フィックスリテーナーのメリット・デメリットを医師が解説|フィックスリテーナーの期間もご紹介

【監修:青山健一】

フィックスリテーナーのメリット・デメリットを医師が解説|フィックスリテーナーの期間もご紹介

長い矯正治療を終えて、美しい歯並びを手に入れたときには嬉しさもひとしおです。しかし、その歯並びが一生続くわけではありません。
矯正治療によって動いた歯は、元に戻ろうとする「後戻り」をする傾向があります。
そのため、矯正歯科では矯正装置を外したあとに、リテーナーと呼ばれる後戻り予防の装置を施術します。
矯正治療は、歯並びをきれいにして終わりではないのです。

フィックスリテーナーの概要

フィックスリテーナーの概要

後戻りをしないために、矯正治療によって動かした歯をしばらく固定する必要があります。それを保定といいます。
リテーナーとは保定のための装置のことで、フィックスリテーナーはその1つです。
フィックスリテーナーは前歯の裏側にワイヤーを固定するもので、後戻りに対して高い効果が期待できます。

後戻りがしやすい下の前歯に対しては、フィックリテーナーは欠かせないものです。多くの歯科医は、矯正治療のあとにフィックスリテーナーを施術します。
「矯正装置が外れたら、今度はワイヤー」と嘆く患者さんも多いです。しかし、フィックスリテーナーは痛みを伴いません。
慣れると存在を忘れ、何年も使い続ける方も多くいます。

後戻り予防の保定装置

フィックスリテーナーは、矯正治療した歯が後戻りしないようにする保定装置(リテーナー)で、上下の前歯に装着します。
前歯の後戻り予防としては効果的です。矯正治療した歯の後戻り以外にも、子どもの場合は成長に伴う歯の移動がみられます。

大人は加齢によって歯が移動します。このような歯の移動に対しても、フィックスリテーナーは効果的です。
リテーナーには種類がいろいろあります。フィックスリテーナーと、取り外し式のリテーナーを併用するケースも多くあります。

固定式で取り外しできない

フィックスリテーナーは固定式で取り外しはできません。上下の前歯6~8本の裏側にワイヤーを接着して固定します。
取り外しはできないため、1日24時間付けていることになります。付けている限り、矯正の後戻りを最小限に抑えることが可能です。

そのため、保定期間を過ぎても装着を続ける患者さんも少なくありません。保定期間は歯科医師にもよりますが、2年間程と考えられています。
ただし、つけている期間は定期的に矯正歯科に通う必要があります。

フィックスリテーナーのメリット

フィックスリテーナーのメリット

リテーナーにはいくつも種類があります。どのタイプのリテーナーを使うかは歯科医師の判断と患者さんの希望で決まります。
フィックスリテーナーは歯科医師の管理のもとで装着される保定装置です。対して、取り外し式リテーナーは患者さんの自己管理に任せられます。

そのため、使用をさぼる方が多く、歯が後戻りするケースがみられます。フィックスリテーナーには、後戻りする心配はありません。
フィックスリテーナーには固定式ならではのメリットが多いようです。ここでは、フィックスリテーナーのメリットを紹介します。

目立ちにくい

フィックスリテーナーは歯の裏側に付けるため、目立ちにくいというメリットがあります。
取り外し式リテーナーの透明マウスピースは、見た目に配慮しています。しかし目立たないという点ではフィックスリテーナーが1番です。
裏側矯正やインビザラインなどの矯正治療をした患者さんは見た目にこだわりのある方が多く、フィックスリテーナーを好まれます。

つけ忘れの心配がない

フィックスリテーナーは固定式です。患者さんが自分で取り外すことはなく、もちろん付け忘れをする心配は皆無です。
装着しているのを患者さん本人が付けていることを忘れているケースもあります。付け忘れの心配がないため、後戻り防止の保険といえます。

費用が安い

取り外し式リテーナーと比べて、費用が安いのも大きなメリットです。
多くの歯科医院では矯正治療をセット価格で提示しているため、リテーナー単体の費用を比較することは少ないかもしれません。
フィックスリテーナーの費用は、取り外し式リテーナーの何分の1かになります。フィックスリテーナー単体の価格を尋ねると、その安さがわかるはずです。

フィックスリテーナーのデメリット

フィックスリテーナーのデメリット

フィックスリテーナーにはデメリットもあります。「せっかく矯正が終わったのに、またワイヤーは付けたくない」と考える患者さんが多いのです。
きちんとリテーナーの付け外しを自己管理できる方にとっては、固定式のフィックスリテーナーは受け入れ難いものです。

この他にもフィックスリテーナーのデメリットはあります。ここでは、フィックスリテーナーのデメリットを紹介します。

歯磨きしにくい

歯の裏側にワイヤーを取り付けているため、歯磨きしにくいことがフィックスリテーナーの最大のデメリットです。
歯の根元部分など、どうしても歯ブラシの届かない箇所があります。そのため、定期的な歯科健診が必要です。

特に、下の前歯は歯石が溜まりやすくなります。歯石をとるなど、歯のクリーニングも必要になってきます。

虫歯のリスク

フィックスリテーナーは歯磨きをしにくいため、結果として虫歯になるリスクが高くなります。特に、上の前歯には注意が必要です。
できるだけ丁寧な歯磨きを心掛けましょう。定期的な歯科健診も必要です。保定期間には定期的な健診が決まっています。

保定期間後もフィックスリテーナーの装着を続けるのなら、自己管理のもと通院を続けてください。

無料矯正相談Web予約はこちら

フィックスリテーナー以外の保定装置

フィックスリテーナー以外の保定装置

フィックスリテーナー以外にも、いくつかの取り外し式リテーナーがあります。
多くの患者さんがフィックスリテーナーを使用すると説明しました。しかし実際は、取り外し式リテーナーを使用する患者さんは増加傾向です。

ワイヤーを付けたくないと考える方が多いからです。きれいな歯並びになったあとでは、ワイヤーを装着するモチベーションが保てないと想像します。
取り外し式リテーナーは、マウスピース型とワイヤーを使用したものがあります。使用方法については担当医の指示に従いましょう。

きちんと指示通りに使用する自己管理能力が必要になります。ここでは、フィックスリテーナー以外の保定装置を紹介します。

マウスピースタイプ

マウスピースタイプ

マウスピースタイプのリテーナーは、矯正治療に使ったマウスピースと見た目は似ています。透明で目立ちにくく、着脱のしやすさが人気です。
マウスピースタイプは、前歯の後戻り防止に効果的です。しかし、耐久性は低く、歯ぎしりをする方などは穴があいてしまうこともあります。

通常は1年程使用可能ですが、使い方によっては半年くらいで破損してしまいます。コーヒーなどが着色することもデメリットです。
歯型をとってピッタリの形にオーダーメイドで作るため、使用しない期間が長引くと、再装着ができなくなることもあります。

プレートタイプ

プレートタイプ

プレートタイプは、普及している保定装置です。歯の表面はワイヤーで、裏側はプラスチックで支えています。
ワイヤーの形状によって「ベッグ」「ホーレー」の2種類あります。リテーナーとしては費用は高めですが、耐久性は高くて10年程は使用可能です。

歯型からハンドメイドで作るオーダーメイドで、後戻り防止に対する高い効果が期待できます。
しかし、歯の表面にワイヤーが見えるため、見た目を気にする患者さんにはおすすめできません。取り外しが簡単で、夜用としての使用も目立ちます。

フィックスリテーナーの使用期間

フィックスリテーナーの使用期間

リテーナーの使用期間には個人差がありますが、ほとんどの方は1~3年間使用します。矯正に費やした期間と同じくらい考えてください。
しかし、フィックスリテーナーは固定されているため、保定期間が過ぎても装着を続ける方が多いです。

また、後戻りの可能性が高いと診断されたら、保定期間後も装着を続けることになります。担当医の判断に任せましょう。
前歯のねじれを治したケースや、抜歯せずに大きく矯正したケースでは、後戻りの可能性が高いと判断されます。
特に子どもの場合は、成長期間中は続けて装着するというのが一般的です。

フィックスリテーナーで注意することは?

フィックスリテーナーで注意することは?

フィックスリテーナーは固定式のため、患者さんの自己判断で取り外しはできません。そのため、取り外し式リテーナーにはない注意点もあるようです。
「付けっぱなしで問題なし」と考えていると、美しい歯並びを保つことは難しくなります。ここではフィックスリテーナーの注意点をみていきます。

丁寧に歯を磨く

フィックスリテーナーの最大の難点は、歯磨きしにくいことです。ワイヤーを固定している接着剤が歯と歯肉のキワに付いています。
ワイヤーと歯の境目は、歯石がたまりやすい箇所です。磨き残しがあれば、歯周病や虫歯のリスクも高くなります。

丁寧に歯を磨くことを心掛けましょう。普通の歯ブラシでは磨きにくいと感じたのなら、ワンタフトブラシがおすすめです。
定期的な歯科検診が必要ですが、やはり毎日の丁寧な歯磨きが大切になります。

外れたら放置しない

フィックスリテーナーが外れたら放置せずに、すぐに担当の矯正歯科医院に連絡をしましょう。外れたままにしていると、後戻りをする可能性があります。
出来るだけ早い時期に歯科医院に行って、再装着することをおすすめします。後戻りが進んでいる場合は、また矯正を始めなければなりません。

ある程度年数が経てば、外側から外れてくることがあります。外れた部分だけ自分でカットする方もいますが、自己判断は危険です。

フィックスリテーナーで後戻りを予防するなら

フィックスリテーナーで後戻りを予防するなら

矯正治療が終わったすぐの時期は、歯が動きやすくなっています。すぐにリテーナーで後戻り防止をする必要があります。
歯は一生動き続けるため、リテーナーは長い期間の装着が理想的です。歯科医師の中には、「一生リテーナーを付ける」ことを推奨している方もいるほどです。

しかし、よほど強い意志がなければ取り外し式リテーナーを一生使い続けるのは難しいと考えられます。
固定タイプのフィックスリテーナーなら、使い続けることは簡単です。
フィックスリテーナーを、後戻りしない保険と考える方もいます。歯磨きを欠かさなければ、フィックスリテーナーは理想的な後戻り予防のツールです。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

矯正治療は長い時間と費用がかかります。せっかくきれいな歯並びを手に入れたのですから、後戻りをしないように保定装置は欠かせません。
取り外し式リテーナーを使用して後戻りをした場合は、患者さんの過失が問われることもあります。歯科医師の指示を守ったかが問われます。

医師が取り付ける固定式のフィックスリテーナーなら、後戻りしても患者さんの過失は皆無です。
矯正治療を始めるときには、歯科医院で詳しい治療内容や費用、スケジュールを話し合ったことと思います。それには保定期間も入っています。
保定期間にわからないことがあったら、歯科医院に相談をしましょう。保定期間が終わるまで、矯正治療は続いています。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ