インビザラインが開咬の治療に向いている理由を歯科医が解説|費用相場やインビザライン以外の選択肢もご紹介

【監修:青山健一】

インビザラインが開咬の治療に向いている理由を歯科医が解説|費用相場やインビザライン以外の選択肢もご紹介

インビザラインが開咬の治療に向いているというのは、開咬の原因の奥歯に対して他の矯正治療よりインビザラインにメリットがあるからです。
開咬は一般的には前歯や奥歯の矯正が多いです。しかし最近はワイヤー矯正よりもマウスピースがより治療に向いている矯正器具となっています。

開咬の悩みを解決するためにはインビザラインと他の矯正治療の費用相場や方法を比較するとよりわかりやすいです。早速みてみましょう。

開咬とは

開咬とは

開咬とは「かいこう」と読み、文字通り口をしめているのに上下の前歯がきちんと閉じない状態で矯正歯科ではよくあるケースの1つです。
奥歯のかみ合わせがきちんとできないため、口を真横に開いて上顎と下顎を閉じた状態でも、前歯の縦にすき間ができてしまいます。

海外ではオープンバイトと呼ばれており、歯並びが不ぞろいなのが原因で口が開いているため口呼吸しやすいなどの二次弊害もある疾患です。

開咬の特徴

開咬は、口呼吸をしたり奥歯に負担がかかったりするため咀嚼が十分にできず消化能力も劣り体全体に悪い影響を与えます。
歯だけの問題ではないため、もしあなたが歯医者へ行くと、ほとんどの歯科医が将来の事も考えて矯正治療を勧める可能性があります。

見た目の問題だけではなく、呼吸や咀嚼などの生命維持をするために歯並びというのは非常に重要な役割です。
開咬の状態は奥歯のかみ合わせの問題ですが、叢生(そうせい)といって前歯の歯並びもでこぼこに生えている症例もあります。

叢生も口呼吸や咀嚼のリスクを伴うため、幼少期に早めに治療を行っておくと大人になってからよりも治療期間がずっと短いです。

開咬の主な原因

開咬の主な原因

開咬の主な原因は、幼少期の癖や舌の間違った習慣です。小さい頃の指しゃぶりの癖が開咬につながらないように注意しましょう。
習慣化してしまうと、前歯に圧力が加えられた状態で骨が形成し元に戻りません。上顎前突なども同じような理由でおこります。

その他にも、頬杖をつく癖や鼻腔の問題で口呼吸を行っている場合なども同じ様に開咬になりやすく幼少期の骨の形成が重要です。
一旦受け口になってしまうと、体はその状態で最善を保とうとするため発音が悪くなったり音をたてて食べ物を食べるなどが治りません。

インビザラインが開咬の治療に向いている理由

インビザラインが開咬の治療に向いている理由

インビザラインが開咬の治療に向いている理由は、歯に対する圧力を正しい方向へ向かうように圧力をかけられるからです。
今までは、ワイヤー矯正やフェイスマスクなどの矯正器具が一般的でしたが、マウスピース型のインビザラインは新しい治療になります。

使用方法も、器具の扱いなどもかなり異なっているため、歯科医を選ぶときはインビザラインの経験豊富な専門院を選びましょう。

奥歯を圧下する

インビザラインが開咬の治療に向いている理由の一つは、圧下(あっか)と呼ばれる矯正の歯の動きが他の治療より効果的だという事です。
歯を生えている方向に対して、歯茎の方向へ沈んでいくような圧力のかけ方をすることで上下のかみ合わせにスペースができるようになります。

ワイヤー矯正だけだと、横の圧力はかかっても内外の圧力をかけるのが難点でしたがマウスピースを使用することで大幅な改善ができました。
奥歯は普段目にみえませんが、マウスピースはしっかりと奥歯に密着して舌の位置も正常に戻るため口呼吸が減るなどの利点もあります。

前歯を引っ込める

前歯をひっこめる事もインビザラインなら可能です。ワイヤー矯正でもできますが、全体的な歯の移動にはぴったりの矯正方法です。
マウスピース型のインビザラインは、一方向の圧力だけではなく、少しずつ3方向からの圧力をかけて徐々に歯を矯正移動できます。

上顎突出は、ワイヤー矯正でもむずかしい矯正の一つといわれていましたが、インビザラインのおかげで矯正の成功率があがりました。
さらに前歯の矯正治療は、矯正器具が目立つようなものばかりでしたが、透明なマウスピースは今までよりも違和感がなくきれいです。

開咬はかつて治療が難しいといわれていた?

開咬はかつて治療が難しいといわれていた?

開咬はかつて治療が難しいといわれていたのは本当です。今も難しい症例の一つですが、新しい技術で治せるようになりました。
ワイヤー矯正治療一択だった矯正業界ですが、スクリューやインビザラインができるようになって選択肢が増えたのは嬉しい事です。

特に開咬は奥歯のかみ合わせを矯正するため、奥歯の圧下が必要ですがワイヤー矯正治療での圧下は非常に高度な技術が必要になります。
インビザラインはマウスピース型のため、圧下の治療も前歯を引き出す事もワイヤー矯正治療と比べると素晴らしい技術の進化です。

もちろん、ワイヤー矯正が開咬を治療できないわけではありませんが、マウスピース型の登場でより治療の精度が高くなりました。

インビザラインの費用相場

インビザラインの費用相場

インビザラインの費用相場は、治療する箇所や状態によってかなり差がでるため幅はありますが、およそ70万円から100万円の間です。
もちろん、これよりも安いパッケージ型のインビザラインもありますが最も重視したいのは環境で安価だけだったら意味がありません。

安かろう悪かろうでは仕方がないですし、金額は重要ですが治療計画や事前の検査をきちんとやってくれる歯科医を選びたいものです。
矯正歯科の中でも、インビザラインを取り扱って間もない医院もありますので評判や説明を聞いた上で相場を判断しましょう。

インビザラインで安価を表示している歯医者は、調整料という追加料金をとる事があるので、治療内容に何が含まれるかも要チェックです。

インビザラインで開咬を治療するときの注意点

インビザラインで開咬を治療するときの注意点

インビザラインで開咬を治療するときの注意点は、まずインビザラインを正しく使いこなす事です。これは開咬だけではありません。
従来の矯正治療とは、装着方法が異なるため歯科医ですら理解していない場合もあるぐらいです。矯正歯科選びは慎重に行いましょう。

装着方法・時間を守る

インビザラインで矯正するときには必ず装着方法や時間の説明があります。この矯正は患者さんの日常生活に左右される事が多いです。
もし、装着時間を守れなければ矯正は不十分な結果に終わるだけではなく、せっかくの治療した歯が元の位置に戻ってしまう事もあります。

特に装着時間はつい軽視しがちですが、毎日の積み重ねがきれいな歯並びをつくるためできるだけ装着しておく事が成功の秘訣です。

交換頻度を守る

インビザラインはレントゲンや精密検査の結果に基づいて患者さんの矯正治療計画に沿って製造したオリジナルのマウスピースです。
一回のインビザラインのマウスピースは7日から10日といわれていますが、交換時期は歯の矯正時期に合わせて考えられています。

これを守れないと歯の圧下が変わってしまい、せっかくの矯正の計画が狂ってしまうため治療期間が長くなって可能性が高いです。
交換頻度はもちろんですが、マウスピースの装着は1日20時間以上と決められています。矯正がもどらないように時間も守りましょう。

紛失・破損に気をつける

レントゲンや精密検査を行って歯型から作られたマウスピースは患者さんの歯型に合わせて作られていて同じではありません。
マウスピースは、ほとんどの時間取り付けているため紛失する事はありませんが、破損すると新しいものは2週間以上かかります。

その間は、前のマウスピースを一時的に取り付けますがこれも矯正が失敗する一つの要因です。くれぐれもお気をつけください。

インビザライン以外の選択肢

インビザライン以外の選択肢

矯正治療は、インビザラインだけではありません。現在インビザラインをつけていなくても組み合わせて使うとより効果的です。
歯科医は、患者さんの状態に合わせた矯正治療計画を作ります。無料の矯正相談で矯正治療について質問してみましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正治療は、ワイヤーが相手にみえる歯の表側に金具をつけてワイヤーをする方法と、歯の裏側につけるのと2種類可能です。
しかし、実際に歯の裏側に取りつける方法は表側の何倍も難しく高度な技術が必要な治療のため、歯科医とよく相談して決めましょう。

ワイヤー矯正は、他の方法の中でも最も多い治療法でしたが、ワイヤーの取りはずしができない事がデメリットです。

インプラント矯正

インプラント矯正と聞くと、歯の埋め込みを想像しますがインプラント矯正は歯科用スクリューと呼ばれる小さなネジを歯槽骨に埋める治療です。
ネジが他の歯の固定するため開咬では外科的手術を用いた治療を手術なしで行える事が可能になったため画期的な矯正方法でもあります。

しかし、骨や粘膜へ直接埋め込む技術が必要なため、実際にこの治療法を施術できる歯科医が少なくあまり安易に使われてはいません。

MFT

MFTとはOral Myofunctional Therapyの略で口の中の筋肉を鍛え、機能を向上させるトレーニングの事で矯正器具などは使わない治療法です。
歯並びを良くするために骨の問題だけではなく歯の周りにある筋肉や舌を鍛える事で不正咬合が改善された症例がいくつもあります。

MFTの指導を行っている歯科矯正医院はあるか、MFTはいくらかなど、歯科医の無料相談でMFTや開咬に関する質問はこちらへどうぞ。

無料矯正相談Web予約はこちら

インビザラインで開咬を治したいなら

インビザラインで開咬を治したいなら

インビザラインで開咬を治したいなら、まずは矯正歯科の中でもインビザラインを専門に扱っている歯科医に相談してみましょう。
矯正治療の中でも、比較的歴史が浅いインビザラインは取扱いがわかっていない歯科医もいるためどこにいくか慎重に選ぶべきです。

開咬といっても、患者さんの状況によって中には顎の骨をけずったりする必要がある場合は口腔外科の治療もしなくてはいけません。
子供の場合は、特に早ければ早いほど成功する確率が高くなりますから永久歯が生え変わる前に診察する事をおすすめします。

20歳以上で顎の形成ができている場合、開咬の治療期間は子供よりもずっと長くかかる事があるため精密検査を受けて相談してください。

まとめ

まとめ

インビザラインが開咬に向いている理由は、他の治療法と比べてマウスピース型矯正器具は歯にかける圧力がかけやすいからです。
ワイヤー矯正治療を現在行っている方でも、インビザラインは導入できます。担当の歯科医と相談してみてください。

長期的な治療のため、続けていくにはあくまで患者さんが苦痛をともなわない方法で生活に支障がない矯正治療を選ぶのが大切です。
インビザラインで開咬を治すには、きちんと装着時間を守り、マウスピースを丁寧に清潔に扱うのを忘れないでください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-インビザライン
-, ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ