歯列矯正で目が大きくなることはある?歯列矯正で期待できる効果や顔つきへの影響を解説します

【監修:青山健一】

歯列矯正で目が大きくなることはある?歯列矯正で期待できる効果や顔つきへの影響を解説します

歯列矯正をして顔が変わったという話を耳にしたことがあるかもしれません。
元々の歯列や骨格の歪み具合と治療内容によっては、歯が本来の位置に戻るため顔つきに変化が生じることがあります。

そこで今回は歯列矯正で期待できる効果や顔つきへの影響について解説していきます。
目や鼻、口、顎などの顔パーツのうち具体的にどこが変化する場合が多いのかについてもお話していくため、自分の希望と合うかどうか確認してみてください。

歯列矯正で目の大きさが変わることはある?

歯列矯正で目の大きさが変わることはある?

結論からいうと歯列矯正をすると「顔つき」が変化することはありますが、目が大きなったり鼻が高くなるというような劇的な変化は残念ながら望めません
矯正はあくまで歯並びや口まわりバランスを正しい状態に戻すことが目的のため、顔パーツの形や大きさが変化することはないのです。

しかし出っ歯やエラはり、受け口のような骨格の歪みは矯正治療を行うことでなくなり、結果として顔全体のバランスが変化するため目が大きく「見える」ということはあり得ます。

歯列矯正で期待できる効果

歯列矯正で期待できる効果

歯列矯正を行うと顔つきが変わることがある他に、どのような変化が見られるのかについてご説明します。
歯列矯正を行うと口まわりのバランスが整うため、さまざまな弊害が改善する可能性を秘めています。今抱えている悩みが歯列矯正で解決するかもしれません。
自分の悩みと比較して、改善する可能性があるかを考えてみてください。

歯並びの改善

歯列矯正を行うと歯並びが改善します。歯並びに不整があると見た目の問題はもちろんのこと、歯の間に不必要な隙間や重なりができることで歯磨きがしにくくなり、虫歯になりやすくなります。
さらに歯全体に均等な力が加わらなくなるため、歯茎にまで負担がかかり歯周病のリスクも高めてしまう上に、前歯に歪みがあると滑舌が悪くなることもあるのです。

タ行やサ行などの破裂させて音を出すハード音は前歯や上顎に舌を触れさせて発音するため、正しい位置に歯がないと音が出しにくくなります。

噛み合わせの改善

噛み合わせの改善

歯並びが改善すると、上と下の噛み合わせも改善できます。噛み合わせは口まわりのバランスを保つために重要な要素です。
噛み合わせがズレてしまうと食べ物を噛みにくくなったり、特定の歯に力がかかりすぎてしまうこともあります。
さらに口まわりに不必要な力がかかることで、肩や背中の筋肉にまで影響を与えて頭痛や肩こりの原因にもなります。

噛み合わせの影響は口まわりに止まらず、肩や背中などの上半身、さらには身体全体のバランスを崩してしまう可能性を秘めているのです。
噛み合わせを改善することは身体の不調を整えるためにとても大切であるといえます。

コンプレックスの解消

歯列矯正は歯並びの悪を改善すると、見た目へのコンプレックスを解消してくれます。
矯正前には入念な問診やレントゲン、写真撮影などを行い治療の方針を決めます。骨格に合わせてどのように歯並びを綺麗に整えるかは変わってくるからです。
そのため、骨格に負担をなるべくかけずに歯を綺麗に並べます。ニコッと笑ったときに綺麗に並んだ歯を見せられるようになります。

歯列矯正が与える顔つきへの影響とは?

歯列矯正が与える顔つきへの影響とは?

歯列矯正すると顔つきが変わる場合がありますが、具体的にどのような変化があるのかを解説していきます。

理想的なEライン

歯列矯正をすることでEラインが整います。Eラインとは「エステティックライン(esthetic line)」と呼ばれる横顔を鼻と顎先を結んだ線のことです。
Eラインは横顔のフェイスラインが綺麗に見える基準になり、綺麗な横顔はEラインの内側に口先がおさまっている状態が理想的とされています。

自分で横顔を確認するのは難しいですが、セルフチェック法があります。自分の指を鼻と顎に当てて「しー」と静かにしてくださいのサインをしみてください。
そのときに唇が指に少し触れるか、触れないギリギリが綺麗なEラインです。しかし、出っ歯や受け口などの場合、唇が指にしっかりと触れてしまいます。

つまり、出っ歯や受け口の状態だと綺麗な横顔が作れないのです。これらの不整を整えることで、理想のEラインにできる可能性があります。

口ゴボの改善

「ロゴボ」とは歯や歯茎が前に出ているために、口先が突き出ている状態のことです。歯列矯正はこのロゴボの改善も期待できる場合があります。
しかし歯茎の骨に問題があるような場合は矯正領域では治療が行えないため、美容整形や形成外科の領域での治療が必要になってきます。

フェイスラインがすっきりする

歯並びを整えると不必要な力が口まわりの筋肉にかからなくなるため、フェイスラインの張りが改善する場合があります。
また矯正内容によっては抜歯を行うケースもあり、抜歯をすると今まで無理やりおさめてた歯並びに余裕を持たせられることでフェイスラインがスッキリする可能性があるのです。

歯の矯正で目が大きくなるわけではない?

歯の矯正で目が大きくなるわけではない?

上記でも述べたように歯列矯正は口まわりのバランスを「整える」治療であり、顔のパーツを「変える」治療ではありません。
そのため、美容整形とは異なり目が大きくなったり、鼻が高くなるといった大きさや形を変化させることはできません。

しかし歯列バランスが整うことで、顔全体のバランスが変化し結果として目や鼻のバランスがよく見えるようになる可能性は考えられます。

矯正で顔つきが変わりやすい歯並び

矯正で顔つきが変わりやすい歯並び

矯正後にどのような顔の変化があるかは元の骨格や治療の程度によっても変わるため、一概にどのように変わるかをお答えするのは難しいです。
しかし、顔つきが変わりやすい歯並びの特徴はあるため、ここではその歯並びについてご紹介します。

出っ歯

ロゴボの原因でもある出っ歯は顔つきが変わりやすい歯並びの代表です。前歯は常に見えやすい位置にあるため、少し変化するだけでも印象がガラリと変わります。
噛み合わせや虫歯などの口腔内の疾患の原因にも繋がる、出っ歯を改善することにはたくさんのメリットがあります。

受け口

下顎が上顎よりも前に出ている状態の受け口についても顔つきが変化しやすい状態といえます。
受け口は出っ歯と同様にさまざまな弊害を抱えている状態です。見た目の問題はもちろんのこと、身体全体の弊害の改善にも繋がります。

これらの状態に心当たりがある方はぜひ歯科医で相談してみることをおすすめします。
無料ご相談をご希望の方は下のリンクを押してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

主な歯列矯正の種類

主な歯列矯正の種類

歯列矯正が与える顔つきへの変化についておわかりいただけたところで、次に矯正治療にはどのような方法があるのかについてご紹介していきましょう。
歯列矯正には「ワイヤー矯正・マウスピース矯正・セラミック矯正」の大きく分けて3つの方法が存在します。

それぞれにはメリット・デメリットがあり、個人の状況や環境で合う治療方法は異なります。
自分に合う治療方法を考える参考にしてください。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる器具を歯ひとつずつに取り付け、そのブラケットを繋ぐようにワイヤーを張ることで歯を動かしていく方法になります。
一度歯の表面にブラケットを接着してしまうと、治療が終わるまで外せないです。常に装着した状態になります。

そのため見た目を気にする方にはあまり向かない方法であるといえますが、最近ではブラケットが半透明なものや白いものなど目立たない器具も増えています。
問診のときに器具のサンプル写真や模型を見せてもらい、自分が許容できる範囲かどうかを検討してみると良いです。

ワイヤー矯正は見た目が気になる一方で、ブラケットを歯それぞれに取り付けるため、複雑な歪みをした歯並びでも治療を行うことが可能です。
どのような状態の症例にも柔軟に対応できる点はワイヤー矯正の最大のメリットといえます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は型取りして作成されたマウスピースを口に嵌めて歯列を矯正していく方法です。
ワイヤー矯正と異なり自由に取り外しが可能なため、写真撮影や大切な行事のときなどには簡単に外せます。

一方で装着していない時間は矯正治療が行えないため、あまりに長い間装着せずにいると、いつまでも治療が進まなくなってしまいます。
歯科医の方で少なくとも1日に何時間装着してくださいと指示があるため、その時間をしっかり守るように時間管理も大切です。

さらにマウスピース矯正には治療ができない場合があります。ワイヤー矯正のように柔軟な治療ではないため、歯並びが複雑なときはマウスピース治療は適用できません。

セラミック矯正

セラミック矯正は歯並びが歪んでしまっている原因が歯の形にある場合、その歯を削ってセラミックを被せることで形を整え歯並びを矯正する方法です。
ワイヤーやマウスピース矯正は歯の並びを矯正することが主な目的でしたが、セラミック治療は歯の形を矯正する治療といえます。

この治療方法は出っ歯や歯茎が大きい方などに用いられる場合が多い方法です。削ってセラミックを被せるため、治療成果がすぐに確認できるところがメリットです。
しかし自分の歯を削らなければならないため、自分の歯を削ることに抵抗がある方には向かない治療方法といえます。

どの矯正治療を行うべきかは骨格の状態や年齢、予算、スケジュールなどによって変わってくるため、担当の歯科医と相談して決めましょう。

歯列矯正で顔つきを変えたいなら

歯列矯正で顔つきを変えたいなら

もし出っ歯や受け口など口まわりの悩みをお持ちでしたら、一度歯列矯正を検討してみるのもよいです。口まわりを整えることで顔つきも変わる可能性があります。
いきなり治療を始める必要はないです。まずは自分の顔つきはどのような治療を行えば治るのかを把握するために、カウンセリングに行ってみることがおすすめです。

時間に余裕がある方は数件の医院でカウンセリングを受けてみて、自分の希望により添ってくれるところを探してみましょう。
納得のいく結果を得られるように、気になったことは遠慮せず自分の希望を伝えて、わからないことは質問してみてくださいね。

無料でのご相談やご質問をご希望方は下のリンクを押してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

今回は歯列矯正で生じる顔つきの変化について解説してきました。
歯列矯正は口まわりのバランスを整えることが目的であり、整形のように目の大きさや鼻の高さを変えることが目的ではないことを念頭に置いておきましょう。

しかし口元が顔全体の印象に与える影響はとても大きいです。目が大きくても歯並びがガタガタでは勿体ないですし、何より力のバランスが崩れやすくなるため身体にも悪影響です。
ニッコリ笑ったとき、綺麗に並んだ歯がチラッと見えるのはとても魅力的です。口周りの歪みでお悩みの方は歯列矯正を検討してみてください。
そして、ぜひ素敵なスマイルを手に入れてくださいね。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ