口ゴボでも歯並びは良い人もいる?口ゴボと歯並びの関係や治療方法を歯科医が解説します

【監修:青山健一】

口ゴボでも歯並びは良い人もいる?口ゴボと歯並びの関係や治療方法を歯科医が解説します


何らかの原因で口元が前に出ている状態を口ゴボといいますが、見た目が気になっても歯並びが良いため、矯正治療をするか迷う人は少なくありません。
今回は、口ゴボでも歯並びは良い人もいるのかについて詳しく解説します。口ゴボと歯並びの関係治療方法もみていきましょう。

口ゴボでも歯並びが良い人はいる?

口ゴボでも歯並びが良い人はいる?

出っ歯・鼻の下の人中が長いなど口ゴボといっても原因はさまざまですが、口ゴボに悩んでいる人は歯並びが良い人も多いです。
前歯がきれいにならんでいるため、口ゴボを治すためには歯列矯正が必要だと知らない人も少なくありません。

では、なぜ歯並びは良いのに口ゴボになるのか、それは口ゴボの原因によって変わります。
また、上の前歯の並びが良くても歯の傾きがあれば口ゴボになりやすく、歯列矯正で傾きを治すことで口ゴボを改善できます。

口ゴボの概要

口ゴボの概要

そもそも口ゴボとはどういったものなのか、コンプレックスにもなりやすい口ゴボについて、概要を詳しくみていきましょう。
口ゴボと知らずに自分の口元にコンプレックスを抱いている人も多いため、口元が出ている・気になる人は当てはまる部分があるかをチェックしてみてください。

口ゴボの特徴

口ゴボの特徴

出っ歯・口がもこっとしている・鼻の下の人中が長く見える・口まわりが猿っぽいなど、口元の見た目が気になるのが口ゴボの特徴です。
出っ歯の様に前歯が出ている場合だけでなく、歯並びがきれいでも口ゴボの可能性はあり、口元が前に出ていると感じる場合は当てはまります。

Eラインとの関係

Eラインとの関係

口ゴボで悩んでいる人の中には、出っ歯や人中が気になるほどではないが横から見ると口元が前に出ていて気になるという人も少なくありません。
これはEラインとの関係によるもので、Eラインから唇がはみ出していると横顔が美しくないと感じやすいためです。

Eラインとは鼻の先から下顎の先を結んだラインのことで、このライン上または内に唇が納まっていると横からみた口元が美しいとされています。
ただしEラインにも個人差があり、ライン上に唇が収まっていなくても横顔が美しい人もいます。そのため、唇がEラインに収まっていないから美しくないとは限らないのです。

Eラインはあくまでも口ゴボかどうかの判断基準であり目安です。Eライン内に唇が納まっていても出っ歯の人もいるため、悩んだら歯科医院で相談してみましょう。

口ゴボの原因

口ゴボの原因

そもそもなぜ口ゴボになるのか、口元が突出している口ゴボの原因について詳しく解説していきます。
口ゴボになる原因はさまざまですが、当てはまる部分があれば今から改善していきましょう。

口呼吸

口呼吸

普段から口呼吸をしている人は、口ゴボになりやすいです。鼻呼吸の場合、普段は口を閉じているため基本的には舌が上の前歯の裏側にきます。
しかし、口呼吸をしていると舌が下の前歯の裏にくるため、下の前歯が前に傾き始めそれに伴い上の前歯が傾くことで出っ歯・口ゴボになります。

口呼吸は出っ歯だけでなく口臭や歯周病などの原因でもあるため、習慣的になっている人はまず鼻呼吸に改善することから始めましょう。

上下の顎のバランスが悪い

上下の顎のバランスが悪い

 

上の顎が前に出過ぎている・下の顎があまり発達していないなど、上下の顎のバランスが悪いのも口ゴボの原因になります。
こういった症状の人の場合、歯並びはきれいなことが多く歯列矯正を考えない人も少なくありません。
ですが、歯列矯正では上顎を引っ込めたり下顎を出すことも可能です。外科的な手術が必要なことも多いため、詳しくは歯科医院で説明を聞いてみましょう。

歯並び

歯並び

前歯が出ている出っ歯・歯の並びが窮屈な叢生など歯並びが良くない場合も、口ゴボになりやすいです。
歯が傾いているため出っ歯になっている人も多く、子どもの頃の指しゃぶりや爪を噛むなどの癖で出っ歯になる場合もあります。

また、上顎が小さく窮屈で歯が全て入りきらず歯並びが悪くなっていることもあり、このような叢生の場合は矯正治療での抜歯が必要になります。

口まわりの筋肉の衰え

口まわりの筋肉の衰え

口まわりにはある程度の筋肉がなければきれいな口元にはなりません。唇のまわりにある口輪筋は、年齢と共に衰えてきます。
口輪筋という口まわりの筋肉が衰えると口元がたるみ、口ゴボになりやすいです。また、ほうれい線・唇のシワが目立つ原因にもなります。

歳をとってくると梅干しのような口元になるのは、口輪筋の衰えが原因です。年を取ってきたら口ゴボが目立つようになった場合は、口輪筋を鍛えてみましょう。

口ゴボと歯並びの関係性

口ゴボと歯並びの関係性

前に出ているように見える口ゴボは、歯並びと大きく関係しています。歯の並び方や傾き方によって口ゴボになるため、気になる場合は矯正治療を考えましょう。
歯並びは遺伝性も大きいため、両親のどちらかが出っ歯などの歯並びの場合、お子さんも出っ歯や口ゴボになりやすいです。

小さい頃から口ゴボが気になる場合は、歯が動きやすく顎の骨が形成途中である子どものうちに矯正治療を行うことも考えてみましょう。

口ゴボは歯科医への相談がおすすめな理由

口ゴボは歯科医への相談がおすすめな理由

見た目が気になる口ゴボですが、改善するにはまず歯科医への相談がおすすめです。
歯並びが悪くないのに歯科医に相談しても良いのかと歯科医院の受診をためらう人もみえますが、専門医に相談しなければわからないこともあります。
では、なぜ口ゴボで悩んだら歯科医への相談がおすすめなのか、理由をみていきましょう。

自分では気づけないこともある

自分では気づけないこともある

口ゴボで悩んでいる人は見た目を気にしている場合が多いですが、見た目だけの問題とは限りません。
出っ歯のため口が開きっぱなしになったり歯が空気に触れて乾燥したりすることで、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
見た目だけの問題だと思っていても既に虫歯や歯周病になっている可能性もあり、自分では気付けないこともあるため口ゴボの悩みは歯科医院で相談しましょう。

歯列矯正で治せる可能性

口ゴボが気になるが歯並びは良く改善方法がわからないと悩んでいる人も多いですが、歯並びが良くても歯列矯正をすれば口ゴボを治せる可能性は高いです。
前歯の並びが良くても前に突出するような傾きがみられる場合は、矯正治療で歯の傾きを治して口ゴボを改善していきます。

また、歯並びや傾きは正常であっても上顎が出ていて口ゴボになっている場合は、上顎を引っ込めたり抜歯をしたりして矯正治療を行い口ゴボを治します。
歯列矯正をするのは歯並びが悪い人だけではないことを知らない人も多いため、歯並びは良いが口ゴボの悩みがあることを歯科医に相談することから始めてみましょう。

下記のリンクでは、矯正の無料相談がインターネットでご予約いただけます。口ゴボは改善できる可能性があるため、諦めずにお気軽にご相談ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯列矯正で口ゴボを治す方法

歯列矯正で口ゴボを治す方法

歯並びは良くても口ゴボに悩んでいるなら歯列矯正を考えてみましょう。
歯列矯正といってもさまざまな種類があるため、自分の歯並びや口ゴボの原因によって矯正治療の方法を選べます。
では、歯列矯正にはどんな種類があるのか、口ゴボで悩む人が行う主な矯正方法をご紹介していきます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤーを使ったワイヤー・ブラケット矯正は、歯の表面に矯正装置を着けワイヤーを通して矯正治療を行います。
出っ歯や叢生などに対応しており、歯列不正がひどいケースでも対応できるメジャーな矯正方法です。

矯正装置は取り外しができないため、治療が終わるまで装着することになります。そのため、装置が目立って嫌だという人も少なくありません。
金属が目立つのが嫌という場合は、透明ブラケットやホワイトワイヤーといった目立たない装置にすることも可能です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

前歯から奥歯にかけてマウスピースをはめるマウスピース矯正は、矯正治療をしていても目立ちません。
透明の装置で着けているのがわからないこともあり、人前に立つ仕事をしている人でも行いやすい治療法です。
マウスピースは取り外しも可能で、歯磨きや食事をする際には外すため今まで通りの歯磨き・食事ができます。

しかし、叢生などの歯並びがガタガタとなっているケースの場合、あまりひどければマウスピースでは対応できない場合もあります。
マウスピース矯正が適応できる症例かどうかは歯科医師の判断によるため、気になる場合は歯科医院でカウンセリングを受けてみましょう。

セラミック矯正

セラミック矯正

自分の歯に被せ物をして矯正治療を行うのがセラミック矯正です。口ゴボの原因となっている上の前歯にセラミックを被せます。
セラミック矯正は歯の色や形を自分の好みにすることができるため、他の矯正治療方法より審美性が高いです。

しかし、自分の歯を削って被せなければならないため、歯の寿命を短くしてしまう場合もあります。
セラミックは隙間・ズレがないように歯に被せなければ、歯とセラミックの隙間から虫歯や歯周病にもなりかねません。

精密な技術が必要になるため、セラミック矯正を行う場合は信頼と実績のある歯科医師を選びましょう。

口ゴボと歯並びの悩みは歯科医に相談しよう

口ゴボと歯並びの悩みは歯科医に相談しよう

見た目が気になる口ゴボは、矯正治療をすれば治せる可能性があります。
出っ歯やガタガタの歯並びによって口ゴボに見える・もしかして自分は口ゴボかな?と悩んでいる人は、悩んでいることを歯科医に伝えるだけでも構いません。

歯並びが良い口ゴボの場合でも歯列矯正をすれば改善できる場合もあるため、自分で判断せずにまずは歯科医に相談してみましょう。
また、口ゴボで歯列矯正を考えているが治療方法に迷っているという人は、矯正の種類によるメリット・デメリットを知った上で治療方法を決めましょう。

下記のリンクでは、矯正の無料相談がインターネットでご予約いただけます。
歯列矯正を始めるかは迷っているがまずは治療方法について詳しく知りたいという場合も、お気軽にご相談ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

口ゴボで悩んでいても歯並びは良いからと歯列矯正を考えない人もいますが、矯正治療をすれば口ゴボは改善されます。
口元にコンプレックスを抱え続けるよりこれからの人生を楽しく過ごせるように、矯正治療という選択肢があることも知っておいてください。

とはいえ、矯正治療には費用や期間もかかります。しっかりと治療内容を理解した上で歯列矯正を行い、美しい口元を手に入れましょう




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ