インビザライン矯正は痛みが少ない?インビザラインで「痛い」と感じるタイミングや対処法もご紹介

【監修:青山健一】

インビザライン矯正は痛みが少ない?インビザラインで「痛い」と感じるタイミングや対処法もご紹介

インビザライン矯正は、アライナーという透明なマウスピースを歯に被せることで、歯並びを整える治療方法です。
インビザラインのメリットの1つに、痛みが少ないことがあげられます。しかし、痛みがゼロというわけではありません。

通常は我慢できない痛みは少ないですが、痛みを強く感じることもあるため、「痛みがないはずなのに」と不安になってしまうものです。
今回は、インビザライン矯正で痛みがでる原因や対処法について解説していきます。インビザラインの痛みに悩んでいる人は、参考にしてみて下さい。

インビザラインは痛くない矯正治療?

インビザラインは痛くない矯正治療?

インビザラインは痛くない矯正治療として、人気が高い治療方法です。確かに、ワイヤー矯正などに比べて、痛みが少ない治療方法といえます。
しかし、「痛くない」とは言い切れません。ワイヤー矯正ほどではないものの、痛みがでる可能性はあるのです。

痛くないという言葉だけで、インビザラインを選ぶと痛みがでたときに、治療をしたことを後悔してしまいます。
インビザラインを行うときは痛くないのではなく、痛みが少ない治療方法だということを覚えておいてください。
インビザラインを行うクリニックを選ぶときは、痛みがでる可能性もしっかり説明してくれるところが安心です。
痛みへの不安もカウンセリングで相談をして、納得の上でインビザライン矯正を進めるようにしましょう。

こちらのリンクから無料の矯正相談をご予約いただけます。

無料矯正相談Web予約はこちら

インビザラインは痛みが少ないといわれる理由

インビザラインは痛みが少ないといわれる理由

矯正治療は、装置を使って歯を動かして歯並びを整える治療です。歯を動かすために、装置で力をかけていきます
ワイヤー矯正は歯にかける力が強いため、歯や顎の骨に圧力がかかるのです。そのぶん、強い痛みを感じる人も多くいます。

その点、インビザラインのマウスピースが歯にかける力は、緩やかです。歯の動かし方も少しずつのため、強い痛みを感じることは少ないといわれています。
また、ワイヤー矯正で使用する装置は金属です。金属は口の中の粘膜への刺激が強いため、それを痛みとして感じます。

インビザラインは、透明なプラスチックでできていて、かなり薄いです。金属でできたワイヤーよりも、違和感や口の中の刺激が少なくなっています。
インビザラインの痛みが少ない理由は、歯を動かす力が緩やかなことと、素材に関係しているのです。

歯列矯正の痛みの原因

歯列矯正の痛みの原因

痛みが少ないといわれているインビザラインでも、人によっては痛みがでる場合があります。
インビザラインを含めて、歯列矯正で痛みがでる原因について解説していきましょう。

歯が動くときの痛み

歯は、歯茎の下の骨(歯槽骨)に支えられています。歯列矯正は歯に力をかけて、動かす治療です。
動かしたい方向に歯に力をかけると、歯を支えている骨が吸収されます。骨が吸収される際に、痛みの原因となる物質が放出されるのです。

痛みの原因となる物質の放出によって、歯を動かすときに痛みがでる可能性があります。初めて矯正装置を装着してから、3~6時間後に痛みがでることが多いです。
歯の動きが原因で起こる痛みのピークは1~3日。1週間ほどで痛みを感じなくなっていくことがほとんどです。

装置が粘膜にあたるときの痛み

矯正治療で装着している、装置の一部が口の内側や舌に当たって、その刺激が痛みに繋がっているケースもあります。
歯が動いていくうちに装置がずれることや、激しい運動をしたことで装置がずれてしまうこともあるのです。
装置が粘膜に当たって痛い場合は、早めに歯科医に相談をして、装置の付け直しや粘膜に当たらないように調整をしてもらいましょう。

傷ができたときの痛み

傷ができたときの痛み

ワイヤー矯正のワイヤーが、刺さるなど装置があたって口の中に傷ができると、当然ですが痛みがでます。
口の中の傷は、口内炎の原因の1つです。口内炎になってしまうと、痛みが長引いてしまいますし、そこに装置があたると余計に痛みがでます。
矯正中に感じる痛みが、装置が当たっている場合は我慢しないで、歯科医で対処してもらうようにしましょう。

インビザラインで「痛い」と感じるタイミング

インビザラインで「痛い」と感じるタイミング

インビザラインは、装置の違和感や痛みが少ない治療といわれていますが、歯を動かすときの圧迫感から、痛みを感じるケースも少なくありません。
インビザラインで、痛みがでるタイミングについて解説していきます。

治療開始時期

インビザラインで治療で、最初に痛みを感じるのは、初めてマウスピースを装着したときです。
マウスピースを装着することで、理想の歯並びにするために歯を動かし始めます。歯を動かすときにかかる圧迫感が痛みの原因となるのです。
また、他の矯正方法と同じように、歯を動かすために骨の吸収が起きることで、痛みがでてくる可能性もあります。

新しいアライナーを装着したとき

インビザラインのマウスピースは、1~2週間のサイクルで新しいものに交換しながら、歯並びを理想の形に近づける治療です。
マウスピースの形は、1つ交換するごとに形が少しずつ変わるため、それまでと別の方向に力が加わります。
交換前と違う方向に力が加わるため、新しいマウスピースを装着したときに、痛みがでるのです。

長時間アライナーを装着しなかった後

インビザラインのマウスピースは1日20~22時間以上の装着が、治療をスムーズに進めるうえて重要なポイントになります。
長時間マウスピースを装着しないでいると、歯は元の位置に戻ろうとする「後戻り」を起こすのです。

後戻りをした状態で、久しぶりにマウスピースを装着しようとすると、後戻りをした部分に強い圧力を感じることで痛みがでることがあります。
後戻りの程度が少しであれば、痛みは少なくリカバリーも可能です。しかし、後戻りが大きくなってしまうと、痛みも強くなります。

マウスピースを外している期間が長く、久しぶりに装着したときに強い痛みがでる場合は、装置が合わなくなっている可能性があるのです。
その場合は、マウスピースを作り直して再度治療計画を立て直す必要がでてきます。装着時間は、できるだけ守るようにしましょう。

アタッチメントがあたる

インビザラインでは、マウスピースの力がしっかり歯に伝わるように、歯の表面にアタッチメントという器具をつけます。
アタッチメントはプラスチック素材でできている、小さい突起物です。アタッチメントをつけると、歯の表面に凹凸が生まれます

アタッチメントの凹凸が、唇や頬の内側にあたることで痛みがでる場合があるのです。この場合も、歯科医で相談をして下さい。
アタッチメントの縁を削って、装置があたるのを軽減する処置をしてくれるはずです。

痛いときの対処法

痛いときの対処法

インビザラインの痛みの多くは、歯が動くことで起こります。通常であれば、ピークは2~3日で1週間もすれば、痛みを感じなくなることが多いです。
そうはいっても、痛みがあるのは辛く感じます。インビザラインで、痛みがでたときの対処法を覚えておくと安心です。

痛み止めを飲む

インビザラインで痛みがでても、通常は長くは続きません。しかし、痛みのピーク時など、どうしても痛いときは痛み止めを飲んで下さい。
ただ、市販薬を使うときは注意が必要です。炎症を抑える成分が入っている鎮痛剤は、歯の移動を邪魔する可能性があります。

矯正中に服用する鎮痛剤は、消炎効果がほとんどないタイプの鎮痛剤を選ぶようにしましょう。歯科医で鎮痛剤を処方してもらうのが1番安心です。

固い食べ物を避ける

固い食べ物を避ける

インビザラインの痛みは、食べ物を咀嚼するときにでることも多くあります。痛みがある間は、固い食べ物を控えるようにしましょう。
ステーキやナッツ類など、噛み砕くのに力が必要な食べ物は痛みがでやすいため、注意が必要です。
歯が動いている痛みがある間は、固い食べ物を避け、おかゆやうどんなどやわらかい食べ物を食べるようにして下さい。

ゆっくり休む

インビザラインで歯が動く痛みがでるのは、ある程度は仕方がないものですが、痛みが長く続くことはありません。
痛みが強いときは、痛み止めを飲んでゆっくり休みましょう。また、上記で紹介した痛みがでやすいタイミングは、安静にできるように予定を組むとよいです。
痛みが辛い数日は、無理に動かずにゆっくりと、リラックスして過ごすようにして下さい。

痛いときにやってはいけないこと

痛いときにやってはいけないこと

インビザラインで痛みがでたときの対処法を紹介しました。次は、逆にインビザラインで痛みがあるときに、やってはいけないことをみていきましょう。

強い痛みを我慢する

インビザラインで、我慢できないほどの痛みが長く続くことは少ないです。痛み止めを飲んで、ゆっくり過ごすことで、徐々に痛みを感じなくなります。
しかし、痛みが強くでた場合や痛みが何日も続くときは、我慢は禁物です。強い痛みが続く場合は、虫歯など、別の原因が考えられます。

症状によっては、早めに対処をする必要もあるため、強い痛みは我慢しないで担当の歯科医に相談するようにしましょう。

自己判断で中断する

インビザラインで痛みがあるときに、1番やってはいけないのが自己判断でマウスピースを外してしまうことです。
マウスピースを外している時間が長くなると、せっかく動いていた歯が、後戻りをしてしまいます。

後戻りが大きくなるほど、マウスピース装着時の痛みが強くなり余計に装着が難しくなる可能性があるのです。
マウスピースが合わなくなったら、すべて作り直して治療計画を立て直さなくてはいけません。

マウスピースを作り直すぶん、治療にかかる期間も長くなり、費用も余分にかかってしまいます。痛みが強いときは、歯科医に相談をして下さい。
勝手に治療を中断してしまうことは、絶対にしないようにしましょう。

インビザラインの痛みは信頼できる歯科医に相談

インビザラインの痛みは信頼できる歯科医に相談

インビザライン矯正中に、我慢ができないほどの痛みがある場合は、早めに担当の歯科医に連絡をして指示をもらうようにして下さい。
歯科医で痛みを軽減するための処置をしてくれますし、鎮痛剤の処方も行ってくれるはずです。絶対に自己判断で治療を中断しないようにしましょう。

痛みに限らず、歯列矯正にはトラブルが起こる可能性があります。困ったときに相談がしやすいように、歯科医との信頼関係は重要です。
インビザライン治療を検討するときは、いくつかの歯科医でカウンセリングを受けて、患者さん自身が信頼できるところで治療を受けて下さい。

下記のリンクから、インターネットで無料矯正相談の予約ができます。インビザラインを検討している方は、ぜひご活用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回の記事では、インビザラインの痛みについてのお話をしてきました。インビザラインはワイヤー矯正に比べて、痛みが少ないといわれています。
ただ、全く痛みがないわけではありません。とくに、初めてマウスピースを装着した際や、交換してすぐは歯が動く痛みがでる可能性があります。

痛みのピーク時は辛いこともありますが、鎮痛剤を飲んで痛みのピークを乗り切って下さい。痛みが強い場合や、長引くときは歯科医に相談をしましょう。
インビザラインに限らず、矯正治療は装置に慣れるまで大変です。ストレスにならないように、痛みの対処法を試してみて下さい。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-インビザライン
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ