前歯のすきっ歯を簡単に治す!!

前歯のすきっ歯を簡単に治す!!

フランスやアフリカなど海外では「幸運の歯」「美人の証」などと言われ、みずから“すきっ歯”にする方もいるようですが・・・

日本では、お口の真正面に隙間があるだけで間が抜けているように思われて、コンプレックスに感じる人が多いですよね・・・。

そこで、一か所気になるだけなのに大掛かりな矯正はしたくない!と諦めている方に、簡単に前歯のすきっ歯を治す方法を2つご紹介致します!

1、部分矯正ですきっ歯を治す

矯正というと「全部の歯を矯正しないといけない!」と思っている方も多いと思います
が、実は前歯だけを治せる矯正もあるのです!

正面の隙間が無くなり、前歯の角度も改善しました!

部分矯正ですきっ歯を治す 症例1

上下の前歯の噛み合わせによっては、犬歯の後ろに隙間を集めることで正面の隙間を改善します。  

部分矯正ですきっ歯を治す 症例2

ワイヤー矯正 マウスピース矯正
料金(片顎) 30~37万円 45万円
期間

7~9ヶ月

1.4~5ヶ月 ワイヤー

2.3~4ヶ月 マウスピース

10~14ヶ月

マウスピースのみ

2、ラミネートベニアですきっ歯を治す

歯の表面をエナメル質の範囲内で削り、非常に薄い付け爪のようなセラミックを接着します。隙間だけではなく歯の色や形も改善出来ます!

ラミネートベニアですきっ歯を治す

ラミネートべニア
料金(2歯)

202,000円

(1歯 101,000円)

通院回数 2~4回

3、部分矯正とラミネートベニヤのメリットとデメリット

メリット デメリット
部分矯正 ・自分の歯を最大限活用できる
・保定をしっかり行えば永久モノ!!
・上下前歯とも可能
・時間がかかる・痛みが伴う
・費用がかかる
・隙間が完全に閉じない場合がある
・保定装置を数年使用する必要がある
ラミネートべニア ・早い
・痛みがない
・矯正に比べ安価
・歯を削る必要がある
・経年劣化する(作り替えが必要)
・下の歯には適応不可
・歯の角度は変えられない
・歯が大きく見える場合も・・

4、部分矯正の治療の流れ

▼部分矯正の流れは下記ページをご覧ください
部分矯正の治療の流れ
部分矯正の治療の流れ

実際の部分矯正の治療はどんな風に進んでいくの?

続きを見る

☆まとめ

いかがでしたでしょか?前歯のすきっ歯を治す方法をご理解いただけたでしょうか?

以前は矯正治療と言えば、治療費が100万円近くかかり、治療期間も2,3年かかり大変な治療と思われていましたが、今では「早い、安い、簡単」な治療の部分矯正が人気です。

ご興味があれば、矯正相談で詳細をご確認ください。

-部分矯正
-, ,

Copyright© 部分矯正ドットコム , 2020 All Rights Reserved.

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ