「前歯だけ矯正する」という選択肢|歯科医が前歯の部分矯正のメリットを解説

【監修:青山健一】

「前歯だけ矯正する」という選択肢|歯科医が前歯の部分矯正のメリットを解説

「前歯だけ矯正したい」と考える方も多いのではないでしょうか。
矯正治療というと、これまではすべての歯を治療するイメージが一般的でした。

しかし、部分矯正の需要が高まったことで、前歯だけ矯正することを検討する患者様も増えています。
今回は、「前歯だけ矯正する」という選択肢に焦点を当てて、前歯の部分矯正のメリットを詳しくご紹介します。

前歯の歯並びを治したい方は多い

前歯の歯並びを治したい方は多い

前歯の歯並びを気にされる方や、治したいと考える方は多いです。
見た目ですべてが決まる訳ではありませんが、表情や口元が印象に残ることは少なくありません

そして、前歯は他の歯と比べても他人から見えやすいところに位置します。
だからこそ、前歯の歯並びを気にして治したいと思う方が多いのです。

歯並びを治す方法として歯科矯正がありますが、高額な治療費や痛みといった不安を抱える患者様もいらっしゃいます。
そこで今回ご紹介するのが、前歯だけ矯正する「部分矯正」という選択肢です。

前歯だけ矯正する「部分矯正」

部分矯正は気になるところだけ治療できるため、前歯だけの矯正が可能です。
ここでは、部分矯正がどのような矯正治療なのか、その概要を解説します。

部分矯正の仕組み

部分矯正の仕組み

部分矯正は矯正したい箇所に装置をつけ、持続的に一方向に力を加えることで歯を動かします
歯肉(歯茎)に隠れて見えませんが、歯には歯根という根っこの部分があり根付いているのです。

そして、歯根の周りには歯槽骨という骨があり、歯を固定しています。
持続的に力が加わることで、骨を破壊する細胞が歯槽骨を溶かし、歯を動かし歯列を整えることができるのです。

骨を溶かすというと不安に思う患者様もいますが、矯正装置を外し力を加えないようにすれば、骨はまた固定されます。
このように、持続的に一方向に力を加えることで歯を動かすのが、部分矯正の仕組みです。

部分矯正の方法

部分矯正の方法

前歯だけの部分矯正の場合、以下のような方法を検討します。

  • 歯の表側にワイヤーをつける
  • 歯の裏側にワイヤーをつける
  • インビザライン(マウスピース矯正)

ワイヤーをつける方法では、動かした歯が後戻りしないようにワイヤーが終了した後にマウスピースを装着します。
矯正装置を用いて歯を整列させますが、もともとの歯並びによっては必要なスペースが確保できないことがあります。

その場合は前歯のエナメル質を削り、歯列を整えるためのスペースを作るのです。
歯を削るというと、痛みや長期スパンで考慮したときの歯への影響を心配する方もいらっしゃるでしょう。
しかし、歯の深い部分を削る訳ではないので、麻酔は必要なく痛みもありません。

矯正のために歯を削ったことで弱くなるということはありませんが、不安になるのは仕方のないことです。
削る必要があるかどうか、どの程度削るのか、将来の歯への影響など不安なことはまず医師に相談することをおすすめします。

前歯1本の症例も

部分矯正は気になるところを矯正する方法ですが、前歯1本だけの症例もあります。
矯正したい前歯と、その横の歯に装置をつけて歯を動かすのです。
「前歯1本のために矯正?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その1本が患者様にとって大切なのです。前歯1本を矯正することで見た目が変わったら、嬉しいと思える方は少なくありません。
部分矯正なら1本だけでも治療できるということは、歯並びに悩む患者様にとって希望ともいえるのではないでしょうか。

前歯の部分矯正で見込める効果

前歯の部分矯正で見込める効果

前歯の部分矯正の需要が高まっていますが、ここではどのような効果が見込めるのか解説します。
矯正というからには、治療した箇所の歯並びの改善が見込めます。
特に前歯は人から見られやすい部分なので、見た目の印象を変えることができるでしょう。

また、矯正治療で大切なのは、患者様自身が満足したり自信を持てるようになったりすることです。
コンプレックスを解消したり、人前で自然に笑えるようになったりしたら、それは部分矯正の効果の1つといえます。

前歯の部分矯正の費用と期間

前歯の部分矯正の費用と期間

部分矯正は「プチ矯正」と呼ばれることもあり、それだけ身近な矯正治療になりつつあります。
しかし、いくら身近とはいっても治療費や治療期間が気になる方は少なくないでしょう。
前歯の部分矯正にかかる治療費の目安はこちらです。

  • 表側ワイヤー矯正:20万円台後半~30万円台
  • 裏側ワイヤー矯正:50万円前後
  • インビザライン片側:50万円前後
  • インビザライン上下:60万円以上

ワイヤー矯正はまずブラケットというワイヤーを通すための装置を歯に装着します。
金属製のメタルブラケットか、あるいはプラスチックブラケットなのかによって費用が変動するのでご注意ください。

ワイヤーもより目立ちにくい白色のものもありますが、こちらを選択した場合も費用が高くなることがあります。
そして治療にかかる期間ですが、一般的に部分矯正に必要な期間は数か月~1年です。矯正前の歯列の状態や、削る必要があるかどうかによって治療期間が異なります。

前歯の部分矯正のメリット

前歯の部分矯正のメリット

前歯だけの矯正ができる部分矯正ですが、どのようなメリットがあるか気になる方も多いのではないでしょうか。
部分矯正のメリットを、全体矯正と比較しながら解説していきます

短期間で行えて価格も安い

前歯だけの部分矯正は、短期間で行えて価格も安いというメリットがあります。
全体矯正の場合、歯の動かし易さや抜歯の必要性によって期間が異なり、1年~4年ほどかかるのが特徴です。

部分矯正の期間は先ほどお伝えしたように数か月~1年なので、全体矯正と比べると短期間であることがお分かりいただけるでしょう。
治療費については、部分矯正は20万円以上、全体矯正は100万円以上が目安となります。

どちらも治療内容や使う装置によって変動がありますが、部分矯正の方が明らかに費用を抑えられるのはメリットです。

矯正の違和感や痛みが少ない

矯正の違和感や痛みが少ない

矯正の違和感や痛みが少ないことは、矯正治療をするうえでメリットの1つです。
部分矯正でも全体矯正でも、力を加えて歯を動かすことに変わりありません。
矯正装置を歯につけているため、違和感を覚える患者様も多くいらっしゃいます。

また、力を加えて歯を動かすため痛みを感じることも多いのです。
特に奥歯は、他の歯よりもしっかりと根付いているため痛みを感じやすいといえます。
このように矯正治療は違和感や痛みが生じるリスクが高いのですが、できるだけ軽い方が治療中のストレスを軽減できるでしょう。

前歯だけの部分矯正では、全体矯正と比べて矯正装置をつける場所が少なく奥歯にも装着しません。
そのため、部分矯正は全体矯正よりも違和感や痛みが少なくて済むのです。

矯正器具に関する手間が少ない

矯正器具に関する手間が少ない

歯科矯正の間は矯正器具が歯についているため、通常より歯磨きがしにくいと感じる方も少なくありません。
歯磨きがしにくいことで磨き残しが生じ、虫歯や歯周病のリスクを高めることがあるのです。

そのため、通常の歯ブラシだけでなくデンタルフロスやワンタフトブラシなどを活用し、歯や装置を清潔にする必要があります。
全体矯正の場合は特に、広範囲に装着しているため磨きにくさがあるでしょう。
しかし、部分矯正であれば装着する矯正器具も部分的なので、手入れの手間が少なくて済むのです。

前歯だけの部分矯正はどの程度目立つか

歯科矯正は装置をつけるため、矯正中であることが周囲の人に分かることが多いです。
見た目を良くするための矯正治療だとしても、矯正器具が目立つのが気になる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、前歯だけの部分矯正はどの程度目立つのか解説していきます。

全体矯正と比べると目立ちにくい

全体矯正と比べると目立ちにくい

部分矯正の場合、全体矯正と比べると目立ちにくいです。
全体的に装置がついていれば、それだけ人の目につきやすく目立ってしまいます。
しかし部分矯正は口腔内にある歯の何本かに装置をつけるため、全体矯正よりは目立ちにくいのです。

矯正器具の種類によっても変わる

前歯の部分矯正の目立ちやすさは、矯正器具の種類によっても変わります。
矯正器具にも種類があるのは、先ほど費用や期間のところでご紹介した通りです。
メタルブラケットは金属製なので目立ちやすいですが、プラスチックブラケットはそれよりも目立ちにくいです。

また、通すワイヤーも白色のものの方が目立ちにくく、何を選択するかによって目立ちやすさが変わります。
全く目立たない、人に分からないという訳ではありませんが、目立つかどうかで矯正器具を選ぶ患者様は多くいらっしゃいます。

裏側矯正なら矯正器具が見えない

目立ちにくい矯正器具はありますが、それでも目に見えるところに装着している以上全く目立たない訳ではありません。
もし人に見られたくないというのであれば、裏側矯正という選択肢があります。
歯の裏側に矯正器具を装着するため、わざわざ見ようとしない限り見える可能性は低いです。

ただし、舌側に装置が来るため、患者様自身が気になるということも少なくありません。
また歯の裏側は自分でも見えにくいところなので、お手入れは表側よりも手間に感じる方も多いです。
矯正治療中に何を重視するか考慮して、表側か裏側か選択することをおすすめします。

部分矯正の注意点

部分矯正の注意点

部分矯正は費用を抑えて短期間で行えることから、選択肢として検討する方も増えています。
しかし、部分矯正には注意していただきたい点があり、それらを踏まえた検討が必要です。

部分矯正ができないパターンも

部分矯正は「前歯1本の症例」もあるほど、部分的な矯正が可能です。
しかし、すべての前歯に適応する訳ではなく、部分矯正ができないパターンもあります。
全体矯正は奥歯から歯を動かしていくので全体のバランスを調整することができますが、部分矯正ではそうはいきません。

前歯の凸凹を治したい場合、歯を整列させるためのスペースを確保する必要があるのです。
スペース確保のために前歯を削る場合もありますが、それでも矯正が困難な症例では全体矯正の方が良いという診断になります。

また部分矯正は歯並びの改善はできますが、噛み合わせの改善は期待できません。
そのため、噛み合わせに問題がある場合は部分矯正ではなく全体矯正が適しています。

矯正歯科の選択は慎重に

部分矯正か全体矯正か、そして装置は何を使うのがいいかなど矯正治療には選択肢がたくさんあります。
選択肢がある中で患者様が1人で決めるのは困難ですし、治療をするためには医師の診断が必要です。
矯正歯科によって費用や期間が異なる場合もあり、何を基準に選択すべきか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

単に安いからとか、短期間で治療が完了するからといった基準ではなく、医師とのコミュニケーションや治療内容への納得が必要です。
矯正治療後に「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、患者様目線に立った矯正歯科を選択することをおすすめします。

まとめ

まとめ

今回は、前歯だけの部分矯正という選択肢について解説しました。
部分矯正は全体矯正よりも費用を抑え、短期間で行うことができます。
前歯は人に見られやすいところなので、特に部分矯正の需要が高まっています。

しかし、部分矯正にはメリットだけでなく注意点があることを知っておかなければなりません。
注意点を押さえたうえで、納得して治療を受けられる矯正歯科を選択してください。

-部分矯正

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ