裏側矯正で後悔しないための注意点|医師が解説する裏側矯正のメリット・デメリット

【監修:青山健一】

裏側矯正で後悔しないための注意点|医師が解説する裏側矯正のメリット・デメリット

一口に歯科矯正といっても様々な種類があります。
この記事をご覧になった方は特に裏側矯正に関心があるのでしょう。
もちろん、それぞれの方法には一長一短あります。

歯の状態により、裏側矯正を選んだ方がいい場合もそうでない場合も様々です。
あまり調べずに裏側矯正を受けようとして、後で後悔してもどうにもなりません。
ここでは、裏側矯正を受ける際の注意点を主に紹介します。
ほかの矯正方法との比較のために、メリットやデメリットも押さえましょう。

歯列矯正の種類と値段・治療期間

まずは裏側矯正のほかにもどんな歯列矯正の方法があるのかお伝えします。
矯正には1か月に1度ほどの定期的な通院が必要で、費用もかなりかかります。
そのため、それぞれの値段や期間といった基本情報を押さえましょう。

表側矯正(唇側)

表側矯正(唇側)

表側矯正とは、装具を歯の表側に装着する矯正方法です。
別名では、唇側矯正とも呼ばれます。
歯列矯正の中でもっとも古くから確立された方法です。

矯正にかかる費用は、70万円ほどからが一般的です。
期間は約2~3年かかります。

裏側矯正(舌側)

裏側矯正(舌側)

裏側矯正は、歯の裏側に装置をはめて矯正を行う方法です。
表側が唇側と呼ばれているのに対し、舌側矯正とも呼ばれます。
外見からは矯正していることがわからないのがポイントです。

料金は80~100万円ほどかかります。
治療にかかる期間は表側矯正よりも長めです。
矯正器具を作るのにも表側に比べて少し長めの時間を要します。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正では、取り外しのできる装具を歯にはめ込みます
食事や歯磨きのときや矯正中だと見せたくないときに外せるのが特徴です。

費用は80~120万円ほどかかります。
治療期間はマウスピースのつけ外しの度合いによるので、人それぞれです。

歯列矯正のメリット

裏側矯正の本題に入る前に、まずは歯列矯正自体のメリットを押さえておきましょう。

歯並びがきれいになり印象が良くなる

歯並びがきれいになり印象が良くなる

やはり、美しい歯並びに近づけられるというのは大きなメリットです。
美容というほどでなくても、歯並びは第一印象を左右します。
第一印象の決め手となるのは目の次に口元だという調査結果もあるほどです。

笑顔に自信が持てるようになる

笑顔に自信が持てるようになる

歯列矯正を受ければ、歯並びが改善して自信にもつながります
歯並びが悪くて人前で笑顔を見せられなかった方でも、笑顔が作りやすくなるでしょう。
接客時はもちろんですが普段から笑顔を心がけていれば相手に明るい印象が与えられます。
歯並びをよくすることが、日々の生活に気分的にもプラスに働くでしょう。

嚙み合わせが改善する

嚙み合わせが改善する

見た目だけでなく、歯の機能改善にも矯正は役立ちます
歯列矯正をすることで、嚙み合わせが良くなるのです。
嚙み合わせが悪いと、咀嚼や発音にも影響が出ます。
歯と歯の間に隙間ができるため、虫歯になりやすいというのも欠点です。

歯並びが悪いと、歯周病や口臭にも影響があります。
歯の隙間から空気が入り、口内が乾燥してしまうためです。
こうした問題を防ぐためにも矯正が重要だということを押さえておきましょう。

裏側矯正のメリット

ここからは、今回重点的に取り上げる裏側矯正の話です。
まずはそのメリットから見ていきましょう。

外側から器具が見えない

外側から器具が見えない

裏側に装具をつけるので、矯正をしていることが分かりにくいのが大きなメリットです。
他人の目を気にせず、矯正中も人前に出られます。
おしゃれを妨げることなく矯正できるのがうれしいポイントです。

前歯を後方に動かしやすい

前歯を後方に動かしやすい

裏側矯正では、前歯を奥に移動させやすいというメリットもあります。
前歯が内側に倒れこむこともあまりありません。
最近は装置の小型化も進み、全般的に歯を動かしやすい場合もあるでしょう。
オーダーメイドで歯の形にぴったりの装置を作ってもらえばさらに動かしやすいでしょう。

表側より虫歯になりにくい

表側より虫歯になりにくい

表側に比べて、裏側矯正の方が虫歯になりにくいというメリットもあります。
装置をはめている間は、どうしても歯の裏側が磨きにくくなるでしょう。
特に上の歯の裏は自分では鏡を使っても見えにくい場所です。

しかし、歯の裏側には唾液が当たります。
さらに、表側と比べてかたい層の部分が厚くなっているのです。
このため、表側が磨きにくくなるよりも裏側の方が虫歯リスクは低いといえます。

ただし、もちろん全く裏側を磨かないでいいというわけではありません。
できるかぎりのブラッシングはして、こまめなケアを心がけてください。

裏側矯正のデメリット

このようにメリットもあるものの、裏側矯正にはいくつかのデメリットもあります
ここでは、主な3点をみていきましょう。

費用が高い

費用が高い

裏側矯正を検討するときにまずネックになるのが費用です。
ここで紹介した3方法の中では、最もコストがかかります。
表側矯正の約1.5倍と考えておくとよいでしょう。

オーダーメイドの装置を作らなければならないため、どうしても高くなってしまうのです。
これは、患者さん1人1人の歯の形に合った精密な装置を作らなければならないからです。
また、治療の処置自体も表側に比べて難しいため、高額となります。

食事や会話がしにくい

食事や会話がしにくい

裏側矯正の装置によって、会話がしづらくなることもあります。
これは、装具に舌が当たってしまい、うまく発音できなくなるためです。
かつては、装置をはめるとまともにしゃべることができないという患者さんもいました。
また、食事にも影響が出る場合もあります。
舌がうまく動かせず、装具のつっぱり感が噛むときの妨げになるのです。

しかし、最近では小型の装置を取り入れ、こうした影響を和らげている歯科もあります。
歯科選びをするときは、裏側矯正の装具にも注目しましょう。

違和感が大きい

違和感が大きい

舌側に装置をはめるため、どうしても舌が当たる多少の違和感はあります。
舌のけがが心配で気になってしまう場合もあります。
また、少し古い型の装置だと歯を引っ張られるような独特の感覚もあるでしょう。
装具をはめることにより痛みを感じることもあるでしょう。
初めての矯正だと慣れるまでにはしばらく時間がかかります。

しかし、こちらも食事や発音のしにくさと同じく、改良が進んでいます。
新しいタイプや完全オーダーメイドの装置を使えば違和感があまりないでしょう。
とはいっても、完全に違和感がないわけではないので程度を事前に確認してください。
また、あまり最新式のものだと装置作成に時間がかかる場合もあるので注意してください。

裏側矯正で後悔しないための注意点

強みと弱みが分かったところで、後悔しないための注意点をみていきます。
コスト的にも大きな決断となるので、事前にしっかり把握しておきましょう。

実績のある安心の矯正歯科を選ぶ

実績のある安心の矯正歯科を選ぶ

まずは、どの歯科医院で矯正を受けるかじっくり検討します。
このときに、裏側矯正の実績がどれほどあるかを調べましょう。
裏側矯正は歯列矯正の中でも特に高い技術力を要します。

そのため、高い専門的な技術力を持った歯科医のいるクリニックを探すのが重要です。
歯科医の持っている資格や経歴も参考にしましょう。
これまでに裏側矯正を行った症例数も重要な判断基準となります。

ご自身と同じ症例の実績があるかもチェックしましょう。
お金がかかるのでコストで選びがちですが、後悔しないためにも技術力の重視が大切です。
安易に安さで選んで、失敗して余計なコストがかかってしまうようでは意味がありません。

気になることは事前に何でも相談する

気になることは事前に何でも相談する

実際に矯正治療を受ける前に、じっくり医師と相談することで心構えができます。
気になっていることや不安なことは、積極的に質問しましょう。
無料の相談会やカウンセリングを受け付けている医院もあります。
中には、オンライン相談を受け付けているところもあり、気軽に相談が可能です。
迷っているならこうしたサービスの活用も検討してください。

保定装置をしっかりつける

保定装置をしっかりつける

矯正装置を外してからも、保定装置(リテーナー)をはめ続ける必要があります。
この保定を怠ると、せっかく矯正した歯並びが元に戻ってしまう可能性があるのです。
特に裏側矯正はコストもかかるので、無駄にしたくないでしょう。
そのためにも、治療後の保定をしっかりしてもらうのが大切です。

保定完了までには約2~3年かかります。
年に数回矯正歯科に通い、定期的にチェックを受けましょう。
保定装置にはマウスピース型とワイヤー型があり、見えにくいものがほとんどです。

裏側矯正が向いている人

裏側矯正が向いている人

ここまでの内容を踏まえ裏側矯正に向いている人の特徴は以下のようになります。

  • お金にある程度の余裕がある人
  • 人前で口元を見せる機会が多い人
  • マウスピース型のような取り外しは面倒だと感じる人
  • 装置装着時にこまめにブラッシングができる人

これらの条件に当てはまっているなら、裏側矯正を積極的に検討してもよいでしょう。

裏側矯正で悩んだら

裏側矯正で悩んだら

ここまでの内容を読んで、裏側矯正を受けてみようかと思った方もいるでしょう。
しかし、予算面やデメリットについて不安もあるはずです。
また、やはりほかの治療方法と迷っているという方もいることでしょう。

そんな時は、実際にかかりつけの歯科医に相談してみるのがおすすめです。
専門医とじっくり相談することで、どの治療が合っているか判断できます。
また、実際に検査をしてみないと治療法が適切かわからない場合もあるでしょう。
検査の結果、裏側矯正はできないといわれることもまれにあります。

費用面や支払いの方法などもしっかり確認しましょう。
まずはオンライン相談や相談会で、質問するところから始めてみてください。
この記事を読んで気になったことも尋ねてみるとよいでしょう。

まとめ

まとめ

この記事では、歯列矯正の種類や裏側矯正の注意点をまとめました。
裏側矯正をするメリットがお分かりいただけたのではないでしょうか。
かつては多かったデメリットも、現在では解消されてきています。
しかしながら、コスト面では負担が大きいことには変わりがありません。

お財布と相談し、本当に自分に合った方法か見極めていってください。
また、歯科医と相談することで、より具体的な情報が得られて決断に役立つでしょう。
矯正をしたいとお考えなら、積極的にできるだけ確実な情報収集を進めてください
この記事が少しでも皆さんの判断のお役に立てたなら幸いです。

-矯正全般
-, , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ