二重歯列の原因と矯正治療の流れを専門医が解説|矯正費用と放置する危険性もご紹介

【監修:青山健一】

二重歯列の原因と矯正治療の流れを専門医が解説|矯正費用と放置する危険性もご紹介

二重歯列は治療しないといけないのか、と不安に感じることがあります。
もちろん、歯が二列に生えているように見えるのは見た目が気になるから、と矯正する人も多いですが、とくに気にしたことがないという人もいます。

しかし実際に二重歯列は、放っておくと虫歯や歯周病になりやすいといった悪影響を口内に及ぼしてしまうことがあるため、注意が必要です。
そのようなことにならないためにも、二重歯列の原因や矯正方法、矯正にかかる費用などをわかりやすく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

二重歯列の原因

二重歯列の原因

二重歯列になってしまう原因としては、顎が小さいことと乳歯による影響の二つが考えられます。
基本的には、乳歯から永久歯に生え変わるときに二重歯列になってしまうことが多く、大人になってからいきなり歯が二列になったというようなことはありません。
どういった影響のもとに二重歯列という状態になってしまうのかを、詳しくみていきましょう。

顎が小さいことが影響

顎が小さいということは、歯が入る空間が狭いということでもあります。
つまり、すべての歯が生えそろっても収めるだけの空間が足りないため、歯が二列になってしまうということです。

もともと日本人は外国人に比べて顎が小さくなりがちではありますが、小さいころから柔らかいものばかり食べていると余計に顎が発達せず、小さいままになってしまいます。
顎は小さくても歯の生える本数は変わらないために、スペースがなくなればずれて生えてしまって二列になるわけです。

乳歯が影響

乳歯は抜けてしまうのに永久歯にどんな影響があるのか、と疑問に思う人も多くいます。
しかし、例えば乳歯が抜けきらないうちに永久歯が生えてしまい、乳歯と永久歯が並んでしまうことがあります。
そういったときに何が問題なのかといえば、乳歯の根が吸収されずに残ってしまってそのままになることです。

中には乳歯が抜けることが早すぎて、永久歯が生えるスペースにすでに生えてきていた別の永久歯が傾いて場所を占領してしまったということもあります。
つまり、生えてくるスペースがなくなったために二列になってしまったというケースもあるということです。

二重歯列の治療方法

二重歯列の治療方法

二重歯列を矯正するには、いくつかの方法があります。どの方法にもメリットとデメリットがあるため、専門の歯科医師との相談しながら自分に合った矯正方法を見つけてみましょう。
とはいえ、いくつもある矯正方法の中から最適と思われるものを選ぶにしてもどのような方法があるのかを知っておかなくてはなりません。
まずはどのような矯正方法があるのか、一つずつ詳しくみて選ぶ際の参考にしてみてください。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースをはめるという方法です。透明なだけに目立つことは避けられ、とくに見た目が気になる人にはピッタリの方法といえます。
とはいえ、初めからマウスピースのみで歯を動かして二重歯列を矯正するのは難しい場合もあるため、かかりつけの歯科医師と相談することがおすすめです。

ブラケット矯正

ブラケット矯正という方法では、ブラケットと呼ばれる器具を歯につけて歯を適切な位置に移動させることで矯正します。
二重歯列の矯正方法としてはよく使われていますが、器具が少々目立つのが欠点だといえます。

もしも見た目が気になるようであれば従来の金属のワイヤーではなく、透明なブラケットを活用することで見た目にも目立たなくすることが可能です。
とはいえ、少しずつ歯を移動させるために、短期間での治療はできません。

セラミック矯正

セラミック矯正

セラミック矯正は、歯にセラミックのかぶせ物をすることによって見た目を美しく整えるという矯正治療にあたります。
そのため、二重歯列とはいっても軽症である場合にしか適用することはできません。

しかし、逆にいえば軽症であるならセラミック矯正で短期間で歯を美しく整えることができます。
とにかく、できる限り治療期間を短くしたいという人にはおすすめです。まずは、できるかどうかを歯科医師に相談してみてください。

部分矯正

基本的に二重歯列の場合は、歯全体をマウスピースやブラケットを使って矯正します。
しかし、中には前歯だけを矯正できればいい、などといった部分的に治療すれば問題ないケースもあります。
部分的でいいのに歯全体を覆う必要は全くなく、そういったときには矯正したい部分に合わせてブラケットを使うことがおすすめです。
部分矯正ができるかどうかは自己判断できるものではないため、かかりつけの歯科医師に相談してみてください。

舌側矯正

舌側矯正とは、ブラケット矯正の一種ですが歯の裏側から器具を装着する方法です。
裏からであるために口を開けても器具が見えることなく、とくに見た目を気にする女性には人気の方法となっています。
しかし、舌に器具が当たって痛みや多少の違和感をおぼえることがあるのが欠点といえます。

二重歯列の矯正費用

二重歯列の矯正費用

二重歯列の矯正には、どの程度の費用が掛かるものなのが気になるところです。とはいっても実際の費用となれば、治療期間やどの程度の症状なのかにもよります。
もしも、マウスピース矯正やブラケット矯正のように歯を動かして治療する大がかりなものであれば、治療期間も早くて1年程度かかってしまいます。

しかし、もし長ければ3年程度かかってしまうために治療費も合わせて高額になってしまう傾向にあるため専門の歯科医師とよく相談してください。
セラミック矯正などの短期間でさっと終えることができる治療であれば安く済むこともあり、保険が適用できるか自費ですべて支払うかによっても違ってきます。
きちんとした治療を受けるためには、どの程度の費用が掛かるのかもきちんと把握しておく必要があります。

保険が適用される場合

保険が適用される場合は、顎変形症などといった認定されている「病気」であるときです。
なおかつ指定されている医療機関で外科手術が必要ということであれば、保険の適用を受けることができる点がメリットといえます。

保険が適用されない場合

二重歯列の場合は、基本的には保険適用外です。なぜなら、二重歯列とはあくまでも病気ではなく歯並びが悪いから矯正したいという見た目の問題だからです。
もちろん、そのまま放っておくことで病気の原因にもなりますが、あくまで原因となる可能性があるというだけでは保険適用にはならないため注意してください。

保険が適用されない場合は治療方法や治療期間にもよりますが、歯科医師への相談から精密検査、矯正治療を含めて約100万円前後かかることもあります。

二重歯列を放置する危険性

二重歯列を放置する危険性

二重歯列自体は、病気ではありません。そのため、高額な矯正費用が掛かることもあり放置している、という人もいます。
しかし、病気ではないとはいえ、放置しておくのはあまり良いことではありません。
二重歯列を放置しておくことでどういった危険性があるのかを、詳しく知っておくことが大切です。

虫歯や歯周病の危険性が高くなる

二重歯列を放置しておくということは、虫歯や歯周病にかかる危険性が高くなるということでもあります。
なぜなら、二重歯列の場合は歯と歯が重なってしまい、その間をきれいに磨くことが困難だからです。

食べ物のカスもたまりやすく、その分どうしても虫歯になるリスクは高くなります。
虫歯になるリスクが高いということは当然、歯周病になるリスクも考えなくてはならないということでもあります。
単に歯並びが悪いだけだから、と放っておくと歯自体を失ってしまうことにもなりかねないため、注意しましょう。

噛み合わせの悪化

二重歯列は、噛み合わせが悪くなる原因の一つでもあります。軽症であればそこまで問題にはなりませんが、歯がねじれていたり噛み合わせが非常に悪いということがあるなら、早期の治療が必要です。

顎関節症を引き起こす可能性が高くなる

二重歯列を放っておくと、顎関節症という病気になってしまう可能性も出てきます。
そうなると、肩こりや頭痛の原因となることもあります。早期の治療が必要になる場合もあるため、自分の歯の状態をきちんと把握することが重要です。
とくに前歯が二重歯列になっている場合などには顎がずれてしまったり、可動域が制限されたりすることによって顎関節症になるリスクが高くなるため、気を付けてください。

二重歯列の矯正の流れ

二重歯列の矯正の流れ

二重歯列を矯正するにあたっては、まず初めに歯科医師に相談する必要があります。
治療内容や治療期間はもとより、どの程度の費用が掛かるのかも説明してもらうことが重要です。
二重歯列の矯正期間やリスク、かかるであろう費用に納得出来たら、精密検査をしてもらってください。精密検査の後に診察をして、治療するかどうかを決めます。

自分に合った矯正方法を医師と相談して決めてから、治療に移るようにしてください。また、治療が終了した後にも、移動させた歯が元に戻らないように定期的な受診が必要になります。

二重歯列の矯正期間

二重歯列の矯正期間

二重歯列の矯正期間は、治療方法によっても異なります。セラミック矯正であれば1週間程度で矯正可能です。

しかし、マウスピースやブラケットを装着する方法では1年から3年程度という比較的長期間が治療にかかることになります。
とくに二重歯列が重症の場合は、長期の矯正期間を想定しておくことが重要です。

また、矯正できたとしても、その後の経過観察や元に戻らないための処置なども必要になるということも覚えておく必要があります。

二重歯列の矯正は大人になってからも可能か

二重歯列の矯正は大人になってからも可能か

二重歯列は子供のときでないと矯正できないのか、と気にする人もいます。もちろん、大人になってからでも矯正することは可能です。
場合によっては高額な費用が掛かることもあるため、大人になって自分でお金をためてから治療したい、というケースも多くあります。
早めの治療は大切ですが、費用や環境にもよるので大人になってから治療しても決して遅すぎるということはありません。

まとめ

まとめ

二重歯列は放っておくと虫歯や歯周病、ときには顎関節症などの病気になってしまうこともあります。そのため、早期の治療が望ましいです。
病気にまでならないとしても、笑ったら歯が見えてコンプレックスを抱えてしまうということも少なくないため、まずは一度歯科医師に相談してみてください。

中には相談やカウンセリングは無料でしてくれるところもあるため、そういったところであれば気軽に相談してみることができます。
保険が適用できず高額な費用が掛かってしまう場合もありますが、だからといって安さだけで歯科医師や矯正方法を選ぶことはしないようにしてください。

信頼できる歯科医師のもとで、自分に合った矯正方法を行うことが歯の健康へつながります。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ