八重歯矯正の費用を歯科医が解説|八重歯矯正の治療期間とデンタルローンについても紹介します

【監修:青山健一】

八重歯矯正の費用を歯科医が解説|八重歯矯正の治療期間とデンタルローンについても紹介します

もしも、あなたがかわいい八重歯をお持ちでしたら、ぜひお読みください。
その八重歯が、あなたの歯並びや美しい顔全体のバランスに悪影響をもたらすかもしれません。
矯正歯科の専門医に相談することで、八重歯などの不具合は改善できます。

その八重歯が、あなたを苦しめたり悩むませたりする前に歯科医師にご相談ください。その原因とこれからどうすべきかを、一緒に考えてみましょう。
この一歩があなたの笑顔を増やしていきます。

八重歯って

八重歯って

八重歯とは、歯の並ぶ列から一部の歯が飛び出して他の歯と重なり合っている歯のことです。
また、歯の並びがでこぼこになっている乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれることもあります。
これらの総称を「叢生(そうせい)」と呼んでいます。

歯がきれいに並ぶための場所が狭いと、歯が収まらなくてはみ出します。この原因として挙げられるのが、顎の骨と歯のサイズとバランスです。
今回は、その叢生の一つの八重歯を例に治療方法や費用などについてご説明していきましょう。

八重歯を治す矯正方法

八重歯を治す矯正方法

叢生の矯正には、全部の歯を治療対象にする全体矯正と、飛び出している歯の近くの数本だけを対象に治療する部分矯正があります。

全体矯正

叢生の嚙み合わせを治すための矯正装置は、取り外しできるものと歯につけっぱなしのものの二種類があります。
叢生矯正で重要なことは、年齢や症状に合わせて歯科医師と患者さんの話し合いで治療方針を決めて患者さんに最適の装置を選ぶことです。

マルチブラケット矯正:ワイヤーを通したブラケットを歯に装着して歯列矯正を行うもの。

このブラケット矯正の場合も、歯列の表側にワイヤーをかける場合と裏側(舌側)にワイヤーをかける場合とがあります。
見え方だけでなく、治療の効果にも関係するため、歯科医師との相談が必要です。

マルチブラケット矯正

マウスピース矯正:プラスチック製のマウスピース(インビザラインと呼ぶことがあります)で歯並びを矯正する装置。
透明なマウスピースを使うため、目立たないことが特徴の一つです。また、金属アレルギーを防げます。

マウスピース矯正

このように叢生の歯列矯正には、いくつかの治療方法・矯正装置があるため、矯正歯科医と相談しながら最適な治療方法を選んでいきます。
もちろん、それぞれにかかる治療費が違いますから、事前の相談が必要です。

部分矯正

全体の治療ではなく、並んでいる歯のいくつかを抜歯することで歯並びをよくするための場所を確保する方法もあります。
八重歯になることの多い犬歯は虫歯になりにくいということもあり、抜歯せずに残す治療方法を歯科医師は選びます。
歯科医師は叢生の治療とともに噛み合わせという歯の役割を重視し、歯並びが作る口元の美しさや顔立ちのバランスを考えて、さまざまな治療法のアドバイスを提供します。

八重歯矯正治療の期間と費用を深掘り

八重歯矯正治療の期間と費用を深掘り

八重歯などの叢生治療は、新しい治療方法や矯正装置により治療期間の短縮や費用の軽減が図られてきています。
これからご紹介する記事をお読みになり、正しい情報を知り適切な治療の道を選択してください。

必要な期間

叢生の治療は、乱れた歯並びを正しい歯並びに変えることが目的です。
そのため、患者さんの年齢や症状によって、治療が完了するまでの期間はおおむね1年~2年とされています。
ですから、ご自身の予定などを考えて、治療に入る前に医師としっかり相談して進めましょう。また、途中での医師との面談で状態を確かめながら進めます。

費用内訳

費用内訳

歯列矯正治療は、基本的に公的保険の適用がされない「自由診療」になります。また、使う矯正装置や手術などによっても変わってきます。
ぜひ、事前に歯科医院に確認してください。

一例としてマウスピース矯正治療の費用内訳をご紹介します。
カウンセリング(0~5千円)・診察診断(0~7万円)・矯正装置(10~100万円)・通院調節(0~1万円)・保定装置(0円~6万円)・保定観察(0~5千円)

施術手法別の費用相場

事例として、マウスピース矯正の一般的な相場をご紹介しますが、歯科医院ごとに、また、症状や使う装置によって変わります。
歯科医院にお問い合わせください。

前歯の歯列矯正: 12万円・軽度~中度矯正: 20万円・重度の歯列矯正: 80万円
これらは、治療の期間にかかる費用ですから、月ごとの費用は、治療の期間の長さで割ります。前歯の歯列矯正: 12万円の場合、6回通うと1回5千円となります。

国の医療費控除制度をご存じですか?
医療費が合計10万円を超えたら、医療費控除の申告をすると医療費が戻るという制度です。詳しくは厚生労働省のホームページでご確認ください。

インビザラインが最適な理由

インビザラインが最適な理由

叢生矯正は、治療の期間が1~2年と長期にわたることが多いです。
そのため、従来のワイヤーブラケット式では、矯正治療していることが周囲の人にわかってしまい、精神的な負担になるという事例がありました。

そのようなことから、マウスピース型を使われる方も増えてきています。
特に、インビザラインでは、透明のプラスチックで矯正するため周囲の方に気づかれにくくなったという報告もあります。

また、取り外しができるため、食事や歯磨きなどの日常生活への影響がほとんどなくなるという点でも好評です。
矯正治療は長い期間かかります。ですから、患者さんの精神的な負担を軽減することも大切な要素です。

インビザラインで行う際の費用

インビザラインの矯正治療は、健康保険が適用されない自由診療となります。また、病院によって治療にかかる費用は違います。
ここでは、一般的な事例をご紹介しますが、詳しい内容は直接病院にお問い合わせください。

インビザラインの矯正治療は、部分矯正と全体矯正によって異なります。
部分矯正の価格は30万円~40万円、全体矯正の場合は70万円~100万円です。病院によって、毎月かかる調整費用が0円~1万円と違いがあります。

八重歯矯正治療のデンタルローン

八重歯矯正治療のデンタルローン

今までお知らせしてきたように、矯正治療は健康保険が使えない自由診療になり治療費が高額になります。
そのために、デンタルローを使って、一度の経費負担を分散して軽減できる仕組みがあります。

仕組み

デンタルローンは、「ローンの使い道を保険適用外の治療・施術費に限定した商品」として金融機関・信販会社が販売している金融商品の一つの形態です。
デンタルローンを使うことにより、一度に掛かる高額な治療費に対する不安を軽減しながら最新の治療を受けられるのです。

このデンタルローンは、金融機関などに相談する場合や治療に行く歯科医院が紹介してくれる場合があります。

メリット・デメリット

メリットは何といっても、審査や条件が通れば、必要な治療費を借りることでき、すぐに治療を始められることです。
また、一般のローンに比べると金利が安いこともメリットです。

さらに、医療費控除の対象になるため、確定申告で税金の軽減を受けることも可能な場合もあります。
デメリットとしては、ローンの使用目的が歯科治療に限定されていることです。
また、返済期間は6か月~10年と扱い会社によって違いがあるため、ご自身の返済計画に合わせた選択ができます。

金利

このデンタルローンの特徴は、一般のクレジットカードによる分割払いなどと比較すると、割安になっているということが挙げられます。
例えばA銀行のデンタルローンの場合、金利は年3.8%~8.8%、B信販会社(カードローン扱い)の金利は年4.8%~17.8%です。
金利の差に大きな違いがあることがわかります。

八重歯によるリスク

八重歯によるリスク

さて、ここまでさまざまな叢生の矯正についてお知らせしてきました。ここからは、八重歯を放置しておいたらどのようなことになるかについて、もう少し詳しくお知らせします。
叢生の状況は、歯並びの悪さから、口内の衛生環境に障害が出ると報告されています。

歯列がでこぼこになった状態で歯磨きをしても、望ましい衛生状態を得られず、歯周病になったり、虫歯になったりということが心配されます。
また、歯並びが悪いことが原因で、更に歯の飛び出しが大きくなったり、かみ合わせが悪くなったり、顔立ちのバランスが崩れたりしてしまうことも心配されます。

八重歯のデメリット

八重歯のデメリット

八重歯をはじめとする叢生のデメリットは、虫歯になりやすいことです。
叢生の状態は、歯が、歯列からずれて重なるように生えているため、丁寧な歯磨きができにくくなり歯周の清浄ができにくくなります。

また、互いの適度のすり減りがなくとがったままの状態になり、口内を傷つける事があるのです。
ですから、八重歯のような叢生の状態をそのままにしておくことは、患者さんのつらい状態が続くなどの大きなデメリットにつながります。

八重歯矯正治療の費用で悩んだら専門医に相談

八重歯矯正治療の費用で悩んだら専門医に相談

これまで述べてきましたが、矯正治療は自由診療となるため、治療方法や改善の方法によって多額の費用がかかります。
そこで、患者さんの負担を軽減するために独自に提携しているデンタルローンをご紹介する歯科医院が出てきました。

専門の医師から治療の説明を受け、その治療にかかる費用についても、その歯科医院に相談できることで、大切な治療の一歩を踏み出せます。
ぜひ、歯科医院選びの段階でも、このデンタルローンを扱っているかどうかということもご検討下さい。

まとめ

まとめ

ここまで、八重歯治療を例に叢生治療についてご説明してきました。
日頃から口の中を清潔に保ったり、叢生にならないためにデンタルフロスを使ったり、さらに歯磨きなどに気を配ったりされてきていると思います。

それでも、叢生の状態を完全に防ぐことは難しいことです。ご自身の歯の状態に不安を感じたら、早めに歯科医師に相談し、適切な治療を始めることが大切です。
叢生の状態が見つかったら、ためらうことなく歯科医師に治療を相談してください。
皆さんの健康のスタートを、歯の健康から始めましょう。

-矯正全般
-, , , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ