翼状捻転の矯正治療にかかる費用と期間を解説|翼状捻転になる原因やよくある悩みもご紹介します

【監修:青山健一】

翼状捻転の矯正治療にかかる費用と期間を解説|翼状捻転になる原因やよくある悩みもご紹介します

口元は人の目につくため、どうしても気になるものです。歯並びに不安があればなおさら人目が気になり、人前で口を開けることができなくなる方もいます。
今回は、歯並びの中で特徴的な症状の翼状捻転の症状や治療費用や期間について説明していきます。

歯並びの治療は費用や治療期間などがよくわからないため不安になります。
まずは症状や原因を知ることで少しでも不安が軽減されるように参考にしていただければ幸いです。

翼状捻転の概要

翼状捻転の概要

翼状捻転は歯並びの不具合の中の1つで、前歯が鳥の翼のように内側にねじれている様子から翼状捻転と呼ばれます。
軽度の場合は矯正装置のみで治療ができ、中等度の場合は隙間を空けてから矯正装置を取り付けるなど矯正治療方法が変わってきますし重度の場合は抜歯が必要になる場合があります。

早めに受診することで治療期間が短くて済む場合があるため、不安に思ったらまずは専門の歯科医に相談することが大切です。

叢生の症状の1つ

歯並びが悪くデコボコしている状態を叢生と呼びますが、乱杭歯や八重歯なども叢生の症状に含まれます。翼状捻転も叢生の症状の1つです。
翼状捻転は前歯が鳥の翼のように内側にねじれている状態ですからそのねじれを戻す矯正治療が必要ですが、ねじれの原因によって治療方法や治療期間が変わります

歯と歯の隙間の状態により前歯だけの矯正で済む場合と口の中の歯全体の矯正治療で治療を進める場合があり、専門的な検査と歯科医師を通して治療方法を決めることが必要です。

特徴的な歯並び

特徴的な歯並び

翼状捻転は前歯が内側にねじれるという状態であるため、叢生の中でも特徴的な歯並びになりまわりの目が気になることから治療を始める人もいます。
ねじれた歯が舌や唇に触れることで感じる不快感や炎症などの症状が出たり他の歯の歯並びに影響したりすることがあるため、早めの受診が大切です。

翼状捻転の原因によってはねじれ具合が過剰になり、治療をためらう間に進行することもあります。ぜひ、専門の歯科医院に相談してください。

翼状捻転になる原因

翼状捻転になる原因

翼状捻転になる原因としては、下記のような例があります。

  • 乳歯が抜けた後に生えてきた永久歯が大きい
  • 隣接の歯が大きい・顎が小さいために歯が入るスペースが足りない
  • 遺伝的要因
  • 隣接の歯が過剰歯である
  • 指しゃぶりや爪噛みなどの幼児期の悪習慣

幼児期からの定期的な検診を受けることで早めの治療や予防ができる場合があるため、定期的な検診は大切です。

翼状捻転によくある悩み

翼状捻転によくある悩み

翼状捻転になると捻転している歯によるスペースが出るため他の歯並びにも影響が出て、全体の歯並びが整わなくなることがあります。
翼状捻転になると歯のすき間が広い部分と狭い部分ができ、歯磨きによるきれいな清掃がうまくできなくなり虫歯のリスクが高まりますが丁寧な歯磨きを心がけることで改善が可能です。

翼状捻転の状態が悪くなると噛み合わせにも影響が出て、前歯でかみ切ることができずに奥歯に負担をかけることがあります。
歯並びがそろっていないために舌や唇が歯と触れたり、歯並びを気にするために口を開けることを我慢したりすることから話しづらい状態が見られても治療によって改善することは可能です。

噛み合わせが気になる

叢生では一部の歯並びが整っていないため全体の歯並びが悪くなり奥歯の噛み合わせが悪くなることがあります。
翼状捻転は前歯に見られる叢生です。前歯がねじれていることでかみ切れなくなり、奥歯がその働きをするため噛み合わせが悪くなります。

奥歯の噛み合わせが悪くても、この場合は前歯の矯正治療により歯並びを調整することで改善することが可能です。

話しづらい

翼状捻転にかかわらず叢生の状態の場合、歯が舌に触れるために話しづらかったり口元が目立つことを気にして話すことに消極的になったりすることがあります。
翼状捻転では話をするときに違和感や痛みを感じることなどにより話しづらい状態が見られますが、前歯が内側にねじ曲がっているため歯に触れることが原因です。

翼状捻転を治療することで、歯に触れることがなくなり不快感が軽減されるため話しづらさから解放されます。
不安なことがありましたら、下記のページから無料の矯正相談の予約をしてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

翼状捻転を矯正する治療方法

翼状捻転を矯正する治療方法

翼状捻転を改善するためには矯正治療を行いますが、状態によって選ばれる治療法が異なり治療期間や治療費も大きく変わりますから慎重に歯科医院選びをすることが大切です。

矯正治療の主な方法としては、次の3種類が挙げられます。

  • ブラケット矯正
  • マウスピース矯正
  • インプラント矯正

患者様の状態に合わせて適切な方法を選びますが、矯正装置を単独で使う場合と併用して使う場合があり、治療前検査の結果から歯科医師が判断して治療方針を提案します。

ブラケット矯正

ブラケット矯正

矯正治療ではさまざまな症状に多く使われるワイヤーを使った矯正装置の治療方法です。歯にブラケットを貼り付けそこにワイヤーをかけてワイヤーの弾力で歯を動かします。
歯の裏側にワイヤーを取り付ける方法やワイヤー自体を目立たないものにする方法が開発され、まわりの人に治療を気づかれるという不安が少なくなりました。

ワイヤーで歯を引っ張ることで隙間を作り歯を動かす矯正治療で、痛みを感じたり歯磨きがしづらくなるなどの不具合もありますが治療を続ける中で解消されます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

インビザラインに代表されるマウスピース矯正は、透明な素材を使ったマウスピースを歯に被せて、素材の弾性の力で歯を動かし矯正する装置です。
素材が透明で目立たず、治療していることに気づかれることが少なくなりました。矯正治療は長期間の継続治療になりますから目立つストレスから解放されることは大切です。

歯に被せるマウスピースは取り外せることが特徴で食事のときや人と会うときなどに取り外すことができるため、歯磨きも普段通りでき口の中の清潔さを保つことができます。

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正は顎の骨にチタンのアンカーを埋め込み人工の歯をつけるという外科治療ですが、矯正治療の補助的な働きのための固定源として使うことがあります。
この固定源を使うことで、動かしたい歯だけを動かしたい方向に動かすことができるため患者様の負担が少なく治療期間の短縮ができることがメリットです。

翼状捻転の場合には内側にねじれた部分だけでなく影響を受けた歯を一定方向に動かすためこのアンカーを使って効率的な矯正ができるようになりました。

翼状捻転の矯正治療にかかる費用と期間

翼状捻転の矯正治療にかかる費用と期間

矯正治療は歯並びや翼状捻転などの不具合を改善する治療ですから十分な治療期間が必要ですし、費用も保険外適用になるため高額になります
治療費用については一般的な矯正治療として10万円~150万円と歯の状態や治療方法によって大きく変わりますから歯科医院で確かめることが大切です。

支払い方法も治療開始から治療が終わるまでの一括で支払う総額制と、必要な費用を必要な治療ごとに支払う処置別払い制があり、デンタルローンや分割などの方法も使えます。
矯正治療は専門的な知識と多くの治療経験や実績があることで患者様のさまざまな症状に合わせた治療が可能になりますから、信頼できる歯科医師のいる歯科医院を選び相談しましょう。

矯正治療の治療期間は一般的に部分矯正で6~10カ月、全体矯正は1年半~2年程度とされています。治療内容や患者様の体調などによって変わりますからご注意ください。
治療期間の短い部分矯正で終わる場合があり、どうしても全体治療でなければ期待通りの治療ができないと判断される場合もあります。専門の歯科医師の判断を聞いて決めましょう。

部分矯正の場合

矯正歯科医の治療前の検査によっては部分矯正で治療が可能になる場合があり、部分矯正を専門にしている歯科医院もあります。専門の歯科医に相談することが大切です。
前歯部分の矯正だけを考えた場合は、費用として40万円で治療期間が1年前後という歯科医院もありますが、あくまでも1つの参考例としての費用と治療期間となります。

部分矯正として始めても全体治療が必要になる場合や治療中に新たな治療箇所が見つかる場合もあります。治療前にしっかりとした検査と歯科医師の診断が必要です。
矯正治療は、患者様一人一人の状態によって治療期間が変わり費用も変わることをご理解ください。

全体矯正の場合

全体矯正の費用は治療内容や矯正装置によって大きく変わり一般的に10万円~150万円程度で、治療期間も症例によって異なり1年半~2年程度といわれています。
翼状捻転の部分のみの治療だけでなく他の歯の状態を改善しなければ術後に捻転が再発するなどの不具合が予想される場合は、全体治療が最適です。

治療部位の状態によってブラケット矯正・マウスピース矯正など最適な矯正装置を使用して治療することで患者様の負担の少ない治療を計画します。
治療計画は治療期間の長短や治療費の過多によって決めることなく、治療前検査の結果と歯科医師の診断によって決めることが大切です。

不安なことがありましたら、下記のページから無料の矯正相談をご活用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

翼状捻転の矯正治療の注意点

翼状捻転の矯正治療の注意点

翼状捻転は前歯の部分が目立ちますが奥歯の噛み合わせに影響を与えている場合があります。
捻転の矯正治療を行う場合は、奥歯の噛み合わせの改善も並行して行うことが大切です。
翼状捻転の矯正は複雑な歯の状態が多いために単独の矯正治療に加え、補助的に仮の矯正装置を使います。

状況を改善したうえで、予定していた矯正治療に入ることが多いです。
翼状捻転の特異性に対応した複合的な矯正治療と口の中全体の改善を念頭に置いた治療計画が不可欠です。

仮の矯正装置が必要なことも多い

翼状捻転のねじれがひどい場合は矯正装置の取り付けが難しくなります。
その場合は、他の矯正装置を一時的に仮の矯正装置として使うことで、状態を改善してから本来の矯正装置を使います。

叢生治療は歯を動かして歯並びを整える治療のため、歯を動かすスペースが必要です。このため、治療前段階で拡大装置を使い歯のスペースを確保することがあります。
翼状捻転は前歯だけの叢生ではなく口腔内全体に影響している場合がありますから、単体の矯正装置だけでなく補助的な装置を使う選択も大切です。

噛み合わせにも配慮する

翼状捻転では前歯がねじれるため奥歯が前歯側に引っ張られ奥歯の噛み合わせが悪くなっている事例が多く見られます。そのため、治療の際には奥歯の噛み合わせに注意が必要です。
治療前検査で奥歯の噛み合わせ具合を確認し、噛み合わせの治療のためにどのように歯を動かすかを計画しながら捻転を改善する治療になります。

矯正治療は1つの治療で終わらずにより良い改善結果を目指す治療です。治療後の患者様が笑顔であふれる生活を過ごされることが最終目的です。

翼状捻転の矯正治療を希望しているなら

翼状捻転の矯正治療を希望しているなら

翼状捻転の治療によって歯並びを変えることは、口元を気にすることがなくなるばかりでなく自分に自信をもって生活できるようになります。
翼状捻転の矯正治療は、翼状捻転の部分だけでなく噛み合わせの不安や今まで不快に思っていた口の中の状態を大きく改善します。

翼状捻転の矯正治療は、確かな専門知識と豊富な治療経験が必要です。治療を希望される場合は矯正治療専門の歯科医師にご相談ください。

まとめ

まとめ

翼状捻転は、さまざまな原因から起こる叢生の1つですが治療できる症状です。
初期段階であれば簡単な部分矯正で治療ができ、費用も多くはかかりません。症状が進んできたりまわりの歯に大きく影響を与えている場合は治療期間も治療費用も大きく変わってきます。

翼状捻転に限らず矯正治療は治療期間が長く費用も高額になります。しかし、治療期間や費用だけで治療方法を決めずに、治療の必要な部分を改善することが大切です。
今回は翼状捻転の矯正治療にかかる費用と治療期間について解説してきました。翼状捻転の治療をお考えの方はこの記事を参考にされて専門の歯科医院にご連絡ください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ