1本だけ引っ込んでる歯は自力で治せるのか|自力で治すリスクや1本だけ引っ込んでる歯の治療方法もご紹介

【監修:青山健一】

1本だけ引っ込んでる歯は自力で治せるのか|自力で治すリスクや1本だけ引っ込んでる歯の治療方法もご紹介

全体的に歯並びが悪いわけではなくて1本だけ引っ込んでいるような場合だと歯科矯正をするのは戸惑うところです。
矯正はお金がかかりますから歯1本くらいなら自力で治せるのでは?と考える人もいるようです。

しかし歯並びを自力で治そうとすることはメリットよりもデメリットのほうが多くなります。
無理に自力で治そうとすると後悔することになりかねません。
今回は歯並びを自分で治すことで起こりうるリスクについて詳しくお話していきます。

少ない範囲のみの矯正方法や歯並びを悪化させないためのポイントについても併せて紹介していきますので参考にしてみて下さい。

1本だけ引っ込んでいる歯は自力で治せるのか

1本だけ引っ込んでいる歯は自力で治せるのか

結論を先にお話しします。歯1本とはいえ自力で治すことはほぼ不可能です。ネットなどで歯を指で押して移動させる方法や前歯に割りばしを挟んで歯並びを改善するという体験談が載っています。
そして実際に効果が出ていると書かれているものも見かけました。しかし、これで改善された例はごくまれです。

たしかに物理的には歯を自力で動かすことはできる可能性はありますが、安全な方法ではありません。
歯科で行う矯正も歯を動かすことで歯並びを改善させるものですが、きちんとやり方があって熟練の歯科医のもとで行う治療です。

一般の人が歯を押して自力で治そうとすることはリスクのほうが大きく危険ですから、無理に歯並びを治そうとする前に歯科医に相談をするようにして下さい。

1本だけ引っ込んでいる歯で悩む人は多い

1本だけ引っ込んでいる歯で悩む人は多い

引っ込んでいる歯が1本だけとはいえ結構目立つこともありますから気にされる人は多くいます。前歯が引っ込んでいると陰になってしまってそこには歯がないようにみえてしまうのです。
1本だけだからこそ気になるということもあります。
見た目以外に歯が引っ込んで前の歯と重なっていると歯磨きをするときに歯ブラシがあてにくく虫歯・歯周病にもなりやすいです。

自力で歯並びを治すリスク

自力で歯並びを治すリスク

歯科矯正は高額ですから自力で治せるものなら治したいと思う人もいるようですが最初にお話しした通り、自力で歯を動かすことはリスクが高いです。
自分で歯を動かそうとすることでどんなリスクがあるのか紹介していきます。

歯や歯茎にダメージを与える

無理やり歯並びを治そうとすることでまずダメージを受けるのは歯と歯茎です。歯科医で行う矯正は時間をかけて歯列を正しい位置に固定していくやり方で治療をします。
歯科医でする矯正は歯や歯茎にダメージが起きないように治療をしていくのです。

しかしこれを素人判断で行って下手に強く力をかけてしまうと、歯を傷めてしまう可能性が高くなります。
場合によっては歯の神経に影響を与えてしまうので歯の神経が死んでしまうなんてことも起こりかねません。

歯並びが悪化する

歯並びが悪化する

歯を無理やり押して歯並びを何とかしようとしても歯が並ぶスペースがなければ歯は歯列に並ぶことはできずに、ほかの歯が押し出されてしまうことになります。
そうなると1本引っ込んだだけだった歯以外にも歯列からずれてしまう歯が増えてしまい歯並びが悪化してしまう原因にもなるのです。
パッと見ではキレイに治せたようにみえてもかみ合わせに問題が出てしまうこともあります。

歯が抜ける

歯並びを自分で治そうと無理に歯を動かして歯や歯茎にダメージを与え続けると、歯の根っこが短くなってしまうのです。
歯の根っこが短くなると歯が生え続けることが難しくなってしまい、最悪な場合は歯が抜け落ちてしまう危険もあります。

1本だけ引っ込んでいる歯を治す方法

1本だけ引っ込んでいる歯を治す方法

歯並びを自力で治すことはリスクのほうが大きいですから、無理に行わずに歯科医で矯正の相談をすることが最適な選択です。
ここでは1本だけ引っ込んでいる歯を治す方法を紹介していきます。

ワイヤー・ブラケット矯正

ワイヤー・ブラケット矯正

ブラケット矯正は矯正の中では認知度が高い方法で子どものころに、この方法で矯正をしている子などもいたのではないでしょうか。
ブラケット矯正は歯にブラケットという装置をつけブラケットにワイヤーを通して歯を少しずつ動かしていくやり方をします。ほとんどの歯並びに対応できる方法なのでやっている人も多く矯正としてのイメージが強いです。

ただ歯の表面に着けられたブラケットは目立つので女性などは敬遠する人も多いのがこの矯正方法になります。
しかし今はブラケットを裏側から取り付ける方法もありますし、目立たない色の器具を使うこともあって見た目を気にしないで治療を受けることができるようになってきているのです。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正はマウスピースを患者さんの歯型から作って、定期的に作り直しながらゆっくり歯を動かしていく矯正方法になります。
透明なマウスピースを装着するので見た目に影響が少なく、一目では矯正しているとは気付かれにくいので女性でも着けることに抵抗が少ないです。

マウスピースは自分で取り外しができるので歯磨きもしやすく食事制限も必要ありません。そのぶん自分できちんと決められたとおり装着していかないと治療が長引いてしまうことがあるので、しっかり管理をする必要があります。

セラミック矯正

セラミック矯正は対象になる歯を削った後にセラミックでできたセラミッククラウンを被せる方法です。必要な歯のみを改善することができるので1本だけ引っ込んだ歯で悩む場合は有効な治療方法の1つになります。
また、治療期間も他の矯正方法に比べて短くなり装着している間の違和感や痛みがないのもセラミック矯正の特徴です。

もちろんどんな症例もセラミック矯正ができるというわけではありませんから希望する場合は歯科医で確認をしてもらうようにして下さい。
ただセラミック矯正は健康な歯を削らなければならなくなるので、そこがデメリットとなります。

1本だけ治したいなら部分矯正という選択肢も

1本だけ治したいなら部分矯正という選択肢も

歯科矯正は保険が効かないため全額自費での治療になるので費用が高額になりますから、気軽にできる治療方法ではありませんが歯並びは治しておくことはメリットが大きいです。
しかし1本だけなのに高額な矯正費用を払うのは…と悩む人もいるのでは?

1本だけや前歯だけなど全部の歯を治す方法だけではなく、矯正には部分矯正といって前歯だけ矯正する方法もあります。
歯科医で部分矯正が可能か確認をしてもらう必要はありますが、部分矯正であれば全体矯正をするよりは費用を抑えることができるため矯正をする歯が少ない人にはおススメです。

歯並びを悪化させないポイント

歯並びを悪化させないポイント

歯並びを自力で治すことはリスクが高いためやらないほうが良いです。
治すことはできませんが歯並びに悪い癖や習慣を改善することで悪化を防ぐことはできますから、そのポイントを紹介していきます。

姿勢を良くする

姿勢を良くする

姿勢が歯並びに与える影響は結構大きいです。猫背が原因で背中が丸まっている状態は前傾姿勢になりますが、このときに口を開けた状態になってしまいます。
口を開けた状態だと唇で前歯を押さえられませんから出っ歯になりやすいなど虫歯や歯周病のリスクも高くなるのです。

そのため、まずは正しい姿勢を心がけて生活をしてみて下さい。
正しい姿勢とは横から見たときに頭から踵までが一直線に結ばれた状態です。正しい姿勢は身体全体の健康にもいいですからつい猫背になってしまう人は意識して背筋を伸ばしてみるとよいです。

姿勢の話でもう1つ、座った時の頬杖や足を組む姿勢も歯並びによくないので座るときも腰の上にまっすぐ体が乗るようにして下さい。

舌癖を治す

舌を前歯に押し付ける癖がある人も注意が必要です。舌癖は声を発するときや物を飲み込むときに多く出る癖になります。
つばを飲み込んだ時に舌が上下の前歯の間から出てきてしまう人は舌癖がある可能性が高いです。

舌癖があると前歯に隙間ができることや前歯が傾いてしまうことがありまし、かみ合わせにも影響が出る可能性もあります。
舌は前歯よりも少し後ろに触れる位置が正しい位置になります。
意識して舌を正しい位置に触れるようにトレーニングを続けることで改善されていくので舌癖があると思われる人は試してみて下さい。

口呼吸から鼻呼吸へ

口呼吸も歯並びへの影響は大きいです。口呼吸になっていると舌が下がってしまったり前に出てきたりしてしまいます。
そうなると上で紹介した舌癖が出やすくなるので歯並びに影響をしてしまうのです。口呼吸は歯並び以外にもデメリットがありますから鼻呼吸を心がけるように気を付けるようにして下さい。

口呼吸の原因として鼻炎などで鼻が詰まっていることがあげられるため気になる人は耳鼻科で見てもらうと良いです。

歯ぎしりや食いしばりをしない

歯並びに大きな影響が出る癖として歯ぎしりや食いしばりもあげられます。とくに眠っているときに歯ぎしりや食いしばりがある人は無意識でやっているためかなりの力がかかっています
歯ぎしりや食いしばりが続くと歯がすり減って歯の大きさが変わってしまうことや歯の向きが変わってしまう可能性があるのです。

起きているときに歯ぎしりや食いしばりをする人は寝ているときもやっている可能性が高いです。起きている間の歯ぎしり・食いしばりは自分で意識して改善をすることができます。
しかし寝ている間は意識をすることは難しいです。
歯ぎしりや食いしばりの癖が強い場合は歯だけでなく身体の不調も現れてくるため歯科医・口腔外科で相談をして治療をしてもらうようにして下さい。

1本だけ引っ込んでいる歯は自力で治さずに歯科医に相談

1本だけ引っ込んでいる歯は自力で治さずに歯科医に相談

最初のほうでもお話ししましたが「自力で治った」という体験談はまれなケースだと思って下さい。気になる歯がたった1本だから矯正費用をかけないようにと自分で治そうとするのは無謀です。
自力での歯並びの治療は歯並びの悪化や最悪は歯を失うことになりかねません。そんなことにならないように歯科医に相談をして、ご自身に合った方法の矯正治療を受けるようにして下さい。

まとめ

まとめ

歯並びを自力で治すことのリスクについてお話してきました。
自分で歯を動かそうとすることは歯や歯茎へのダメージは大きくなりますし歯並びの悪化も懸念されます。歯が抜けてしまうことも大きなリスクです。

少なくとも大人になってからの歯並びは自力での治療は難しいですから自己判断は避けてプロである歯科医に任せておくほうが安全に歯並びを改善できます。
歯並びが悪化をしないように普段の生活に注意をしながら歯科医に相談・矯正治療を受けるようにして下さい。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般, 部分矯正
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ