インプラントと歯列矯正はどっちが先か|歯科医が解説するインプラントと矯正治療の特徴と条件

【監修:青山健一】

インプラントと歯列矯正はどっちが先か|歯科医が解説するインプラントと矯正治療の特徴と条件

インプラントと歯列矯正、どちらもしたい場合にどちらを先にすればいいのかと悩む人もいます。
もちろん歯科医師に相談すれば症状に合わせてどちらを先にすればいいのか教えてくれます。
しかし、別々の病院でインプラントと歯列矯正をする場合など、どうすればいいのかわからないと悩むことも珍しくありません。

また、すでにインプラントをしているという場合でも矯正治療はできるのか、と不安になることもあります。
今回は、インプラントと矯正治療に関してそれぞれの特徴や条件を詳しく解説していきます。この記事を参考に、ぜひインプラントや歯列矯正を受けてみてください。

インプラントと矯正治療の特徴

インプラントと矯正治療の特徴

インプラントと矯正治療は、別物です。しかし、どういった部分が違うのか、それぞれどのような特徴があるのかよくわからないという人も多くいます。
それどころか、どちらも同じではないかと考えている人もいます。
どちらもするのであればとくに、それぞれの特徴をきちんと把握しておくことが重要です。
インプラントと矯正治療の特徴を詳しく解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

インプラント治療の特徴

インプラント治療の特徴

インプラント治療とは、歯を移動する歯列矯正とは全くの別物です。
人工的に歯の根を作り顎の骨に埋め込んでからその上に義歯を取り付ける治療法です。
もともとインプラントとは、体内に医療器具を埋め込むことを指します。

歯科で使われることが多いために、インプラントといえば歯科での治療と思っている人も多くいます。
歯科で使用されるインプラントは、チタンと呼ばれる金属を使うことが多いです。
インプラントを使用すること、インプラントの上に取り付ける義歯をうまく固定することができるのが大きな特徴といえます。

また、インプラントを使用することにより周りの歯を削ったり抜いたりといったことが必要ありません。
そのために、歯にかける負担が少なくなります。
周囲の歯に余分な負担をかけることがないため、自分の歯の寿命を少しでも伸ばすことができるのもインプラントの特徴の一つです。

歯列矯正の特徴

歯列矯正とは、歯並びに関して悩みがある場合に解決するための方法です。
歯並びが悪いと、見た目が悪いというだけでなくさまざまなトラブルが起こります。
そのため、歯並びをきれいにすることは、健康の観点から見ても非常に重要なことです。

歯列矯正はワイヤー矯正やマウスピース矯正などさまざまな種類があることを知っておきましょう。
どの矯正治療が必要なのかは、専門の歯科医師に相談する必要があります。
そんな歯列矯正の特徴は、歯をブラケットやマウスピースなどの矯正装置を使って適切な位置に移動させることです。

混同しやすい「インプラント矯正」

歯列矯正とインプラント矯正は、混同されることがよくあります。しかし、この二つの治療には大きな違いがあり、一緒にはできません。
歯列矯正とインプラント矯正、どちらもする必要があるのなら必ず治療を始める前に歯科医師に相談してください。

もしもインプラントと歯列矯正を別々の病院で受診する場合には、それぞれの歯科医師がスムーズに連携をとれるように詳しい情報を伝える必要があります。

インプラントと歯列矯正はどっちが先か

インプラントと歯列矯正はどっちが先か

インプラントと歯列矯正はどちらが先か、知っておく必要があります。
インプラントを埋め込んだ後で歯列矯正をすると、歯と歯の間に隙間ができてしまう可能性もあるため、注意が必要です。
必ずしも隙間ができるというわけではありませんが、不具合が起こる可能性は高いです。

また、インプラントは動かせないため、歯列矯正のときに制限や条件が付く場合もあります。
そのようなことにならないためにも、どちらの治療を優先的にするべきかを理解しておくことが重要です。

インプラントと歯列矯正は歯列矯正が先

インプラントと歯列矯正はどちらを先にするべきなのかですが、基本的には歯列矯正を先にします。
なぜなら、インプラントは人工的に作った根元を骨に埋め込むために、埋め込んだ位置から動かすことができないからです。

そうなると、歯列矯正で「このように歯を移動したい」「きれいな歯並びにするために全体的に歯を動かしたい」となったとき、理想の位置に動かすことができません。
そこで、歯列矯正を先にすることで、歯を必要な位置まで動かしておきます。
そうすることで、インプラントを埋め込んだあとに動かす必要がありません。

また歯列矯正で歯の位置を治した後なら、インプラントを埋め込む本数も減らせることがあります。
歯列矯正を先にするメリットはもう一つあり、噛み合わせや全体の歯のバランスを先に決めることになるため、治療が終わった後に不具合が生じにくいです。

例外的なケース

まれに、インプラントを先にする例外的なケースもあります。
症状にもよりますが、歯が欠けていることで食べ物が噛めなかったり日常生活が不便になったりする場合が例外的なケースです。

ただし、インプラントを先に入れる場合はその後に矯正治療をした時に隙間ができるなどの不具合が起こる可能性もあります。
そういったことにならないためにも、歯科医師と入念な打ち合わせをし、細かくシミュレーションをしておく必要があります。
治療後に噛み合わせなどに不具合が出ないように、必ず精密検査や綿密な調査もしてください。

既にインプラントが入っている場合

既にインプラントが入っている場合

基本的には歯列矯正が先といわれても既にインプラントが入っている場合はどうすればいいのか、という人もいます。
もちろん、インプラントをしたからといって必ずしも歯列矯正ができないわけではありません。
インプラントを既にしている場合にはどうすればいいのかを、詳しくみていきましょう。

一旦矯正治療にかかる

インプラントが既に入っている状態であっても、一旦矯正治療に入ってください。
歯科医師と相談のうえでこれ以上インプラントが必要かどうかも、判断することになります。
また、その時点で入っているインプラントの場所などを考慮して、新たな治療計画を作ることになります。
今後入れるインプラントを減らしつつ、見た目も美しく整えられるように綿密な相談と治療計画が必要です。

インプラントを矯正に活かす場合も

インプラントが既に入っている場合には、インプラントを矯正に活かす場合もあります。
既に入れてしまったインプラントの位置を動かすことはできないため、うまく活かすように歯科医師との綿密な相談が必要です。
もちろん矯正治療においていくらかの制限は発生しますが、それを踏まえたうえで治療計画を立てることが重要です。

やり直しや余計な費用はかかる?

矯正治療をするからといって、既に埋め込まれているインプラントをやり直すことはありません。
また、もしやり直すことになった場合には、当然費用がかかってきます。

インプラントは自由診療であり保険がきかないため、どの程度の費用がかかるかは歯科医院次第です。
そのため、できる限り既に埋め込まれているインプラントはそのままにして、治療計画を立てることが望ましいです。

インプラントと歯列矯正を両方行える条件

インプラントと歯列矯正を両方行える条件

インプラントと歯列矯正は、同時に行うことはめったにありません。しかし、条件さえ整えば同時進行をすることもあります。
同時進行で行うのであれば、インプラントの治癒期間を活用して歯列矯正を進めることになります。

しかし、両方の治療を同時に行うためには、専門の歯科医師がそれぞれうまく連携をとることが重要です。
とくに違う歯科医院で同時に進行しようと思うと、よほどスムーズに連携が取れなくては難しいといわざるを得ません。

インプラントと歯列矯正をしたい場合の留意点

インプラントと歯列矯正をしたい場合の留意点

インプラントと歯列矯正のどちらもしたい場合には、いくつかの留意点があります。
留意点を理解しておくことで、よりスムーズにどちらの治療も受けることができます。
どのような点に気を付けるべきなのかを、詳しくみてみましょう。

別々の歯科医院で受ける場合はうまく連携する

別々の歯科医院で受ける場合はうまく連携する

インプラントと歯列矯正は、必ずしも同じ歯科医院で治療を受けられるというわけではありません。
どちらも専門性の高い治療方法のため、それぞれ別に歯科医院で受けることになる場合もあります。

ただし別々の歯科医院で受ける場合には、必ずその旨を歯科医師に伝えてスムーズに連携をとるようにしてください。
連携が取れない場合には、どちらの治療もうまくいかなくなってしまう可能性があります。

そのため、必ずどちらの病院でも別の病院でも治療を受けることになっていると日程や内容、受ける病院についてを詳しく伝えるようにしてください。

インプラント以外の方法も選択肢に入れる

インプラントと歯列矯正を受けたい、と思っていても必ずしもインプラントが必要ではない場合があります。
そのため、本当にインプラントが必要かどうかも歯科医師ときちんと相談する必要があります。
症状によっては、歯科医師からインプラント以外の治療方法を告げられることもあるため、インプラントに固執することなく選択肢へ加えてみてください。

事前の相談と入念な治療計画が大事

事前の相談と入念な治療計画が大事

インプラントと歯列矯正を行うためには、事前の相談と入念な治療計画が大事です。
焦ると、治療がうまくいかないこともあるため注意してください。
必ず、事前の相談に時間をしっかりとるようにして、治療計画は細部にわたって詳しく作る必要があります。
相談の時間を削ったり治療計画がずさんだったりすると、治療期間が長引く、失敗するなどのリスクがあります。

インプラントと歯列矯正両方行うなら安心の矯正認定医へ

インプラントと歯列矯正両方行うなら安心の矯正認定医へ

インプラントと歯列矯正の両方を行うなら、矯正認定医へ任せるのが安心です。
矯正認定医とは、日本矯正歯科学会が認定するものです。
矯正治療において適切な学識と経験を有していると判断された場合にのみ矯正歯科の専門医として矯正認定医になることができます。

そのため、矯正治療においては矯正認定医であれば安心して治療を任せることができます。
矯正認定医はホームページなどを使えば検索することができるため、ぜひ探してみてください。

まとめ

まとめ

インプラントと歯列矯正の両方を受けたい場合には、歯列矯正を先にするのがおすすめです。
しかし、必ずしもインプラントを先にしてしまったから歯列矯正ができない、というものでもありません。
とはいえ、条件や制限がついてしまうこともあるためできるだけ歯列矯正を先にするのがおすすめです。

まずは専門の歯科医師に相談して、どのような治療方法が自分に合っているかを確認してください。
ただし、インプラントも歯列矯正も保険がきかない治療のため、必ず先に費用を相談しておくことも重要です。
費用と治療期間に納得がいくようなら、ぜひインプラントと歯列矯正をして美しい歯を手に入れましょう。

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ