大人乳歯と矯正の関係性を歯科医が解説|大人の矯正の特徴もご紹介します

【監修:青山健一】

大人乳歯と矯正の関係性を歯科医が解説|大人の矯正の特徴もご紹介します

大人乳歯は乳歯が生え変わらずにそのまま残ってしまう状態です。これは放置してしまうと様々な悪影響を及ぼす可能性があります。
そのため、大人乳歯を発見したら歯科医に相談をして対処しなければなりません。歯列矯正は大人乳歯の対処法として有効な手段の1つです。
今回は大人の矯正治療と大人乳歯について紹介をしていきます。

大人乳歯と歯列矯正の関係性を解説

大人乳歯と歯列矯正の関係性を解説

大人乳歯は一般的な永久歯に比べて抜ける可能性が高く、抜けてしまうと永久歯は生えてこないため隙間が生まれてしまいます。
その空いた隙間を埋める方法として重宝されるのが歯列矯正です。

歯列矯正は歯を動かすために健康な歯を抜歯してしまうことがありますが大人乳歯によって抜けた歯を利用すれば抜歯をすることなく歯を動かすための隙間として利用することができます。
さらに、人工歯を固定するために歯を削る必要もないため大人乳歯がある人は歯列矯正を検討してみるのもよいかもしれません。

大人乳歯の特徴

大人乳歯の特徴

大人乳歯とは子供の歯(乳歯)が永久歯に生え変わらずにそのまま残ってしまっている歯のことをいいます。そのため、この状態を医学的には「永久歯の先天性欠如」と呼びます。
これは生まれつき永久歯の芽である「歯胚」が顎の骨の中に存在しない状態です。
通常、歯胚は成長とともに乳歯の根を溶かし、乳歯を抜けやすくして永久歯として生え変わりますが、歯胚がないため乳歯が抜けることなく残り続けてしまいます。

大人乳歯は永久歯と比べて小さく、そのまま生活していると歯並びが悪くなったりすきっ歯の状態になるなど、悪影響を及ぼしてしまいます。
大人乳歯を見つけた場合は早めに歯科医に相談をすることが重要です。

大人乳歯が永久歯の代わりにならない理由

大人乳歯が永久歯の代わりにならない理由

永久歯が生えてこないことを問題があると考えられる人もいれば乳歯が残っているなら問題ないと考えてしまう人もいます。実際、大人乳歯でも普通に食事をすることは可能だからです。
しかし、乳歯と永久歯では性質が全く違うため大人乳歯を永久歯の代わりとして生活をしてしまうとゆくゆくは非常に困る問題がでてきてしまいます。

これから紹介する大人乳歯が永久歯の代わりができない大きな2つの理由を参考にして大人乳歯を持つ人は早めの治療を検討してください。

エナメル質が弱い

エナメル質が弱い

歯の表面はエナメル質でできていますが乳歯は永久歯に比べておよそ半分程度の厚みしかありません。そのため、乳歯は弱く虫歯にもなりやすいという特徴を持っています。
さらに「象牙質」と呼ばれる神経を覆っている部分も永久歯に比べて半分程度しかないため大人乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく、虫歯になってしまうと神経まですぐに到達してしまうため危険です。

しっかりとケアをすることである程度は対処可能ですが70歳、80歳まで自分の歯で生活をしていくと考えると大人乳歯では難しいため、治療が必要となります。

歯根が短い

大人乳歯は永久歯に比べて歯根が短いです。歯根とは歯の根っこの部分を指しており根っこが短いと長い永久歯に比べて抜けやすくなってしまいます。
そのため、大人乳歯で生活をしているとちょっと固いものを噛んだ時に歯が抜けてしまうこともあるため注意が必要です。

大人乳歯が抜けてしまうと当然生え変わることはないため、永久歯が抜けたのと同じ状態になってしまいます。
抜けてしまうと噛み合わせにも影響があるため、抜けた場合には歯科医に相談をして対処する必要があります。

大人乳歯を放置するリスク

大人乳歯を放置するリスク

大人乳歯を発見しても短期でみれば生活に影響はほとんどありません。そのため、治療に踏み出すことが億劫になってしまう人も少なくありません。

しかし、大人乳歯を放置してしまうことで大きく2つのリスクを背負うことになってしまいます。放置をしてしまうとそこから大きく発展して様々な治療をしていかなければならなくなってしまうこともあり危険です。
大人乳歯を放置するのではなくリスクがあることをしっかりと理解して早期の治療を心がけましょう。

虫歯になりやすい

虫歯になりやすい

前述でも紹介したとおり、大人乳歯は永久歯に比べてエナメル質が弱いため虫歯のリスクが高くなります
さらに乳歯は永久歯に比べても虫歯の進行が早く一度虫歯に掛かってしまうと乳歯を維持することも難しいです。
虫歯に掛かってしまうと抜歯も検討に入れなければならなくなり注意しなくてはなりません。

また、大人乳歯の奥歯は溝が深くケアもかなり気を使っていないと磨き残しが発生してそこから虫歯につながることもあります。

歯並びに影響する

大人乳歯を放置することで起きるリスクはもう一つあります。それは大人乳歯は永久歯に比べて小さいため歯並びに影響することです。
そのため、大人乳歯があると歯並びが乱れやすく歯への負荷のバランスが悪くなり負荷が高い部分の歯は最悪、損失してしまう可能性もあります。
さらには歯と歯の間には隙間が生まれるため「すきっ歯」になってしまい悪影響を及ぼしてしまいます。

また、そのまま放置して抜けてしまった場合はその部分が隙間となってしまい噛み合わせがさらに悪化してしまう恐れがあり危険です。
このように大人乳歯はあるだけでリスクがあるため、歯科医へ相談をして早めに治療しましょう。

大人乳歯が抜けた後の治療方法

大人乳歯が抜けた後の治療方法

大人乳歯は永久歯に比べて抜けやすいため、抜けてしまったという人は少なくありません。しかし、抜けたままにしておくと噛み合わせやほかの健康な歯に悪影響を及ぼすため注意が必要です。
抜けた歯が1本だけだとそこまで違和感なく生活できてしまうため、そのままでよいと感じる人も見えますが状況が悪化してから治療をしようとすると時間もお金も余分に掛かってしまいます。
ここでは大人乳歯が抜けた後の治療方法について紹介をしていきます。

歯列矯正

歯列矯正で歯が抜けた隙間を埋めることは可能です。歯列矯正の場合、歯が抜けていると抜歯をする必要がなくプラスに働く場合があります
抜けた歯の場所によっても状況が変わるため、あらかじめ大人乳歯が抜けたら歯列矯正をしやすい場所かどうかを歯科医に確認をしておくと治療がスムーズに進められます。

しかし、大人乳歯が抜けて時間が経ちすぎているとその部分の歯槽骨が吸収してしまっており歯を動かすことができないことがあるため注意が必要です。
歯列矯正で治療を進めたいと考えている場合は早めの治療が必要となります。

インプラント治療

インプラント治療は抜けた歯のところにインプラント(人工歯根)を植えて顎の骨で支え、その上から被せものを装着させる方法です。
インプラントの特徴は骨の中に植えているため、噛んだ時の感覚が自分の歯に近く違和感が少ないという点です。

さらに部分義歯(入れ歯)やブリッジのように周囲の歯を利用して支える必要がないため、ほかの健康な歯に影響を与えにくいというメリットもあります。
インプラントは高額な治療になりがちですがその分メリットも多く、有効な治療法といえます。

ブリッジ治療

ブリッジ治療は抜けてしまった歯の両隣の歯を削って橋を掛けるように人工の歯を固定していく治療法です。この治療法のメリットは食べ物を噛む際に違和感が少なく食べられます。
しかし、ブリッジは健康的な歯を削って取り付けをするため削った部分の歯の強度が弱くなってしまったり、虫歯や歯周病のリスクが高まるといったデメリットもあります。

さらに支える歯には余計に負荷が掛かってしまうため、もともとあった歯を最悪の場合失ってしまうため注意が必要です。

部分義歯

部分義歯というのは一般的に「入れ歯」といわれています。これは保険が適用され、ほかの治療に比べて安価で手軽にできることが最大のメリットです。
さらに短期間で作ることが可能で取り外しもしやすくケアも簡単にできるという面もあります。

しかし、部分義歯は食べ物を食べる際に違和感を強く感じてしまい食事を楽しむことができなくなってしまう場合があることです。
また部分義歯も両隣の歯で固定をするため、固定している歯が欠けてしまうことがあります。

大人の矯正の特徴

大人の矯正の特徴

歯列矯正は子供のうちに行うというイメージが強い人が多いと思います。実際に子供のうちに治療を進めることで顎の成長の力を上手く利用ができるという点がメリットです。
しかし、矯正治療は何歳からでも受けることができるため歯並びや噛み合わせが気になったら治療を受けることをおすすめします。
もちろん、大人乳歯で悩んでいる人も治療可能のため歯科医に相談をしてみましょう。

成長期の矯正治療より時間がかかる

成長期の矯正治療よりも大人の矯正治療のほうが時間が必ずかかるというわけではありません。
子供のほうが歯は動きやすく矯正治療のスピードは早いですが成長期間に合わせて治療を進める必要があります。
大人の矯正治療は歯を動かすには時間が掛かりますがおよそ1~3年で終了することが一般的です。
矯正治療は子供でも大人でも長期にわたるため、あらかじめスケジュールを確認して治療をすすめましょう。

自分の意思で治療を受けられる

大人の矯正治療は治療期間を自分でコントロールすることができます。子供の治療とは違い成長期間に合わせて治療を進めなくてもよく、自分の都合を考えて進めることができます。
そのため、いつまでに歯並びや噛み合わせを整えたいかという人生のイベントを考えてそこから逆算をして治療を開始することが可能です。

明確な目標がある場合は早めに歯科医の検診を受けて希望を伝えることでどれくらいから始めればよいかアドバイスをもらうことができます。

大人乳歯は信頼できる歯科医に相談しよう

大人乳歯は信頼できる歯科医に相談しよう

大人乳歯は放置をすることで様々な悪影響を及ぼしてしまいます。しかし、治療を進める場合と様子を見る場合があり個人では判断が難しいです。
また、治療は長期間になることもあり信頼できる歯科医と治療を進めていきたいと誰もが思います。信頼できる医師と巡りあうためにはこちらからもコミュニケーションをとることが重要で信頼関係を築いていきましょう。
まずは1人で抱え込まずに歯科医院にいき相談をしてみるところから始めてみましょう。

まとめ

bassisuru-riyuu7_2.jpg

今回紹介したように大人乳歯は矯正治療で治すことが可能です。場合によっては抜歯の手間が省けるなどプラスに働く場合もあるため、歯科医と相談して治療法を選択しましょう。
また、大人乳歯は放置してしまうと悪影響を及ぼす可能性もあるため心当たりがある人は早めに歯科医に相談をして対処していきましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ