先天性欠如歯の矯正にかかる費用をご紹介|大人の矯正期間について歯科医が解説します

【監修:青山健一】

先天性欠如歯の矯正にかかる費用をご紹介|大人の矯正期間について歯科医が解説します

先天性欠如歯という言葉を知っているでしょうか。これは生まれつき歯の数が少なくなってしまう症状です。
この状態を放置してしまうと虫歯や歯周病のリスクが高まってしまうなど、口内環境に悪影響を及ぼしてしまうこともあるため注意が必要です。

これから紹介する先天性欠如歯の特徴や治療期間、子供と大人の違いを併せて解説していくため是非参考にして今後の治療に活かしていってください。

先天性欠如歯の概要

先天性欠如歯の概要

先天性欠如歯とは通常なら乳歯で20本、永久歯で32本生えるはずの歯が生まれながらに少ない状態のことをいいます。
本来であれば母親が妊娠2~3か月のときに乳歯の歯胚ができ、永久歯でも妊娠5か月以降から歯胚ができ始めます。

しかし、その際に全ての歯胚が作られずそのまま産まれてしまう状態が先天性欠如歯です。
ちなみに歯胚とは歯の芽とも呼ばており、これがないと歯は生えてきません。

先天性欠如歯の特徴

先天性欠如歯は病気の一種と思われがちですが形成異常の1つのため必要以上に心配をする必要はありません。
この症状は乳歯でも永久歯でも起こりますが乳歯の先天性欠如は珍しいですが、永久歯では日本人の全体でおよそ9%の人で見られます。

一般的に上顎より下顎の方が多く、左右差はないようです。また、乳歯だと前歯に見られることが多く乳歯が先天性欠如歯だとおよそ50%の確率で永久歯も先天性欠如歯になります。

主な原因

主な原因

先天性欠如歯のはっきりとした原因は明らかになっていませんがたくさんの歯が欠如しているような場合では遺伝や内分泌疾患と考えられるようです。
しかし、1~2本と少数の場合では現代の食生活による退化現象が原因ではないかといわれていますがこれもあくまで憶測のようです。

そのため、予防をすることが難しく現状では先天性欠如歯がみつかったときに対処をしていくしかありません

先天性欠如歯を放置するとどうなる?

先天性欠如歯を放置するとどうなる?

先天性欠如歯を放置することは危険です。なぜなら、歯にはそれぞれ役割があり1、2本少ないだけでもまわりとのバランスが悪く噛み合わせに影響があります。
見た目が気にならないといって放置してしまうと今度は虫歯や歯周病のリスクが高まるため注意が必要です。

また、噛み合わせが悪くアンバランスな状態のまま生活を続けると顎の骨が正常に発達せずに顎の変形や顔貌の変形を引き起こしてしまいます。
先天性欠如歯は一般的に7歳までに歯科医で問題がないか確認をしてもらいます。これは大人になってからよりも子供のうちのほうが治療がしやすいからです。

この確認は一般の歯科医でも可能なため歯に違和感がある場合はもちろんのこと、問題がなくても定期健診も兼ねて受診をしましょう。

先天性欠如歯の治療方法

先天性欠如歯の治療方法

先天性欠如歯は産まれたときから歯が少ないため、治療ができないと勘違いをされる人も中にはいます。
しかし、先天性欠如歯は治療をすることができるため発見をしたら早めに治療をしたほうがよいです。なぜなら、前述で紹介したようなリスクや空隙歯列などになってしまうからです。

先天性欠如歯の治療法は様々な治療法が存在しています。これから紹介するそれぞれの治療法の特徴を参考に歯科医に相談をしてみてください。

歯列矯正

歯列矯正

早期発見ができれば歯列矯正で治療をすることが可能です。
先天性欠如歯を矯正治療で治療する場合は歯が少なくて開いてしまったスペースを埋めるように歯を動かしていきます。
この治療は特に10代のまだ顎の骨も柔らかくて動かしやすい状態のときに使用する治療法です。

永久歯が生えそろったタイミングで乳歯を抜いて全体の歯並びと噛み合わせを調整するように治療をすすめていきます。
おすすめな時期として12歳~18歳といわれているため検診を定期的に受けて早期発見を心がけることが重要です。

インプラント治療

インプラント治療の最大の特徴はほかの健康な歯にダメージを与えないところにあります。通常のブリッジ治療は両サイドの健康な歯を削って連結した被せものをしていきます。
歯を削ると虫歯や歯周病のリスクが高まり、虫歯になってしまうと義歯の取り付け自体ができなくなってしまうため注意が必要です。

また、インプラントは骨を土台としているため通常の歯のようにしっかりと噛むことができるというメリットもあります。
しかし、インプラントは骨が成長している状態では使用することができないため16歳~18歳以上にならないと使用することができないというデメリットがあるため気を付けなければなりません。

ブリッジ治療

先天性欠如歯で空いてしまった隙間を両隣の歯を利用して義歯を取り付けて補うブリッジという治療法があります。
しかし、前述でも紹介しているとおり支持する両隣の歯を削らなければならないというデメリットがあるため注意が必要です。

メリットとしては治療がシンプルのため、治療期間が短くて済むという点と取り外しがないため違和感が少ないという点です。
ブリッジ治療を問題なく進めるためには長期にわたって支持をしても大丈夫な歯かどうかを見極める必要があります。

治療を進める前にしっかりと検診を受けてブリッジ治療を成功させられそうか歯科医と話し合って治療を進めていきましょう。

部分義歯

隙間を埋めるために部分義歯(入れ歯)という方法もあります。人工の歯を金具で周囲の歯に固定をして治療をします。
最大の特徴は簡単で比較的安価に作れることと、治療期間がとても短いです。しかし、噛む力が元々あった自分の歯に比べて半分程度しかなく固いものが食べにくいというデメリットがあります。

先天性欠如歯の矯正費用

先天性欠如歯の矯正費用

矯正治療やインプラント治療、義歯治療などは保険適用外というイメージを持っている人は少なくありません。
しかし、2020年に先天性欠損がある患者はインプラント治療や矯正治療にも公的医療保険が適用されるように改定されるなど改定がすすんでいます。

特に歯の治療は高額になりがちのため、保険が適用されるのなら出費が抑えられ費用で悩んでいる人には重要なことです。ここでは保険が適用される場合とそうでない場合について紹介します。
参考にして自分はどちらになるのかを判断していきましょう。

保険適用外の場合

歯列矯正とインプラント治療で治療を考えている場合、保険適用外となる場合があります。
従来は基本的には保険適用外でしたが2020年の改定である程度先天性欠如歯がある場合は保険が適用されるため、治療の際は本数を確認してみましょう。
保険適用外でもこれらの治療法で進めたいと考えている場合はあらかじめ見積もりをとってどれくらいの費用になるかしっかりと確認して計画的に治療を進めていく必要があります

保険適用の場合

ブリッジや部分義歯は保険適用となる可能性が高いです。しかし、治療の方法や材質など場合によっては適用外となってしまうこともあるため歯科医に確認の上、進めていきましょう。
前述でも紹介しているとおり矯正治療やインプラント治療でも保険が適用される場合があります。

それは合計で6本以上の先天性欠如歯がある場合になるため、歯科医で診断されたときは本数を確認しておきましょう。
ほかにも細かい条件がある場合もあるため、早めに確認をしてましょう。

また、保険の適用には指定の歯科医でなければならないため、ホームページなどで確認をしてから診察を受けていきましょう。

先天性欠如歯の矯正は大人になってからでは遅い?

先天性欠如歯の矯正は大人になってからでは遅い?

前述でも紹介しているとおり先天性欠如歯の矯正は子供のうちに行うことが一般的です。
理由は大人になると歯が固定されて動かしづらくなってしまうため、動かしやすい子供のうちがよいとされています。

大人で先天性欠如歯を矯正治療で治そうとすると足りないところの部分をほかの歯で補う形になるため痛みを伴います。さらに時間が掛かったり自然な仕上がりにならない場合もあるため難しいです。
それでも歯列矯正で治療を希望している場合は、歯科医に相談をしてみましょう。

大人の矯正にかかる期間

大人の矯正にかかる期間

先天性欠如歯を歯列矯正で治療を考えた場合、子供よりもはるかに時間が掛かってしまいます
歯の状態によっても変わってくると思いますがそれぞれの場合についても参考に考えて治療のスケジュールを立てていきましょう。

全体矯正の場合

前述でも紹介しているとおり状況によっても大きく変わってきますが、一般的に歯を動かすのに2~3年で保定するのにも2~3年は掛かってしまうといわれています。
さらに目立たない装置を使用して治療を進めた場合は治療期間が延びてしまうこともあるため、注意が必要です。
また、期間がないということはそれだけ通院回数も増えてしまうため費用が上がってしまう原因にもなっています。

部分矯正の場合

部分矯正であれば6か月~1年くらいといわれていますが先天性欠如歯の治療には向いていないため利用をすることは難しいかもしれません。
該当の歯が1~2本といった少数であれば部分矯正にて対応が可能かもしれないため、気になった場合は歯科医に相談してみましょう。

先天性欠如歯の矯正はまず歯科医に相談しよう

先天性欠如歯の矯正はまず歯科医に相談しよう

先天性欠如歯は生まれつき歯が少ないという状態のことを呼ぶため、そのままでもいいと思う人もいます。しかし、放置してしまうと噛み合わせに悪影響を及ぼしてしまいます。
そのため、治療は進めていかなくはなりませんが自身が信頼できる歯科医院で進めていくことが重要です。

なぜなら、治療期間は長くなることがあるため不安や不満があるような歯科医の下で治療をすすめないとストレスを感じてしまい治療が嫌になってしまいます。
定期健診などを通じて医師との信頼関係を築いてよりよい矯正治療を進めていきましょう。

まとめ

まとめ

今回紹介した先天性欠如歯は病気ではなく形成異常のため、しっかりと対処をしましょう。
特に子供のうちであれば矯正治療をおすすめしますが可能であれば大人でも矯正治療を検討してもいいかもしれません。

歯列矯正だけでなくインプラントなども有効な治療になるため、一番よいのは併用して治療を進めることも検討してみましょう。
医師と相談をしてしっかりと治療をして健康的な歯並びを手に入れましょう

-矯正全般
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ