犬歯と八重歯の違いを歯科医が解説|八重歯矯正の種類や治療の注意点もご紹介します

【監修:青山健一】

犬歯と八重歯の違いを歯科医が解説|八重歯矯正の種類や治療の注意点もご紹介します

日本では、好印象を持たれることも多い八重歯。笑ったときに八重歯が見えると愛嬌を感じ、憧れをもつ方もいます。

八重歯は犬歯と同じ歯を指す意味で使用されることがありますが、正確には異なるものです。また八重歯をそのまま放置しておくと、さまざまなトラブルを引き起こします。

八重歯は、従来であれば治療が必要となるものです。ご自身に八重歯がある方は、治療すべき理由や治療方法について理解を深めておきましょう。

犬歯と八重歯の違いを解説

犬歯と八重歯の違いを解説

犬歯と八重歯は、混同されることがよくあります。しかし犬歯は歯の名称であることに対して、八重歯は歯の状態を示すものです。

犬歯が八重歯になることが多いため、誤解されがちですが正確には違います。まずはそれぞれの特徴、および役割を理解しておきましょう。

犬歯の特徴

犬歯の特徴

犬歯とは、ひし形のような形をした尖った歯のことです。動物では牙に相当するもので、犬のものが特徴的なことから犬歯と呼ばれています。

犬歯は他の歯と比べ歯根が長いため、強度があることが特徴です。高齢になり他の歯が抜けても、犬歯は残りやすいとされています。
なお犬歯は裁縫の際に糸を切るのに用いることから、「糸切り歯」と呼ばれることもあります。

犬歯の位置

犬歯は、前歯から数えて3番目に位置する歯です。上下と左右に各1本ずつ、合計で4本生えています。

犬歯の役割

犬歯は、食べ物を切り裂くことが主な役割です。前歯で噛みちぎった食べ物を、切り裂いてさらに細かくします。

また、犬歯は他の歯にかかる負担を減らす役割も担っています。強度があるため横に働く力にも強く、食べ物を噛むときに前歯や奥歯の働きをサポートしてくれます。

加えて奥歯の保護も役割のひとつです。奥歯は縦の動きに対する負荷には強いですが、横から加わる力にはあまり強くありません。

歯ぎしりなどで奥歯に横から強い力が加わると、歯を傷める恐れがあります。しかし犬歯があると、歯ぎしりをしても犬歯のみが当たります。

奥歯には隙間ができることになるため、歯を傷めるリスクを減らすことが可能です。これを専門的には、「犬歯誘導」といいます。

八重歯の特徴

八重歯の特徴

八重歯とは、歯と歯が重なり合った状態のことです。歯の状態を表す言葉であるため、犬歯以外の歯が重なり合うときにも使われます。

八重歯は、歯が生えるスペースが足りないときによく見られる症状です。顎が小さい方や先に生えた歯が大きい場合には、歯がきれいに並ぶスペースが不足することがあります。

生え変わりのときに十分なスペースが確保できないと、歯は適切な位置に並ぶことができません。
歯が生えるスペースが足りないため、歯列から飛び出すように斜めに生えてしまうことがあります。

飛び出した歯が、他の歯と重なってしまった状態が八重歯です。八重歯は口内に悪影響を与える場合もあるため、状態によっては矯正治療が必要となる場合があります。

なお八重歯と呼ばれるのは、八重桜が由来とされています。歯が重なり合う様子が、八重桜の花びらが重なる姿に似ているためです。

犬歯が外側に飛び出ている状態

八重歯は、犬歯が外側に飛び出している状態のケースがよく見られます。このように犬歯が八重歯になる症例が多いことから、犬歯と混同されるようになったと考えられます。

犬歯は、近接する歯と比べて生えてくるのが遅い歯です。個人差はありますが、一般に歯は6歳のころから永久歯へと生え変わり始めます。

はじめに前歯(切歯)から生え変わっていき、犬歯は最後に生え変わるのが一般的です。生え変わりのときに、顎が小さい方などは歯が並ぶスペースが不足することがあります。

特に犬歯は最後に生えるため、スペースが不足する状況に陥りやすい状況です。そのため適切な位置に並ぶことができず、八重歯などになりやすい傾向にあります。

放置すると身体に影響も

八重歯を放置しておくことには、さまざまなリスクがあります。まずは口内環境の悪化です。八重歯は他の歯と比べ高さが異なるため、口が閉じにくくなるケースがあります。

口をきちんと閉じることができない場合、口内が乾燥してしまい細菌が繁殖しやすくなります。細菌が増えてしまうと、虫歯や歯周病になるリスクが高まるため注意が必要です。

また八重歯のせいで噛み合わせが悪いと、周囲の歯に大きな負担をかけてしまいます。あまりにも負担が大きい場合には、歯のぐらつきや歯が割れることがあります。

さらには口内炎にも注意が必要です。八重歯があると口内の粘膜を傷つける恐れがあるため、口内炎になるリスクが高くなります。

日本ではチャームポイントの1つ

日本において八重歯は、チャームポイントとして人気があります。特に若い女性の八重歯に対しては、かわいいという印象をもつ方も多いようです。

また八重歯があると童顔に見えるとされており、親しみやすさを感じる方もいます。このように日本では好印象として認知されていることもあり、そのまま放置しておく方もいるようです。

八重歯を放置しておくと、虫歯や歯周病などを引き起こす可能性があります。
場合によっては肩こりなど他の症状を併発する恐れもあるため、早めの治療を検討しましょう。

なお八重歯に関して、海外でのイメージは日本と異なるようです。海外での八重歯は「悪魔みたいで怖い」などのように、マイナスなイメージをもつ方が多いとされています。

ビジネスでは、「仕事ができない人」と認識されることもあるようです。そのため八重歯がかわいいと思うのは、日本特有の文化といえます。

八重歯矯正の種類

八重歯矯正の種類

八重歯を改善するときは、矯正治療が必要です。八重歯の矯正を図るときは、主に下記のような治療が用いられます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、金属の矯正装置を用いた治療方法です。ブラケット装置と呼ばれる器具を装着し、ワイヤーを使って少しずつ歯並びを整えていきます。

ワイヤー矯正は矯正する力が強いことが特徴です。細かな調整も可能であるため、さまざまな症状に幅広く対応できます。

一方でワイヤー矯正は、矯正装置が目立つことがデメリットです。装着した装置が外から見えてしまうため、見た目を気にする方も多くいます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを用いた治療方法です。事前に型取りしたマウスピースを歯に被せ、徐々に歯並びを矯正していきます。

マウスピース矯正は、目立ちにくいことが特徴です。装着するマウスピースは透明なため、ワイヤー矯正のように目立つことがありません。

ただしマウスピース矯正は、適用できる症状が少ない点に注意が必要です。ワイヤー矯正と比べると矯正する力が弱いため、八重歯の状態によっては対応できない場合があります。

セラミック矯正

セラミック矯正とは、セラミック製の被せものを使用した矯正方法です。もともとの歯を削り、上から被せものをして歯並びがきれいに見えるようにします。

セラミック矯正は歯を動かすわけではないため、治療期間が短いことが特徴です。他の矯正治療のように、年単位の治療が必要となることはありません。

ただしセラミック矯正は、歯の一部を失うことになります。失った歯は戻ってくることはないため、慎重に検討することが大切です。

八重歯矯正で抜歯が必要なケース

八重歯矯正で抜歯が必要なケース

八重歯の矯正を行う際には、抜歯が必要となるケースがあります。まずは抜歯によって、噛み合わせの改善が捗る場合です。

八重歯が歯列から大幅にずれるときなどには、抜歯をした方が良いと判断されることがあります。
他の歯にかかる負担も減らせるため、打診があった際には検討してみましょう。

また歯周病のリスクが高い場合にも、抜歯が必要となる可能性があります。八重歯は歯が重なっているため食べ物が詰まりやすく、磨き残しも起きやすい状態です。

口内環境が悪くなると細菌が繁殖してしまい、歯周病や虫歯になるリスクが高くなります。あまりにもリスクが高いときは、八重歯の抜歯を検討する必要があります。

加えて八重歯自体に問題があるときも、抜歯が必要です。八重歯に虫歯があるときや歯根が割れているときなどには、抜歯が必要と判断される場合があります。

気になる症状が現われたときには、早めに歯科医へ相談しましょう。下記のリンク先より、無料相談の予約が可能です。歯科医への相談を考えるときは、ぜひご利用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

八重歯矯正の注意点

八重歯矯正の注意点

八重歯の矯正を行うときは、理解しておくべき注意点があります。きちんと理解しておかないと、日常生活に支障をきたす可能性もあるため注意が必要です。

痛みが生じることがある

痛みが生じることがある

八重歯の矯正を行うときは、痛みが生じる場合があります。痛みにもさまざまなものがあり、主には下記のようなものが挙げられます。

まずは歯が動く痛みです。矯正治療では歯を動かすときに、痛みを感じることがあります。特に治療初期には、痛みを感じることが多い傾向です。

ただ歯が動く痛みは時間が経つにつれ、少しずつ和らいでいきます。どうしても痛みが強いときには、歯科医に相談しましょう。

また、食事のときに痛みが生じるケースもよくあります。特に硬いものを食べる際は、痛みが生じやすいため注意が必要です。
傷みが強いときには、リンゴやステーキのような硬い食べ物は控えましょう。

顔つき・口元の変化

八重歯の矯正治療を行うと、顔つきや口元に変化が現われることがあります。全体矯正や抜歯をした場合、歯列が大きく動く状態です。

歯列が大きく動いたときには、肌のハリや骨格に影響を与えます。場合によっては、口元や顔つきに変化が生じることがあります。
例えばフェイスラインの変化です。八重歯が改善されると、口元の周りがシャープになります。

望ましい変化としてよく挙げられるのは、ほうれい線が目立たなくなることです。それに対して悪い変化には、肌のたるみやシワが目立つようになることが挙げられます。

なお現われる変化は、個人によって異なります。変化が気になる方は、施術を受ける前に歯科医へ相談してみましょう。

後戻りのリスク

八重歯の矯正を行った後には、歯の「後戻り」に注意する必要があります。後戻りとは、矯正した歯がもとの位置に戻ってしまうことです。

矯正治療が終わったばかりの歯は、安定しておらず動きやすい状態にあります。
矯正した歯を安定させるためには保定装置を使って一定の期間、歯を固定することが必要です。

保定装置にはいくつかのタイプがあり、取り外しが可能なタイプも存在します。ただし取り外している時間が長くなると、保定の効果が得られません。
歯が後戻りしないように保定装置は、歯科医の指示に従い適切な期間きちんと装着しましょう。

八重歯の矯正を検討しているなら歯科医に相談を

八重歯の矯正を検討しているなら歯科医に相談を

八重歯は好印象を持たれることも多いため、治療をしない方もいます。しかしそのまま放置しておくと、さまざまな口内トラブルを起こしかねません。

症状によっては、他の歯にも悪影響を及ぼすため注意が必要です。すると八重歯だけでなく、他の健康な歯まで治療が必要になってしまいます。

結果的には治療費も膨らんでしまうため、できる限り早めに矯正治療を行うことが大切です。ただし八重歯を矯正すると、顔つきに変化が生じる場合があります。

そのため八重歯の矯正を検討するときは、はじめに歯科医への相談をおすすめします。なお下記のリンク先では、無料相談予約が可能です。

歯科医への相談を行うときに、ぜひご利用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

犬歯は、食事の際に重要な役割を担う歯です。しかし八重歯になってしまうと、役割をきちんと果たすことができません。

加えて口内環境を悪化させる可能性もあり、虫歯や歯周病になるリスクを高めます。そのような事態を防ぐためには、矯正治療を行い歯並びの改善が必要です。

近年では、目立ちにくい矯正装置も提供されています。そのため矯正期間中の見た目が気になる方でも、治療が受けやすくなっています。

八重歯はチャームポイントになる一方で、口内トラブルを引き起こす可能性もあるものです。気になる症状が現われたときは、早めに歯科医へ相談しましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般

© 2023 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ