オーバージェットの特徴を歯科医が解説|適正なオーバージェットの数値やオーバーバイトとの関係もご紹介

【監修:青山健一】

オーバージェットの特徴を歯科医が解説|適正なオーバージェットの数値やオーバーバイトとの関係もご紹介

オーバージェットという言葉を知っているでしょうか。これは歯列矯正に関わりが深く歯並びを表す1つの指標です。
ほかにもオーバーバイトなど歯並びの指標になる数値があり、これを基に歯列矯正の治療法は検討されます。
そこで今回はオーバージェット、オーバーバイトについて紹介をしていきます。

オーバージェットの特徴

オーバージェットの特徴

オーバージェットとは上顎の前歯と下顎の前歯の前後的な関係を表している数値です。
この数値は大きければ大きいほど上の前歯が下の前歯に対して大きく前にでているということになるため、一般的に「出っ歯」と呼ばれる状態になってしまいます。
この数値がプラスでもマイナスでも大きすぎると口を閉じることが難しくなり矯正治療が必要です。
また、マイナスの値が大きくなると「反対咬合」と呼ばれる状態になっていることがわかります。

上下の前歯の前後関係

上下の前歯の前後関係は一般的に2~3mm前後がよいといわれており、これよりも上顎の前歯が前にでてしまうと出っ歯(上顎前突)になってしまいます。
この状態だと横顔のバランスや口元の印象に影響が及ぶため、注意が必要です。

逆の場合は、うけ口(下顎前突)になってしまい下の前歯で口内を傷つけてしまう恐れがあります。
このように上下の前歯の前後のバランスが悪くなってしまうと矯正治療を受けることとなり、最悪の場合は抜歯をしなくてはならないため外科矯正も検討しなくてはなりません。

不正咬合の指標

不正咬合の指標

矯正治療を受けるために矯正歯科を初めて受診したときに詳細な検査が行われます。
このときに、側面頭部エックス線規格写真という一般の歯科医にはない設備で特別なエックス線写真を使用した検査がありこれは不正咬合の詳細を知るために重要な検査です。
不正咬合は骨格・歯槽・機能の3つの要素で成り立っています。

骨格は顎の大きさや位置、機能は歯が噛み合わせに異常がないかなどの指標です。
そして歯槽は上下の前歯の軸がどの程度傾いているかなどの指標になります。そしてオーバージェットもこれを表す数値として使用されています。

適正なオーバージェットの数値は?

適正なオーバージェットの数値は?

前歯の噛み合わせを表す数値のオーバージェットには適正な数値があります。
数値が大きすぎても小さすぎても治療をしなくてはならないため、気になる人は矯正歯科で調べてもらいましょう。

ちなみに適正な数値はオーバージェットとオーバーバイトともにプラス2~3mm程度といわれています。
プラスは上の前歯が下の前歯より前方に、マイナスなら下の前歯が上の前歯より前方になっているという意味です。

例えばプラス10mmだとかなり出っ歯ということになってしまい、逆にマイナス5mmだとかなりうけ口ということになります。
必ずしも適正数値でなければならないということはありませんが1つの指標として治療に活かしていきましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

オーバージェットの数値と歯並びの関係性

オーバージェットの数値と歯並びの関係性

前述でも紹介しているとおりオーバージェットと歯並びには深い関係性があります。
数値は下の前歯が上の前歯に対して水平的にどれくらい前後にあるのかという指標となっており不正咬合を表す数値の1つです。
歯列矯正の初診で受けられる検査で数値を教えてもらえるため、自分の歯並びはどういった状態かの確認に役立てましょう。

数値が大きい場合

オーバージェットの数値が大きいということは下の前歯に対して上の前歯が前にでているということになります。
単位は「mm」となっており「0」が一番歯並びがよいと感じる人もいるようですがこの状態だと本来なければならないスペースがないため、歯が欠けたり摩耗したりする原因となります。
さらにプラスが大きくなりすぎると出っ歯になるため、注意が必要です。

数値が小さい場合

次に数値が小さい場合は「受け口」という状態になります。
受け口とは反対咬合、下顎前突症などとよばれ下の前歯が上の前歯に対して前にでてしまっている状態のことをいいます。

この悪い噛み合わせを放置してしまうと自分の歯で口内を傷つけてしまったり歯肉退縮を引き起こす原因となったりしていまうため早めの治療が必要です。
マイナスの数値はプラスに対してよくないため、マイナス5mmでも酷い状態を表しており早期の治療が必要になります。

オーバージェットの数値が大きいことで起こるリスク

オーバージェットの数値が大きいことで起こるリスク

前述でも紹介しているとおりオーバージェットの数値が大きいことで上顎前突症になってしまいます。
この症状は様々なリスクを抱えており例えば転倒の際に前歯を折るリスクが高まるなど注意が必要です。
ここではオーバージェットの数値が大きいことで起こるリスクについて解説していきます。
自分に心当たりがある人は早めに矯正歯科に受診して歯科医に相談しましょう。

出っ歯によるコンプレックス

出っ歯が酷くなってしまうと口を閉じることが困難になる人がいますが口が開いたままになってしまう口内が乾燥してしまいます。
乾燥することによって虫歯や歯周病、口臭といった様々なリスクが高まります。
さらに出っ歯を治したい人の中で最も重視されるのが審美(見た目)です。
出っ歯の見た目が嫌で閉じこもりがちになってしまったり人と合うことが辛くなったりとコンプレックスを感じるひとは少なくありません。

オーバージェットとオーバーバイトの関係性

オーバージェットとオーバーバイトの関係性

オーバージェットが上下の前歯の前後関係を表す数値ならオーバーバイトは上下の前歯の咬み合わせの深さを表す数値になります。
どちらも不正咬合を表す数値として検査のときに調べてもらえるため、自分の歯の状態を確認することができる数値です。
数値で自分の歯並びを理解することができるため、比較的イメージをしやすい指標です。

オーバーバイトの特徴

前述でも紹介しているとおりオーバーバイトは噛み合わせの深さを表す数値です。数値の見方は上の前歯が下の前歯に覆いかぶさっているかを表しています。
プラスであれば下の前歯よりも覆いかぶさっておりマイナスであれば上の前歯と下の前歯の間に隙間があることになります。

この数値からわかることはマイナスが大きければ「開咬」でプラスで大きければ「過蓋咬合」ということです。
開咬は上下の前歯に隙間があり前歯では噛めない状態になってしまいます。この状態ではほかの歯へ負担が掛かってしまう噛み合わせです。

過蓋咬合は噛み合わせが深すぎるため、歯がすり減る原因になったり口内を傷つけてしまったりする噛み合わせです。
どちらにしても治療が必要になるため、オーバーバイトの数値もオーバージェットの数値とともに確認をしていきましょう。

オーバージェットが適正でないときの治療法

オーバージェットが適正でないときの治療法

オーバージェットが適正でない場合は治療をしなければなりませんが基本的には矯正治療で治療を進めていきます。
歯列矯正は治療法によって矯正装置が変わってくるため、ここではオーバージェットが適正でない場合の治療法としてメジャーな2つについて紹介します。

ワイヤー・ブラケット矯正

矯正治療の中で最も知られているのがワイヤー・ブラケット矯正です。歯列矯正といえばこれをイメージするひとも多くいます。
歯の表面にブラケットを取り付けて歯に力を掛けて歯を動かして歯並びを矯正していきます。

このワイヤー・ブラケット矯正の特徴は様々な材質があるため、自身の悩みに合わせて細かく調整が効くという点です。
さらに、矯正治療の中では比較的安価に済ますことができるため、理由がない場合はこの治療法をお勧めされることがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は透明のマウスピースを使用して矯正治療を進めていきます
この治療法の特徴はワイヤー・ブラケット矯正のように取り付けたら長期間にわたり装置を着け続けなくてもよく取り外しが自由にできる点です。

さらに透明なため、目立つこともなくメリットの多い矯正法になっています。しかし、都度オーダーメイドでマウスピースを作らなくてはならないため、比較的高価になってしまいます。
マウスピース矯正を検討する前はしっかりと歯科医に確認をして進めましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

歯並びのお悩みは信頼できる歯科医に相談

歯並びのお悩みは信頼できる歯科医に相談

歯列矯正治療は長期間にわたって治療をしなくてはなりません。そのため、患者に掛かるストレスは大きく疑問や不安を抱くことはよくあります。
そんなときに信頼できる歯科医でないとさらにストレスを溜める原因となるため、歯列矯正を受ける際には信頼できる歯科医の下で治療を進めましょう。

そのためには初診のときにコミュニケーションをとりここでなら長く治療を受けることができる歯科医を見つけることが重要です。

まとめ

まとめ

今回紹介したとおり、オーバージェットとオーバーバイトは歯並びに大きく関わっていることがわかりました。
数値が大きくても小さくても噛み合わせはよくないということを表しているため、大きくかけ離れている際は早めに治療をしなくてはなりません。
歯並びが気になる人は早めに歯科医院に相談をして治療を進めていきましょう。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ