歯列矯正をするとブサイクになる?ほうれい線の原因と矯正時の注意点を歯科医が解説

【監修:青山健一】

歯列矯正をするとブサイクになる?ほうれい線の原因と矯正時の注意点を歯科医が解説

歯列矯正をすると、歯並びが良くなり見た目が良くなるだけではなく、かみ合わせが良くなるので健康にも効果的です。
正しい歯並びを手に入れることで表情も柔らかく自然になり、美しい表情をつくることができるのです。

「歯列矯正はなんだか怖そう、ほうれい線が目立ってしまうのではないか?ブサイクになるのではないか?」など気にされている方も多いのではないでしょうか。
費用も高額なので安心して受けられる歯科クリニックを選ぶことが大切です。

今回は「歯列矯正によってほうれい線が目立ってしまうのか?」ということについて徹底的に解説していきます。

歯列矯正をすると起こり得るデメリット

歯列矯正というのは、口の中の骨に固定されている歯を動かしていき、正しい位置に戻していく矯正方法です。
矯正する装置をつけると歯根の周りの骨が動く現象が起きます。
ここでは、歯列矯正をしたことによって起こり得るデメリットについて見ていきましょう。

ほうれい線ができる

ほうれい線ができる

ほうれい線の悩みを持たれる方は多いでしょう。歯列矯正により口の中の歯を動かすので、これによって「ほうれい線が目立ってしまう」という声があります。
歯列矯正をすることで、なぜほうれい線が目立ってしまうのでしょうか。

ほうれい線が目立ってしまう原因といえば、顔の筋肉(表情筋)のつき方や筋力の強さです。こちらは個人差があるといわれています。
よく年齢を重ねると「ほうれい線が目立つ」といって悩まれる方は多いでしょうのではないでしょうか。

これは加齢と共に顔の筋肉の働きが弱くなりたるむことで起こります。
「ほうれい線」ができる原因の多くはコラーゲンの減少・表情筋が衰える・脂肪組織が変化などといったものです。

なぜ矯正をするとほうれい線が目立つのかを考えてみましょう。
矯正をすると部分的に固定されるので、表情筋を使うことが少なくなります。このことにより、歯列矯正前に使っていた表情筋を動かさなくなってしまい、ほうれい線が目立ってきてしまうのです。

口腔内の病気

矯正は大人の方で2~3年という長い期間を要します。
矯正は歯を正しい場所に戻すので、歯にとって良いことなのではと思いがちですが、矯正の装置をつけることで、歯に負担がかかります。

また、矯正中は歯磨きをするのが大変で手間もかかるのです。
矯正をしている間は歯周病・虫歯になるリスクがあるため、歯磨きを軽く済ませるのではなく丁寧に行う必要があります。

また、歯を強くするようなフッ素が配合されているような歯磨き粉を使うなど、歯を丈夫にすることを心がけることが大切です。

顎関節症

顎関節症

歯並びが良くなる歯列矯正ですが、かみ合わせを正しい位置に調整していく過程でまれに顎関節症を発症してしまうというケースがあります。
歯並びを直していくということは、口の中の筋肉や骨を動かしていくためバランスが崩れることがまれに起こるのです。

顎関節症は日頃の姿勢・クセなどが原因でも起こるので、特に矯正中は十分注意して生活を送るように心がけるといいでしょう。

歯列矯正でほうれい線ができる原因

歯列矯正でほうれい線ができる原因

歯列矯正でほうれい線ができたという方は多いのではないでしょうか。
その原因はコラーゲンの減少・筋肉の老化・脂肪組織の変化などとご紹介しました。
その中でもどのような方が矯正をすると、ほうれい線ができやすいのかをみていきましょう。

歯列矯正後にほうれい線ができやすい人の特徴

歯列矯正後にほうれい線ができやすい人の特徴として2つ特徴をあげておきます。
具体的にどのような方が矯正すると、ほうれい線ができやすくなるのか解説します。

出っ歯の治療を行う人

一般的に出っ歯の方は「ほうれい線」が出る確率が高いといわれています。
なぜかというと、出っ歯でない状態に比べると口元が少し出ているからです。
ほうれい線は頬と口元の境界線を作るもので、出っ歯によって歯のみ前に出てしまうとその分歯と頬の凹凸が大きくなります。

これによってほうれい線が目立ってしまうのです。
この出っ歯を矯正しようとする場合、まず出っ歯を抜歯し次に前歯を引っ込めるという作業をします。
これによって今まで前歯付近の皮膚が伸びていたものがたるんでしまいます。

そのたるみがシワになりほうれい線として目立ってしまうのです。
しかし、個人差があるので必ずしも全員がこのようになるとは限りません。

表情筋が薄い人

美しい笑顔を作るのに大切なのが表情筋です。
表情筋が薄い、少ない人は顔の皮膚を持ち上げる力が弱くなるので、顔がたるみ頬と口の境界線である「ほうれい線」がはっきりと現れてしまいます。

ほうれい線ができると老けた印象になり、笑顔になる回数も少なくなるなど悪循環なことが起こってしまいます。
しかし、表情筋が薄い方や少ない方でも鍛えることで表情筋の力は強くなるのです。
日頃から意識して表情筋を鍛えればほうれい線が出ることも少なくなります。

歯列矯正で得られるメリット

歯列矯正で得られるメリット

これまで歯列矯正についてのデメリットをご紹介しましたが、歯列矯正は歯並びをよくするためにするもので、多くのメリットもあります。
メリットについて具体的に見ていきましょう。

笑う機会が増えて表情筋が鍛えられる

表情筋を鍛えるというのは、ほうれい線の防止にもつながるのです。
また歯列矯正をすると歯並びが良くなったことから美しくなります。
人は目元と口元をよく見ているので、この部分の印象がアップすると自然と表情も和ぐのです。

顔の歪みがなくなり肩こりなども解消される健康面にもメリットがあります。
自分の表情に自信を持てるようになると、メンタル面も満たされるので人付き合いや仕事などもこれまで以上にうまく進むようになるのです。

自分に自信がつき自然な笑顔が増えることで口角を上げるための筋肉が働きます。
そのため、笑えば笑うほど表情筋が鍛えられて、ほうれい線も解消され顔全体の筋肉が引き締まりたるみがなくなります。
その結果見た目が若くなるというわけです。

かみ合わせが良くなり顔の歪みが取れる

矯正をすればかみ合わせが改善され、歯のガタガタがなくなるので歯を出して笑うことが怖くなくなります。
そのため自然と笑顔も多くなるのです。
また顔の歪みが取れるので、これまでのように左右どちらかに引きつることがなくなり左右対象(シンメトリー)の顔になります。

これにより顔のバランスが整い、美しい表情を手に入れることができるのです。
顔の歪みが整うことは、見た目だけではなく健康面にもメリットがあります。顔が歪んでいたことで、血流不全が起こって肩こりや首の凝りの原因にも繋がるのです。
矯正により顔の歪みが整うことは見た目・健康面に良いということになります。

歯列矯正で後悔しないためにできること

歯列矯正で後悔しないためにできること

ここまで歯列矯正のメリット・デメリットについて触れてきましたが、いざ歯列矯正を受ける時にどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
さまざまな矯正の種類がありますが、自分に合う矯正を見極めることが大切です。

矯正は長い期間と費用がかかるので、自分に合わない矯正をしてしまうと途中で断念したり後悔したりすることがあります。
それでは、歯列矯正で失敗をしないためにできることをみていきましょう。

専門ドクターに相談する

専門ドクターに相談する

矯正を受けるために歯科医院を選ぶ際は、医院のホームページにあるドクターのコメントを見るようにしましょう。
「悩みや相談に真剣に乗ってもらえるか?充分な実績はあるか?」などドクターのプロフィールをチェックしておくことが大切です。口コミなどを参考にしてみても良いでしょう。

担当ドクターへは矯正する際の悩み・費用のことなど気になることは全て相談しましょう。
矯正の費用は高額であり期間も半年以上かかることが多いので、しっかりとカウンセリングを受けておくことが後悔をしないポイントとなります。

検査・治療が手厚い歯医者を選ぶ

検査・治療が手厚い歯医者を選ぶ

矯正の治療期間は大人なら平均2~3年といわれています。長い期間治療をしなければいけないので、カウンセリングも含めて手厚い歯医者を選ぶことが重要です。
高額な費用を支払うのに検査や治療がおろそかだったら後悔することになります。

始めのカウンセリングのときに、「どこまで対応してくれるのか?費用について細かいところまで説明をしてくれるか?」などいろいろ聞いてみて信頼できるドクターを選びましょう。

歯列矯正後にほうれい線を防ぐ方法

歯列矯正後にほうれい線を防ぐ方法

長い期間にわたり口元を固定する歯列矯正は表情筋の衰えにもつながると前述しました。ここでは歯列矯正をした後に、ほうれい線を防ぐ方法を具体的にご紹介します。

表情筋を鍛える

歯列矯正期間は口元を固定しているので、矯正をしていない時よりも口の周りの表情筋を動かすことが少なくなります。そのため、筋力が衰え表情筋が弱っていきほうれい線が目立ってしまうのです。

矯正装置は24時間常につけているわけではないので、取り外している時間は積極的に表情筋を動かすことが大切です。
口角を上げて何秒間かキープするなど、表情筋を鍛える運動を1日に1回は行うのが良いでしょう。

顔面マッサージをする

顔面マッサージをする

小顔になるために行うイメージが強いのは顔面マッサージです。顔面マッサージは顔の筋肉を刺激するのでほうれい線の防止にも効果的です。
洗顔後やテレビなどを見ている時間にマッサージすると、毎日継続して行うことができるでしょう。
ほうれい線ができないために心がけておくことが大切です。

歯列矯正でストレスの無い人生を送る

歯列矯正でストレスの無い人生を送る

歯列矯正をした方の中には、「子供の時から気になっていた歯並びをなおせて良かった。2年間という矯正期間はあっという間でどんどん自分の歯が綺麗になっていくのがわかるので、通うたびに嬉しくなった」など、見た目が綺麗になったことを喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

歯列矯正をする理由は歯並びが悪い、顔の歪みが気になるなど見た目のコンプレックスを抱えている方が多いのではないでしょうか。
そんなコンプレックスが解消されると自然と自分に自信がつき心に余裕が持てます。これまで悩んでいたストレスから解放されて穏やかな生活を送ることができるわけです。
歯列矯正は、その人の心を変化させるので、これまで以上に前向きになれます。

まとめ

まとめ

今回は「歯列矯正をする上でブサイクになってしまうのか?」ということやメリット・デメリットについてご紹介しました。
「歯列矯正をするとほうれい線が目立ってしまうのではないか?」と気にされている方もいらっしゃるでしょう。
歯列矯正をする上で大切にするポイントをぜひ参考にして頂き、歯列矯正の医院を選んでみてください。

治療には長い時間がかかりますが、これまでのコンプレックスが解消されるのであれば試してみる価値はあるでしょう。
表情筋を鍛えて顔面マッサージするなど正しい対処方法をすればほうれい線を防ぐことができます。
信頼のおけるドクターを選び、正しい治療を行って素敵な未来を手に入れてください。

-矯正全般
-, , ,

© 2021 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ