銀歯だらけでも歯列矯正できるのか歯科医が解説|矯正中の銀歯の扱い方や銀歯を白くする方法もご紹介

【監修:青山健一】

銀歯だらけでも歯列矯正できるのか歯科医が解説|矯正中の銀歯の扱い方や銀歯を白くする方法もご紹介

歯列矯正を検討したいけれど、「銀歯がたくさんあっても大丈夫?」と心配する方も少なくありません。
この記事では、銀歯があっても歯列矯正できるのか詳しく解説します。矯正中の銀歯の扱い方や銀歯を白くする方法も併せてご紹介します。
銀歯があって矯正治療をためらっている方や矯正治療に併せて歯を白くしたいと思っている方は検討の参考にしてください。

銀歯だらけでも歯列矯正できる?

銀歯だらけでも歯列矯正できる?

口への審美意識や健康志向の高まりから、成人になってから歯列矯正をしたいという方が増えています。歳を重ねるといたるところに治療痕もみられます。
歯列矯正をしたいと思っても銀歯だらけだとできるかどうか不安になりますが、基本的に治療は可能です。

一般的な歯列矯正には、マルチブラケット矯正とマウスピース矯正があります。いづれの治療も銀歯があることで治療の妨げにはなりません。
しかし、それぞれに課題もあります。治療方法は一人ひとりの歯の状況で変わってくるため、まずは歯科医に相談してから始めましょう。

銀歯があるケースの歯列矯正

銀歯があるケースの歯列矯正

歯列矯正ではカウンセリングの際にレントゲン撮影を行います。
被せ物や詰め物がある場合は被せ物の状態・虫歯が有るか無いか・歯根の状態などを入念に検査を行うのが一般的です。
銀歯の状態が良い場合はそのままの状態で矯正治療に入ります。

銀歯がすり減っている・つぶれている・欠けているなどの場合は外してから矯正治療に入ることもあるため確認が必要です。
銀歯と矯正装置には相性もあるため注意が必要なことがいくつかあります。それぞれの治療法についての治療について詳しく解説します。

インビザライン

インビザライン

インビザライン矯正の際には、銀歯や詰め物を含めて型取りを行ってからアライナーを作成するため、治療に差しさわりはありません
しかし、矯正治療に影響を及ぼすケースもあるため、事前に診察や検査で治療方針をしっかりと確認してください。

銀歯や詰め物の形状によっては、治療の途中でアライナーが合わなくなることもあります。
その場合は、銀歯を調整することや一時取り外すなどの処置が行われます。
矯正する場所に銀歯のブリッジが入っている場合は、歯がつながっているため正しく移動しません。その場合はブリッジを外してから治療します。

ワイヤー・ブラケット矯正

ワイヤー・ブラケット矯正

ワイヤーやブラケットを使用するマルチブラケット矯正でも、被せ物や詰め物に直接ブラケットを取り付けるため治療は可能です。
しかし、一般的に銀歯に装着したブラケットは取れやすく、何度もやり直しが必要になるかもしれません。

治療期間が延びることも予測されるため、承知して治療を進めることが重要です。
被せ物や詰め物などの金属には接着剤が付きにくいからです。特殊な接着剤を使う方法や電気溶接機を使う方法で治療を継続する歯科医院もあります。
銀歯だらけでも矯正できるのか気になるという方は、治療方法も含めて歯科医に相談してみましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

矯正中の銀歯の扱い方

矯正中の銀歯の扱い方

矯正治療とは理想とする歯並びに向けて歯を移動させることです。そのためには歯が移動できるスペースが必要なのです。
銀歯があるとスペースを作りにくいことがあるため治療を始める前の精密検査で、銀歯を着けたままで歯が移動できるかどうか入念にチェックが行われます。
被せ物・詰め物・抜歯など状況に合わせた銀歯の扱い方をご紹介します。

被せ物の場合

被せ物の場合

金属の被せ物には接着剤が付きにくいため、プライマーという処理剤で接着力を強めます。
何度も外れるようなことがあれば、バンドという補助装置を装着して治療を行わなければなりません。
バンドを装着するにはセパレーションという作業が必要で、かなりの痛みを伴います。

バンドは奥歯には装着できますが、前歯には審美面から着けることはほとんどありません。
ブリッジが入っている場合は、真中のダミーを切断して治療することがあります。
矯正のために抜歯した状態に似ているため、矯正後にダミー部分が閉じてくれることもあります。

詰め物の場合

詰め物をしていると虫歯にならない!と思っている方がいますが、そのようなことはありません。
詰め物の下の見えないところで虫歯が進行しているかもしれないのです。
虫歯の病巣が十分に取り切れていない・詰め物と歯の間に隙間ができているなどの場合はその危険性が大きくなります。
その場合は虫歯や歯周病を治療してから矯正を行うことになるため、矯正治療の開始が遅れます。

抜歯が必要なケース

歯列矯正をする場合、銀歯があるからといって必ずしも抜歯が必要なわけではありません。しかし、抜歯をした方が良いケースもあります。
矯正治療では歯の動くスペースを作るために抜歯を行うことがあります。抜歯対象になるのは第一小臼歯が一般的です。

第一小臼歯が健康な歯で、その隣の第二小臼歯が銀歯になっているケースでは健康な第一小臼歯を残して、銀歯の第二小臼歯を抜歯することがあります。

銀歯を白くしたい場合は?

銀歯を白くしたい場合は?

歯を白くすることをホワイトニングといっていますが、銀歯を一般にいわれるようなホワイトニングはできません。
銀歯を白くするには一旦金属の被せ物や詰め物を外してから、あらためて白い素材で作り直すのが一般的な方法です。

歯を白くするには、コンポジットレジン・オールセラミック・ハイブリッドセラミックなどの素材が使われます。
それぞれの素材には審美性・強度・耐久性・費用などで特徴が分かれます。特徴やメリット・デメリットを紹介するので、歯を白くする際の参考にしてください。

コンポジットレジン

コンポジットレジンは、プラスチックにセラミック粒子を2:8の割合で混ぜた白い詰め物です。一般にはレジンまたはCRと呼ばれています。
ペースト状のレジンを詰めたのち、乾いて固まるまで待ちます。

以前は固まるまで時間がかかりましたが、今では専用のLEDライトを当てることで10秒ほど固まるようになりました。
ペースト状のため細かい部分にも使用できて、歯の形に合わせた修復も可能です。また、自然の歯に近い色で仕上がるため前歯に使用しても目立たちません。

金属に比べて強度が劣るため、噛みしめることが多くて力がかかりやすい奥歯に使用すると欠けることもあります。
また時間が経つと変色するのがレジンの特徴です。

オールセラミック

オールセラミックは天然の歯に近い色と質感を再現できる被せ物素材です。汚れが付きにくく時間が経っても変色しないメリットがあります。
また、白色だけでなく自分の歯に合わせた色合いに調節できるのもオールセラミックの特徴です。オールセラミックは審美性と耐久性を合わせ持った優れた素材です。

銀歯では金属アレルギーや歯茎の変色などの心配がありますが、オールセラミックではそのような心配もありません。
ただし、強い衝撃にあったときや強い噛みしめが続いたときなどに割れることがあります。さらに自費診療で治療費が割高になるデメリットもあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックはレジンにセラミック粒子を混ぜたもので、審美性や機能性はレジンとオールセラミックの間の位置づけです。
耐久性はありますが審美性はオールセラミックに劣ります。プラスチック素材を少量含むため時間経過で変色することがあります。

ハイブリッドセラミックのメリットはオールセラミックに比べて費用が安いことです。2014年から保険適用になり、気軽に治療ができるようになりました。

銀歯だらけの歯を白くするタイミング

銀歯だらけの歯を白くするタイミング

「矯正治療で通院するなら、いっしょに歯も白くしたい」と希望する方は多いと思います。矯正治療中に歯を白くするなら矯正治療後がおすすめです。
銀歯を白くするには、金属でできた被せ物や詰め物をセラミックなどの別素材でやり直す必要があります。

しかしいつでもできるわけではありません。矯正治療中は歯が移動するため、噛み合わせ・歯と歯の隙間・歯の角度などが常に変化を続けています。
そのことから、噛み合わせを確認しながら行う必要がある銀歯の治療は、矯正治療中には適切ではないのです。

歯並びと銀歯の悩みを解消するメリット

歯並びと銀歯の悩みを解消するメリット

歯並びと銀歯の悩みを解消すれば、間違いなく人生が変わります。それまで持ち続けていたコンプレックスから解放されるため、決して大げさなことではありません。
歯列矯正をすることは歯並びを変えるだけでなく、顔つき・健康・運動能力そして性格まで変えてくれます。
歯並びと銀歯の悩みを解消するメリットを、機能性および審美性の改善に分けて解説します。

機能性の改善

機能性の改善

歯並びが良くなると当然ですが噛み合わせも良くなります。歯列矯正によって歯並びだけでなく顎の関節に関する成長異常も解消できることがあります。
噛み合わせが改善することで、前歯で噛み切れる・奥歯が噛みしめられる・顎が疲れないなどの改善がみられ、食事がおいしく食べられるようになるのです。

また、正しく発音ができるようになり、聞き取りにくかった会話もはっきりと聞き取れるようになります。
銀歯が恥ずかしくて躊躇していた会話の輪にも積極的に入れるようになります。

審美性の改善

審美性の改善

何よりもコンプレックスから解放されるのが大きなメリットです。白くてきれいな歯並びが手に入ると自信をもって笑えるのです。
また、噛み合わせや顎の状態が改善されるため、顔の骨格が改善されることがあります。バランスの良い顔の形が戻り、自信をもって人前に出られるようになるのです。

口元が美しく改善されることで、我慢しないで笑える・会話の輪に入れる・対面の仕事ができるなど性格も明るくなり人生を変える機会になります。

銀歯だらけで歯列矯正を望むなら

銀歯だらけで歯列矯正を望むなら

銀歯だらけでも歯列矯正はできます。不安のある方でも歯列矯正を望む場合は歯科医に相談してみましょう。
銀歯がない場合より銀歯のあるほうが治療は難しくなります。被せ物や詰め物の場所・形や状態・素材の種類などの入念な確認と検査でオーダーメイドの治療が行われるのです。

被せ物や詰め物を一旦外すことや抜歯が必要なこともあります。体力的にも精神的にも負担になるかもしれません。
最初に行われるカウンセリングで、歯科医から説明される治療方針を納得してから治療を始めましょう。
銀歯のために歯列矯正に不安があるなら無料相談を活用してください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

審美性が求められるようになって銀歯が使用されることは少なくなりましたが、耐久性が求められる奥歯では今でも銀歯が使用されています。
また、成人矯正をされる方も増えていることで、銀歯があっても歯列矯正を希望する事例も少なくありません。

銀歯がおしゃれな時代もありましたが、今では自然な白い歯を選ぶ方が多くいます。
歯列矯正に年齢制限はありません。いつまでも白くて美しい歯並びで人生を楽しみたいなら、歯列矯正を検討してみませんか。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-, ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ