部分矯正で出っ歯を治療する方法を医師が紹介|前歯のみの矯正で出っ歯を治療する流れを解説

【監修:青山健一】

部分矯正で出っ歯を治療する方法を医師が紹介|前歯のみの矯正で出っ歯を治療する流れを解説

出っ歯の治療方法として、部分矯正という選択肢があります。
しかし、自分自身の前歯の状態が適応になるのか、どのような流れで治療をするのか不安な方もいらっしゃるでしょう。
部分矯正で出っ歯を治療するとはいっても、その方法もさまざまです。
今回は、部分矯正で出っ歯を治す方法を詳しく解説していきます。

出っ歯の治療方法は主に3つ

出っ歯の治療方法の1つに部分矯正がありますが、その他の方法も知っておくことをおすすめします。
まずは出っ歯を治すための選択肢としてあげられる治療方法を3つ解説します。

全体矯正

全体矯正

歯科矯正といえば、口腔内の全ての歯に対して行う全体矯正のイメージを持つ方も多いでしょう。
奥歯から歯を動かしていくため、前に突出した前歯を整列させるためのスペースを確保することができます。

全体の歯列を見て矯正していくため、必要に応じて抜歯をすることがあります。
抜歯をして位置を調整することで、出っ歯の矯正を可能にするのです。
全体矯正は口腔内のバランスを調整し、噛み合わせの改善も期待できるのがメリットです。

部分矯正

前歯だけの部分矯正の場合でも、全体矯正と同じく歯列を整えるためのスペースが必要になります。
前に突出した前歯を後退させるときに、キレイに並ぶようにしなければならないからです。
全体矯正の場合は奥歯から動かし必要に応じて抜歯をしますが、前歯だけの部分矯正では奥歯は触りません。

そのため、矯正装置のみで整列が難しい場合は前歯のエナメル質を削ります。
隣接する歯のエナメル質を削ることで、歯列を整えるためのスペースを確保するのです。

手術

全体矯正や部分矯正のような歯科矯正では治療が困難な出っ歯の症例もあります。
上顎分節骨切り術という手術法で、上顎の左右の第1小臼歯を抜きます。
小臼歯は犬歯の隣にある歯で、上下とも中切歯(中心にある前歯)から数えて4本目です。

口腔内には歯を支えるための歯槽骨という骨がありますので、該当する歯槽骨や顎の骨を切除します。
骨を切除してできた空間を利用して前歯を後退させることで、出っ歯を治すという方法です。

部分矯正で出っ歯を治療する5つの方法

前歯の部分矯正のメリット

出っ歯の治療方法でご紹介したように、出っ歯の治療には部分矯正という選択肢があります。
しかし、部分矯正と一言でいってもその中でも様々な方法があり迷うこともあるでしょう。
部分矯正で出っ歯を治療する方法を5つご紹介します。

表側ワイヤー・ブラケット矯正

歯の表側にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通す治療方法です。
一般的に歯科矯正というと、矯正装置が外から見えるイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
表側ワイヤー・ブラケット矯正は、そのイメージ通り外から装置が見える方法です。
前歯を後退させるためのスペースを確保しなければならず、必要に応じて前歯を削ることがあります。

裏側ワイヤー・ブラケット矯正

裏側ワイヤー・ブラケット矯正は、歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーを通す方法です。
歯の裏側に装着するため、外側からは矯正器具がほとんど見えません。
矯正器具が目立たないため、歯科矯正中であることをあまり知られたくない方におすすめです。
しかし、舌側にあることから装着の違和感があるのがデメリットです。
裏側ワイヤー・ブラケット矯正も、表側と同様に必要に応じて前歯を削る可能性があります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

部分矯正には、マウスピースのみで矯正を行う方法もあります。
ワイヤーと異なり患者様自身での取り外しが可能ですが、根気よく装着していることが大切です。
1~2週間ごとに通院し、次のマウスピースに変えていきます。

ワイヤーの場合は引っ張る強さを変えるだけですが、マウスピースは何度も作り変える必要があることを知っておきましょう。
マウスピース自体透明なので、目立ちにくいのがメリットです。

インプラント矯正

インプラント矯正は、インプラントを埋め込みそこを支点にして歯を動かす矯正治療です。
この治療法は、先ほどご紹介したワイヤー・ブラケット矯正と併用します。
インプラントという支点があることで、より歯を動かしやすくし治療期間を短縮することも可能です。

ワイヤー・ブラケット矯正では困難な出っ歯の症例でも、インプラント矯正なら治せる場合があります。
ただし、インプラントを埋め込むための手術が必要なこと、それに伴い治療費が高くなることを押さえておいてください。

セラミック矯正

セラミック矯正

セラミック矯正は、簡単にいうと被せ物をする方法です。見た目の良さを改善することから、審美治療としても知られています。
もともとあった歯を削り、そこに被せ物を入れて歯並びをキレイにするのがセラミック矯正です。
矯正装置の装着や、治療後の後戻り対策の必要はありません。

歯並びだけでなく色もキレイにすることができ、見た目の印象を変えることができます。
出っ歯を治すことができますが、歯を大きく削ることや場合によっては神経を抜く可能性があることは押さえておいた方が良いでしょう。

部分矯正で出っ歯が治るまでの流れ

矯正治療がどのように進められるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、部分矯正で出っ歯を治すまでの流れをご紹介します。

診察・検査

診察・検査

部分矯正を検討している場合、まずは部分矯正を扱う矯正歯科を受診しましょう。
特にインプラント矯正やセラミック矯正などを選択肢として考えている方は、その治療法を扱う矯正歯科で相談する必要があります。
診察をしたら、治療方針をたてるための精密検査を行います。
精密検査として、以下の検査を実施することが多いです。

  • 歯型
  • 口腔内写真
  • レントゲン(X線)写真
  • 治療予測模型

より満足のいく矯正治療にするためにも、精密検査は重要です。
もともとの出っ歯の状態や検査結果によっては、部分矯正ができない場合もあります。

矯正・経過

ワイヤー・ブラケット矯正で部分矯正を行う場合、まずは歯にブラケットを装着しワイヤーを通します。
3~4週間ごとに受診をして、歯の状態を見ながらワイヤーの強さを変えていきます
個人差はあるものの、ブラケットを装着するのは数か月ほどです。その後は後戻りを予防するための保定が必要です。

ワイヤーで力を加えるのをやめてしまうと、せっかく動いた歯が元に戻ろうとするため、それを防ぐためにマウスピースを装着します。
マウスピース矯正の場合は、ワイヤーを使わずに最初からマウスピースのみ装着します。先ほどご説明したように、1~2週間ごとに受診してマウスピースを変える必要があります。

前歯の部分矯正の場合、治療期間は数か月~1年が目安です。
マウスピース矯正はワイヤーほどの力がないため、1年ほどの期間を見ておいた方が良いでしょう。

予後

予後

部分矯正は数か月~1年の治療期間が目安ですが、後戻りのリスクがない訳ではありません。
そのためにも保定が必要ですが、一般的に保定期間の目安は2~3年です。
しかし、自己判断でやめたりせず、メンテナンスのためにも定期受診することをおすすめします

大人でも出っ歯は治療可能

叢生

矯正治療というと、永久歯が生え揃った子どもが行うというイメージを持つ方も少なくありません。
そのため、「大人だけど矯正できるのか?」「出っ歯の治療はもう遅いのではないか?」と考える方もいらっしゃいます。

しかし、矯正治療は子どものうちにやらなければならない訳ではなく、大人でも出っ歯の治療は可能です。
「矯正治療をしたい」「出っ歯を治したい」と思ったタイミングで、医師に相談してみることをおすすめします。

部分矯正での出っ歯治療が向いている人

部分矯正での出っ歯治療が向いている人

出っ歯の治療に部分矯正が向いているのは、以下のような方です。

  • できるだけ治療費を抑えたい
  • 短期間で出っ歯を治したい
  • 痛みが少ない方が良い
  • 今より少しでも見た目を良くしたい
  • 矯正装置が目立たない方が良い

全体矯正と比較すると、安く早く治療できるのが部分矯正のメリットです。
また、矯正装置をつける場所も部分的になるため、全体矯正より違和感や痛みも少なくて済みます。
メリットが多い部分矯正ですが、全体のバランス調整や噛み合わせの改善というところまでは期待できません。
そのため、「今よりも良くしたい」「短期間で改善したい」という方に向いているといえます。

部分矯正できない出っ歯も

部分矯正できない出っ歯も

出っ歯の治療方法の選択肢として部分矯正があることは先述した通りです。
しかし、部分矯正に適した例もあれば、矯正が困難な例もあります。
ここでは、部分矯正ができない出っ歯と、全体矯正で治療する場合の流れを解説します。

部分矯正可能な基準

出っ歯の原因には様々なパターンがありますが、舌で前歯を押す癖があったり、口呼吸をしていたりすると歯の生える向きに影響を及ぼします。
歯の生える向きによって出っ歯や八重歯になったりするのですが、部分矯正が可能な前歯の基準として以下のものがあげられます。

  • 歯の重なりが少ない
  • 骨格に問題がない
  • 噛み合わせに問題がない

骨格の問題ではなく歯の生える向きが問題の場合、部分矯正の適応となる可能性があります。
しかし、骨格や噛み合わせに問題がある場合は、部分矯正による出っ歯の改善は困難です。
さらにいえば、前歯だけの治療よりも優先すべき問題が隠されていると思っていいでしょう。
部分矯正が可能な基準から外れている場合、全体矯正やその他の治療を医師から勧められることになります。

全体矯正で治療する場合の流れや費用

全体矯正で治療する場合の流れや費用

全体矯正で治療する場合の流れは、部分矯正と同じくまず診察と検査から始まります。
治療には、部分矯正と同じくワイヤー・ブランケット矯正やマウスピース矯正という選択肢があります。
治療にかかる費用は矯正歯科によって異なりますが、矯正しやすいケースでも100万円以上が目安です。

歯を動かしにくいケースに至っては、150万円以上かかる場合もあります。
また、治療にかかる期間は1~4年ほどで状態によって大きく異なるのが特徴です。
出っ歯を治したいという患者様の全体矯正では、小臼歯を抜歯して前歯を後退させるという方法が多くとられてきました。

全体的な噛み合わせが改善され出っ歯を治すこともできますが、本来あるはずの歯がなくなる抵抗感を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで最近では、抜歯をしない全体矯正という方法が注目されています

まずは専門医に相談することが大事

まずは専門医に相談することが大事

出っ歯の治療は、歯科矯正だけでなく手術という方法もあります。
また、矯正治療といっても出っ歯の場合は選択肢が多く、何が適しているか迷う方も少なくありません。
もし出っ歯を治したいと悩んでいるのであれば、まずは専門医に相談することが大切です。

前歯の状態によっては部分矯正も可能なので、出っ歯だからと諦めずまずは矯正歯科を受診しましょう。
専門医であれば、部分矯正が可能かどうか、困難な場合は他の選択肢は何かといった判断ができます。
抜歯せずに全体矯正をしたいという希望も、専門医への相談をおすすめします。
不安を解消しながら、出っ歯の治療に取り組むことが大切です。

まとめ

まとめ

今回は、部分矯正で出っ歯を治す方法や治療の流れについて解説しました。
前歯は人から見られやすい部分なので、見た目を気にする方も少なくありません。
しかし矯正するとなると、どのような治療をするのか、抜歯しなければならないのかと悩むこともあるでしょう。

出っ歯でも部分矯正が可能なパターンもありますので、まずは専門医に相談することをおすすめします。
全体矯正であっても抜歯せずに治療できるのであれば、それに越したことはありません。
あなたの悩みを解決するためには、安心できる専門医に相談することが大切です。

-部分矯正
-, , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ