インビザライン矯正で加速装置を併用するメリットを歯科医が解説|加速装置の使い方や注意点もご紹介します

【監修:青山健一】

インビザライン矯正で加速装置を併用するメリットを歯科医が解説|加速装置の使い方や注意点もご紹介します

歯列矯正は治療が終了するまで約2年~3年かかるといわれています。この期間は人によっては長く感じるはずです。
歯並びを治したいが長い時間をかけられない、もしくは人前に出るから早く治療がしたいというニーズにより新しい装置がカナダのバイオラックスリサーチ社によって開発されました。

歯列矯正にかかる時間を短縮できるオーソパルスです。
本記事では近年登場している加速装置とインビザラインの併用についてメリットや使い方、注意点を解説します。

インビザライン矯正で加速装置を使うメリットを解説

インビザライン矯正で加速装置を使うメリットを解説

インビザラインは治療を始めてから完了まで2年から3年かかるといいます。
インビザラインは毎日の装着時間を守れば矯正にかかる期間が延びることを防げますが、さらなる矯正期間の短縮を図るために開発されたのが加速装置です。
この装置を使うことで、インビザライン矯正にどのようなメリットがあるのでしょうか。

インビザライン矯正に併用する加速装置とは?

インビザライン矯正に併用する加速装置とは?

インビザラインと並行して使用する加速装置で代表的なものがオーソパルスです。
近赤外線の微弱な光を照射することで細胞エネルギーを活性化し、骨の再生をうながして治療期間を短くします。
痛みも抑えるため、歯列矯正につきものの歯が動くときの痛みが軽減されるのです。

このような光によって細胞を活性化させて治癒させる作用はフォトバイオモジュレーションとよばれ、医療の分野で実際に使われています。
加速装置について疑問がおありなら、歯科医院で無料相談を受けられます。相談のご予約は下記リンクをクリックしてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

加速装置を使うメリット

加速装置を使うメリット

歯自体は速く動かすことが可能ですが、歯根周辺の骨はそれほど速く動きません。そのため、歯を動かすスピードを加速させることは困難だといわれてきました。
コルチトミーという歯周の骨を切除する外科手術が矯正の速度を上げる方法だったのです。

しかし、歯茎がやせることや歯や神経を傷つけてしまうといったデメリットがあり、患者様の負担も大きくなります。
オーソパルスを使用することにより通常は最大3年かかる矯正治療を1年未満で終わらせることが可能になり、画期的な矯正治療の進歩となりました。
ここでは加速装置をインビザラインと併用して使うことで生じる3つのメリットについて解説します。

アライナー交換頻度の短縮

オーソパルスを使うことにより、治療期間が短縮できます。よって、インビザラインでのアライナー(透明なマウスピース)を交換する頻度も短縮できるのです。
アライナーは通常1週間から10日ごとに交換しますが、オーソパルスと併用して最短3日でアライナーの交換が可能になりました。
3日でアライナーを交換しなくてはいけないほど歯が動くスピードが早まるためです。

治療期間を短縮できる

通常矯正治療には2~3年かかります。しかし、オーソパルスを使えば早くて7ヶ月~1年で治療を終えることが可能です。
今までの治療期間の半分から3分の1に短縮できるようになり、歯列矯正は時間がかかって当たり前という概念を覆しました。
しかし、治療中にトラブルが発生した場合はすぐに歯科医師の診察を受けてください。

痛みが少ない

矯正治療につきものの歯を動かす痛みが弱まります。コルチトミーのように外科手術を伴わないため、患者様の苦痛が少ないことも特徴です。
近赤外線光の照射によって細胞のなかにあるミトコンドリアが活性化して、歯や周辺の骨が移動してダメージを受けた細胞が活性化することで痛みを感じにくい仕組みとなっています。

よくある加速装置の不安は?

よくある加速装置の不安は?

メリットがあればデメリットもあります。加速装置は治療期間を短縮できますが、治療期間中にズレがあった場合はそのズレまで早いスピードで進んでしまいます。
もしもズレが生じたまま治療が進んでしまったなら、もう一度治療計画からやり直しです。
ここでは、治療を始める前に知っておいてほしいオーソパルスの使用方法や安全性、費用の面の心配など患者様が不安に感じてしまうデメリットを解説します。

上手く使えるか

オーソパルスは患者様ご自身で使うものです。当然慣れていないと装置を上手く使えるか不安になります。前にも述べたようにズレが生じた場合にもスピードが加速しているため、ズレたまま動いてしまいます。

経過観察のため通院の頻度がインビザラインを単独で使用する場合より増えてしまうということもデメリットです。
しかし、歯科医師のチェックは必要なため必ず指定された日には診察を受けるようにしましょう。

安全性の問題

安全性の問題

オーソパルスはアメリカやカナダでは安全性に問題はないとの報告がありますが、日本では薬事法で認可されていない医療器具です。
予想外のトラブルがあったときにリカバーできるのかという面は気になる方もいらっしゃいます。
また、オーソパルス自体が故障してしまうというアクシデントも考えられ治療ができない期間が生じてしまうため、患者様ご自身で装置を管理をしていただくことが必要です。

費用がかかる

オーソパルスの料金の目安は97,000円~180,000円です。自費診療でかなりの出費になります。治療のリスクも多いため慎重に検討することをおすすめします。
歯科医院によってはクレジットカードやデンタルローンによる分割払いが可能な場合もあるため、歯科医師やスタッフにお気軽に相談ください。

仕上がり

後戻りが少ないというメリットもあります。
通常インビザラインだけで矯正をすると、マウスピースの装着が終わった後に後戻りが気になる方が多いです。オーソパルスは歯や歯周の骨の再生をうながす効果があり、治療後も安定します。
インビザラインとの併用をお考えの方向けに歯科医師による無料相談を実施中です。ご予約は下記バナーをクリックしてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

加速装置の使い方

加速装置の使い方

加速装置のメリット、デメリットの次は装置の使い方について解説します。まずは、オーソパルス装着の手順について説明します。

1. 充電後ケースから取り出して唇と上の前歯の間に装置を置きます。緑色のランプが点灯していれば使用OKです。黄色いランプは充電が必要になります。

2. 装置を上下の歯でかんでください。装置を壊さないように優しくかみましょう。

3. 音が2回鳴ってランプが青に変われば治療開始です。装置を途中で外すと20秒間中断してリセットされてしまうため素早く行ってください。

4. 処置が終わると音が鳴ります。この間5分です。

5. 装置を裏返して下の歯も同様に照射します。

6. 終わったら温水で洗浄してケースに入れて保管しましょう。濡れたままケースに入れても壊れる心配はありません。ティッシュなどで拭き取ったり、水気を飛ばすために装置を振るのは厳禁です。

インビザライン矯正と加速装置の注意点

インビザライン矯正と加速装置の注意点

インビザライン矯正と加速装置を併用すれば、約66%治療期間を短縮できることをご紹介しました。
しかし、何度も述べているように歯を動かすスピードを早めて治療するため、注意しなくてはならない点が複数あります。
これから説明することは加速装置をインビザラインと併用するならば必ず守るべき注意点です。

アライナー装着時間を守る

アライナー装着時間を守る

アライナーの装着時間を守ることは、インビザラインで治療するにあたり絶対に守らなくてはならないことです。
患者様のアライナーの交換のタイミングはアライナーを装着して歯にかかる力によって変わり、一概にはいえません。

個人差があるため診察した医師の判断によって決められます。また、加速装置を使っているからといって1日のアライナーを装着時間を短くできるというわけではないのです。
決められたアライナーの装着時間を守りましょう。

加速装置の使い方、装着時間を守る

オーソパルスの使い方と、片顎ずつ5分の装着時間を守ることです。短時間の装着時間ですが、きちんと守ることで効果を発揮します。

1. オーソパルスは3日連続で使用して効果を発揮します。1日でも明けてしまうとまたやり直しです。毎日続けて使用しましょう。

2. 充電は毎日しましょう。オーソパルスは充電に6時間かかるため、すぐに使用できるよう充電しておくことで毎日忘れず使えます。

3. 温水で洗浄したあとは濡れたままケースに入れて保管しましょう。水気を拭き取るために手やスポンジなどでこするのは厳禁です。

トラブルがあれば歯科医師に伝える

トラブルがあればそのままにせず、早く歯科医師に伝えましょう
矯正の途中で発生した予想外の歯列のズレを無視したままでいると、早く歯が動くために正しく矯正されずに固定されます。
そうすれば治療期間を短縮できず時間がかかり、外科手術が必要になるなど患者様にも負担になるのです。

インビザラインと加速装置の不安は歯科医師に相談しよう

インビザラインと加速装置の不安は歯科医師に相談しよう

インビザラインと加速装置を併用して使うことで、矯正治療の期間を短縮できるかわりに歯科医師のチェックをこまめに受けなくてはなりません。
装置を上手く使えるのか、使用して矯正に失敗しないか心配になる患者様も多いです。
仕事が忙しい、用事があってなかなか歯科医院を受診できないなどさまざまな理由があります。

しかし、早く確実に矯正治療を終わらせたいのならば、おひとりで悩むより歯科医師に相談して解決することが最善策です。
歯科医師とスタッフが、患者様の矯正治療がスムーズに進行するようサポートします。

まとめ

まとめ

インビザライン矯正で加速装置を併用するメリットについてご紹介しました。歯列矯正は最大3年かかり、時間がかかるものと思われていました。
近年の技術の進歩によって自宅で光学式加速装置を使用できるようになり、インビザライン矯正を最短7ヶ月半で終わらせることに成功しました。

しかし、高額で日本では認可されていない治療器具のためリスクも大きく、自分の管理不足だけでなく装置のトラブルで治療期間が延びてしまうこともあります。
インビザラインと併用するならば必ず歯科医師の説明をよく聞いて検討をしましょう。

装置の使い方は簡単ですがアライナーの装着時間は守り、わずかなトラブルも見過ごさず必ず歯科医院を受診してください。
どんなささいなことでも遠慮なく相談してくだされば、先々の大きなトラブルを防ぐことが可能です。
インビザラインとオーソパルスを併用して、満足のできる結果が得られるよう歯科医師と共に頑張りましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-インビザライン
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ