こることがあります。
側切歯は真ん中から2番目の歯ですので、人から見られやすい前歯です。

周りの人から気づかれやすい部分だからこそ、コンプレックスに感じる方も少なくありません。
また矮小歯がある場合、歯並びが悪くなってしまうことも多いです。
歯が小さいこと自体は大きな病気という訳ではないものの、矮小歯によって問題を抱える方は多くいらっしゃいます。

矮小歯の原因

矮小歯の原因

歯が小さいというと、何か大きな原因が隠されているのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。
そんな矮小歯の原因ですが、明らかな原因はまだ解明されていません。
ただし、以下のことが可能性として考えられています。

  • 遺伝
  • 顎が小さい
  • ビタミンD不足
  • 下垂体機能低下
  • 歯の退化傾向
  • 過剰歯

歯の退化傾向が矮小歯の原因となることがあるといわれています。
退化傾向とは、不要な歯が小さくなったり、なくなったりする現象のことです。
先ほど矮小歯の好発部位としてお伝えした上の側切歯に加えて、親知らずは退化傾向が強い歯といわれています。

また、過剰歯といって本来の本数よりも多く歯が生えてくるケースでも、矮小歯になることがあるのです。
このように、矮小歯の原因として様々な可能性があげられますが、明確なことは分かっていません。
そのため、矮小歯を予防するというよりも、歯が小さいことによる問題が生じたときにどのように対処するかが大切です。

矮小歯の問題点

他の歯と比較して小さい歯があることによって、何らかのトラブルを抱えることも少なくありません。
まずは、矮小歯の主な問題点について3つご紹介します。

見た目

見た目

矮小歯は、見た目への問題が生じる可能性があります。
そもそも小さい歯が存在するということは、他の歯と大きさのバランスが取れないということです。
横の歯と比較したときに不自然に見えたり、歯並びが悪く見えたりするでしょう。
大きさのバランスが取れていない歯並びは、キレイな見た目とはいえません。
そのため、矮小歯は見た目の問題を生じやすいのです。

噛み合わせ

噛み合わせ

矮小歯は、見た目だけでなく噛み合わせのような機能面にも影響を及ぼす可能性があります。
歯が小さいと、上下左右の歯列のバランスを保つことができません。
バランスが悪いということは、特定の場所に負荷をかけてしまったり、噛み合わせが上手くいかなかったりといったリスクを高めてしまいます。

すきっ歯

矮小歯がある場合、すきっ歯になるリスクも高くなります。
隣の歯と比較して小さい歯があるため、歯と歯の間に隙間ができやすい状態です。
そのため、俗にすきっ歯と呼ばれる「正中離開」や「空隙歯列」になるケースも少なくありません。
すきっ歯になると、見た目にも良い状態とはいえず、コンプレックスに感じる方も多くいらっしゃいます。

また、本来であれば隣り合う歯同士で支え合っているのですが、矮小歯の場合はそれが難しいです。
隙間ができやすく支える歯がないため、横に倒れるケースもあります。
矮小歯が倒れてしまうことで、さらに審美性や噛み合わせに影響を与えることになるのです。

矮小歯の主な治療方法と費用・期間

矮小歯には様々な問題点があり、見た目にも影響するため治したいと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、治療を受けるにあたり費用や治療期間など気になることもあるでしょう。
ここでは矮小歯の主な治療方法と、それぞれにかかる費用や期間を解説します。

歯列矯正

歯列矯正

矮小歯によって歯並びや噛み合わせに問題がある場合は、歯列矯正という治療法があります。
歯並びや噛み合わせの問題は、お口の中の状態を悪くするだけでなく、健康面にも影響を及ぼしかねません。
そのため、歯を動かして歯列を整える治療が必要になるのです。
歯列矯正にかかる費用の目安は30~100万円程度です。
部分矯正で対応できるケースでは治療期間は数か月~1年で、費用も抑えることができます。

一方、全体矯正の場合の治療期間は1~3年が目安です。
歯並びだけでなく噛み合わせも重要ですので、バランスが取れない場合は抜歯する可能性があることを押さえておきましょう。
必ず抜歯するという訳ではありませんが、矮小歯の場所や他の歯とのバランスによって歯科医が判断します。

セラミック矯正

セラミック矯正

矮小歯の治療には、セラミック矯正という方法もあります。
セラミック矯正は、土台となる歯にセラミック素材の被せ物をする方法です。
患者様自身の歯を土台にするため、天然歯を削る必要があります。
土台ができたら、セラミッククラウンを装着して周りの歯とのバランスを整えるのです。

他の歯とのバランスとは、大きさだけでなく歯列も含み、見た目と機能面の両方を改善することができます。
セラミック矯正の費用は、1本あたり4~15万円が目安です。

セラミッククラウンに用いる素材によって費用が異なるため、費用や特徴を理解したうえで決めることをおすすめします。
セラミック矯正で要する期間は、2~3か月と短期間でできるのが特徴です。

修復治療

修復治療も、矮小歯の治療方法の1つです。
歯が小さいと隣の歯との隙間ができてしまい、それがトラブルを引き起こすことになりかねません。
そのため、その隙間を埋めるためにラミネートべニアというセラミックを貼りつけるのです。
セラミックを貼りつけるというと、先述のセラミック矯正との違いが気になるという方もいらっしゃるでしょう。

セラミック矯正は歯を大きく削って被せ物をするのに対し、修復治療は歯の表面を削って薄いセラミックの板を貼りつけます。
歯を大きく削るかどうかという点に違いがあるのです。
修復治療には、ラミネートべニアの他にレジン修復という方法があります。

レジン修復とは、矮小歯に直接レジンをつけて歯と歯の隙間を修復する方法です。
1回の治療で完了するというメリットがありますが、レジンは時間とともに色が劣化してしまうため注意しましょう。
修復治療の費用は3~5万円が目安で、治療は1~2回の通院で済むことが多いです。

矮小歯の治療効果

ここまでご紹介してきたように、矮小歯の治療には様々な種類があります。
治療を受けることで、これまで抱えてきた悩みを解消できると期待される方も多いのではないでしょうか。
ここでは、矮小歯を治療することでどのような効果が得られるのか解説します。

機能面

機能面

矮小歯の治療によって、機能面の改善を期待することができます。
特に歯並びや噛み合わせに問題があったケースでは、治療による効果を感じられるでしょう。
噛み合わせが悪いことで肩こりや頭痛に悩まされていたという方は、そういった悩みからも解放される可能性があります。

審美面

審美面

矮小歯の治療効果には審美面の改善もあげられます。
歯並びが整ったり、他の歯とのバランスが取れたりすると見た目の印象も変わるはずです。
人前で笑うことに躊躇していた方も、コンプレックスを解消して自信を持つことができるでしょう。

矮小歯の注意点

歯が小さいことを気にしていても、治療するべきか様子を見るべきか悩む方も少なくありません。
しかし、矮小歯には通常の歯にはない注意点があることをご存知でしょうか。
ここでは矮小歯の注意点について2つ解説していきます。

通常の歯よりも弱い

通常の歯よりも弱い

矮小歯は、通常の歯よりも弱いということに注意する必要があります。
永久歯として十分に発達せず、小さいままになってしまったのが矮小歯です。
「小さい歯」「十分に発達していない」という言葉から想像がつくように、歯の強度に問題がある可能性を否定できません。
見た目には小さいだけに思えるかもしれませんが、小さい分だけ弱い可能性があることを理解しておきましょう。

治療方法が限られる場合も

治療方法が限られる場合があることも、矮小歯の注意点として重要なポイントです。
もともと小さい歯ということは、歯根が短いという可能性があります。
そのため、矯正治療やブリッジ治療が困難なケースがあるのです。

どちらも歯に負荷がかかる治療ですので、歯根が短いと破損のリスクが高くなります。
希望する治療を受けられない可能性があることや、通常の歯よりも治療にリスクが生じるケースがあることを押さえておきましょう。

矮小歯で悩んだら

矮小歯で悩んだら

矮小歯は、通常の歯よりも小さいことから、様々なトラブルを引き起こすリスクがあります。
見た目のコンプレックスや噛み合わせなど、矮小歯による影響に悩んでいる方は少なくありません。

そのため、矮小歯を治療したいという方も多くいらっしゃいます。
もし矮小歯でお悩みのことや、治療したいというご希望があればまずは歯科医に相談してください。
今回ご紹介したように、矮小歯の治療には歯列矯正・セラミック矯正・修復治療などいくつかの選択肢があります。

しかし、どれも対応可能という訳ではなく患者様の歯の状態に合った治療が必要です。
どのような治療方法がいいのか、費用はどれくらいかかるのかといったお悩みも、歯科医に相談して解決しましょう。

まとめ

まとめ

今回は歯が小さい「矮小歯」の治療について解説しました。
矮小歯の原因は明らかになっていませんが、歯が小さいことで悩んでいらっしゃる方が多いのは事実です。
矮小歯は審美面だけでなく機能面にトラブルが生じることも少なくありません。

もし矮小歯でお悩みのことがあれば、歯科医に相談することをおすすめします。
歯列矯正・セラミック矯正・修復治療など、矮小歯には様々な治療方法があります。
それぞれの治療方法についてメリット・デメリットを理解したうえで治療を受けましょう。

-矯正全般
-, , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ