コルチコトミーの特徴を解説|メリット・デメリットや治療の進め方も解説します

【監修:青山健一】

コルチコトミーの特徴を解説|メリット・デメリットや治療の進め方も解説します

コルチコトミーという矯正治療法をご存知でしょうか。馴染みのない方も多いかと思いますが、大人の歯列矯正の選択肢としておすすめの治療法です。
成人してから歯並びを気にする方は多く、矯正治療について調べたことのある方は「スピード矯正」という言葉を一度は目にしたのではないでしょうか。

このコルチコトミーは通常の矯正治療に比べて短期間で歯並びが整うため、わかりやすく「スピード矯正」と呼ばれています。
この記事ではコルチコトミーについて、特徴・メリットやデメリット・治療の進め方・注意点などをご紹介します。

コルチコトミーの特徴

コルチコトミーの特徴

コルチコトミーは、別名を「歯槽骨皮質骨切除術」といいます。「切除術」とある通り、外科的な処置を必要とする治療法です。
成人は歯を支える骨が既に形成されているため、歯列矯正する場合に通常であれば長い治療期間が必要になります。

しかし、骨を一度削り再生する際の代謝を利用することで歯が動きやすくなるため、成人後でも短い治療期間で歯列矯正が行えると考えられた治療法がコルチコトミー です。
矯正装置による治療と並行してコルチコトミーを行うことで、無理な力を加えることなく歯の移動ができ、治療期間の短縮にもつながります。

ワイヤー矯正と外科手術を併用する治療法

ワイヤー矯正と外科手術を併用する治療法

コルチコトミーでは、歯の土台の硬い骨を一部除去することで、歯を通常よりも移動しやすくします。
外科的な処置に加え、歯列矯正ではポピュラーな“ブラケット”というワイヤーを利用した矯正装置を装着して歯並びを整えていく治療方法です。

外科手術を併用する大きな理由は、傷ついた骨が修復するときにさらに頑丈になる性質を利用するためです。
骨の一部を除去することで、骨折が治ると以前よりも頑丈になるのと同じ現象が起こります。
さらに自然治癒力が働くタイミングに合わせてワイヤー矯正で引っ張る力を加えると、歯の移動をより速いスピードで行うことが可能です。

外科手術とワイヤー矯正を併用することで、通常であれば成人は時間がかかるといわれる歯の移動もスムーズになります。

表層の皮質骨の一部を除去

コルチコトミーは、歯の土台である「歯槽骨」という骨の表面にある「皮質骨」と呼ばれる部分を一部除去します。
成人になってから歯並びを矯正するのが大変だといわれる主な理由は、皮質骨が子どもに比べてとても硬いため、歯を移動することが難しいからです。

しかし歯の土台となる骨の組織に溝を掘ることで、この溝の部分を修復するために自然治癒力が働いて、細胞レベルで代謝がアップします。
骨の成分に一時的な変化が現れることによって、ただ引っ張るよりも効率的に歯を移動することが可能です。

コルチコトミーのメリット

コルチコトミーのメリット

コルチコトミーは、矯正治療期間の短縮・歯肉の若返り・抜歯せず矯正治療が可能といったメリットがあります。
特に、通常の矯正治療に比べて治療期間を短縮できる、という点で注目されています。

なるべく早く治療を終えたい方・人に見られる仕事をしている方・長期的な通院が難しい方・結婚式や成人式を控えている方などにおすすめの治療法です。

矯正治療期間を短縮できる

矯正治療期間を短縮できる

コルチコトミーは、通常長い治療期間を要するといわれている成人の歯列矯正の治療期間を短縮できます。
成人は体が発達しているため、歯の土台となっている骨が子どもに比べてかなり硬くなっています。硬いままのところを引っ張っても、なかなか歯が移動しませんよね。

コルチコトミーの外科手術を行い細胞レベルで代謝をアップすることで、通常よりもスムーズに歯を移動させることが可能です。
結果的に、治療期間の短縮にもつながっていきます。

歯肉の若返りが期待できる

歯肉の若返りが期待できる

コルチコトミーを行うと、歯肉のアンチエイジング効果も期待できます。
皮質骨の除去の際に掘る溝は血液の循環を活性化させ、細胞レベルで代謝がアップします。歯肉の代謝も同時に上がるため、若返ってきれいなピンク色になるのです。

歯並びの治療だけでなく、歯肉の色味などの口内のアンチエイジングが気になる方にもおすすめできる治療法です。

抜歯せず矯正治療ができる

抜歯せず矯正治療ができる

コルチコトミーによる矯正治療の場合、健康な歯の抜歯をしなくても治療ができるケースが増えています。
歯並びの土台部分である歯槽骨の基底を拡大できるのが大きな理由で、従来の矯正治療に比べ、健康な歯を残すための選択肢を増やすことが可能です。

逆に歯槽骨の基底部分を縮小することも可能なため、歯を水平・垂直に移動させることも楽にできるというメリットもあります。
健康な歯は、なるべくなら残せるに超したことはありません。安易に抜く選択をするよりも、コルチコトミーを適応して抜歯せずに矯正できるかどうか、ぜひ専門医に相談してみましょう。

下記のリンクからは無料相談の予約を行えるため、ぜひご利用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

コルチコトミーのデメリット

コルチコトミーには多くのメリットがありますが、デメリットも伴います。
まずは手術が必要であるということと、歯並びや体質には個人差があるため適応できない場合があることが、主なデメリットです。

コルチコトミーによる矯正治療をお考えの方は、下記に詳しくご紹介するデメリットも踏まえて、ご自身にあっているかをご検討ください。

手術が必要

手術が必要

コルチコトミーは皮質骨という骨の一部を削るため、外科的な処置、つまり手術を行います。術後の細菌感染等には十分注意してください。
重篤な後遺症やリスクの報告はないものの、一般的な口腔外科手術と同じように、外科的なリスクを伴うと考えることが必要です。

手術自体は親知らずを抜くのと同じくらいの規模で、局部麻酔で行えます。
日帰りできる手術ですが、痛みが出たり2~3日程度腫れる場合もあるため、術後のスケジュールには余裕を持たせておくことがおすすめです。

ケースによっては適応できない

ケースによっては適応できない

歯並びの状態・年齢・健康状態など、ケースによってはコルチコトミーの矯正治療が適応できない場合があります。
外科手術を行うため、リスクをできるだけ減らすためにも診断の段階から慎重に対応することが必要です。

歯並びや体質にはどうしても個人差があるため、コルチコトミーでの矯正治療を希望する場合、専門医のいる矯正歯科でしっかりと相談することがとても大切です。

コルチコトミーの治療の進め方

コルチコトミーの治療の進め方

コルチコトミーは、矯正装置の利用と並行して手術を行う治療法です。
矯正歯科の専門医の診断でコルチコトミーが適応された場合、ワイヤーによる矯正装置を装着したのちに手術を実施します。

①診断

①診断

歯並び・年齢・健康状態などの個人差を考慮した上で、コルチコトミーに適用するかどうかの診断を行います。
外科手術はもちろん、矯正治療は心身ともに負担を感じやすいため、診断の時点で疑問や不安はできるだけ解消しておきましょう。

②矯正装置の装着

②矯正装置の装着

手術よりも先に、ブラケットと呼ばれるワイヤーを使用した矯正装置の装着を行います。歯の移動を直接促すのは、この矯正装置のワイヤーによる張力です。
患者様の歯並びをよく考慮し、コルチコトミーとの併用によって軽減できる負荷も計算した上で装着していきます。

③コルチコトミー手術の実施

③コルチコトミー手術の実施

あらかじめCTやレントゲン撮影を行なって計算した治療計画に沿って、コルチコトミー手術を行います。
対象箇所は全体に及ぶ場合もありますが、歯並びの状態や目的を考慮して部分的に行う場合もあります。
局所麻酔を使用して歯肉を切開し、歯槽骨の表面にある「皮質骨」に歯を移動しやすくするための溝を掘っていきます。

治癒を促すため人工骨による骨盛りをし、切開した歯肉を縫合すれば完了です。
局所麻酔のため入院などの必要はなく、手術後は日帰りです。術後の数日間は歯肉や唇が腫れたり痛みを伴う場合がありますが、傷口は約1週間ほどで治っていきます

この手術から数ヶ月の間に骨ができていき、その期間は歯の移動スピードも促進されるため治療期間の短縮が可能です。

コルチコトミーの注意点

コルチコトミーの注意点

コルチコトミーは手術を必要とするため、術後の細菌感染には特に注意が必要です。感染してしまうと切開した歯茎の治りが遅くなる場合があります。
また、万が一顎の骨にまで感染してしまうと、骨の治りを待つために歯の移動スピードが遅くなる可能性も出てきます。

ブラッシングの強さや術後の喫煙など、感染の原因になりそうなことには十分な注意を払ってください。
感染予防のための処方薬は、自己判断で止めたりはせず、医師の指示にきちんと従って服用しましょう。

コルチコトミーの選択をする前に考えたいポイント

コルチコトミーの選択をする前に考えたいポイント

コルチコトミーは手術が必要な治療方法です。親知らずの抜歯と同等の手術ではありますが、人によっては不安がかなり強く、精神的な負担が大きくなりかねません。
歯並びに悩む方にとってコルチコトミーを行うメリットは大きいですが、個々の心身にとっての負担が少ない方法を選ぶこともときには大切です。

矯正治療の方法は多岐にわたり、痛みの程度や手術の有無なども違いがあります。ご自身に合った納得のいく治療法を選択できるよう、専門医とよく相談してくださいね。
下記のリンクからは無料相談の予約を行えるため、ぜひご利用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

コルチコトミーを検討しているなら専門医に相談

コルチコトミーを検討しているなら専門医に相談

コルチコトミーはメリットが大きく、特に治療期間を通常よりも短縮できるため、スピードを重視する方にはとても魅力的な治療法です。
その反面、外科手術を必要とするためリスクを伴う治療でもあります。

歯並びや体質は個人差も大きいため、ご自身に本当に合った矯正治療なのかを慎重に検討するためにも、専門医に相談をしましょう。
コルチコトミーはアメリカではポピュラーな矯正治療法です。とはいえ、日本ではまだまだ知名度が低く、歯科医院選びがとても重要になります。

安全のためにも、高度な技術・専門知識・経験・設備など信頼できる矯正歯科で、専門医による治療を受けるのがおすすめです。

まとめ

まとめ

スピード矯正とも呼ばれる、コルチコトミーについてご紹介しました。
矯正治療は経験者にしかわからない痛みも伴い、治療期間は心身ともに負担を感じることも少なくありません。
コルチコトミーは短期間で歯並びが綺麗に整うだけでなく、歯肉の色味の改善など口腔内のアンチエイジングにも効果的で、さらに抜歯をしなくても済む可能性も高い治療法です。

短期間で治療が完了するため、矯正に伴う長期間の痛みへの不安で治療に踏み出せなかった方にも注目されています。
口元にコンプレックスを抱える方にとって夢のような治療法ですが、外科手術のリスクも伴います。

手術への不安や費用が高額になりやすいことなど、別の負担が生まれるのも事実です。
信頼できる矯正歯科の専門医とよく相談して、美しさと健康のための矯正治療の選択肢のひとつにしてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ