セラミックブラケットのメリットを歯科医が解説|ブラケットの構造についても紹介します

【監修:青山健一】

セラミックブラケットのメリットを歯科医が解説|ブラケットの構造についても紹介します

矯正治療でワイヤー・ブラケット矯正は主流の治療法です。
その中でメタルブラケットは一般的な装置でしたが昨今ではセラミックを使用したブラケットも注目を集めておりさらにセルフライゲーションブラケットといった新しい治療法も普及しています。
今回はそんなブラケットの構造やセラミックブラケットについて紹介をしていきます。

セラミックブラケットの概要

セラミックブラケットの概要

歯列矯正の中でポピュラーな治療法はワイヤー・ブラケット矯正です。
この治療法では歯の表面にメタルブラケットと呼ばれる金属素材のブラケットを付けてそこへワイヤーを通して歯を動かしていきます。

しかしメタルブラケットは金属製のため笑ったときに目立ってしまって気になってしまうという声がたくさんあったためにセラミックブラケットが開発されました。
セラミックブラケットは歯と色が近いため、目立ちにくいという特徴があり矯正治療で感じるストレスを軽減できます。

セラミックブラケットのメリット

セラミックブラケットのメリット

 

メタルブラケットに不満を感じる人におすすめなのがセラミックブラケットです。
セラミックブラケットはメタルブラケットとプラスチックブラケットのよいところを掛け合わせたようなブラケットのため、どちらのブラケットにするか決めかねている人は一度検討してみてください。
ここではそんなセラミックブラケットのメリットについて紹介をしていきます。気になる人は歯科医に相談をしてみましょう。

目立たない

セラミックブラケットで最大のメリットは目立ちにくいという点です。
ワイヤー・ブラケット矯正で度々使用されるメタルブラケットは金属製のため、どうしても「いかにも矯正治療を受けている」という見た目になってしまいます。

そもそも見た目にコンプレックスを抱えて矯正治療を受けようとしている人にさらに目立つ見た目になってしまうということにストレスを感じてしまう人は少なくありません。
セラミックブラケットは歯の色に近い素材のため、口を開けて笑ったときや食事のときに周りの目を気にすることなく生活ができます。

金属アレルギーなし

メタルブラケットは値段も安価で様々な症例に対応できるためとても有効な矯正装置です。しかし、金属製のため金属アレルギーの人は使用ができません。
金属アレルギーは口腔粘膜がヒリヒリするといった口腔内に異常が起きるだけでなく、皮膚のかゆみや頭痛といったアレルギー症状が起きてしまいます。

そうなると矯正治療を中断しなくてはならなくなり、治療の延期や治療期間の延長をしなくてはならなくなってしまいます。
セラミックブラケットは金属製ではなく金属アレルギーの人でも問題なく使用できるため、安心してしようできるという点もメリットの1つです。

治療期間が短い

ほかにも目立たない矯正装置は色々とあります。
例えば、歯の裏側に装置を付ける「裏側矯正」は外側からはほとんど装置が見えないため目立ちませんがワイヤー・ブラケット矯正に比べて治療期間が長いという点がデメリットです。
セラミックブラケットは目立たない矯正装置でありながらメタルブラケットと治療期間は同じくらいでできるというメリットもあります。

セラミックブラケットのデメリット

セラミックブラケットのデメリット

メリットの多いセラミックブラケットですがもちろんデメリットも存在します。
メタルブラケットと比較されやすいセラミックブラケットですが全てがよくなっているわけではありません
セラミックブラケットに使用を決める前にこれから紹介するデメリットもしっかりと確認をした上で決めるようにしましょう。

強度の弱さ

セラミックブラケットはメタルブラケットに比べて若干強度が劣ってしまいます。従って強度を保つため、大きく厚く作られています。
大きく作られている影響で装置を取り付けると違和感が大きくそこが気になってしまう人も少なくありません。

昨今では強度を保ちつつ装置自体をコンパクトに設計されたタイプも作られるようになっているため、興味があれば歯科医に相談をしてみましょう。

稀に割れる

前述で紹介した強度に関係していることですがセラミックブラケットを使用していると稀に割れてしまうという事態が起きてしまいます。
メタルブラケットは金属製のため、まず割れてしまうことはありませんがセラミックブラケットは強くぶつけると割れてしまうこともあり、注意が必要です。
転倒やどこかにぶつけるなどしてしまうと割れてしまうため注意をして生活をしなければなりません。

費用が高い

費用が高い

ワイヤー・ブラケット矯正は比較的安価な治療法ですがメタルブラケットからセラミックブラケットに変えるだけで値段が大きく上がります。
費用が高額になる理由としてはセラミック自体が金属より値段が高いという点が一番の理由です。

あとは通院の頻度によっても変わってくる場合もあるため、歯列矯正治療を検討する前には歯科医に診察を依頼して見積もりをもらいましょう。

ブラケットの概要

ブラケットの概要

ブラケットは矯正治療で一般的な装置です。前述でも紹介しているとおりブラケットにワイヤーを通して歯を少しずつ動かして治療をすすめていきます。
この治療法はほとんどの不正咬合も対応可能なため、矯正歯科ではほとんどの病院で対応可能です。

ブラケットは目立ってしまって気になるという人もいますが最近では歯の色に近いものから透明なものまで幅広くあるため、患者の要望に合わせて選択することが可能です。

種類

種類

メタルブラケットの「目立ちやすい」や「金属アレルギー」などの点がネックで使用をためらっている人に向けて様々な種類のブラケットが開発されてきました。
ブラケットは矯正装置のなかで特に自由度が高くあらゆる不正咬合に対応が可能です。そんなブラケットの種類について紹介をします。

・メタルブラケット

一般的なブラケットです。丈夫で安価というメリットがあり歯科医に相談をしたときに特別問題がなければこのタイプをおすすめされます。
デメリットとしては金属のため、目立ちやすい点と金属アレルギーが挙げられます。

・審美ブラケット

審美ブラケットは透明や白の目立ちにくい色のブラケットでメタルブラケットの目立ちやすいという欠点を補うために作られたブラケットです。
そのため、様々な材質で作られておりセラミックブラケットもここに分類されます。
どれを選んでも目立ちにくくはなりますが材質によって特徴が変わるため医師に相談の上、選択をしていきましょう。

・セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケットはゴムやリングなどで結紮せずにブラケット自体で固定するタイプのブラケットです。
このタイプの特徴は弱い力で歯を動かすため、痛みが少なくスムーズに動かせます。このブラケットは2000年代に作られた新しいタイプのブラケットです。

名称

ワイヤー・ブラケット矯正の基本は「ブラケット」「アーチワイヤー」「結紮線」で構成されています。
「ブラケット」はブレースとも呼ばれ歯の表面に取り付ける装置のことを呼び「アーチワイヤー」はブラケットに取り付けて歯を引っ張る役割を持っています。
「結紮線」でブラケットとアーチワイヤーを固定しており、結紮線はゴムか金属を使用するのが一般的です。

素材と厚み

ブラケットには様々な素材が使用されておりそれぞれに特徴があります。
基本になるのはメタルブラケット呼ばれる金属製のブラケットですが丈夫で安価な反面、目立ちやすいという点がデメリットです。
プラスチックやセラミックなどがあり歯に近い色や透明なため、目立ちにくいですがその分耐久性に問題があります。

さらに金属製であれば厚みを調整することが可能ですがプラスチックやセラミックは薄くすると割れてしまう可能性があるため、あまり薄くできません。
素材によって特徴があるため、自分が重視するポイントを医師に相談して素材を決めることが重要です。

ブラケットの素材比較

ブラケットの素材比較

ブラケットの素材によって厚みが調整できる点は先ほど紹介しましたがほかにも比較するポイントがあります。
まずは値段ですがメタルブラケットやプラスチックブラケットは比較的安価ですがセラミックブラケットは高額になりがちです。

次に着色汚れをしやすいのがプラスチックブラケット、目立ちやすいのはメタルブラケットといった形で一長一短があるため、しっかりと確認をしてから素材を決めていきましょう。

ブラケットの構造

ブラケットの構造

ブラケットは基本的に歯の表面に取り付けてワイヤーを通して歯を動かしていく仕組みになっています。
構造的にシンプルな作りのため汎用性が高く様々な症例に使用でき、利用者も多く様々な材料のブラケットが登場しています。

さらにここ数年は新しいブラケットも開発され、さらに幅広く普及されているのも特徴的です。そこで従来のタイプと新しいタイプの違いについて紹介します。

構造の違い

基本的にブラケットに力を加えて歯を動かすという点は共通ですが考え方に若干の違いがあります。従来の結紮タイプはブラケットに歯に力を加えることで動かして矯正するという考え方です。
一方、セルフライゲーションブラケットは結紮線やゴムを使用せずにブラケット自体の構造で固定するため摩擦を少なくして弱い力で歯を動かすという考え方です。
ここではそれぞれの構造について簡単に紹介していきます。

結紮タイプ

従来のタイプで使用されている固定方法です。結紮線にはゴムや金属を使用されることがありブラケットとワイヤーを固定して歯を動かしていきます。
結紮タイプの場合、歯に力を加えた数日は違和感や若干の痛みを感じることがあるかもしれませんが炎症は数日で治まります。

セルフライゲーションタイプ

結紮タイプとは異なりブラケット自体にワイヤーを固定するシャッターがありそれでワイヤーを固定するため、摩擦が起きにくくスムーズに歯を動かせる構造です。
弱い力ではを動かすため痛みがでにくく治療期間も短く済むというメリットがありますがブラケットが厚くなりがちだったりコストが上がってしまうというデメリットもあります。

セラミックブラケットの悩みは専門医に相談

セラミックブラケットの悩みは専門医に相談

セラミックブラケットはほかの矯正装置に比べて高額になりがちです。長期にわたる治療を快適に過ごすためには自分にあった治療法を見つけることが大切です。
矯正装置のそれぞれの特徴を理解して専門医に相談して矯正装置を選びましょう

まとめ

まとめ

今回紹介したとおりセラミックブラケットはメリットの多い矯正装置ということがわかりました。ほかの矯正装置と比べてしっくりこないときはセラミックブラケットを検討してみましょう




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ